ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ルネサス モバイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ルネサス モバイル」に関する情報が集まったページです。

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(1):
スマホ台頭の陰で地位を失った“日の丸半導体”
これから10年先の半導体業界はどうなっているのだろうか――。過去10年に起こった半導体業界の変化を、スマートフォンやテレビといったキラーアプリケーションの解剖を通じて探りながら、次の10年のトレンドを連載で探っていく。第1回は、日本の半導体メーカーが世界市場でどのように地位を失っていったのか、その過程を見ていく。(2016/1/21)

電池残量計と充電機能を1チップに内蔵:
ルネサス、電池の長持ちと長寿命化を実現するIC
ルネサス エレクトロニクスは2015年7月、リチウムイオン電池管理IC「RAJ240500」を開発し、サンプル出荷を開始したと発表した。電池残量計と充電機能を1チップに内蔵したことで、電池の使用時間を伸ばし、長寿命化を実現。タブレットPCやノートPCなどのモバイル機器市場へ展開する。(2015/7/24)

ビジネスニュース 企業動向:
もうからない製品はやめる! ――ルネサス、売上高25%相当の製品を終息へ
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2014年8月6日、2014年度(2015年3月期)第1四半期決算説明会を開催し、これまでの構造改革策の進捗(しんちょく)を説明するとともに、今後の利益成長に向けた経営方針説明を行った。その中で、2013年度売上高のうち約25%を占める低採算の非注力領域事業/製品を2018年度頃までに終息させ、2016年度下期に売上総利益率(粗利率)を45%まで高める方針を示した。(2014/8/7)

ビジネスニュース 企業動向:
世界に向けたスマホ用半導体を日本で開発するオンセミの製品戦略
オン・セミコンダクターは2014年7月、日本国内で主に製品開発を行っている事業部門「システム・ソリューションズ・グループ」におけるスマートフォン向け半導体の製品戦略に関する会見を都内で開催した。(2014/7/17)

EE Times Japan Weekly Top10:
止まらないルネサスの構造改革
EE Times Japanで先週(2014年7月5〜11日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/7/14)

ビジネスニュース 事業買収:
ルネサスが“優等生・中小型液晶ドライバ事業”の「譲渡検討」を表明
ルネサス エレクトロニクスは2014年4月2日、中小型液晶ドライバ事業を行うルネサスエスピードライバの保有株式について譲渡を含めたさまざまな検討を行っていると明らかにした。売却先としては、アップルの名前が挙がっている。(2014/4/2)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、初の四半期最終黒字と四半期最高営業益を達成――2013年10〜12月期
ルネサス エレクトロニクスは2014年3月期第3四半期(2013年10〜12月)、2010年4月の発足以来、初めて四半期ベースで最終黒字を達成した。CFOの柴田英利氏は、「これまでの構造改革が、一定の成果を上げている」とした。(2014/2/6)

ビジネスニュース 業界動向:
「Snapdragon」で低価格LTEスマホが製造可能に、4Gチップ市場は競争が激化
クアルコム(Qualcomm)は2013年12月、LTEモデムを搭載した64ビット対応のアプリケーションプロセッサ「Snapdragon 410」を発表した。同プロセッサによってLTE対応のスマートフォンが安価に製造できるという。LTE対応のプロセッサ市場は競争が激化しそうだ。(2013/12/20)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスの“実質国有化”が完了
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2013年9月30日、政府系ファンドである産業革新機構と顧客企業8社から第三者割当増資に伴う払い込みが完了したと発表した。これにより、政府が約9割出資する産業革新機構がルネサスの発行株式の69.16%を掌握したため、ルネサスは実質的に国有化された。(2013/9/30)

プロセッサ/マイコン:
ルネサス、統合コックピット向けソリューションでカーナビ用SoC「シェア75%維持目指す」
ルネサス エレクトロニクスは車載情報機器向けSoC「R-Car」の第2世代シリーズのミッドレンジ向け製品「R-Car M2」を発表した。同SoCは、パートナーとの連携を図りながら、ソフトウェアやツール類と組み合わせた提案を行い拡販する方針。現状、「ナビゲーション向けSoCで世界シェア75%」(同社)というポジションの維持を狙う。(2013/9/27)

