ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Health」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft Health」に関する情報が集まったページです。

Microsoftのウェアラブル復活? カシオと特許ライセンス契約
米Microsoft Technology Licensingとカシオ計算機がスマートウォッチ関連のテクノロジーを含む新たな特許ライセンス契約を締結した。(2017/4/5)

Microsoft、フィットネス端末「Microsoft Band」終了か
Microsoftが2014年から販売しているオリジナルフィットネスバンド「Microsoft Band」が公式オンラインショップのカテゴリーから消え、SDKも終了している。(2016/10/4)

ゴリラガラス3と有機ELで曲線ボディを実現 第2世代の「Microsoft Band」
MicrosoftがWindows Phone、iPhone、Androidスマートフォンと連携するリストバンド型の活動量計「Microsoft Band」の第2世代の製品を発表しました。(2015/10/7)

「Microsoft Band 2」は曲面ガラスディスプレイでCortana対応、249ドル
Microsoftが昨年10月に発表したウェアラブル端末の第2世代モデル「Microsoft Band 2」を発表した。ディスプレイが曲面ガラスになり、気圧計が追加され、最大酸素摂取量の測定も可能になった。Cortanaを搭載するので音声での操作も可能だ。価格は249ドル(約3万円)。(2015/10/7)

AppleとGoogle、Microsoftの3社がウェアラブル端末で激突
「Apple Watch」との違いは? 「Microsoft Band」で始まる腕時計型端末のガチンコ勝負
米Microsoftは2014年10月、腕時計型のウェアラブル端末「Microsoft Band」を発表した。同社の市場参入により、米Apple、米Googleを交えた三つどもえの戦いへと発展するかもしれない。(2014/11/6)

Microsoft、フィットネスプラットフォーム「Microsoft Health」と端末「Microsoft Band」を発表
MicrosoftがAppleやGoogleに続いて独自のフィットネスプラットフォーム「Microsoft Health」と、対応する腕時計型端末「Microsoft Band」を発表した。端末は199ドルで、Windows Phone、iOS、Android端末と接続して利用できる。(2014/10/30)

Microsoftのフィットネス端末「Band」向けiOS/Androidアプリが一足先に登場
Microsoftがホリデーシーズンに投入するとうわさのフィットネス端末は「Microsoft Band」という名称になるようだ。Microsoftが発表前にApp StoreとGoogle Playで関連アプリ「Microsoft Health」を公開した。【UPDATE】同日、Microsoftから正式に発表があった。(2014/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。