ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「島本和彦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「島本和彦」に関する情報が集まったページです。

「AIの遺電子」作者に聞く:
デジタル化は漫画家のワークスタイルをどう変えたか――連載作家が語る漫画制作の今
テレワーク、コラボツール、クラウド、そしてワーケーション……漫画制作現場で起きている新しい働き方をプロ漫画家に聞いた。(2019/4/29)

この枠でしかできないことがある――「モテキ」や「ヨシヒコ」のテレ東深夜枠「ドラマ24」、ブレない“核”とドラマの可能性
予算はない。夢はある。(2019/2/22)

弓月光、寺田克也ら有名クリエイターが手塚治虫とコラボ オリジナル作品を展示販売する「キチムシ’18」が開催
2018年で4回目の開催。ゲリライベントもあるかも?(2018/10/17)

「仮面ライダー」「サイボーグ009」など名作マンガを徹底分析、Eテレ「100分de石ノ森章太郎」が放送
9月8日23時から。論客らの熱弁に注目。(2018/9/6)

川島海荷オブザデッドだこれ! 変わり果てたゾンビ姿に“かわいい”のパンデミック発生
キョンシーガール……うっ頭が!(2017/11/10)

手塚治虫トリビュート展「キチムシ‘17」に漫画家の諸星大二郎、元スノーボード選手の成田童夢ら
今年も田中圭一先生は来るのだろうか。(2017/10/18)

1冊まるまる『うしおととら』の藤田和日郎さんを特集した『藤田和日郎本』 島本和彦さん描き下ろし漫画も収録
『漫画家本』シリーズとして今後刊行されていく予定です。(2017/5/19)

「エリア88」漫画家・新谷かおるが一時休筆を宣言 「一休みしてから新しい事に向かいます」
デビューから45年、常に第一線で連載を続けてきました。(2017/4/27)

漫画家・島本和彦、3分で描いたサーバルちゃんを「吉崎観音にかなわない」と自嘲
プロの犯行だった。(2017/4/8)

「シン・ゴジラ」Blu-ray特別版は映像特典332分! 未公開「プリヴィズリール集」や「発声可能上映」の映像も
誰がそこまで公開しろと言った庵野!(歓喜)(2017/3/2)

「恋は雨上がりのように」アニメ化! 2018年1月にノイタミナ枠で放送
中年男性がキュンキュンしそう。(2017/3/2)

ゲッサンで「アオイホノオ被害者の会」 あだち充、高橋留美子、藤田和日郎ら13人が“島本和彦に物申す”
漫画・アニメ・ドラマなどで活躍する豪華被害者たちが集合。(2017/1/12)

島本和彦先生、夏コミの「アンノ対ホノオ」の真実を描く続編を冬コミで刊行へ
ま、間に合うのか……?(2016/12/21)

「手塚治虫文化祭」特別対談:
巨匠・モンキー・パンチ、“漫画の神様”手塚治虫を語る 「手塚先生がいなければ漫画家になってなかった」
「手塚治虫文化祭 〜キチムシ‘16〜」の開催を記念し、手塚るみ子さんとの対談が実現した。(2016/11/3)

映画「シン・ゴジラ」発声可能上映舞台あいさつ生中継決定 市川実日子、松尾諭、高橋一生、庵野秀明総監督が登場
LINE LIVEで21時30分から! せーの!「庵野ー! 俺の負けだあああ!」(2016/9/15)

シン・ゴジラ発声可能上映に島本和彦が再び参戦 「シン・ゴジラの責任者として決着をつけにいく」
シン・ゴジラ大好きだなこの人。(2016/9/7)

「ファイアパンチ」藤本タツキ先生のデビュー作が限定公開 許斐剛先生お墨付き「勢いで最後まで読ませた力」
ほのぼの恋愛モノ……じゃない!?(2016/8/29)

「新世紀エヴァンゲリオン」HDリマスター版の放送が決定! NHK BSプレミアムで9月16日から
1995年放送のテレビシリーズだよ!(2016/8/27)

庵野監督と島本先生の軌跡が追える「ホノオ対アンノ」開設 「アオイホノオ」アンノ登場回が無料配信
小学館の無料漫画サイト「サンデーうぇぶり」が企画。「シン・ゴジラ」ファンも必見。(2016/8/25)

“コミケ席巻”の島本和彦さん「シン・ゴジラ」同人誌、小学館が8ページを無料公開
小学館のWebサイト「サンデーうぇぶり」で、島本和彦さんの同人誌「アンノ対ホノオ」の一部が無料公開された。庵野秀明さんとの交流を描いた漫画も閲覧できる。(2016/8/25)

「ゴジラ」シリーズ「今後も何らかの形で作り続けていく」 次回作に意欲を見せた東宝・山内プロデューサーが作品を振り返る
(ネタバレ注意)「映画公開後の今だから話せる話」を伺ってきました。(2016/8/28)

コミケで即完だった島本和彦先生の“シン・ゴジラ本” 本人の同人誌通販サイトで再販
島本先生が庵野総監督の「シン・ゴジラ」のすごさを解説した同人漫画「アンノ対ホノオ」が、期間限定で申し込めるぞ!(2016/8/17)

