ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「三谷幸喜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三谷幸喜」に関する情報が集まったページです。

「ワンピース」「NARUTO」「ナウシカ」新作歌舞伎に 漫画やアニメ原作、続々 その背景は?
世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。「ワンピース」「NARUTO−ナルト−」「風の谷のナウシカ」も歌舞伎化。インバウンドや海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。(2019/6/17)

あれから15年か! 香取慎吾&優香&山本耕史、「新選組!」メンバー久々集結でファン「3人とも良いお顔」の声
慎吾ちゃんの大河ドラマ初主演作。(2019/5/28)

覚悟の“入れ墨風”メッセージ 竹内結子、イモトアヤコの“全力愛”感じる左肩の「愛羅武勇虎」にメロメロになる
イモトさん「(油性だから)落ちないぜ!」。(2019/4/1)

ナマカがいっぱい! 香取慎吾、出演ミュージカルの“思い出写真集”に山本耕史、須賀健太、ウド鈴木ら
みんないい笑顔。(2018/12/29)

「人にやさしくだ〜〜〜!」 須賀健太、成長した姿で香取慎吾に肩を抱き寄せられる姿がファンの胸を熱くする
成長したなあ……(泣)。(2018/12/19)

もはやインスタカップル 竹内結子とイモトアヤコ、深夜のイチャラブが一緒に住んでるレベル
付き合いたてかな?(2017/11/14)

「結子さん本当にありがとう」 イモトアヤコ、安室奈美恵の誕生花・ローズマリーをプレゼントされ心のチャージ
なんて粋なプレゼントなんだ。(2017/9/27)

“丸ロス”解消待ったなし 三谷幸喜脚本でNHK時代劇「風雲児たち」、片岡愛之助や草刈正雄ら出演
新納慎也さん、山本耕史さんも出演決定。2018年1月放送開始。(2017/8/16)

竹内結子がInstagram開設 目の保養ショットにファン「きたー!」「待ってました」
竹内さん「イモトがやれって言うから」。(2017/7/5)

NHK「シャーロック・ホームズ」特番に「名探偵コナン」の作者・青山剛昌さんが出演 ナレーションに林原めぐみさん
ホームズ登場130周年を記念したNHKの特集番組です。(2017/6/22)

“おヒョイ”藤村俊二さん死去、82歳 復帰を目指し療養中だった
2月14日にはお別れ会が開かれる予定。(2017/2/1)

“丸ロス”再び? 閉鎖間近の「真田丸」公式サイトをお惜しむファン 「淋しいと同時にありがとう」「大好きだった」
いよいよ終わってしまう。(2017/1/31)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ここまで「真田丸」が人気になった理由
今年の大河ドラマ『真田丸』は視聴率も好調、信州上田のドラマ館は過去最高の来場者数を記録するなど、大きな人気を博しました。ここまでヒットした理由は何だったのでしょうか?(2016/12/10)

SMAP25年間の名作ドラマを再放送 フジテレビ「SMAPグラフィティ」が11月19日からスタート
「僕が僕であるために」「古畑任三郎 VS SMAP」「世にも奇妙な物語SMAPの特別編」も。(2016/11/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

絶好調のライブイベント産業と、進むコンテンツの「ライブ・シフト」
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、この数年の勢いが止まらないライブイベント市場の課題を考えます。(2016/10/4)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
謀略を繰り返した真田昌幸、それでも守りたかったのは……
戦国武将きっての戦略家だった真田昌幸。さまざまな大名の下を転々とし、謀殺した武将は数知れず。そんな昌幸でしたが、変わらずに守り続けたものとは……?(2016/10/1)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
“超高速関ヶ原”の裏では何があったのか?
戦国時代のラストを飾る天下分け目の大合戦が「関ヶ原の戦い」です。その関ヶ原を『真田丸』ではたった1分弱で終わらせたことが話題になっています。そのとき一体何があったのでしょうか……?(2016/9/17)

大河ドラマ「真田丸」に“紙おむつ”が映り込み視聴者騒然 → 再放送ではカットに
オーパーツじゃないか。(2016/8/7)

