ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「P702iD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「P702iD」に関する情報が集まったページです。

“さりげないシンプルさ”が意味すること──開発陣が目指した「P702iD」への思い
スクエアでシンプルなデザインが好評となった「P701iD」。この後継機「P702iD」の開発にあたって、グラフィックデザイナーの佐藤卓から提案されたのは“さらなるシンプルさの追及”だった。(2006/9/11)

“ヒカリドロップス”搭載の上質ケータイ「P702iD」、価格は2万円台半ば
デザイナーコラボのデザイン、着うたフルにも対応する音楽機能などを特徴とする「P702iD」が店頭に並んだ。新規価格は2万円台半ば。(2006/8/31)

佐藤卓デザインの着うたフル対応端末「P702iD」、8月31日発売
ボディ内部から透けて光るイルミネーション機能「ヒカリドロップス」を搭載した着うたフル対応のパナソニック モバイル製端末「P702iD」が8月31日に全国で発売される。(2006/8/24)

702ix新モデルの“ここ”が知りたい「P702iD」編(2):
「ヒカリドロップス」の光り方を見たい──「P702iD」
ラウンドとスクエアの2種類のボディ形状やヒカリドロップスを継承した「P702iD」。ヒカリドロップスは、前モデルよりさらに多彩な光のパターンが用意された。さまざまな光り方を動画でご紹介しよう。(2006/7/31)

702ix新モデルの“ここ”が知りたい「P702iD」編(1):
内蔵メモリの容量は──「P702iD」
2種類のデザインやヒカリドロップスなど、前モデルの特徴を継承しながら、新たに着うたフルに対応した「P702iD」。内蔵メモリはどれくらい用意されたのか。(2006/7/10)

Mobile Weekly Top10:
デザインコラボなのに“iS”?──702ixシリーズ、型番の謎
同じデザインコラボなのに、Pは「P702iD」でNは「N702iS」なのは、どうしてなのか。(2006/7/6)

写真で解説する「P702iD」
グラフィックデザイナー佐藤卓氏とパナソニック モバイルによるコラボケータイの第2弾が「P702iD」。前モデルP701iDのデザインを継承し、特徴的なイルミネーション機能を軸にした「上質さ」に加え、「着うたフル」対応など音楽機能の強化も特徴だ。(2006/7/4)

佐藤卓コラボ第2弾、着うたフルにも対応──「P702iD」
シンプル・ベーシックながら上質なデザインを特徴とする、デザイナー佐藤卓氏とのコラボレート携帯第2弾が「P702iD」。2種類のボディデザインや「ヒカリドロップス」などの特徴は従来モデルを継承。新たに着うたフルや着もじなどの機能が加わった。(2006/7/4)

FOMA「P702iD」がJATE通過
パナソニック・モバイル製のデザイン端末と見られる「FOMA P702iD」がJATEを通過した。(2006/7/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。