ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「のだめカンタービレ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「のだめカンタービレ」に関する情報が集まったページです。

「霜降り明星」粗品がMVでピアノ演奏 “お笑い要素ゼロ”で優雅なテクに「なんでやねん」の声殺到
ピアノが得意な粗品さん。(2019/8/2)

これには埼玉県民もニッコリ 映画「翔んで埼玉」、初週の動員数であの東京を上回る快挙
埼玉県におけるオープニングの興行収入はこれまでの記録を4倍以上上回る。(2019/2/25)

「誰が頼んだ」違法ダウンロード対象拡大、人気漫画家も懸念
文化審議会で、違法ダウンロード対象拡大の方針が了承されたと朝日新聞が報道。このニュースを受け、違法ダウンロードの被害者であるはずの人気漫画家からも異論が出ている。(2019/2/13)

「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」 映画「翔んで埼玉」コラボで“そこらへんの草”味のフード登場
気になる味は……。(2019/1/7)

次から次へと:
ハラスメントを招いてしまう要因は「甲子園」と「水戸黄門」
次から次へと現れるスポーツ界のハラスメント。 一般社会がこれだけコンプライアンスにうるさくなっているにもかかわらず、とどまるところをしりません。スポーツ界だけが腐っているのか? それとも……。(2018/8/23)

「エヴァ」「ハルヒ」「コナン」 TVアニメ放送開始したときの自分の年齢覚えてる?
シーンは思い出せるんだけどなあ……。(2018/8/18)

所有者はレンタカーショップ……:
NYCの路上にランボルギーニ3台 ビットコイン関連イベントの宣伝だった
5月14日、米ニューヨークシティの6番街にあるヒルトンホテルの近くに、3台のランボルギーニが停まっていた。5月11〜17日は“Blockchain Week New York City”と称される期間で、20以上のビットコインや仮想通貨関連イベントの開催が予定されており、その宣伝のためだったという。(2018/5/15)

伝説の“埼玉ディス”漫画『翔んで埼玉』、2019年に実写映画化 二階堂ふみ&GACKTのダブル主演
魔夜峰央さん「本当にいいんですか?」。(2018/4/9)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
今日は夫婦一緒にどこにも行かないで「ゴロゴロ……しよ?」 マンガ『お酒は夫婦になってから』から「みかんブリーゼ」
酔ってちょっとわがまましちゃう妻、かわいすぎでは……。(2017/10/11)

山浦恒央の“くみこみ”な話(MONOist10周年特別寄稿):
組み込みソフトがこの10年で変わったこと、変わらないこと
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載していきます。第1弾は、間もなく連載100回を迎える「“くみこみ”な話」を執筆していただいている山浦恒央氏の寄稿です。(2017/8/9)

「白鳥麗子でございます!」「のだめカンタービレ」が新作読み切りで復活
2月25日発売のKiss4月号に掲載される。(2016/1/25)

アニメ「磯部磯兵衛物語」のキャラ画&新場面カット解禁 団子屋の娘さんがガッキーぐらいかわいいで候
「MEN'S NON-NO」のブログでは「磯兵衛」を読む坂口健太郎さんの姿が。(2015/12/21)

アプリ「グノシー」で無料マンガ配信 第1弾は「金田一少年の事件簿」「のだめカンタービレ」など10作品
講談社の3作品のほか、「新宿 D×D 」「マネーファイト 」など、マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」の人気7作品が無料配信されます。(2015/6/29)

Gunosy、アプリ「グノシー」で漫画の無料連載を7月開始
第1弾として、講談社の『のだめカンタービレ』や、アプリ「マンガボックス」の『新宿D×D』など10作品を配信。(2015/6/29)

スマホで無料で読める「グノシーマンガ」スタート 第1弾連載は「金田一」「のだめ」など10作品
Gunosyがスマートフォンで無料で読める「グノシーマンガ」を7月に始める。第1弾連載は「金田一少年の事件簿」「のだめカンタービレ」など10作品だ。(2015/6/29)

ぎゃぼー! ミルヒーが大変なことに!! 二ノ宮知子さんがTwitter上に「のだめ番外編」を公開
ファンにとってはうれしいサプライズ。(2015/6/19)

フジテレビとHuluがコンテンツ相互供給を開始――ノイタミナ作品がHuluに登場
動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングス合同会社は5月29日、フジテレビジョンと相互にコンテンツを調達・提供することを発表した。(2015/5/29)

