ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PictMagic」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PictMagic」に関する情報が集まったページです。

NECカシオのグラデーションケータイ「840N」、7月24日に発売
メール表現にこだわったNECカシオのグラデーションケータイ「840N」が、7月24日から店頭に並ぶ。(2010/7/22)

厚さ13.9ミリのアークスライドケータイ――「841N」
「841N」は、オープン時に端末がゆるやかなカーブを描く、アークスライドボディの携帯電話。13.9ミリのスリムなボディにワンセグやおサイフケータイ、モバイルウィジェット、Bluetoothなどのトレンド機能を盛り込んだ。(2010/5/18)

メール表現にこだわったグラデーションケータイ――「840N」
「840N」は、メール表現にこだわった折りたたみ型端末。多彩なメール装飾用アイテムをプリセットするとともに、入力や送信のしやすさにこだわった。(2010/5/18)

開発者に聞く「N-02B」:
「N-02B」が1000分の1秒単位で切り詰め追い求めた“瞬撮”の快感
一気に1200万画素クラスのカメラが出そろった2009年冬商戦。その中でも、NECの「N-02B」が実現した、約1.5秒間隔での連続撮影が可能な「クイックショット」は、携帯電話のカメラ機能として非常に興味深い機能だ。NECがその“瞬撮”カメラに込めた思いを聞いた。(2010/1/7)

開発陣に聞く「830N」:
若者目線で取り組む挑戦、直感的な「何か、いいね」を目指して──「830N」
薄型のスライドボディに多くの機能、さらに何かをくすぐる細かい機能を凝縮し、“何か、いいね”を目指したNEC製の「830N」。何が「いいね」なのか、ソフトバンクの若年ユーザーに何を訴えたいのか。NECの830N開発チームに聞いた。(2009/2/20)

洗練デザイン+機能充実の新形状スリム“アーク”スライド──「830N」
NEC製の「830N」は、ディスプレイが円を描くように開く“アークスライド”と13.9ミリの薄型ボディが特徴のスライド端末。小型ボディにフルワイドVGA液晶や320万画素AFカメラ、ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothなどを備え、モバイルウィジェットにも対応する充実した機能を特徴とする。(2009/1/29)

2009年春モデル:
ソフトバンクモバイル、2009年春モデル9機種発表──新サイクロイドAQUOS、VIERA、EXILIM、ダブルワンセグ……キティケータイも
ソフトバンクモバイルが2009年春モデルを発表。新サイクロイド機構+8M CCDカメラを採用した“全部入り”AQUOSケータイやカシオ計算機のEXILIMケータイ、キー表示が変化するVIERAケータイ、NECの薄型スライド、ハローキティ35周年記念モデルなど計9機種を用意する。1月30日から順次発売。【発表会と新機種動画、スペック表追加】(2009/1/29)

開発陣に聞く「N905i」:
“ブランドがない” だからこそこだわったワンセグとカメラ――「N905i」開発の裏側
ドコモの2007年冬モデルは、家電系の端末メーカーが、カメラやテレビのブランドを冠した端末を多数ラインアップした。しかしNECは、強力な家電系ブランドを持たない分「実力で勝負した」という。開発陣に520万画素カメラやワンセグの実力、使いやすい回転2軸ボディへのこだわりを聞いた。(2007/12/26)

「人物」「風景」などシーンごとに画質自動補正 「N905i」に搭載
(2007/12/3)

N902iS徹底解剖 第1回:
PR:もっときれいに、もっと手軽に──進化したカメラ機能
「N902i」で、どこよりも早く静止画デジタル手ブレ補正機能を取り入れたNEC。最新モデル「N902iS」では、その手ブレ補正をさらに進化させ、また新しい撮影スタイルも提案している。(2006/6/1)

「文字入力には心を痛めていた」――NECが語る「N902iS」の改善点
従来のNECユーザーをターゲットにしつつ、進化もアピールする。そんな新機種、N902iSはどこがどのように改善されているのか。1つの注目ポイントは、「文字入力」だ。(2006/5/25)

第7回:
PR:ケータイカメラ“手ブレ補正”が生まれるまで
高画素化するほど手ブレの影響は大きくなる。そこに真っ正面から取り組んだN902i。どんな考えから手ブレ補正に取り組んだのか。またデジタル方式ならではの難しさとは何だったのか。NECに聞いた。(2005/12/7)

NECに聞くN902i(前編):
こうして、携帯初の静止画手ブレ補正は誕生した
「N902i」で目を引くのは、やはりカメラだ。画素数を200万画素まで上げたほか、携帯初の静止画手ブレ補正にも対応した。NECにその経緯を聞いた。(2005/11/25)

ケータイカメラ画質研究ラボ:
薄くて使いやすい、カメラ付携帯の王道か?――N901iS
N901iSは、カメラ性能こそトップクラスでないが操作性が向上。十字キーをうまく使ってAF機能を使い分けているなど、機能とユーザビリティのバランスがいい。(2005/7/11)

ケータイカメラ画質研究ラボ:
色は悪くないがエッジの甘さが気になる〜「N901iC」
100万画素のスーパーCCDハニカムを搭載した「N901iC」。エッジが甘い点は気になるが、新たに搭載された自動補正のコンセプトを評価したい。(2005/2/8)

コンパクトなプーさん携帯「N253i」、新規は約1万円
着信ランプがジュエリーのように光る「N253i」が都内で店頭に並んだ。新規の価格は1万円強。(2004/10/29)

プーさん対応の「N253i」は丸く、小型に
手にしっくりと収まるラウンドフォルムが、「N253i」の最大の特徴。カメラは31万画素CMOSだが、液晶は高精細になり、文字入力機能も強化された。「プーさん」も健在だ。(2004/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。