ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シェンムー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シェンムー」に関する情報が集まったページです。

「何年待ったことか」「泣きそう」――18年ぶりの新作「シェンムーIII」発売、ネットで喜びの声
Deep Silverが11月19日に、アクションゲーム「シェンムーIII」を発売。同シリーズで、18年ぶりの新作。(2019/11/20)

本当に出る! PS4パッケージ版「シェンムー3」の概要が発表 「リテールDay1エディション」としてDLCを収録
出るよね?(2019/7/4)

「シェンムー3」が11月19日に発売延期 「完成までもう少しだけ洗練させる必要がある」
最後のクオリティアップ。(2019/6/4)

「シェンムー3」の支援総額、約8億円に 全キャンペーンによる集計結果を発表
開発も順調に進行中のようです。(2018/11/26)

「シェンムー3」2019年8月27日発売決定! ドイツのゲームイベントで発表
ついにきたー!!!(2018/8/21)

ドリームキャストの名作「シェンムー」に20年越しの隠し要素? 開発者がチャットで“幻の技”の存在明かす
シェンムー学会ー! はやくきてくれー!(2018/8/1)

セガ、「シェンムー I&II」PS4向けに18年発売
セガが「シェンムー I&II」を2018年に発売する。ドリームキャスト向けに発売した第1作「シェンムー 一章 横須賀」と第2作「シェンムーII」をリメークし、日本国内ではPS4向けに発売する。(2018/4/16)

セガフェスで「シェンムー I&II」「新サクラ大戦」発表! ニンテンドースイッチ用新生「SEGA AGES」も
きたぁあああああああああ!!!(2018/4/14)

「シェンムー3」、初のティーザームービー公開 芭月涼の新たな戦いがついに
2018年下半期の発売が待ち遠しい。(2017/8/22)

「シェンムー3」発売延期 2018年下半期に
「当初の計画より、魅力や物量がパワーアップし、開発の時間が足りない」という。(2017/6/9)

「シェンムー3」発売が2018年下半期へと延期、延期理由は「パワーアップしたシェンムーを届ける」ため
パワーアップした「シェンムー」をユーザーのもとに届けるには時間が足りないとディレクター鈴木氏。(2017/6/8)

欧州セガが『シェンムー』関連のドメインを複数取得していたことが判明、リマスター版の登場が噂される
SEGA Europeが「ShenmueHd.com」「ShenmueRemastered.com」などのドメインを取得していることが分かった。(2017/1/8)

「シェンムー3」の開発状況を鈴木裕さんが報告 「良いゲームになる手応えを感じています」
クラウドファンディング開始から1年。(2016/7/2)

国産スタートアップに海外クラウドファンディングのチャンスを 「DMM Starter」始動
DMM.comが国内のスタートアップ企業向けに米国のクラウドファンディングサービスへのプロジェクト申請を支援する「DMM Starter」を発表した。(2016/6/1)

「シェンムー」のような作品は当時“タブー”だった―― 鈴木裕氏、「誰にも理解してもらえなかった」と開発の苦労明かす
本日発売の「別冊少年マガジン」で、鈴木裕氏が「シェンムー」開発や当時のゲーム業界について振り返っています。(2016/5/9)

PlayStation VRの体験も:
133の名作ゲームを遊びまくれる企画展「GAME ON」を動画で味わう
3月2日から日本科学未来館で開催されるゲームの企画展を一足早く体験してきたので、写真と動画で紹介していく。(2016/3/1)

「コブラ」の新作アニメ「Cobra Return Of Joe Gillian」、ティーザー動画公開
モナコのアニメ制作会社Shibuya Productionsが公開。(2016/2/28)

「シェンムー3」、最終的に約7億8500万円の開発資金を調達 クラウドファンディングでも破格の制作費に
2017年12月の完成予定。(2015/7/18)

「シェンムー3」、最終的に約7億8500万円集まる ビデオゲーム過去最高額
ゲーム「シェンムー3」(PC/PlayStation 4)の開発資金を募るKickstarterのプロジェクトが締め切られ、最終的に633万ドルが集まった。(2015/7/18)

「シェンムー3」資金、Kickstarterで5億円突破
ゲーム「シェンムー3」の開発資金を募るKickstarterのプロジェクトで、集まった資金が5億円を突破している。(2015/7/7)

え、これ実写じゃないの!? 「Unreal Engine 4」で作った映像が完全に実写
このグラフィックのゲームが遊べる日も近い……?(2015/7/2)

「シェンムー3」がギネス記録達成 「Kickstarterで史上もっとも早く100万ドルを集めたビデオゲーム」
現時点ですでに313万ドル(約3.8億円)が集まっています。(2015/6/18)

「シェンムー3」開発決定 目標200万ドルを8時間半で達成
「シェンムー3」の開発資金を募るKickstarterのプロジェクト開始から約8時間半で目標の200万ドルを達成。開発が決定した。(2015/6/16)

「シェンムー3」開発スタッフ募集中
伝説的なゲームの続編「シェンムー3」リリースに向け、開発スタッフの募集が始まっている。(2015/6/16)

「シェンムー3」のクラウドファンディングが速攻で目標額200万ドルを達成 未完の大作、14年ぶり悲願の復活へ
おめでとうございます!!!(2015/6/16)

まさかの「シェンムー3」開発へ Kickstarterで資金調達スタート
「シェンムー3」開発へ。公式サイトとKickstarterのページがオープンした。(2015/6/16)

実現なるか「シェンムー3」、クラウドファンディングで制作資金調達
ついに「シェンムー」続編に向けた動きが。(2015/6/16)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2011年、ゲーム業界今年の11大ニュース
なんで11大ニュース? それは今年が2011年だから! きわめて私的にゲーム業界を振り返ってみました。(2011/12/27)

鈴木裕氏、プレミアムエージェンシーのゲーム開発顧問に
「バーチャファイター」や「シェンムー」の鈴木裕氏が、プレミアムエージェンシーのゲーム開発顧問に就任した。(2011/6/2)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その40):
ガンバレ日本! GDC2011@サンフランシスコに行ってきた!
ITmedia ガジェットに引っ越して参りましたくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の40回目は、GDC2011サンフランシスコをまとめてみました。ハニィも「日本の力を、信じてる」!(2011/4/8)

日々是遊戯:
「GDCアワード2011」が決定! ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「レッド・デッド・リデンプション」に
「レッド・デッド・リデンプション」が最優秀賞に輝いた今年の「GDCアワード」。部門別では「Minecraft」や「Cut the Rope」などが部門賞に輝きました。(2011/3/4)

日々是遊戯:
300秒で振り返る2010年のゲーム業界ニュース【下半期編】
昨日に続き、本日も「日々是遊戯」スペシャルウィークということで、2010年のゲーム業界を振り返ってみたいと思います。今日は下半期編!(2010/12/29)

日々是遊戯:
鈴木裕、完全復活! 「シェンムー街」にはガチャガチャ要素もアリ
サン電子およびセガ、YS NET、DeNAの4社は11月15日、「モバゲータウン」用ソーシャルゲーム「シェンムー街」の制作発表会を開催。鈴木裕氏や藤岡弘、氏もゲストに駆けつけ、熱いトークが繰り広げられました。(2010/11/15)

鈴木裕さんが語る「シェンムー街」 藤岡弘、さんも応援
「オリジナルで描けなかったストーリーを入れていけたら」――ソーシャルゲーム版「シェンムー街」を、鈴木裕さんが紹介。藤岡弘、さんもエールを送った。(2010/11/15)

午後4時からライブ配信:
「シェンムー街」制作発表 “せがた三四郎”こと藤岡弘、さん登場
待望の「シェンムー」シリーズが「Yahoo!モバゲー」に――今冬配信予定の「シェンムー街」の制作発表会見をUstream。“せがた三四郎”こと藤岡弘、さんがゲストに登場。ゲームクリエイターの鈴木裕さんがゲームを紹介する。配信は11月15日16時0分〜11月15日17時30分。(2010/11/15)

シェンム−はソーシャルゲームに――「シェンムー街」今冬配信決定
「モバゲータウン」と「Yahoo!モバゲー」向けにサービス配信が決定したソーシャルゲーム「シェンムー街」。ちなみに読み方はシェンムーガイ!(2010/11/1)