Huluで「ノイタミナ」アニメ配信 フジテレビと番組相互提供 「あの花」など20作品
日テレ傘下の「Hulu」とフジテレビが番組を相互提供。Huluで「あの花」などノイタミナ枠のアニメを配信する。(2015/5/29)

Huluにノイタミナ作品配信きたああ! フジテレビとHuluが動画配信で提携
「あの花」「PSYCHO-PASS サイコパス」など順次配信!(2015/5/29)

キャラクターたちの前向きな名ゼリフをデザイン 「紅茶花伝」と「のだめカンタービレ」「FAIRY TAIL」の限定コラボパッケージ発売
頑張るキミに“癒し”と“くつろぎ”を。(2015/4/16)

有料コンテンツ使い放題&充実サービスの「ジョルテ プレミアム」登場――月額300円
「ジョルテ-カレンダー&システム手帳」に、クラウドストレージや切り替え可能な4つのカレンダーなどを提供し、さまざまな有料コンテンツが使い放題となる「ジョルテ プレミアム」が登場。(2015/1/27)

麻生久美子に“残念すぎる壁ドン”――「Renta!」のテレビCMが公開
人気漫画が最大3巻まで無料で読めるキャンペーンも開催中。(2015/1/27)

2014年のベスト漫画を決定! 電子書店9ストアの年間ランキングを独自集計してみた
各電子書店の年間ランキング1位〜10位を対象にポイントを付け、総合ランキングを作成してみました。果たして今年1番人気を集めた作品とは・・・・・・?(2014/12/26)

大丈夫、オレたちには2次元がある「クリスマスにデートしたいマンガキャラ」ランキングが発表
キミは誰とデートしたい?(2014/12/9)

ロングセラーが人気? ブックオフオンラインの2014年 年間ランキング
特設ページでは、独自の視点からランク付けした「ブックオフ流」ランキングも公開している。(2014/12/8)

eBookJapanのユーザー数100万人突破――1人当たりの平均購入冊数も明らかに
累計販売ランキングでは、男性マンガの1位が『静かなるドン』(新田たつお)、女性マンガの1位が『ちはやふる』(末次由紀)となった。(2014/12/8)

2014年最も読まれた漫画とは、電子と紙の年間ランキングをチェック
BookLive!、Amazon、日販の年間ランキングを漫画に注目してまとめてみた。(2014/12/2)

今年最もユーザーに支持されたコンテンツは? 「GYAO Entertainment Awards 2014」が発表
電子書籍部門では、「Yahoo!ブックストア」の売り上げにより選出された少年/少女コミックほか全8部門を表彰。(2014/11/13)

PR:カレンダーで世界中のサービスをつなげていく――カレンダーアプリ「ジョルテ」が世界で人気の理由
予定を管理できるスマートフォン向けアプリは、さまざまなものが提供されているが、皆さんはどんなアプリをお使いだろうか? 今回紹介する「ジョルテ」は、ただのスケジューラーアプリとはひと味違う。開発陣の声とともに、その全容を紹介しよう。(2014/8/20)

「ジョルテ ― カレンダー&システム手帳」のデザインを変えられる「全チェン」機能
ジョルテの「ジョルテ ― カレンダー&システム手帳」に、全画面のデザインやテーマを簡単に切り替えできる「全チェン」機能が加わる。キャラクター、スポーツチームなどのテーマから好みに応じて選ぶことができる。(2014/7/14)

BookLive!の2014年上半期人気ランキング、『進撃の巨人』を抑えて1位になったのは?
BookLive!の「BookLive!2014年上半期人気ランキング」が発表。(2014/7/4)

「失恋ショコラティエ」「3月のライオン」……あのマンガの料理を作ろう 「マンガレシピ」発売
マンガ誌「KISS」で2010年から3年にわたり連載された「マンガレシピ」が書籍化。(2014/5/14)

『のだめ』『イニD』『島耕作』など:
eBookJapan、人気マンガのセットが最大50%OFFセール
eBookJapanは「石ノ森章太郎デジタル大全 第1期まとめ買いセット」をはじめ、人気マンガ家のまとめ読みセットが最大50%OFFになる期間限定セールを開催する。(2014/4/28)

はまり役?:
少女漫画『海月姫』実写映画化、能年玲奈がクラゲヲタクに
講談社の少女漫画『海月姫』が今年の冬に実写映画化。主人公のクラゲヲタクを能年玲奈が、女装男子を菅田将暉が演じる。特設ページでは原作者・東村アキコとキャストのスペシャルコメントを公開中。(2014/4/17)

