ニュース
» 2006年05月25日 04時24分 公開

「文字入力には心を痛めていた」――NECが語る「N902iS」の改善点(1/3 ページ)

従来のNECユーザーをターゲットにしつつ、進化もアピールする。そんな新機種、N902iSはどこがどのように改善されているのか。1つの注目ポイントは、「文字入力」だ。

[杉浦正武,ITmedia]

 NEC端末ユーザーが違和感を覚えるほどの、大きな変化はしない。それでいて、見た目には“進化”を感じてもらう。「N902iS」の開発スタッフは、難しいかじとりを迫られた。多くのアイデアが出た中で、採用したのは“進化したアークライン”とうたわれる「Link Face Design」だった。

 N902iSはどのようなコンセプトで、またどのような点を工夫して開発されたのか。NECモバイルターミナル事業本部のモバイルターミナル事業部、商品企画部の杉原光明主任に聞いた。

NECの杉原氏

一時は「これは実現できない」とあきらめかけたデザイン

 N902iSは既報のとおり、折りたたみを開いた状態で背面側(上ケース)と底面側(下ケース)が一直線のラインを描く外見になっている。この外観が、Link Face Designと呼ばれる。杉原氏は、アークラインの方向性を復活させた理由を「N901iSとN902iでは機能を訴求し、アークラインをお休みしていたので……」と話す。

 NECの端末としては目新しく、カメラを底面に持ってきたのもポイントだ。Link Face Designを採用したこともあり、背面から底面までの“フェイスのつながり”をどうすればいいか、技術開発陣は議論を重ねたという。

 「カメラを持ってきたことで、どうしても底面側が厚くなってしまう。ではその分だけ背面側が薄くなるかというと、そういうわけにもいかなかった。両側が分厚くなり、はじめはまるでハンバーガーのようになっていた」。無理やり薄くすると、今度は縦の長さが伸びるというジレンマもあり、一時は「これは実現できないから、ほかのかたちにしようかという意見も出た」ほどだという。

Photo N902iSを横から見たところ。厚さは23ミリに落ち着いた
Photo 開発段階では「ハンバーガーのよう」だったというが、製品版のN902iSをヒンジ側から見るとすっきりとしたフォルムに収まっている

 さまざまな問題点を洗い出し、部材を変更したほか、チップの構成やスタックの作り方も変えた。こうした努力のかいあって最終的にサイズはN902iよりコンパクトになり、また重量も軽くなるという結果に落ち着いた。

サイズ 重さ
N902i 51×106×25ミリ 約127グラム
N902iS 51×104×23ミリ 約114グラム

文字入力には「心を痛めていた」

 外見以外に、変わったポイントはどこか。この質問の答えとして杉原氏が真っ先に挙げたのが、「文字入力機能」だ。NECの端末は予測変換機能などで見るとほかのメーカー製端末に劣る……という評判もあり、杉原氏は「心を痛めていたところ」と苦笑する。

 N902iSでは、基本的に内蔵する文字入力ソフトは「T9」だが、予測変換のための「Mogic Engine」を搭載した。これにより「こ」と入力しただけで「こんにちは」が候補として表示される“先読み予測”が可能になり、また「こんにちは」を確定すると今度は「、」「。」などが表示される“つながり予測”にも対応している。ユーザーに採用された候補は順位が上がるなど、学習機能も備えている。このあたりの詳細は、以前にITmediaでも紹介したとおりだ(5月17日の記事参照)


 杉原氏は「地味ではあるが、文字入力そのものは格段に良くなった」と自信を見せる。このMogic Engineで改良されたT9は、90xiシリーズや70xiシリーズでも搭載していく考えだ。ただここで気になるのは、発売済みの「SIMPURE N」が定評のある文字入力ソフトのATOKを採用していること。今後、ATOKを搭載したNEC端末は出ないのだろうか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう