ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レントゲン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レントゲン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った──Google論文
Googleのヘルスケア部門Google Healthは、9万人以上の匿名マンモグラムデータで学習させたAIモデルに画像データだけで乳がんのスクリーニングをさせたところ、人間の放射線科医よりも偽陽性・偽陰性率が低かったという研究結果を発表した。(2020/1/4)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

足をケガして民家に迷い込んだ犬を救助→走り回れるほど元気に回復! 怖がっていた人間にも甘えるように
良かった。(2019/12/11)

「専門家でなくても扱えるDLソフトウェア」:
PR:ベンダーも悩むDL導入の「時間がかかる」問題 どう解決する?
DLは企業の生産性の向上が期待できる技術だ。だが実際に使い始めると幾つもの課題に直面する。それはDLサービスを提供するベンダーも同じだという。日立製作所にこうした課題への対策について話を聞いた。(2019/11/25)

「なんでこうにゃるの〜…!」 毛づくろいしたい猫さん、自分の後ろ足に連続キックを決められ必死のお顔に
なんでかにゃ?(2019/11/7)

「楽しいけど危ないよ」 “バイクで事故ったオタク”のレポ漫画がドキドキする
みなさんも気を付けて。(2019/11/3)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(60):
Windows 7のサポート終了最終案内、レガシーサーバの見落としはありませんか?
「2020年1月14日のWindows 7の延長サポート終了」が目前に迫りました。後継バージョンに移行できない事情は各種あると思いますが、Windows 7をまだ利用中の場合は、その事情を踏まえて何らかの対応が必要です。今回はあらためてサポート終了を周知するとともに、同時期に延長サポート終了を迎えるサーバ製品についても触れます。(2019/10/29)

ディズニーランドのハロウィーングッズがゴーストモチーフ尽くし! “おばけミッキー”がかわいすぎる
東京ディズニーランドで買えるハロウィーングッズを紹介!(2019/9/25)

市販プロジェクターで“非破壊検査”、宇宙線でピラミッドを「透視」──イノベーション・ジャパン2019で見た注目技術
大学やベンチャー企業のテクノロジー見本市「イノベーション・ジャパン2019」で展示されていた技術を紹介していく。(2019/9/3)

新連載「病と仕事」:
25歳で「がん宣告」を受けた営業マンが「働くこと」を諦めなかった理由――企業は病にどう寄り添えるのか
病気になった人やその周囲を取り巻くストーリーを届ける新連載「病と仕事」――。病と仕事にまつわる実態を丹念に取り上げ、その一つ一つに向き合っていく。第1回目は25歳で「がん宣告」を受け、現在はがんに関する医療情報を届けている鳥井大吾さん。(2019/8/27)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「画像認識」について。(2019/8/21)

組み込み開発ニュース:
25周年のQRコード、今後は「カラー化」とセキュリティ向上でさらなる進化
QRコードとその読み取り技術の開発者であるデンソーウェーブ AUTO-ID事業部 技術2部 主席技師の原昌宏氏が、開発秘話や今後の展望について語った。(2019/8/16)

ディープインパクト急逝 頸椎に骨折見つかり安楽死
虹の橋を渡る。(2019/7/30)

今夜最終回「ラジエーションハウス」未回収の伏線はどうなる? 唯織(窪田正孝)はついに医師をカミングアウトするか
「ずっと一緒に働けますように」の願いはかなうのか?(2019/6/17)

「こんなのが入っていたんだ」 鈴木おさむ、妻・大島美幸の右手首に入っていたプレートの除去を報告
2018年9月に骨折し、プレートを入れていた大島さん。(2019/5/31)

広瀬アリスの新人らしい苦悩に共感「ラジエーションハウス」4話 続く5話は“マンネリ”を脱せるか?
今回は“医療ドラマ”というより、広瀬アリスが主役の“お仕事ドラマ”。(2019/5/6)

本田翼×窪田正孝「ラジエーションハウス」2話、遠藤憲一の底力。視聴者しみじみ「エンケンの部下になりたい人生だった」
遠藤憲一最高回、かわいいエンケンじゃなくていい、ゴツくていい。(2019/4/22)

月9「ラジエーションハウス」への期待と不安。100点満点の窪田正孝起用、ツンデレ未知数の本田翼
「JR SKI SKI」CMの歴代最高カップリングが月9にやってくる!(2019/4/8)

AI・機械学習の基本概念:
人工知能(AI)とは?
「人工知能」「AI」という人気キーワードの内容を分かりやすく短く紹介。概要から、定義、大分類、代表的な事例、主な歴史までをまとめる。(2019/4/1)

骨折して動けない…… 痛々しい姿で放置された犬を救助 新しい家族のもとへ
元気になって本当に良かった!(2019/3/17)