EE Times Japan Weekly Top10:
スマートウオッチ市場、早くも競争激化の予感
EE Times Japanで先週(2013年9月7日〜9月13日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/9/14)

ビジネスニュース 事業買収:
潰れるはずだったルネサスモバイル、ブロードコムが買収
ルネサス エレクトロニクスは、清算予定だったルネサス モバイルの海外子会社2社とLTEモデム技術資産をブロードコムに譲渡すると発表した。譲渡額は約164億円。(2013/9/4)

頭脳放談:
第159回 日本の半導体会社には無線技術の背骨がない?
残念ながら日本の半導体会社には「無線の背骨」の通った会社がほぼないようだ。富士通セミコンダクターの携帯電話向けRFIC事業がIntelに売却されたことなどが象徴している。(2013/8/26)

EE Times Japan Weekly Top10:
知らぬ間に富士通のRFIC事業を買っていたIntel
EE Times Japanで先週(2013年8月11日〜8月17日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/8/19)

ビジネスニュース:
鶴岡工場の閉鎖を決定したルネサス作田会長、「まだ人・モノが多い」
ルネサス エレクトロニクスの会長兼CEOに就任した作田久男は、「まだ人・モノが多い。大げさに言うと、(ルネサス テクノロジとNECエレクトロニクスの)トータルの売上高が1兆8000億円だったころと比べて、今の売上高レベルで考えれば3分の1くらいまでに減らさなければならない」と述べた。(2013/8/2)

EE Times Japan Weekly Top10:
COMPUTEX 2013でみたSSDの最新動向
EE Times Japanで先週(2013年7月7日〜7月13日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/7/16)

EE Times Japan Weekly Top10:
スマホとの連携が進む医療機器
EE Times Japanで先週(2013年6月30日〜7月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/7/8)

ビジネスニュース オピニオン:
ルネサス モバイルのモデム事業が挫折した5つの理由
ルネサス モバイルのLTEモデム事業は、なぜうまくいかなかったのか――。同社の戦略や企業体質や、携帯電話機市場の変化の激しさを考慮すると、撤退は避けられなかったのかもしれない。(2013/7/3)

EE Times Japan Weekly Top10:
やはりルネサスに大きな関心、今後の動向にも注目
EE Times Japanで先週(2013年6月23日〜6月29日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/7/1)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス モバイル事業を清算、買い手見つからず
ルネサス エレクトロニクスは2013年6月27日、子会社ルネサス モバイルが展開する第4世代携帯電話通信用モデム(LTEモデム)事業から撤退すると発表した。2010年に、Nokiaから約180億円で買収した同事業は、結局、買い手は見つからず清算することになった。(2013/6/27)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスへの問いかけ
ルネサス エレクトロニクスは2013年6月26日、定時株主総会を開催した。株主とルネサス経営幹部で交わされた質疑応答の様子の一部を紹介する。(2013/6/27)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、産革機構などからの払い込み完了せぬまま株主総会を実施
ルネサス エレクトロニクスは2013年6月26日、定時株主総会を開催した。この日までに完了するとみられていた産業革新機構などの第三者割当増資に伴う払い込みは実施されず、従来の主要株主の構成で総会が実施された。(2013/6/26)

ビジネスニュース 企業動向:
「AppleやSamsungは狙わない」、u-bloxが語るベースバンドIC事業を成功させる鍵
無線通信モジュールを手掛けるu-bloxは現在、モジュールに搭載するLTE対応ベースバンドICの開発も進めている。ST-Ericssonやルネサス モバイルが苦戦してきたベースバンドIC事業だが、u-bloxは成功させる自信があるという。(2013/5/17)

ビジネスニュース 業界動向:
Qualcommの強さ際立つスマホ向けプロセッサ市場、Intelのシェアは0.2%
2012年のスマートフォン向けプロセッサ市場は、Qualcommの強さをあらためて示す結果となった。同社の売上高シェアは43%。一方、Intelのシェアはわずか0.2%だった。だが、「Clover Trail+」がシェアを拡大するきっかけになるとの予測もある。(2013/5/14)

ビジネスニュース 企業動向:
M2M用無線通信モジュールで「高シェア狙う」、u-bloxのビジネス戦略
u-bloxは、日本市場でのM2M向け無線通信モジュールの展開を強化している。非民生機器市場に特化した製品戦略を掲げ、長期安定供給を実現するため無線通信チップの自社開発もスタートさせた。(2013/4/24)