声優・高木渉が「PON!」に生出演 高木刑事&元太の声で映画「名探偵コナン」をアピール
大河ドラマ「真田丸」出演の裏話も披露しました。(2016/3/29)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
本多忠勝の「蜻蛉切」は意外と……
昨年、“徳川四天王”の一人として武で名を馳せた本多忠勝の武器「蜻蛉切」が11年ぶりに一般公開されました。歴ドルの小日向えりさんも実物を見に行ったわけですが……。(2016/3/12)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
バカ殿と呼ばれ続けた北条氏政に光明? 「汁かけ飯」に新解釈
戦国時代、関東の雄として君臨していた北条家を滅亡させた氏政&氏直父子。特に氏政は「バカ殿」ぶりを示すさまざまな逸話が残っています。そのイメージを覆そうとしたのが先週放送の「真田丸」でした。(2016/3/5)

したたかなり! 草刈正雄! じゃなくて、真田昌幸!:
「真田丸」を見て「大博打の始まりじゃ!」と盛り上がってしまったあなたにお勧めしたいボードゲーム
いやー、2016年の大河ドラマ面白いっすね。ドラマでも戦が始まったことだし、みんなも一緒に「武田遺領争奪戦争」で戦ってみませんこと。(2016/2/24)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第61回:
真田の名の下に死するのみ―― 槇えびし「朱黒の仁」が描き出す「武人・真田幸村」最期の生き様
今回は大河ドラマ「真田丸」にちなんで、槇えびし先生のマンガ「朱黒の仁」を紹介します。(2016/1/25)

歴ドル・小日向えりの「もしあの武将がネットサービスを使ったら……」:
大河ドラマ主役の真田幸村、ところで何をやった人?
戦国時代の真田ファミリーを描く今年の大河ドラマ「真田丸」がいよいよ始まります。ドラマの中で主役となるのが真田幸村ですが、いったいどんな功績を残した人なのでしょうか。実は……。(2016/1/9)

「信長の野望」3Dマップ技術、大河ドラマ「真田丸」に活用
コーエーテクモゲームスが、ゲーム「信長の野望・創造」に使われたCG技術を、NHKの大河ドラマ「真田丸」に提供・監修する。(2015/12/14)

NHK大河「真田丸」に「信長の野望」のフル3Dマップ技術を提供 シブサワ・コウが3D地図監修に
期待しかない。(2015/12/14)

酷評続出の映画「ギャラクシー街道」、三谷幸喜に何が起こったのか
絶不評のワケを考えてみました。(2015/11/3)

出演者全員宇宙人 三谷幸喜監督「ギャラクシー街道」追加キャスト発表 遠藤憲一、小栗旬、西川貴教、西田敏行、大竹しのぶなど
三谷作品常連が続々。(2015/4/20)

商品開発に約5年:
低迷する烏龍茶市場に輝きを再び 日本コカ・コーラの挑戦
サントリー食品の独走状態だった烏龍茶市場に待ったをかける日本コカ・コーラ。これまでの“常識”にとらわれない新商品でシェア拡大を図る。(2015/3/26)

三谷幸喜監督最新作「ギャラクシー街道」製作決定 「ライバルはスター・ウォーズ」!?
三谷映画初のスペースロマンティックコメディ。主演はSMAP香取×ヒロイン綾瀬はるか。(2015/2/10)

それ違う殺人事件だろ! 「オリエント急行殺人事件」放送中に無慈悲なネタバレが相次いで投下される事案が発生
様式美。(2015/1/12)

三谷幸喜がアガサ・クリスティーの名作ミステリをドラマ化! 「オリエント急行殺人事件」1月11日、12日に2夜連続放送
舞台を昭和初期の日本に大胆アレンジ。(2014/12/1)

デアゴスティーニ、NHK人形劇「シャーロックホームズ」のフィギュア付きマガジンを発売
10月12日に本放送を開始する三谷幸喜脚本のNHK人形劇「シャーロックホームズ」が、フィギュア付きマガジンとして発売。(2014/9/24)

夏休みの読書に最適? 『村上海賊の娘』誕生秘話
出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。今回は、著書『村上海賊の娘』が2014年本屋大賞に選ばれた和田竜さんにお話を伺いました。(2014/8/19)

