ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SH-03A」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SH-03A」に関する情報が集まったページです。

「SH-06A」の“ここ”が知りたい:
第1回 タッチパネルで何ができる?――「SH-06A」
“AQUOS SHOT”ブランドを冠するシャープ製の「SH-06A」は、カメラ機能が大きく進化したが、SH-03AとSH-04Aから継承したタッチパネルはどうか。タッチパネルでどんな操作ができる(できない)のかをチェックした。(2009/6/19)

NTTドコモ、「SH-01A」「SH-03A」「SH-04A」のソフト更新を再開
NTTドコモは、一時中断していたシャープ製「SH-01A」「SH-03A」「SH-04A」のソフトウェアアップデートを再開した。(2009/5/27)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):
第4回 “AQUOSケータイ”SH-04Aが真価を発揮――ワンセグ、音楽プレーヤーのタッチ操作
ドコモ 2008年冬モデルのタッチパネルレビューの最終回では、ワンセグとミュージックプレーヤーの操作性を検証。シャープ製の「SH-03A」と「SH-04A」は同様の操作性かと思いきや、いくつか違いが見られた。また、SH-04Aに次いで多彩なタッチ操作ができるN-01Aの実力はどうか。(2009/5/18)

ドコモ、「SH-01A」「SH-03A」「SH-04A」のソフトウェアアップデートを一時中断
NTTドコモは、シャープ製「SH-01A」「SH-03A」「SH-04A」の不具合を解消するソフトウェアの配信を一時中断した。一部のmicroSDが認識できなくなる場合があるため。(2009/5/18)

「SH-01A」「SH-02A」「SH-03A」「SH-04A」のブラウザやアドレス帳に不具合
ドコモのシャープ製4機種に不具合があることが判明。ドコモは5月15日にソフトウェア更新を開始する。(2009/5/15)

PC遠隔操作アプリ「mobile2PC 2.0」が光TOUCH CRUISERに対応
PCを遠隔操作できるドコモ向けアプリ「mobile2PC 2.0」が、「SH-01A」と「SH-03A」の光TOUCH CRUISERに対応した。(2009/2/9)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ヨコ+タッチ+8M CCDで「笑顔」を楽しくきれいに撮るならこれ──「SH-03A」
サイクロイドのSH-01Aと、回転2軸+タッチパネルの「SH-03A」、カメラ重視派の人はドコモの8M CCDカメラ搭載モデルでどちらにするか悩ましい。今回試すSH-03Aは“笑顔認識シャッター”や“振り向きシャッター”を備え、「人の笑顔」をより清く楽しくきれいに撮れるカメラだった。(2009/2/5)

ドコモ、「P-03A」「SH-01A」「SH-03A」「P906i」のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニック モバイル製の「P-03A」「P906i」、シャープ製の「SH-01A」「SH-03A」のソフト更新を開始した。(2009/2/3)

PR:進化したインターネット機能、光TOUCH CRUISERやBluetoothも搭載──「SH-03A」の真の実力
8MピクセルのCCDカメラとタッチパネルを備えたシャープの「SH-03A」は、スタンダードなケータイの使い勝手とタッチパネルの新しいUIを融合した“新標準”といえるモデルだ。このSH-03Aに採用された新機能や、細かな部分にまで行き届いた使い勝手の良さを改めてチェックしてみよう。(2009/1/19)

PR:進化した8M CCDカメラと磨き上げられたUI──タッチパネルケータイ「SH-03A」の魅力
AQUOSケータイ「SH-01A」と同じ8MピクセルのCCDカメラと、3インチのタッチパネルディスプレイを搭載した「SH-03A」。そのカメラはさらに進化を遂げたほか、タッチパネルとの組み合わせでより使い勝手も向上している。まずはSH-03Aが実現したタッチパネルケータイの“新しい魅力”を見てみたい。(2009/1/9)

PR:これからはこういうカメラが付いて当然になる──プロカメラマン 西部裕介氏が語る「SH-01A」
8MピクセルのCCDと画像処理エンジン「ProPix」により、かつてないほどの高画質なカメラを備えたシャープの「SH-01A」と「SH-03A」。そのカメラ機能の実力を、実際にSH-01Aで撮影をしたプロカメラマン西部裕介氏に聞いた。(2008/12/19)

タッチ+800万画素CCDカメラの「SH-03A」発売──価格は分割2380円/月から
タッチ+回転2軸+800万画素CCDカメラが特徴のドコモPRIMEシリーズ「SH-03A」が発売された。価格は一括6万円ほど、24回分割2380円/月から。(2008/12/19)

ドコモ、PRIMEシリーズ「SH-03A」とPROシリーズ「HT-02A」を12月19日に発売
NTTドコモは、タッチパネルと8M CCDカメラを搭載したシャープ製の「SH-03A」と、小型ボディにタッチパネルを備えたHTC製の「HT-02A」を12月19日に発売すると発表した。(2008/12/15)

写真で解説する「SH-03A」
シャープ製の「SH-03A」は、8MピクセルのCCDカメラを搭載したタッチパネルケータイだ。最大ISO2500相当の高感度撮影が可能な画像処理エンジンを搭載し、ビューワスタイルで画面を直接タッチしてワンセグやフルブラウザなどをサクサク操作できるモデルとなっている。(2008/11/6)

PRIMEシリーズ:
800万画素CCDカメラをタッチパネルで快適操作、光TOUCH CRUISERも搭載――「SH-03A」
シャープ製の「SH-03A」は、タッチパネルの搭載で注目を集めた「SH906i」の後継機種。タッチパネルと光TOUCH CRUISERを継承するほか、カメラが800万画素CCDに大きく進化した。(2008/11/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。