Sansan Innovation Project 2019:
すべてのAI活用に共通する原則とは何か? トロント大学AI権威アジェイ・アグラワル教授
AIとは何かを技術者に聞けばディープラーニングの概念図を示すだろう。しかしエコノミストに聞けば、コストの指数関数的な低下を示すグラフを見せるだろう。AIをビジネスに活用する場合、AIの利用コストが継続的に低下し続けること、そしてAIとは本質的に何なのかを理解することが重要だ。(2019/3/15)

開発段階から検討必須! あなたの製品のセキュリティ対策(2):
医療機器サイバーセキュリティのチェックすべきポイント
さまざまな機器がネットワークにつながるようになり、機器の生産性や利便性は大きく高まった現代。しかし同時にセキュリティの問題が生じ、開発段階からセキュリティ対策を行うことが必須となる。連載第2回では、医療機器におけるサイバーセキュリティを解説する。(2019/3/6)

園長に聞く:
展示と“幸せ”は両立するか V字回復した動物園が向き合い続ける「矛盾」
閉園危機から復活し、注目されている大牟田市動物園。動物の生活の質を高める取り組みを強化し、動物を取り巻く社会問題について広く発信している。一方で、そこに潜む“矛盾”とも向き合い続ける。動物園の在り方について、園長にインタビューした。(2019/3/1)

医療機器ニュース:
高齢化が進む地域医療を支援する高機能16列マルチスライスCTスキャナー
キヤノンメディカルシステムズは、高機能16列マルチスライスCTスキャナー「Aquilion Start」を発売した。3次元任意断面での画像診断により詳細な情報を得ることで、より小さな病変の検出やがんなどの早期発見に貢献する。(2019/2/13)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「AIがもたらす『自動化』から『自律化』への発展」
「手間を省きたい」「効率を上げたい」といった人間の欲求を満たすために発展してきた道具。AIも歴史の延長線上に置いて考えると、人間に何をもたらしてくれる“道具”なのかを整理することができます。(2018/12/30)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「機械学習とデータサイエンス」
AIが人間の思考手法を模倣する形で発展したきた「機械学習」の仕組みを考察しつつ、AIや機械学習の技術を使いこなすために必要な「データサイエンス」の意義について説明します。(2018/12/29)

「餓死するかと思った」「顔に生理用ナプキンを……」壮絶な痛みを乗り越えて、整形女子たちが「かわいい」を求める理由
「美容整形トークショー vol.1」レポート。(2018/12/9)

医療機器ニュース:
72時間オートフォーカス、体内の細胞を長時間観察できる電気顕微鏡
東北大学が、オートフォーカス機能と自己再生機能を持つ電気顕微鏡の開発に成功した。ピント調節をしなくても、体内にある35兆個の細胞を長時間直接観察できる。(2018/11/20)

「サンチーム」「ミリバール」ってどういう意味? 1字分のスペースに片仮名を詰め込む“組文字”の意味
意味はよく知らないけど、たまに見掛けるアレ。(2018/10/21)

「笑福くんの笑顔が一番の鎮痛剤ダネ」 手首骨折の「森三中」大島美幸、退院報告に祝福の声
退院おめでとうございます!(2018/10/1)

PR:Scality、RING 7.4.1のGA版をリリース。RING 8のプレビューでマルチクラウドのビジネスデータ基盤へ進化しようとしていることが明らかに
ソフトウェアオブジェクトストレージのScality RINGは、病院をはじめとしたさまざまな業界に採用が広がってきた。さらに同製品は、マルチクラウドのデータ基盤へと進化しようとしている。ScalityのCEOであるジェローム・ルカット(Jérôme Lecat)氏に、同氏が今、何を目指しているのかを聞いた。(2018/9/10)

TeamsやHoloLensとも連携:
AIやIoTを使った“未来の医療”への近道? MSが掲げる「病院がクラウド化するメリット」とは
日本マイクロソフトは、医療や製薬などのヘルスケア分野に特化した新しいクラウド推進策として、「働き方改革支援」「先端技術との連携」「コンプライアンスおよびセキュリティ」の3点を強化した戦略を打ち出した。同社が掲げる“医療現場にとってのクラウド化のメリット”とは、一体何なのか。(2018/9/6)

説得ではなく、納得:
お客さんがついつい買いたくなる、「ノンクロージング話法」とは?
「営業をしてるけれど、なかなか売れない」といった悩みを抱えている人も多いのでは。そんな人にオススメなのが「ノンクロージング話法」。あまり聞き慣れないこの話法、どういうことかというと……。(2018/8/13)

「鉄腕アトム」を“透視”するアート作品が見事! ロボット内部が見えてくる仕掛けに感動の声
ゾクゾクする仕掛けのアート作品です。(2018/7/27)

