ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「踊る大捜査線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「踊る大捜査線」に関する情報が集まったページです。

「踊る大捜査線」映画シリーズやドラマ「アンフェア」など、Amazon動画見放題でGWに楽しみたい作品配信
「映画クレヨンしんちゃん」の新作公開前に前作「爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」が配信されます。(2019/4/12)

ロシアから届いたオモチャの「エリーゼのために」がめっちゃ音痴だと話題に 「呪われそう」「お腹痛い」
元からこうなのか、届くまでに壊れたのか……。(2019/4/4)

男女1100人に聞いた:
平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……?
ミクシィが「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表。最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。各ジャンルで1位だったのは……?(2018/12/17)

架空世界で「認証」を知る:
「新世紀エヴァンゲリオン」の使徒がネルフ本部に仕掛けた“ハッキングの手口”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第5回のテーマは「パスワードハッキング」。(2018/12/7)

「2010年代のオタクは、推しに毎日会えるようになった」 ”カップリング表記研究家”に聞く、奥深い同人文化の世界
週一から毎日へ。(2017/9/5)

「フリクリ2」「フリクリ3」PV公開! 2018年劇場公開決定
なんと劇場公開!(2017/7/3)

企業がブランディング目的で制作したショートフィルム:
「Branded Shorts of the Year」授賞式が開催、黒木 瞳監督の新作も初公開
国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」開催する「Branded Shorts」は、2017年の最優秀作品「Branded Shorts of the Year」を選出。授賞式を開催した。(2017/6/9)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
製造業IoTのポイントは「事件は現場で起きている」
会議室なのか、雲の上なのかの違いはありますが、「現場」で起きていることは変わりません。(2017/5/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
番組制作費を削減し続けるフジに未来はあるのか
フジテレビは人気番組を制作することで業績を回復させようと試みてきた。しかし、2〜3年前くらいからそれも難しくなってきたのだ。収益低下に歯止めがかからず、コンテンツビジネスの核心部分である番組制作費の削減に手を染めてしまったからである。(2017/5/24)

“漫画の実写化の難しさを重々分かっている人”綾野剛、映画「亜人」で佐藤役に
追加キャスト一挙発表。玉山鉄二・城田優・千葉雄大・川栄李奈らが集結(2017/2/17)

“ダークBL”「ダブルミンツ」が実写映画化! 「R指定ないの? 大丈夫か?」と心配するファンも
淵上泰史&田中俊介のダブル主演。高校時代の主人公役は須賀健太。(2017/1/31)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
大手プロダクションが切り拓く“8Kドラマ”というフロンティア
大手映像プロダクションであるイマジカ・ロボットグループのROBOTが、世界に先駆けて8K/HDRドラマ「LUNA」を制作した。その驚きの画質と表現手法には、“画質の鬼”こと麻倉怜士氏も納得。「従来の8K映像とは違う地平」と評している。(2017/1/17)

俳優・神山繁さん、87歳で死去 「ブラック・レイン」「踊る大捜査線」「アウトレイジ ビヨンド」などに出演
「葬式不要、戒名不要」という本人の意思を尊重し、近親者のみで見送りをしたとのこと。(2017/1/16)

懐かしいな! 演劇ユニット「ジョビジョバ」が“惑星直列的”再起動
メンバーは全員40代の半ばに。舞台のキレはまだ健在かな?(2016/12/24)

漫画「亜人」が佐藤健主演で2017年実写映画化! 監督は「踊る大捜査線」本広克行
“アクションが肝”と「るろうに剣心」を撮影したスタッフが再集結。(2016/11/4)

ヒットのカギは神木隆之介? 「千と千尋」「アリエッティ」など邦画興行収入ランキング上位に出演作多数で話題に
「君の名は。」は100億円で現在9位。(2016/9/25)

フジテレビはどうして「自己満足」から抜け出せないのか?
アニメを充実させればいいんだよ(暴論)。連載「ネットは1日25時間」。(2016/8/20)

あるエンジニア、かく語りき2(2):
やっぱり資格はいらない?
資格よりも実務経験の方が役に立つ。それは、ある意味本当だ。だが、その実務経験が偏りのあるものだったら?(2016/8/15)

