ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Project Denver」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Project Denver」に関する情報が集まったページです。

NVIDIA、Anroid向け初64ビットARM「Tegra K1」を「Android L」向けに開発中
NVIDIAは「Tegra K1」の64ビット版を「Android L」向けに開発しており、64ビットTegra K1搭載Android端末が年内に登場すると発表した。(2014/8/12)

Keplerに隠れたもう1つの顔を知る:
Keplerの“なに”が仮想化対応GPUなのか──日本で「NVIDIA VGX」を解説
NVIDIAは、GPUコンピューティング仮想化プラットフォーム「NVIDIA VGX」を日本の関係者に訴求する説明会を行い、Keplerに実装した“仮想化の仕組み”を紹介した。(2012/7/26)

GTC Asia 2011:
すべてのコンピュータはヘテロジニアスを目指す──NVIDIAがProject Denverで目指すもの
“最も電力効率が高いCPUコア”とGPUを組み合わせたヘテロジニアス・コンピューティングを推進するNVIDIA。彼らが考える“最も電力効率が高いCPUコア”とは?(2011/12/20)

ARMが64ビット対応アーキテクチャ「ARMv8」を発表、サーバー機器向けの展開を本格化
(2011/10/31)

技術革新を生み出す果てなき闘争:
ARM vs. Intel:プロセッサアーキテクチャの覇権はどちらの手に?(前編)
現在、ARMとIntelによる、電子機器に用いられるアプリケーションプロセッサのアーキテクチャの覇権を賭けた争いが激化している。ARM陣営が、Intelのx86アーキテクチャが圧倒的シェアを占めるサーバー機器/PC市場への参入を果たそうとしている一方で、Intelをはじめとするx86陣営も、ARMの縄張りとも言える携帯電話機/タブレット端末市場への攻勢を強めている。前編では、ARMアーキテクチャを推進するARMと、x86アーキテクチャを中核とした製品開発を続けてきたIntel、それぞれの取り組みについてまとめる。また、ARMのライセンシー企業であるNVIDIAが開発した「Tegra 2」について紹介する。(2011/9/27)

2011 International CES:
x86系CPUを否定して「ARM 愛」を強調──NVIDIAプレスカンファレンス
2011 CESで最も印象的だったAndroidとTegra 2。いま思えば、開幕前日のNVIDIAプレスセッションは、そのことを予感させる“勢い”と“自信”にあふれていた。(2011/1/15)

2011 International CES:
NVIDIA、コンピュータ向けARM CPU開発へ
NVIDIAはPCやサーバなどに向けて、ARMベースのCPU「Project Denver」を開発する計画だ。(2011/1/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。