ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プリモプエル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリモプエル」に関する情報が集まったページです。

“食べるんじゃな〜い!!”:
あの「セブン」がケーキに――アキバのメイドカフェをフォンブレイバーがジャック
あの、フォンブレイバーたちがアキバのメイドカフェを占拠! 11月1日から11月9日まで、秋葉原のキュアメイドカフェが「ケータイ捜査官7カフェ」になる。メニューにはセブンのオリジナルケーキも。(2008/10/9)

企画者に聞く「フォンブレイバー 815T PB」:
ホントにやるの? といわれた──「フォンブレイバー 815T PB」はどうやって生まれたか
特撮テレビドラマ「ケータイ捜査官7」に登場する、意志を持った携帯電話、フォンブレイバーがソフトバンクモバイルから「フォンブレイバー 815T PB」として登場する。このフォンブレイバーの企画スタッフに、815T PBの誕生秘話を聞いた。(2008/4/23)

4体でおしゃべり:
赤外線でこころを通わせる「プリモプエル」
バンダイが“おしゃべり”するぬいぐるみ「プリモプエル」の新シリーズを発表した。固有のIDと赤外線通信機能を備え、2体以上がそろうと相手を認識して話し出す。(2007/9/13)

バンダイに聞く“インテリア玩具”の可能性
「大人向け玩具」が市場を広げる一方、ターゲットによる細分化も進んでいる。セガトイズの「グランドピアニスト」が団塊の世代向けなら、タカラトミーの「エアロソアラ」は団塊ジュニアが中心。そしてバンダイが取り組んでいるのが、女性を含む比較的若い層を狙った“インテリアトイ”だ。(2006/12/21)

1年後は“おうた”の発表会。ドラマティックに成長する新しい「プリモプエル」
バンダイは“ドラマティックなおうた練習機能”を追加した「おうた♪ たっぷりプリモプエル」を4月22日に発売する。(2006/3/27)

CESAが2つの調査報告書を発刊――日韓のシニア層、ネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザーの現状が分かる
CESAが、シニアのゲーム市場獲得を世界規模で考えるための「2005CESAシニア調査報告書〜日本・韓国合同調査〜」と、ネットワークゲーム、携帯電話ゲームコンテンツの利用実態をユーザーの視点から考える「ネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザー調査報告書」を発刊。その中身とは?(2005/2/21)

東京インターナショナル ギフト・ショー春2005
幼児の“ナマ声”人形、歌う歯ブラシ――ギフトショーは今年も熱い
「おしゃべりたっくん」は、素人の幼稚園児の声で会話してくれる人形。女の子版も発売予定だ。歯を磨くと音楽が鳴る歯ブラシや、“ひざまくら”新バージョンなど、多様なジャンルの面白グッズがギフトショーに集結している。(2005/2/15)

ガンダムでつながる親子――キャラクターはコミュニケーションツールに
キャラクターを共通の話題にし、コミュニケーションを深める親子が増えている。この傾向は母と娘で特に強いが、父子の関係にもあてはまるという。(2005/2/9)

七五三を祝う電子ぬいぐるみ――「プリモプエル」5歳の今
発売5周年を迎えたバンダイの電子ぬいぐるみ「プリモプエル」の誕生日イベントに、大阪から駆けつけた84歳ら中高年の主婦など、300人近くが集合。ぬいぐるみの“健やかな成長”を祈り、神社で七五三のお参りをした。(2004/11/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。