伝説のOVA「フリクリ」続編、音楽はthe pillows、貞本デザインの新キャラも
期待しかない。(2016/7/4)

マンガ「曇天に笑う」、福士蒼汰主演で実写映画化 2017年に公開予定
監督は「踊る大捜査線」シリーズの演出を手掛けた本広克行さん。(2016/7/4)

伝説のOVA「フリクリ」の続編制作が決定! 監督は「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS」の本広克行
ついに来たか!!(2016/3/25)

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第1期の全22話 ニコ生で3月6・7日に一挙放送
ゲームソフト発売を記念して。(2016/2/26)

SMAP香取、不老不死役でテレ朝初主演 萩尾望都の「ポーの一族」モチーフのドラマ
本広克行監督とのドラマは「蘇る金狼」(日本テレビ)以来17年ぶり。(2016/2/26)

織田裕二さん4年ぶり映画出演 「ボクの妻と結婚してください。」2016年公開
吉田羊さん、原田泰造さんらが出演。(2015/11/18)

俳優・ムロツヨシさん、のどの不調で3日間の入院へ Twitterでは「勇者ヨシヒコ」メレブと仏の掛け合いも
退院後は「無声療法」を行うとのこと。(2015/11/10)

Weekly Access Top10:
地下鉄の車窓から
東京の地下には、まだまだ謎が眠っているようです。(2015/11/9)

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ全話 ニコ生で2月20日より2夜連続一挙放送!
本広総監督×塩谷監督のスペシャルトークショーも。(2015/2/20)

3000部限定販売! 「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」公開記念乗車券つきブックレット登場
販売は池袋、西武新宿、所沢の3駅です(2014/12/25)

明日を変える働き方:
仕事に「大きい、小さい」はあるか
仕事におけるマネジメントの原則として「仕事の大きい小さい」は、なくては困ります。大きな目標に向かって小さな仕事を積み上げていく。優先順位があるからこそ、ときには比較的重要度が低い仕事を切り捨て、戦略的に動くことができます。(2014/9/16)

comico初のテレビCM、ももクロがワイヤーアクションで躍動
スマートデバイスに最適化された「スマートコミック」スタイルが大人気の無料コミックサービス「comico」の初テレビCMが放送される。ももクロのパフォーマンスにモノノフも大満足?(2014/7/31)

有名監督のオリジナル作品をYouTubeで無料公開「ネスレシアター」 第1弾は佐々部清監督と本広克行監督
ネスレは、有名映画監督のオリジナル映像作品をYouTube上で無料公開する「ネスレシアター on YouTube」をスタートした。作品は順次追加していく。(2013/11/14)

思い出を“本”にする――「やりとりbook store」ディレクターインタビュー
オカンから来る誤字脱字だらけのメール、恋人との他愛のない日々のやりとり……携帯電話の中にだけある記憶を、本という形で残せるサービス「やりとりbook store」とは? 原案者の河野透さんに話を聞いた。(2013/5/24)

アニメビジネスの今・最終回:
アニメビジネスの明日はどっち? 2012年アニメ産業速報
今回は連載「アニメビジネスの今」最終回。2012年のアニメ産業データの速報値を読み解きながら、テレビ放映開始50周年となるアニメビジネスの明日について考えていく。(2013/3/26)

映画秘宝が選ぶ2012年「サイテー」映画、1位は「ダークナイト ライジング」
2位は「プロメテウス」、3位には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」がランクインを果たした。(2013/1/21)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」興収50億円突破 さらに全国94館で追加拡大公開決定
どこまで伸ばせる?(2013/1/16)

映画ウラ事情:
邦画各社の得意分野が強く出た、2012年の映画業界を総括
2012年の年間興行収入ランキングは、10本中7本を邦画が占める形となった。2011年の「エンタメ自粛」の反動が色濃く出た結果となったが、はたして現場の空気はどうなっているのだろうか?(2013/1/7)

アニメビジネスの今:
ジブリなしでも好調だった2012年のアニメビジネスを振り返る
スタジオジブリ作品の公開がなかったにもかかわらず2012年の劇場アニメは好調、テレビアニメの制作分数も前年以上となる見込みだ。2012年最後の記事ということで、2012年のアニメビジネスを振り返ってみたい。(2012/12/28)