EE Times Japan Weekly Top10:
半導体業界で存在感増す中国とインド
EE Times Japanで先週(2013年3月24日〜3月30日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/4/1)

ビジネスニュース オピニオン:
ST-Ericssonとルネサス モバイルは、なぜ失敗したのか
モバイル技術を手掛ける2つの会社が、存続の危機に立たされている。成長しているモバイル市場において、なぜST-Ericssonとルネサス モバイルはうまくいかなかったのか。著者は、ビジネスモデルを市場に合わせて転換できなかったことや、中国の携帯端末メーカーのシェアが伸びてきたことなどが、その要因ではないかとみている。(2013/3/28)

EE Times Japan Weekly Top10:
Windows 8の普及に役立つ? タッチパネルの低コスト化技術
EE Times Japanで先週(2013年3月17日〜3月23日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/3/26)

EE Times Japan Weekly Top10:
売却や買収が進む半導体市場
EE Times Japanで先週(2013年3月10日〜3月16日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/3/18)

ビジネスニュース 事業売却:
「Qualcommと肩を並べる」はずだったルネサス モバイル、事業売却へ
ルネサス エレクトロニクスは、100%子会社のルネサス モバイルが手掛けるモバイル事業の方向性を見直すと発表した。2010年12月の設立当時は、「世界市場でQualcommと肩を並べる」と意気込んでいたが、その2年3カ月後には「事業売却を含めたさまざまな選択肢を検討する」という結果が待ち受けていた。(2013/3/15)

無線通信技術:
Ericsson、MWC 2013でLTE-Advancedのデモを予定
Ericssonは、「MWC 2013」において、LTE-Advancedを前面に押し出したデモを披露する。また同社は、OpenFlowを含めて、クラウド/仮想化やSDNをサポートする計画についても発表する予定だ。(2013/2/20)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスの業績は「2012年度末で底入れ」、2013年度以降は回復軌道に乗る?
2012年度通期業績を下方修正したルネサス エレクトロニクス。しかし、「半導体の需要減は2013年1〜3月期で底入れし、2013年4月以降はゆるやかに回復する見込み」(同社社長の赤尾泰氏)だという。(2013/2/13)

EE Times Japan Weekly Top10:
激動のモバイル市場、Appleがルネサス モバイルを買収する可能性は?
EE Times Japanで先週(2012年12月2日〜8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/12/10)

ビジネスニュース オピニオン:
Appleは、ST-Ericssonかルネサス モバイルを買収すべきか?
Appleは、LTE/3G/2G対応のモデム技術を手に入れるために、ST-Ericssonとルネサス モバイルのうちいずれかを買収しようと考えている可能性がある。モバイル機器市場のライバルであるSamsungに対抗するために、LTE/3G/2G対応のモデム技術をぜひとも自社で保有しておきたいからだ。(2012/12/5)

何がすごい? 消費電力は?――「Tegra 3」で再確認するクアッドコアの真価
スマートフォンの普及でにわかに注目を集めるようになったのが「CPU」ではないだろうか。最近は4つのCPUコアを持つ「クアッドコア」対応スマホやタブレットも増えている。ではクアッドコアは何がすごいのか。バッテリーの持ちはどうなのか。「Tegra 3」を取り上げながら見ていこう。(2012/11/16)

ビジネスニュース 企業動向:
増資についてノーコメントのルネサス、「事業継続可能な運転資金は確保」
ルネサス エレクトロニクスは、東京都内で会見を開き、2012年度(2013年3月期)第2四半期の決算内容や、財務基盤強化の状況について説明した。産業革新機構やKKRによる増資に関する報道への質問については、ノーコメントを貫いた。(2012/10/30)

ビジネスニュース インタビュー:
「退任よりも再建計画の実行が自分の責任」、いまルネサス社長が掲げる4つのプラン(後編)
東日本大震災やタイの大洪水など、想定外の自然災害に見舞われる中、事業再建を進めてきたルネサス。代表取締役社長の赤尾泰氏は、“半導体サプライヤとしての責任の重さ”を痛感したという。(2012/9/5)