有川浩、万城目学、三谷幸喜など:
幻冬舎plus、人気50作品でポイント50%還元フェアを開催
購入には無料の会員登録が必要。会員になることで、電子書籍の購入が可能となるほか、幻冬舎の開催するイベントへの参加や、連載記事のバックナンバーを読むことができるようになる。(2014/6/6)

最も売れたのは『ロスジェネの逆襲』――ブックリスタ年間ランキング2013
ブックリスタが、年間ランキング2013を発表。最も売れたのは、人気ドラマ「半沢直樹」の続編にあたる『ロスジェネの逆襲』。デジタルファースト部門では『旅者の歌 第一部』が1位に。(2013/12/6)

「楽天Koboイーブックストア」11月度月間ランキング――『人類資金I』や『清須会議』など映画原作が上位
楽天の子会社であるKoboは、「楽天Koboイーブックストア」での日本国内販売電子ブックコンテンツに関するランキングを発表。11月度の月間総合ランキングでは『人類資金I』(福井晴敏/講談社)が1位に輝いた。(2013/12/4)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第8回:
男なのに美男子に惹かれてしまいました マンガ家あき先生が描く耽美な世界にどっぷりハマろう
美男子を描かせたら横に並ぶ者なしと社主が太鼓判。あき先生は画力と作劇能力の両面においてただ者ではないぞ……!(2013/11/15)

『清須会議』に選ばれたのは「綾鷹」でした――期間中にコラボ
日本コカ・コーラが販売している「綾鷹」と、三谷幸喜監督による歴史エンターテインメント映画『清須会議』(11月9日より公開)はコラボレーションし、期間中さまざまな取り組みを展開していく。(2013/9/17)

「koboイーブックストア」2013年8月度月間ランキング――進撃の巨人、半沢直樹原作など人気
「koboイーブックストア」の2013年8月度月間ランキングが発表。先月から圧倒的な支持を得ている『進撃の巨人』に続き、総合ランキングでは人気ドラマ「半沢直樹」原作が人気を集めた。(2013/9/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/21)

koboイーブックストア、年間販売ランキングを発表
Koboが日本向け「koboイーブックストア」で販売された電子書籍の2012年年間販売ランキングを発表。漫画『テルマエ・ロマエ』の第1巻をはじめ映像化作品が上位に。(2012/12/20)

TSUTAYA、2012年度DVDレンタルランキングを発表――1位は「M:I/ゴースト・プロトコル」
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、2012年のDVD・BDレンタルの年間ランキングを発表した。総合1位は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」で、邦画1位は「テルマエ・ロマエ」。(2012/12/10)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(8月24日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/8/24)

「ゲームを作るのに、ゲームなんかやらなくていい」――「もしドラ」作者、ゲーム業界にアドバイス 
「おれほどゲームをやったやつはいない」と豪語する岩崎夏海氏は、今のゲーム業界をどう見たか。(2012/8/24)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(8月10日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/8/10)

映画ウラ事情:
映画監督と女優が交際・結婚。そのとき、撮影現場はどういう雰囲気?
夫の作品に妻が出演といった場合、現場はどういう雰囲気なのだろうか。やりづらかったり、特に濡れ場のシーンなどは、相手となる俳優のほうが微妙な思いをするのでは?(2011/11/22)

映画「ステキな金縛り」公開記念 三谷さん登場 ドラマ「ステキな隠し撮り」の解説も
映画「ステキな金縛り」の公開を記念し、三谷幸喜監督が先週に引き続きニコニコ生放送に出演。「ステキな金縛り」のキャストが出演する、フジテレビで放送されるスペシャルドラマ「ステキな隠し撮り〜完全無欠のコンシェルジュ〜」の解説や、「ステキな金縛り」の見どころを三谷さんが語り尽くす。パーソナリティーは元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さん。配信は11月5日20時30分〜。(2011/10/31)

三谷幸喜さんがニコ生初登場 映画「ステキな金縛り」公開記念
映画「ステキな金縛り」の公開を記念し、三谷幸喜監督がニコニコ生放送に出演。公開にあわせてフジテレビで放送される三谷さんの映画「ザ・マジックアワー」の解説や、「ステキな金縛り」の見どころを三谷さんが語り尽くす。パーソナリティーは元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さん。配信は10月29日20時30分〜。(2011/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。