ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「みのもんた」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「みのもんた」に関する情報が集まったページです。

「どうぶつ奇想天外!」が3時間スペシャルで復活! みのもんたに高田純次、さかなクンらが登場
2009年の放送終了からおよそ7年半ぶり。(2016/8/25)

「AbemaTV」の人気番組はやっぱりアニメ? 「とある」一挙は開始1時間で視聴者数10万人超
1週間の視聴者数ランキングが発表されました。(2016/4/27)

みのもんた、炎上ツイートで謝罪 「激励のつもりだったが言葉足らずだった」
Twitter開始当日に「自衛隊きちんとして欲しいね「震災の教訓活かせてないでしょ?」とツイートしいきなり炎上していました。(2016/4/22)

みのもんたがTwitterを開始 第一声は「早く飲みたいね!打ち上げまであと何時間?」
4月23日に始まるネット番組「みのもんたのよるバズ!」に関連して。(2016/4/20)

みのもんた、2年半ぶりにキャスター復帰 ネット生放送「よるバズ!」放送
4月11日より本開局するネットテレビ局「AbemaTV」内のニュース番組で。(2016/3/15)

ネット死語:「FA」はもう死語ってことで、FA?
(2016/3/9)

えんじにあ解体新書(5):
「クイズ$ミリオネア」に学ぶ、仕事の進め方〜仕事術の「りある」
「ファイナルアンサー?」で仕様確定(できたら、どんなにいいか……)――SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は仕事の進め方のコツを、テレビ番組「クイズ$ミリオネア」になぞらえて解説します。(2016/2/4)

「学校へ行こう!」が一夜限りの復活! 当時の名場面や「未成年の主張2015」を放送
放送は秋。(2015/9/9)

BIGで10億円当たったら、そのお金で文化放送を1日好きにしていい権利をやろう
なんかおかしい。(2014/8/22)

総字数5万字超え「大タモリ年表」公開 第1弾は誕生〜サラリーマン時代
タモリさんの半生に詳細なエピソードで迫る「大タモリ年表」がWeb文芸誌「マトグロッソ」で公開された。(2014/3/13)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――10月5日から10月11日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/10/8)

「USA」「おなかいたい」「みのもんた」 Twitterハッシュタグ「全日本かっこいい駅名2013」に珍名多数
ネタもずいぶん混ざってます。(2013/9/17)

開米のリアリスト思考室:
話があちこち飛ぶ上司への対処法
口頭で話があっちこっちに飛ぶ、アイデア先行の思い付き型。そんな人が上司だった場合、その話を実務に収束させるためにどのような工夫ができるでしょう?(2013/9/4)

安倍総裁、Facebookで支持者と交流 読者10万人、メディア批判も
安倍晋三・自民党総裁がFacebookをフル活用している。フィード読者数は全国2位。支持者との交流や活動の紹介だけでなく、時にはメディア批判も繰り広げる。(2012/11/22)

TBS「朝ズバッ」が安倍自民党総裁へ謝罪 「誤ってビデオ再生した」
現在は経緯の説明と謝罪をすべく、安倍総裁側と話をしている段階とのこと。(2012/11/21)

安倍自民党総裁、FacebookでTBSに抗議 「これから1カ月こうしたマスコミ報道との戦いです」
「『選挙』+『安倍』=『TBSの印象操作』はもはやセットなのでしょうかww」と秘書の書き込みも。(2012/11/19)

セキュリティの心構えをカレンダーで――HTC、「コンプライアンスカレンダー」を一般発売
セキュリティ啓発冊子などを手がけるHTCが製作した非売品の2012年カレンダーが、TVで取り上げられるなどの大反響で一般発売されることに。申し込みは同社Webサイトで受け付ける。(2011/12/22)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
公務員の“高給取り”をどうとらえるか?――人事コンサルタント、前田卓三さん(前編)
バブル崩壊以降、長らく低迷を続ける日本経済。人事コンサルタントの前田卓三氏は低迷の原因は、日本の企業や官庁に人の属性に基づいて評価する“人”基準がまん延していることにあると主張。これを“仕事”基準に移行させることが、日本経済復活のカギになると説く。前田氏が推し進める“仕事”基準とはどのようなものなのだろうか。(2010/6/12)

キムタクの「タマホ―――ム♪」は、戦略的にどうなのか
木村拓也さんが出演している、タマホームのCMを見たことがある人も多いはず。人気タレントを起用したことだけで、CM効果は十分だろう。しかし「ビバリーヒルズにタマホームを建てたら」と言われても……と違和感を覚える人も多いのではないだろうか。(2009/11/12)

本山由樹子の新作劇場:
インド版みのもんたに挑戦!――「スラムドッグ$ミリオネア」
「トレスポ」「28日後…」のダニー・ボイル監督が復活、アカデミー賞8部門に輝く話題作がBlu-ray Disc化!(2009/8/10)

“テレビ的でない”動画ビジネスを携帯で ドコモとエイベックス、月額315円で見放題「BeeTV」
人気タレントが出演する約20の番組が、月額315円で見放題になるiモード専用「BeeTV」をドコモとエイベックスがスタート。コンテンツの印税は制作者に還元するなど、携帯電話発の映像配信ビジネス確立を目指す。(2009/4/1)

「冷房が寒いです」→「温度上げました」:
イベント中の突っ込みも共有、linoブロガーミーティングレポート
(2008/8/1)

それゆけ!カナモリさん:
マクドナルドに飲み込まれるカフェ市場?
100円プレミアムコーヒー戦略が奏功し、街を歩きながらマクドナルドのアイスコーヒーを飲む人を見かけることが増えてきた。マック VS スタバの勝負はどうなるのか。今スタバが成すべきこととは? 「カロリーメイト VS SOYJOY」「アフリカの水くみ」と合わせ、3本立てでお送りします。(2008/7/11)

白いイヌは出演せず?:
今度はハヤハヤ君が“演説” イー・モバイルの新CM放映開始
イー・モバイルの新CMが放映開始となった。ハヤハヤ君が大観衆を前にイー・モバイルのサービスをアピールするという内容で、最後はやっぱり、感極まって涙を流す。(2008/5/29)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
ビジネスパーソンの快適早起きの知恵――“オメザ”の研究
起きる意志はあるのに、目覚ましをかけていても起きられない。目覚ましを止めてしまう。ハッと気が付くとギリギリの時間。朝、起きられないという君、どうしたら起きられるか――。(2008/1/18)

仕事耕具:
ギネス記録をスケジュール帳に――サンスター文具の2008年版手帳は中身がポイント
1週間に世界で最も多くテレビの生放送番組に出演したのは誰? 答えは、みのもんた――。サンスター文具の2008年版手帳は、ギネス記録のトリビアとスケジュール帳が“合体”するなど手帳の中身がポイントだ。(2007/6/26)

「BRAVIA」向けネットサービス「TVホーム」とは?
So-netがTV向けネットワークサービス「TVホーム」の詳細を説明した。TVホームは、ソニーの液晶テレビ“BRAVIA”「Xシリーズ」に搭載されたWebブラウザを利用するコンテンツサービスだ。(2005/10/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。