ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「釈由美子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「釈由美子」に関する情報が集まったページです。

釈由美子、プラチナムプロダクションへの移籍を報告 「何度も面談を重ね、想いを交わして参りました」
良い縁に恵まれたもよう。(2019/10/1)

「41歳の転機」「また表現する場をいただけますよう」 釈由美子が所属事務所と契約解除を発表、今後の窓口も公開
所属事務所の給料未払い問題が報道されたばかりでした。(2019/8/2)

釈由美子、「タダ働き」「給料1000万円未払い」報道を一部否定 事務所は支払いを「過少に見積もった」と説明も
7月30日発売の『FLASH』で事務所の給料未払い問題が報道されました。(2019/7/31)

「喜んでくれる顔が見たくて」 釈由美子、息子の誕生日に“トーマスだらけ”の飾り付け&食事が愛情たっぷり
釈さん、いいママだなあ。(2019/6/13)

「仮面ライダージオウ」、釈由美子ゲスト回で“マンホール激推し”のカオス展開 「マンホール」がトレンド入りする事態に
マンホール万能説。(2019/5/19)

釈由美子、「仮面ライダージオウ」出演決定で感激 「懐かしのポーズもしています」と“おいきなさい”予告も
ジオウは本当に豪華だ。(2019/5/5)

“パニック障害”告白の釈由美子、反響に驚き 「今後もし機会があれば、書籍や講演会などで」
ブログや、3月2日放送の「世界一受けたい授業」で明かしていました。(2019/3/3)

「苦しくて怖くて」「白い目で見られて」 釈由美子が“パニック症”だった過去を告白、ファンから共感の声も
10代後半に発症。(2019/2/26)

「今はお互いママになって」 新山千春&釈由美子、笑顔はじける“美人ママ”2ショットがアラフォーの星
本当キレイ。(2019/2/14)

「魂の抜け殻状態」 釈由美子、極寒のカナダで撮影中の映画オフショットが心配になるほどげっそり
心配だ。(2019/1/16)

「まだ覚えていてくれる人がいて感謝」 釈由美子、久々の“おいきなさい”がファンの記憶を呼び覚ます
みなとみらいでおいきなさい。(2018/10/4)

ソフトクリームから脚がニョキッ 釈由美子、諏訪湖で出会った“衝撃すぎるバッタソフト”を実食
「味は美味しいソフトにイナゴ」(2018/4/11)

「腹筋だいぶ割れた」 釈由美子、舞台出演へ向け鍛え上げられた肉体を披露する
脱いだらすごかった。(2018/4/3)

釈由美子、産後太りに「私も最近になってようやくトレーニング」 理想のボディーも明かす
ダイエットは無理なく続けるのが1番。(2017/12/20)

「心が震えるほど感動しました」 釈由美子、息子のある“寝言”に子育ての疲れが吹き飛ぶ
これはうれしい……。(2017/9/7)

母ちゃんのリズム感が悪すぎだドン! 釈由美子、息子と“太鼓の達人”に挑戦するもクリアならず
でも息子は大喜びだドン!(2017/9/4)

釈由美子、結婚1周年で家族3ショット 桜の花に「あの日の記憶が一瞬で蘇りました」
「こんなに大きく成長して」としみじみ。(2017/3/14)

釈由美子に第一子誕生 ダブルバースデーに「一生忘れられない」
おめでとうございます!(2016/6/13)

「鼻の下伸ばして、出てこいやー」 出産間近の釈由美子 親友アンジェラ・アキと“メンズママ友同盟“ 
美しいマタニティフォトも。(2016/6/2)

釈由美子さん、純白のウェディングドレス姿を披露 お腹の赤ちゃんとともに5カ月越しの結婚式
マタニティウェディングとなりました。(2016/3/14)

舞台で共演経験のある釈由美子 脳腫瘍で療養中の松方弘樹へメッセージ
松方さんは、釈さんの結婚披露宴に出席する予定だった。(2016/2/24)

釈由美子さんがブログで妊娠を発表 「父の遺志を継いで授かった待望の赤ちゃん」
おめでとうございます。(2016/1/15)

釈由美子さん結婚 「芸能界の結婚ラッシュのなか、私も便乗したかのようなまさかのタイミング」
おめでとうございます。(2015/10/13)

釈由美子や中村静香も――アイドル雑誌・BOMBの特別編集写真集14作品がKindleストアで配信開始
学研パブリッシングがアイドル雑誌BOMBの特別編集電子写真集14作品をKindleストアで配信開始した。(2013/5/13)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/1/16)

