ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N706ie」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N706ie」に関する情報が集まったページです。

「N706i」「N705i」など、ドコモのNEC製ケータイ5機種でソフト更新
ドコモは、NEC製のiモードケータイ「N706i」「N706iII」「N706ie」「N705i」「N705iμ」のソフト更新を開始した。iモード通信時に画像ファイルをアップロードできない不具合を解消する。(2011/11/8)

「N706i」「N706ie」にフリーズや電源リセットなどの不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、NEC製の「N706i」「N706ie」に複数の不具合があることを発表し、改善するソフトウェアアップデートを開始した。特定の操作で電源がリセットされたり、フリーズする場合があるという。(2009/1/14)

「706ie」シリーズレビュー:
通話品質で比較する「N706ie」「P706ie」「SH706ie」「L706ie」
“見やすさ”“聞きやすさ”“使いやすさ”を追求しながら、最新端末としてのスペックやデザイン性も兼ね備えたドコモの706ieシリーズ。今回は、通話時の音声品質を改善する機能や、端末独自の機能をチェックした。(2008/10/23)

開発陣に聞く「N706ie」:
長く使っても飽きが来ない――便利機能と使う楽しさを盛り込んだ「N706ie」
大きな背面ディスプレイや見やすいメニュー、約700時間という連続待受時間が魅力の「N706ie」。見やすさ、聞きやすさ、使いやすさにこだわった706ieシリーズを代表するこの端末には、NEC開発陣の「長く楽しんで使ってほしい」という思いがあふれている。(2008/10/16)

CEATEC JAPAN 2008:
“オトナ向け”の「N706ie」「GLAMOROUSケータイ」が人気のNEC――新開発の高精細3D液晶モジュールも登場
CEATEC JAPAN 2008のNECブースでは、NTTドコモとソフトバンクモバイル向けの最新ケータイのほか、高精細な3D液晶モジュールなどが登場。海底ケーブルや人工衛星などの巨大プロジェクトの展示も人気を博していた。(2008/10/3)

「706ie」シリーズレビュー:
“見やすさ”“押しやすさ”で比較する「N706ie」「P706ie」「SH706ie」「L706ie」
“見やすさ”“聞きやすさ”“使いやすさ”を追求しつつ、最新端末としてのスペックやデザイン性を兼ね備えたドコモの706ieシリーズ。発売中の4機種について、表示の見やすさやキーの押しやすさ、通話関連機能を中心にチェックした。(2008/9/18)

「P706ie」「N706ie」発売──価格は頭金3150円、1540円/月から
ドコモの“新スタンダード”端末2機種、「N706ie」と「P706ie」が発売された。価格は新規バリューコースで購入時3150円、月々1540円(24回)、総額4万110円から。(2008/8/15)

ミドルエイジに小難しくない携帯を:
「N706ieはここちいいケータイ」──小西真奈美さんがアピール
NECが8月12日、見やすさや使いやすさ、聞きやすさなどに配慮し、ミドル層にも楽しめることを目指したケータイ「N706ie」の発表会を開催した。CMキャラクターの小西真奈美さんも登場し、その魅力を「心地いいケータイ」という言葉で表現した。(2008/8/12)

“誰にでも使いやすい”をめざした「P706ie」「N706ie」、8月15日に発売
NTTドコモは8月15日、使いやすさに配慮した新ラインアップ「ie」シリーズの最新モデル「N706ie」と「P706ie」を発売する。どちらも「拡大もじ」や大きなキー、片手で容易に開けるワンプッシュ/ワンタッチオープンボタンなどを備える。(2008/8/11)

写真で解説する「N706ie」
NEC製の「N706ie」は、使いやすさを重視したスタンダードなワンセグ搭載端末。ワンタッチオープン機構や騒がしい場所で通話音量を自動調整する「ハイパークリアボイス」機能を搭載したほか、メニュー構造を見直して使いやすさを向上させた。(2008/5/29)

“文字と声をハッキリと”使いやすさ重視のスタンダードワンセグ――「N706ie」
NEC製の「N706ie」は、使いやすさを重視したスタンダードなワンセグ搭載端末。ワンタッチオープン機構やメニュー画面の文字拡大機能、騒がしい場所で通話音量を自動調整する「ハイパークリアボイス」機能などを搭載した。(2008/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。