ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「mBook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「mBook」に関する情報が集まったページです。

マウス、売れ筋モデルを集めた「冬のボーナス特集」ページを公開
マウスコンピューターは、同社製PCブランド「mouse」「G-Tune」「DAIV」の各サイトで「冬のボーナス特集」ページの公開を開始した。(2017/11/6)

Skylake-H×GTX 970M×GPU Switch:
GTX 970Mの性能をフルに生かせるハイパワーマシン「mBook P」実力検証
マウスコンピューターブランドの製品ながらG-Tuneに匹敵する性能を持つ15.6型ノートが「mBook P」シリーズの最上位モデル「MB-P960X2-M64」だ。ゲームもクリエイティブユースも死角なし!(2016/1/8)

マウスコンピューター、4K IGZO液晶/GTX 970Mを搭載したパフォーマンスノート「m-Book P」
マウスコンピューターは、最新モバイルGPUのGeForce GTX 970Mを標準搭載した15.6型ノートPC「m-Book P」シリーズを発表。IGZO液晶搭載の高解像度モデルも用意している。(2014/11/14)

345グラムで7時間駆動:
“Windowsの恩恵”を受ける超小型マシン――工人舎「PM」シリーズに迫る
工人舎から登場した超小型Windowsマシン「PM1WX16SA」を試した。長文入力は? ニコ動再生は? (2009/10/7)

CEATEC JAPAN 2009:
400グラム+7.5時間駆動+SSD──工人舎にあった「もう1つのポケットに入る」小型XPマシン
345グラムの小型XPマシン「KOHJINSHA PM」シリーズをリリースした工人舎が、「もう1つ」の小型マシンを用意していた。CEATEC JAPAN 2009の工人舎ブースで参考展示する。(2009/10/7)

mbook改良版:
工人舎が345グラムで7時間駆動の小型PCを発売
工人舎がタッチパネル付き4.8型液晶を搭載したMID「KOHJINSHA PM」シリーズを10月上旬より出荷する。重さ約345グラム、最薄部13.5ミリというポケットサイズのボディが特徴。(2009/9/8)

大型連休連続レビュー第3回:
mbook M1の重さと性能とバッテリー駆動時間のバランスをチェックする
「mbook M1」は300グラム前半と軽い。でも、軽さと性能とバッテリー駆動時間はトレードオフの関係。今回はmbook M1の“バランス”を紹介しよう。(2009/5/6)

大型連休連続レビュー第2回:
mbook M1のキーボードと液晶ディスプレイをチェックする
「mbook M1」は、PSPより短い幅(ただし、奥行きはmbook M1が長い)が特徴。しかし、小さいことと使いやすさとはトレードオフの関係にある。今回はmbook M1の使いやすさをリポートしよう。(2009/5/5)

大型連休レビュー第1回:
300グラム台でWindowsが動く「mbook M1」がやってきた
PSPやニンテンドーDSのような“持ち心地”の「mbook M1」をゲット! 屋外に持ち出してその使い勝手や性能を検証した。第1回目は購入方法から外観までをチェックする。(2009/5/1)

「Suica×改札機」というカップリングのBL作品があるらしい
Suicaと改札機を擬人化し、カップリングしたボーイズラブ作品があるらしい。(2009/3/9)

2009 International CES:
でっかいブースで小さなMIDをプチプチする
CESの「でっかいブース」といえば、LGやSamsungといった「テレビ系」だが、Intelも大きなブースを展開している。そのIntelブースで2009年もプチプチしてみた。(2009/1/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。