ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「nani」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「nani」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

にゃるら×カエルDX:
オタクが最近の「お嬢様ブーム」について話しました
オタクたちによる新連載がスタート! 月1で更新予定です(編)。(2019/12/25)

「“格ゲー勢の発言まとめ”でイケると確信しましたわ」 話題沸騰の「ゲーミングお嬢様」、作者に取材したらお嬢様口調で答えてくれた
「ちなみにリュウとザンギはどっちがクソキャラだと思いますか?」 → 「ザンギに決まってんですわよ」(2019/12/8)

「モバイルプロジェクト・アワード2014」「SPAJAM2014」表彰式――最優秀賞を手にした製品やチームは?
MCFが開催した「モバイルプロジェクト・アワード2014」と「SPAJAM2014」の最優秀賞が決定。7月15日に開催された表彰式で、受賞者が喜びの声を上げた。(2014/7/15)

審査員に「なんでやねん」、スマホでメンコ、歴史+ライフログ――「SPAJAM2014」本選の最終プレゼン
スマホアプリの競技会「SPAJAM2014」の本選で、2泊3日の成果を出す最終プレゼンが7月6日に行われた。どのチームも白熱のプレゼンを披露して会場を大いに沸かせていた。シリコンバレーへの切符を手にするのはどのチームか?(2014/7/7)

エネルギー技術 二次電池:
多様な要求が集まる二次電池、Si負極や10年の寿命実現へ
携帯型機器の主電源として広く使われている二次電池は、さまざまな機器設計者の要求に応えられるだけの性能を発揮できる。しかし、二次電池の用途が電気自動車や再生可能エネルギーを支援する役割まで広がっていくと、現在の性能では不十分である。どのような性能が不足しているのか、どの程度の性能が必要なのか、性能を向上させる手法にはどのようなものがあるのか、リチウムイオン二次電池を中心に技術開発動向をまとめた。(2010/12/10)

エネルギー技術 二次電池:
リチウム資源に依存しない二次電池を開発、ナトリウムで高容量を確保
電気自動車向けのリチウムイオン2次電池には課題が2つある。エネルギ密度がガソリンに比べて低いことに加え、コスト高であることだ。(2010/7/14)

11月に出荷予定:
ポスターを即座に電子看板化 ソフィアモバイルが専用端末
ポスターが挿入できる透明の枠に、超小型ICモジュールを内蔵したnaniポ!を取り付けて提供する。紙のポスターを電子看板として使うことができる。(2008/7/22)

CEATEC JAPAN 2007:
「ハタハタ」に「スクルド」、名前も中身も個性的なW-SIM開発環境
WILLCOMコアモジュールフォーラム(WCMF)ブースでは、SIM STYLEジャケット端末の開発環境を多数展示。参入企業へのサポートを充実させることで、柔軟に端末開発が行えるとアピールしている。(2007/10/4)

5分で分かる、2007年上半期のモバイル事情(後編)
2007年上半期のモバイル事情を振り返る本企画。後編では、ビジネスモデルの変化や他事業との連携について振り返る。【2007年1月から8月15日までのソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル、業界動向記事のアクセスランキング掲載】(2007/9/28)

CEATEC開幕目前──通信キャリアブースの見どころは
10月2日から千葉・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2007」。体脂肪を計れるケータイやキーパッドディスプレイケータイ、INFOBAR 2、ケータイ版ライフログなど、各キャリアがユニークな端末やサービスを披露する。(2007/9/28)

ワイヤレスジャパン2007:
写真で見る「nani」――ソフィアブース
ワイヤレスジャパン2007のソフィアモバイルブースでは、事前に発表したワンセグ+Wi-Fi+W-SIM対応のWindows CE端末「nani」が初公開された。(2007/7/23)

ソフィアの「nani」は、iPhone似? プラダケータイ似?
ソフィアモバイルが発表したワンセグ+無線LAN機能+W-SIM対応端末の「nani」。その外観は、話題の端末に似ている。(2007/7/13)

「nani」ってナニ?――ワンセグ+Wi-Fi+W-SIM対応のWindows CE端末
ソフィアモバイルとソフィアシステムズは、4.3インチタッチパネルを搭載し、ワンセグ、無線LAN、W-SIMなどに対応するWindows CE搭載端末「nani」を発表した。実物はワイヤレスジャパン2007で公開する。(2007/7/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。