ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「REGZA Tablet AT501」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「REGZA Tablet AT501」に関する情報が集まったページです。

2013年タブレット秋冬モデル:
4コアプロセッサ搭載、高性能と低価格を実現した7型タブレット──「REGZA Tablet AT374」
ベーシック志向のAndroidタブレットにクアッドコアプロセッサを採用した新モデルが登場。7型サイズの小型軽量ボディと実売3万円前後の購入しやすい価格帯を特長とする。(2013/11/18)

2013年タブレット夏モデル:
2560×1600ドット液晶+Tegra 4――東芝製タブレットのフラッグシップモデル「REGZA Tablet AT703」登場
2560×1600ドット表示に10点マルチタッチ、そして1024段階の筆圧検知に対応するディスプレイを備えた10.1型Androidタブレット「REGZA Tablet AT703」が登場。スタンダードモデルの「REGZA Tablet AT501」も「AT503」にモデルチェンジした。(2013/6/17)

2013年タブレット春モデル:
10.1時間の長時間動作、Android 4.1に進化した10.1型タブレット──「REGZA Tablet AT501」
東芝の10.1型標準Wi-FiタブレットがAndroid 4.1に進化。「REGZA Tablet AT501」は前モデルの初登場時価格より若干安価な実売4万円台半ばで販売される。(2013/2/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。