「カラーは安い」へ:
コストもサイズもコンパクト――エプソン「LP-S7100/LP-S510」発表会
エプソンは5月11日、企業向けレーザープリンタ「オフィリオプリンタ」シリーズの新製品として、A3カラー印刷に対応する「LP-S7100」と、A4対応モデル「LP-S510」の2機種を発表した。(2010/5/12)

仕事耕具:
エプソン、10万円を切るA3カラーレーザープリンタ――iPhone対応も
エプソンは、「オフィリオプリンター」の新製品としてA3カラー対応レーザープリンタ「LP-S7100」を発売する。無線LAN環境であれば、iPhoneからの印刷も可能。iPhone/iPod touch用アプリ「ePrint」をApp Storeからダウンロードすれば、iPhoneから住所録や写真、メモ、WebページやPDFデータなどを、ワイヤレスで印刷できる。(2010/5/11)

ドラマにもiPhone 3Gが登場:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──ソフトバンク+月9+特番編
連続テレビドラマに登場するキャストが使うケータイをチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。ソフトバンクモバイルがスポンサードする2009年冬クールのドラマには、ついに「iPhone 3G」が登場した。(2009/3/27)

仲間由紀恵、石原さとみ、相武紗季のケータイは:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──au編
人気の連続ドラマに登場するキャストが手にする携帯電話をチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。au編では、2008年秋冬モデルが多く採用されている。(2009/3/17)

キムタクは当然Fでしたが……:
ドラマで使われるケータイたち 2008年春──au編
テレビドラマのストーリー展開で、登場人物を結び付けるキーアイテムとなっている携帯電話をチェックするこの企画。春から始まったクールが終盤を迎えた今、どんな機種が活躍しているのかに注目してみた。今回は2008年春のau編だ。(2008/6/24)

最多登場は女性に人気のあのモデル:
ドラマで使われるケータイたち 2008年冬──au編
テレビドラマのさまざまなシーンに登場する携帯電話に注目するこの特別企画。どの役者がどんな機種を使っていのるか、どんな役柄にどんな機種が割り当てられているのか。今回はau編をお送りする。(2008/3/28)

仲間由紀恵がドコモのケータイを!?:
ドラマで使われるケータイたち 2007年秋──ドコモ編
携帯電話は、テレビドラマのさまざまなシーンに登場し、ストーリー展開のキーアイテムとなることもしばしばだ。また、どの役者がどんな機種を使っているかにも興味が尽きない。今回もテレビドラマに登場する携帯電話をチェックした。まずはドコモ編からお送りしよう。(2007/12/13)

英語力がありそうな大リーガーはイチロー、著名人では女優の……
国際ビジネスコミュニケーション協会の調査では、英語力があると仕事で有利だと感じながら、特に何もしていない人が多いことが分かった。英語を話せそうな大リーガーはイチローという回答が多く、松坂大輔はわずか0.4%と最低だった。(2007/7/25)

“ハケン”“ハナダン”キャストが使うケータイは? ドラマで使われるケータイたち 2007年冬編
いまやコミュニケーションツールとして欠かせなくなった携帯電話は、テレビドラマのストーリーにも数多く登場する。2007年冬のドラマも中盤を過ぎ、ますますストーリから目が話せなくなっている。そんなドラマにおけるケータイ事情をチェックしてみた。(2007/2/21)

セイコーエプソン、オフィス向けレーザー複合機を一新――CMには釈由美子を起用
セイコーエプソンは、オフィス向けカラーレーザー複合機に計3モデルを投入した。既存モデルの価格改定も同時に行なわれる。(2007/1/10)

Yahoo!検索年間ランキング、2chがmixiにトップ明け渡す
ブログ人気急上昇ワードには「山本圭一」や「スプー」も。モバイル検索では2chがトップだった。(2006/12/1)

釈由美子さんや北島康介選手など、数多くのゲストが来場――「Xbox 360 LOUNGE」オープニングレセプション
2005年11月1日よりオープンした、Xbox 360のプロモーション拠点のひとつ「Xbox 360 LOUNGE」にて、各界のセレブリティを招待したオープニングレセプションが開催された。セレブリティは、自らがデザインしたフェイスプレートを持ち登場。(2005/11/2)

Xbox 360「パーフェクトダーク ゼロ」12月10日発売――主人公の声に釈由美子さんを起用
マイクロソフトは、Xbox 360と同日の12月10日に「パーフェクトダーク ゼロ」を発売すると発表。価格は6800円(税別)。(2005/10/5)

iモード向けサイト「英語でしゃべらナイト」がオープン
(2005/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。