ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NHK大学ロボコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NHK大学ロボコン」に関する情報が集まったページです。

「公園の遊具」だけど難易度高め:
ロボット親子が公園の「遊具」で遊ぶ!――NHK大学ロボコン2014
大学生がロボット作りの技術力や戦略を競う「NHK大学ロボコン」が開催された。親と子、2台のロボットを上手に「公園の遊具」で遊ばせることができたのはどこの大学か?(2014/7/25)

決勝は近年まれに見る名勝負に:
月に向かって「苗木」を撃ち込め!――NHK大学ロボコン2013
大学生がロボット作りの技術力や戦略を競う「NHK大学ロボコン2013」が開催された。2台のロボットを駆使し、制限時間内に地球を緑の「木の葉」で埋め、いち早く「苗木」を月に着地させることができたのはどこの大学か?(2013/6/25)

勝敗を左右するのは手動ロボと自動ロボの協調:
誰よりも早くまんじゅうを奪え!――NHK大学ロボコン2012
大学生がロボット作りの技術力や戦略を競う「NHK大学ロボコン2012」が開催された。制限時間内に素早くタワーを駆け上ってまんじゅうを奪ったのはどこの大学のロボットか?(2012/6/26)

現場実践主義! 工学院大学 学生プロジェクト・レポ:
PR:レースでの勝利と実用性との両立に挑戦! 工学院大学ソーラーカープロジェクト
現場における実践を通じて学生たちの技術力を高めていくことを目的とする工学院大学の「学生プロジェクト」。同校の「ソーラーカープロジェクト」もその1つ。2011年8月9〜12日に秋田県大潟村で開催されたソーラーカーレース「2011ワールド・グリーン・チャレンジ」の「ソーラーカー部門 チャレンジクラス」で工学院大学は第2位に入賞と大健闘! 同校のソーラーカー設計は「レースで勝つこと」だけを目指すのではなく、「実用性」「安全性」まで考慮する。おのずとハードルを高めてしまうことになるけれど、さまざまな難題をクリアしているうちに社会に出てからの実務能力の土台がどんどん築かれていく!(2011/9/1)

大学生がロボット作りの技術を競う:
タイ版「灯籠流し」を制したのは?――NHK大学ロボコン2011
大学生がロボット作りの技術やアイデアを競う「NHK大学ロボコン2011」が開催された。制限時間内に素早く“ロイ・クラトンの火”をともしたのはどこの大学のロボットか?(2011/6/23)

未来のロボット技術者の熱き戦い:
ロボットがピラミッドを作る!――NHK大学ロボコン
大学生がロボット作りの技術やアイデアを競う「NHK大学ロボコン」が開催された。エジプトの三大ピラミッドがテーマの今大会、制限時間内に素早くピラミッドを組み立てたのはどこの大学のロボットか?(2010/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。