ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N705iμ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N705iμ」に関する情報が集まったページです。

「N706i」「N705i」など、ドコモのNEC製ケータイ5機種でソフト更新
ドコモは、NEC製のiモードケータイ「N706i」「N706iII」「N706ie」「N705i」「N705iμ」のソフト更新を開始した。iモード通信時に画像ファイルをアップロードできない不具合を解消する。(2011/11/8)

ソフトウェアアップデート情報――NTTドコモ
富士通製の「F-03A」、パナソニック モバイル製の「P906i」、NEC製の「N705iμ」「N705i」「N706iII」に不具合があることが判明。ドコモは3月17日にソフトウェア更新を開始した。(2009/3/17)

世界最薄を生かすデザインとは? 開発陣に聞く「N705iμ」:
PR:シンプルだけに奥が深い――「N705iμ」デザインの秘密に迫る
折りたたみケータイとして世界最薄を実現した「N705iμ」。この極薄ボディを実現させた技術、マイシグナルや待受画面など内蔵コンテンツへの想いなど、N705iμが完成するまでの経緯を開発スタッフに聞いた。(2008/2/29)

これが世界最薄ケータイの“中身”だ――「N705iμ」デザイン展示会
NECが東京・表参道にあるギャラリー同潤会で、世界最薄ケータイ「N705iμ」の展示会を行っている。会場では、分解されたN705iμの部品や玉木宏さん出演の広告パネル、テレビCMを見ることができる。(2008/2/22)

jig.jpの「マイシグナル エディタ」が、N705iμ用イルミパターンの作成に対応
N703iμ/N704iμのイルミネーションパターンをケータイで自作できるjig.jpの「マイシグナル エディタ」が、「N705iμ」に対応した。7×17個(計119個)のLEDを使った自分だけのイルミネーションを作成できる。(2008/2/21)

「SH705i」「N705iμ」発売、バリューコース一括で4万円台前半/月々1600円半ばから
NTTドコモのシャープ製「SH705i」とNEC製「N705iμ」が発売された。新規契約時の価格は、ともにバリューコース一括で4万円台前半、24回分割で月々1600円半ばからだった。(2008/2/15)

厚さ9.8ミリ。極薄「N」端末がついに登場:
PR:“スーパースリムボディ”に凝縮された多機能――「N705iμ」の実力に迫る
厚さわずか9.8ミリというスリムなボディが目を引く「N705iμ」は、薄さと多機能を両立させたスマートなモデルに仕上がっている。従来モデルからの進化点を中心に、N705iμの魅力をリポートしよう。(2008/2/15)

極薄の中身は“アート”――NEC、東京・表参道で「N705iμ」発売イベント開催
NECは2月20日から、極薄端末「N705iμ」の部品や内蔵コンテンツを使ったデザインアート展を東京・表参道で開催する。(2008/2/13)

「SH705i」「N705iμ」「P705iμ」、2月15日から順次発売
NTTドコモは「SH705i」「N705iμ」「P705iμ」を、2月15日から順次発売すると発表した。SH705iはファブリックテイストのスリムワンセグ、N705iμとP705iμは、厚さ9.8ミリの極薄モデルだ。(2008/2/12)

“クールでストイック”――NEC、「N705iμ」のCMに玉木宏さんを起用
NECは、2月以降にドコモから発売となる「N705iμ」の広告キャラクターに玉木宏さんを起用する。VALUESTARやLaVieのCMで見せるのとは違った、クールでストイックな演技で、端末の世界観を表現するという。(2008/2/4)

写真で解説する「N705iμ」(ソフトウェア編)
世界最薄の折りたたみ3Gケータイ「N705iμ」は、薄さを極めただけでなく、「My Signal」の拡大や基本スペックの向上など、N703iμやN704iμから着実に進化している。その主なポイントをチェックした。(2008/1/11)

写真で見る「N705iμ」
3G折りたたみタイプで世界最薄の厚さ9.8ミリを実現した「N705iμ」である。ステンレス素材を使った超極薄ボディに、HSDPAやFeliCaチップを搭載。“マイシグナル”はLEDが7×17個へと進化した。(2007/11/3)

厚さ9.8ミリ、HSDPAやFeliCaに対応する極薄FOMA「N705iμ」
NEC製の「N705iμ」は、厚さ9.8ミリを誇る極薄折りたたみFOMA。FOMAハイスピードやおサイフケータイ、うた・ホーダイなどに対応しており、薄さと実用性、マルチメディア機能を兼ね備えた端末だ。(2007/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。