無線通信技術:
4Gの時代はもう来たのか、モバイルで1Gビット/秒実現へ
現在のモバイル通信の目標は、IMT-Advancedで規定されている。静止時に1Gビット/秒、高速移動時に100Mビット/秒というその目標をどうすれば実現できるのだろうか。LTE-Advancedを通過点として、創造的なアプローチを生み出す取り組みが続く。(2012/7/3)

ビジネスニュース 市場動向:
2011年の携帯機器向け半導体市場は前年比で20%成長、スマホ/タブレットがけん引役に
携帯機器向け半導体市場が堅調な成長を見せている。同市場の売上高シェアは、10社のトッププレーヤだけで全体の7割強を占める。(2012/4/5)

シャープ、教育市場に向けたタブレット型学習端末を発表
シャープは教育市場に向けたタブレット型学習端末「JL-T100」を発表した。「2020年までに児童生徒1人1台の情報端末」という政府戦略をにらんで同市場はこれから大きな変化がありそうだ。(2012/3/1)

ビジネスニュース 業界動向:
国内3社のシステムLSI事業統合、「言うは易く行うは難し」
ルネサス、富士通、パナソニックによるシステムLSI事業統合の報道から1週間が過ぎた。この3社が統合に向けて動き出した引き金は何だったのか。そして、もはや既定路線のように見える事業統合は成功するのだろうか。(2012/2/17)

無線通信技術 LTE:
LTEスマホを150〜300ドルの価格帯へ、ルネサスが新プラットフォーム発表
LTE/HSPA+/EDGEの3つの規格に対応するトリプルモードのモデム回路と、アプリケーションプロセッサを同社としては初めて1個のチップに統合した。これにRFトランシーバやパワーマネジメント、オーディオ処理を担うチップを組み合わせ、ソフトウェアを含むプラットフォームとして機器メーカーに提供する。(2012/2/15)

業界動向 オピニオン:
荒波に向かう日の丸半導体、ルネサス・富士通・パナソニックが事業統合か
日本経済新聞は2月8日、ルネサス エレクトロニクスと富士通、パナソニックの3社がシステムLSI事業を統合する方向で協議を始めたと報じた。成功のシナリオは書けるのか。3社の思惑は。米国のEE Timesで編集長を務める筆者はこう見ている。(2012/2/8)

シリーズ10周年!! 次世代Armadillo登場:
R-Mobile A1をいち早く評価できる「Armadillo-800 EVA」
Armadilloの最新版はルネサス モバイルの「R-Mobile A1」を採用。PowerVR搭載でAndroidベースのフルハイビジョンデジタルサイネージシステム開発も可能に。(2011/11/10)

ルネサスがカーナビ用SoCの最上位品を発表、4+1コア搭載で処理性能は約12GIPSを達成
(2011/10/18)

車載画像認識SoCの新製品発表が相次ぐ、トップビュー向けに機能を最適化
(2011/10/17)

ビジネスニュース インタビュー:
「震災を乗り越え、スマート社会に貢献する企業へ」――ルネサス社長が語る
2011年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの半導体企業が甚大な被害を被った。ルネサス エレクトロニクスもそうした企業の1つである。震災は、特に、同社の冗長性戦略に対する意識を変えたようだ。代表取締役社長の赤尾泰氏は米EE Timesの独占インタビューに応じ、震災の影響や今後同社が目指す方向性について語った。(2011/10/13)

ルネサスのカーナビ用SoC「R-Car」の第2弾製品、普及価格帯向けで消費電力は1W以下
(2011/8/26)

ルネサスとHuawei、HSPA+で世界初の上り10.4Mbps達成
ルネサス モバイルとHuaweiが、HSPA+の上り通信速度で世界初の最大10.4Mbpsを達成した。(2011/8/11)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスが新たな事業方針を発表、SoC事業は「製品開発サイクルの短い市場から撤退」へ
ルネサスの新たな事業方針では、マイコンとアナログ&パワー半導体の両事業に注力し、SoC事業は民生用機器向けからの撤退を含めさらなる選択と集中を図ることとなった。また、2011年度の売上高については、上期が東日本大震災の影響で落ち込むものの、下期は前年度並みに回復する見込みだ。(2011/8/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。