「ヱヴァQ」公開初日、最速上映の「新宿バルト9」が動員・興収過去最高に
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開初日、世界最速上映を行ったシネコン「新宿バルト9」にはヱヴァQだけで1万人以上が来場した。(2012/11/18)

【連載】走りながら考えるメディアマーケティング:
第5回 じゃあ、新興勢力のオンラインニュースはどうなのか?
新聞社やテレビ局などと違い、オンラインニュースサイトを運営する企業の中には、経営の主軸に「ニュースサイト」を据えていない企業が存在する。(2012/10/1)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/9/13)

「踊る大捜査線」シリーズのノベライズ作品が電子書籍で配信開始
ブックリスタがプラットフォームを提供している2つの電子書籍ストア「Reader Store」と「LISMO Book Store」で、大ヒットドラマ/映画「踊る大捜査線」シリーズの電子書籍版ノベライズが配信開始となった。(2012/8/21)

田中淳子のあっぱれ上司!:
イマドキの若手と上手に付き合うには
「若手部下の考えていることが分からない」「ゆとり世代はやっぱり駄目だ」??? いえいえ、若手社員の根本は今も昔も変わっていないのです。ただ、ちょっとコツがいるだけ――悩める上司と部下の付き合い方を、企業の人材育成に携わって27年(!)の田中淳子さんが優しくにこやかに指南します。(2012/6/12)

約2万タイトルをラインアップ:
ビデオマーケット、VODサービスをiPhone向けに開始
フィーチャーフォン向けの約4万タイトルの動画配信サービスを行っているビデオマーケットが、3月1日からiPhone向けのサービスも開始した。テレビ番組や映画など、話題のタイトルを2万本ラインアップする。(2012/3/1)

興行収入ゼロでもいい!? 新聞社が映画出資する理由
近年、新聞連載が映画化され、ヒットに結びつくケースが見られるようになっている。そうした映画には新聞社も出資しているのだが、なぜ今、新聞社が映画事業に進出しているのか。毎日新聞社の宮脇祐介事業本部副部長が、販売・広告以外の収入を求める新聞社の動きについて解説した。(2011/12/22)

映画ウラ事情:
テレビドラマの映画化で気になること、映画になるための基準や条件は?
映画版「こち亀」に続き、多くのテレビドラマの映画化が予定されている。しかし、その基準は単純に視聴率が高ければいいというものでもなさそうだ。(2011/8/17)

ほぼ全文公開! 乙武洋匡&斉藤徹が語る映画『ソーシャル・ネットワーク』
今冬、話題を集めた映画『ソーシャル・ネットワーク』。5月25日にBlu-ray Disc&DVDが発売されるのに合わせて、乙武洋匡さんと斉藤徹さんがUstream生放送で対談しました。その内容を詳しくお伝えします。(2011/6/3)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
赤字の腕時計修理事業を立て直したカイゼン活動の舞台裏
ROLEXなど高級ブランド時計の修理を請け負う共栄産業は、国内でも有数の技術力を誇る。ところが、かつての修理部門は毎月200万円の赤字を出し、技術者の業務統制もとれていなかったという。(2011/2/25)

「最後の忠臣蔵」杉田監督&「踊る大捜査線」本広監督がUst対談
12月18日公開の映画「最後の忠臣蔵」(役所広司さん、佐藤浩市さん主演、ヒロインは桜庭ななみさん)の杉田成道監督と、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督がUstreamで対談。メイキング映像を見ながら、演出論や裏話を語る。配信は11月11日20時0分〜11月11日22時0分。(2010/11/11)

レンタル価格は200円〜:
アップル、「Apple TV」を8800円で発売、iTunes Storeで映画配信も
アップルは、「Apple TV」を8800円で国内販売する。これに合わせ、iTunes Storeで映画のレンタル配信も提供する。(2010/11/11)

iTunesで映画販売、日本でも開始 新Apple TVも発売
日本のiTunes Storeで映画の販売がスタート。ハリウッドメジャーや日本の大手が参加し、1000本以上の映画を販売。Apple TVの新版も週内に発売する。(2010/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。