ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Open Web Foundation」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Open Web Foundation」に関する情報が集まったページです。

クラウドネイティブアプリ開発の課題に対応:
MicrosoftがAlibaba CloudとOAMプロジェクトを発足、アプリケーションを記述する共通仕様
Microsoftは2019年10月16日(米国時間)、Alibaba Cloudと共同で、クラウドネイティブアプリケーションを記述する仕様であるOpen Application Model(OAM)のプロジェクトを、Open Web Foundationの下で発足したと発表した。Microsoftは同時に、この仕様のKubernetes実装であるRudrを同社が開発したことも紹介した。(2019/10/18)

Google、Microsoftなどがサポート:
Clearspring、オープンなコンテンツ共有プロトコル「OExchange」を公開
WebサイトのコンテンツをBuzzでつぶやきたいのにBuzzボタンがない――。そんな問題を解決するためのプロトコルが登場した。(2010/6/4)

Google、OpenIDメンバーのクリス・メッシーナ氏を採用
OAuth立ち上げやDiSoプロジェクトで知られるメッシーナ氏がGoogle入りした。(2010/1/8)

海外ダイジェスト(7月26日)
MS辞任のケビン・ジョンソン氏がJuniper NetworksのCEOに就任、Open Web Foundationの正式設立、など。(2008/7/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。