5歳以下の幼児はご用心 ヒジ関節が外れかけて動かせなくなる「肘内障」レポ漫画、関心集まる
子どもの手、引っ張りすぎは禁物。(2018/7/18)

夏祭りで販売の玩具、子どもの事故に気をつけて 消費者庁が注意喚起
折り曲げると発光するケミカルライトやおもちゃのボタン電池などに注意。(2018/7/16)

「そもそも休養中のようなスケジュール」 品川祐、右手甲3本骨折よりも“不安”な仕事状況に自虐連発
骨折よりも暇なスケジュールが心配な品川さん。(2018/6/29)

医療機器ニュース:
スマートフォンやタブレットで医用画像を手軽に閲覧、東大がアプリを開発
東京大学は、スマートフォンやタブレットコンピュータでCT、MRI、レントゲンX線検査などの医用画像を閲覧できるアプリケーションを開発し、Kompathから無料でリリースしたと発表した。(2018/6/28)

「サンチーム」「ブッシェル」って一体何なんです? 片仮名など1文字に詰め込む“謎記号”の意味
羅列して遊んでいる人はよく見るけれども。(2018/6/27)

医療機器ニュース:
歯科医師の約6000倍の速さでX線画像読影ができる診断AIを開発
葵会とメディホームが、歯科パノラマX線における診断AIを共同開発した。虫歯や根尖病巣、歯石、嚢胞、根分岐部病変の各症状の患部を検出し、ベテラン歯科医師の約6000倍の速さでX線画像の読影ができる。(2018/6/27)

「“粘着テープをはがすだけ”でX線が発生することがある」って知ってた?
(2018/5/31)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(8):
国産有機ELの夢をのせて、これから始まるJOLEDの旅路
スマートフォン向け、テレビ向け、ともに韓国勢に市場を押さえられている有機EL。かつては有機ELの開発に注力していた日本にとって、印刷方式の有機ELを世界で初めて実現し、量産も始めたJOLEDは最後の希望だ。小寺信良氏が、JOLEDの印刷方式有機ELの可能性と、今後の同社の展開を探る。(2018/4/17)

「ブルーライトが目に良くない」のはなぜか?
言うほど青い光と感じないけど……。(2018/4/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
自己成長するAIは「医療機器」として安全なのか
多くの業界でAIによる従来業務の置き換えが検討されているが、医療はこうした動きが激しい業界の1つである。特に診断の領域では、AIが医師に圧勝するケースが続出しており、業務のAI化が一気に進みそうな状況となっている。業務のどの範囲までAI化を行い、人の責任の範囲をどこまで設定すべきなのか。医療分野における取り組みはあらゆる業界にとって参考となるだろう。(2018/2/15)

恐竜好きにはたまらない 恐竜の頭骨型ティーバッグ発売
紅茶にも白亜紀到来? 発掘場はティーカップの中。(2018/2/2)

歯科医自身が「FileMaker」で構築
「全くの初心者だった」 歯科医が開発した補綴治療計画ツールに込める思い
恵愛歯科クリニックが「FileMaker Pro」で独自開発したソフトウェア「Owlview(アウルビュー)」。なぜ歯科用ソフトウェアを院長自身が開発したのか。工程や費用はどうだったのか。院長の杉原 新氏に聞いた。(2018/1/24)

IoTスマートハブラシと歯科医療がクラウド連携――サンスターと富士通から先進予防歯科サービス
サンスターと富士通は、IoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」と、歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスの提供を2018年1月31日から開始。日々の歯みがきの状況を踏まえた歯科指導により、患者の予防歯科行動を促進できるという。(2017/12/26)

医療機器ニュース:
IoTで予防歯科の啓蒙と促進を「入れ歯は確実に防げる」
富士通とサンスターグループ オーラルケアカンパニーはIoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスが連携する先進予防歯科サービスを販売する。富士通の歯科医院向けクラウドサービスを利用する、日本の予防歯科における第一人者、日吉歯科診療所 理事長である熊谷崇氏が、予防歯科の意義や課題について訴えた。(2017/12/26)

クラウド×IoTで虫歯を防ぐ:
サンスターのスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」が進化 歯科衛生士が「磨き方」指南
サンスターグループ オーラルケアカンパニーと富士通が、IoT歯ブラシ「G・U・M PLAY」と連動する歯科医院向けクラウドサービスを発表。患者はスマートフォンのアプリ上で歯科衛生士から歯磨きのアドバイスなどを受けられる。(2017/12/25)

「虫歯になってから歯医者に行く」は間違い 富士通らが提案する新しい歯科の使い方
「削って詰めて、削って詰めて……」という治療をなくすために、すべきこととは?(2017/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。