「Yahoo!モバゲー」正式公開 「ペルソナ」「シェンムー」ソーシャル版も
ソーシャルゲームサービス「Yahoo!モバゲー」正式公開。約70社・100作品をプレイでき、「ペルソナ」シリーズのソーシャルゲーム版も遊べる。シェンムー新作も公開予定だ。(2010/10/7)

「Yahoo!モバゲー」正式版オープン――「100万人の信長の野望」、「シェンムー街」の開発も決定
Yahoo! JAPANとDeNAは、9月21日よりβ版にて公開中だった、PC向けソーシャルゲームプラットフォーム「Yahoo!モバゲー」を10月7日より正式版としてグランドオープンした。(2010/10/7)

日々是遊戯:
歴代もっとも開発費が高かったゲームTOP10、果たして1位は……?
海外のゲームニュースサイトに、「Top 10 most expensive video games budgets ever(もっとも開発費が高かったゲームTOP10)」という記事が掲載され話題となっています。(2010/2/24)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その5):
トラウマになるので音楽は後からつけたほうがいい――チュンソフト 中村光一氏(後編)
ヒライタケシの「投げる前から変化球」後編では、引き続きチュンソフト代表取締役社長・中村光一氏を迎えて、ゲーム業界の展望について語ってもらいました。(2009/4/9)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その5):
トラウマになるので音楽は後からつけたほうがいい――チュンソフト 中村光一氏(前編)
ヒライタケシの「投げる前から変化球」。春はあけぼの、チュンソフト代表取締役社長・中村光一氏を迎えて、おいしい鍋をつつきながらお届けします。トラウマって?(2009/4/8)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その4):
必要なのはオーディエンスへの意識と発声練習
ヒライタケシの「投げる前から変化球」第4回目は、ミドルウェアでゲーム開発を支えるCRI・ミドルウェア代表取締役専務の押見正雄氏を迎えて小春日和の代々木公園でピクニックとしゃれこんでみた。(2008/12/26)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その3):
今夜は真摯にネガティブトークをしようじゃないか
ヒライタケシの「投げる前から変化球」第3回目をお届けしよう。今回は「モバゲー」を1人で作ったディー・エヌ・エーの川崎修平氏を招き、若き技術者へモノ申す? ともにスペランカーが大好きな2人が、どのような会話が展開するのか……。(2008/10/17)

東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアイベント:
シネマティックとはこういうことだ――フロム・ソフトウェア「NINJA BLADE」トークイベント
「天誅4」と並び、フロム・ソフトウェアブースの目玉となった、Xbox 360用忍者アクションゲーム「NINJA BLADE」。フロム・ソフトウェアブースでは、本作のプロデューサーである竹内将典氏によるトークイベントが開催された。(2008/10/11)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その2):
究極のプログラマーは「真田さん」!?――技術者のあり方とは
ちょっと間が空いてしまったが、ヒライタケシの「投げる前から変化球」第2回目をお届けしよう。今回はヘキサドライブの松下正和氏に登場していただこう。松下氏は大手ゲーム会社に在籍後独立。現在はゲームプログラマーの制作集団を率いている。平井氏との間で、どのような会話が展開するのか……。(2008/8/8)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その1):
進化しようという姿勢を持って“てっぺん”を目指せ――セガ 鈴木裕氏(後編)
新連載「ヒライタケシの『投げる前から変化球』」第2回目は、前回に引き続きセガの鈴木裕氏にご登場いただく。日本のゲームクリエイターの質は変わってきているのか? それとも自らが変革を求めなくなったのか?(2008/5/20)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その1):
ゲームはチャレンジャブルな仕事。“ノー”からは何も生まれない――セガ 鈴木裕氏(前編)
わたしたちは普段“ゲーム”をプレイすることはあっても、それを作り上げている“開発者”の素顔を知ることはあまりないかもしれない。そこで、ゲーム開発現場の生の声を、キューエンタテインメントの平井武史氏が直撃インタビュー。第1回目はセガの鈴木裕氏にご登場いただいた。(2008/5/19)

「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 3」オリジナルサウンドトラック発売
(2007/8/21)

「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE2」のサウンドトラックが早くもリリース決定
(2005/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。