漫画家たちが描いた東日本大震災「ストーリー311」の第2弾刊行
児童文庫も出版。(2013/12/25)

本屋探訪記:CDショップが仕掛ける音楽書専門店と読書用品ブランドのコラボ店「BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は、東京・新宿の「BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿」を紹介。(2013/12/6)

漫画家たちが被災地描く「ストーリー311」 続編の制作資金をクラウドファンディングで募集
東日本大震災の被災地を取材して漫画にした短篇集「ストーリー311」の続編を作ろうと、ネット上で資金募集が行われています。(2013/11/22)

「Kiss 1月号」二ノ宮知子&磯谷友紀2大強力連載スタート
11月25日発売の「Kiss 1月号」であの『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子と『本屋の森のあかり』の磯谷友紀による2大連載がスタートする。公式ホームページではこれらを試し読みできる特設サイトもオープンした。(2013/11/18)

「サンキュー」で期間中39冊無料で読めるキャンペーン開催
eBookJapanが「東証一部上場記念」として、珠玉のマンガ15タイトル39冊を無料で配信する「東証一部上場記念サンキューキャンペーン」を実施している。(2013/11/5)

「koboイーブックストア」2013年8月度月間ランキング――進撃の巨人、半沢直樹原作など人気
「koboイーブックストア」の2013年8月度月間ランキングが発表。先月から圧倒的な支持を得ている『進撃の巨人』に続き、総合ランキングでは人気ドラマ「半沢直樹」原作が人気を集めた。(2013/9/3)

ニコ生でアニメ一挙放送 「もやしもん」「のだめ」などノイタミナ人気作品
夏休みニコニコアニメスペシャルはノイタミナの人気作品をラインアップ。(2013/8/12)

これはワンダバ:
ゲストには庵野監督も! 東京フィルによるウルトラマンコンサート開催決定
9月1日、東京芸術劇場コンサートホールで。(2013/6/21)

BOOK☆WALKER、女性向けコミックを3冊以上買ったら1冊もらえる「講談社女子コミキャンペーン」
ブックウォーカーが運営する電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」で、講談社が発行する女性向けコミックを対象にした「講談社女子コミキャンペーン」がスタート。(2013/6/14)

2013年1月1日〜15日:
今売れている電子書籍は? ベストセラーランキング
大手電子書店「BookLive!」のランキングデータから今売れ筋の電子書籍を紹介します。(2013/1/17)

eBookJapan、2012年上半期の電子書籍ランキングを発表――「テルマエ・ロマエ」などがランクイン
電子書籍販売サイト「eBookJapan」2012年上半期の電子書籍ダウンロードランキングBEST20が発表。青年マンガ1位は「テルマエ・ロマエ」、少女マンガ1位には「ガラスの仮面」がそれぞれランクインした。(2012/7/12)

かたっぱしから集めました:
一挙集合! 夏アニメ見るならこの“原作”をチェックせよ
7月から続々とアニメの新シリーズがスタートするが、その多くは漫画やライトノベルが原作。今回は、夏アニメの原作本を一挙に紹介する。電子書籍で手に入る作品もあるので、アニメと一緒にチェックしてほしい。(2012/7/2)

「山形交響楽団 さくらんぼコンサート2012 東京公演」ライブ配信
Ustreamの日経チャンネルが「山形交響楽団 さくらんぼコンサート2012 東京公演」をライブ配信する。山形交響楽団は、映画「おくりびと」への出演や「のだめカンタービレ」の指揮演技指導でも知られる指揮者・飯森範親が音楽監督を務めている。配信は6月29日19時0分〜。(2012/6/27)

二ノ宮知子氏にOCを教えるあの人も登場:
リンクスとGALAXY、販売代理店提携説明会
リンクスインターナショナルは、GALAXY Microsystemsと販売代理店の契約を結び、両社の代表による説明会が行われた。(2012/3/23)

興行収入ゼロでもいい!? 新聞社が映画出資する理由
近年、新聞連載が映画化され、ヒットに結びつくケースが見られるようになっている。そうした映画には新聞社も出資しているのだが、なぜ今、新聞社が映画事業に進出しているのか。毎日新聞社の宮脇祐介事業本部副部長が、販売・広告以外の収入を求める新聞社の動きについて解説した。(2011/12/22)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(11月18日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/11/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。