「シン・ゴジラ」発声可能上映、LINE LIVEで取材番組 「島本先生は現れるのか!?」のアオりに本人「逃げるが勝ち!?」
会場で「やめろ庵野〜〜!!」の声は聞けるの……か!?(2016/8/15)

TOKYO MX「ラブライガーの皆様!」 銀河旋風ブライガー再放送開始にファンが沸く
実に35年前のアニメです。(2016/1/14)

「手塚治虫文化祭」特別対談 上條淳士×手塚るみ子が語る“漫画”と“吉祥寺”と“手塚治虫”
漫画の神様の娘と神様に影響を受けた漫画家、二人から見た手塚治虫。(2015/12/22)

江口寿史、寺田克也らが手塚作品とコラボ 手塚治虫で“遊ぶ”文化祭で限定グッズを展示・販売
東京の「吉祥寺リベストギャラリー創」で12月17〜23日に開催。(2015/11/30)

押切蓮介や島本和彦ら有名作家が円谷プロ愛を描く「総天然色 円谷オールスターズ」が予想以上の熱さ
気合い入りすぎだろこれ!(2015/10/1)

島本和彦先生が夏コミでまさかの「ラブライブ!本」頒布 熱すぎる内容が公開されて俺たちの期待が限界を突破
完全に「逆境ナイン」だこれ!(2015/8/13)

大分県立美術館、マンガ家の作画技術に迫る企画展「『描く!』マンガ展」を開催
巨匠たちのデビュー前後の作品や、島本和彦さん、平野耕太さんなどマンガ家8名による独自の描線や画面構成を原画・拡大パネルを使って紹介していく。(2015/8/1)

司書メイドの同人誌レビューノート:
同人誌を紹介する同人誌、その狙いとは 『CIRCLES'』かつゆー&シアンに聞く
秋葉原のカルチャーカフェ「シャッツキステ」の司書メイドことミソノが、同人誌のディープな魅力を紹介する連載企画。同人誌の用語を解説していく「ミソノ流ワンポイント用語解説」も必見。(2015/7/3)

『からくりサーカス』『吼えろペン!』、MangaONEで全話無料配信
『からくりサーカス』は7月5日、『吼えろペン!』は6月28日まで。(2015/6/19)

2大名作をイッキ読み! 「からくりサーカス」と「吼えろペン」が「MangaONE〜マンガワン〜」にて期間限定で全巻公開
これはうれしい!!(2015/6/19)

ANA国際線の機内で電子書籍サービス――BookLiveがコンテンツ提供
『週刊東洋経済』『Casa BRUTUS』『地球の歩き方』『賢人たちからの運命を変える質問』『宇宙兄弟 オールカラー版』1〜3巻など、マンガを含め幅広いジャンルを取り揃えた。(2015/5/8)

第60回小学館漫画賞が発表、一般部門は『アオイホノオ』『あさひなぐ』のW受賞
2014年1月1日以降に、雑誌や新聞、または単行本として発表された作品が対象。(2015/1/22)

「アオイホノオ」のLINEスタンプが登場 「かわいそうなあだち充…」など名言を収録
マンガ家志望者は購入必死。(2015/1/9)

第18回文化庁メディア芸術祭、「Ingress」がエンターテインメント部門大賞に
漫画部門は「五色の舟」が大賞を受賞した。(2014/11/28)

鳥取県米子市で島本和彦「アオイホノオ」の原画展開催 トークと画力でガチ対決もあるぞ!
焔燃 VS 赤井タカミのガチバトル!(2014/9/3)

すべて神回になる!? 「アオイホノオ」がドラマ化 庵野秀明役らキャストも公開
島本和彦さんの自伝マンガが7月に放送スタート。(2014/5/23)

島本和彦作「ヒーローカンパニー」が警視庁の万引き防止イメージキャラに
「ヒーローカンパニー」を起用したポスターが都内の警察署などに掲示される。(2013/11/5)

小学館ビルの“豪華過ぎる落書き”、特設サイトで公開 第1弾だけで300点以上
取り壊しの決まった小学館ビルに人気漫画家が描いた“豪華すぎる落書き”の写真が小学館のスペシャルサイトで公開。(2013/9/30)

小学館ビルの漫画家ラクガキ 一般公開は1日3000人限定、朝から整理券配布
実施日は8月24日、25日の2日間。当日配布される整理券を持っている人のみが対象です。(2013/8/21)

小学館ビルの「豪華すぎる落書き」一般公開の詳細 整理券は各日3000人
小学館ビルの「豪華すぎる落書き」一般公開の詳細を小学館が発表。(2013/8/21)

Weekly Access Top10:
夏の終わりに「日本一豪華な落書き」鑑賞はいかが
ネットで話題の人気漫画家たちの“プロの犯行”、日本一豪華な(?)落書きが今週末に一般公開されます。見に行きたい……!(2013/8/19)

人気漫画家たちの“プロの犯行” 小学館ビルの「豪華すぎる落書き」、取り壊し前に一般公開決定
取り壊しが決まった小学館本社の壁が、愛着あるビルとの別れを惜しむ漫画家の「豪華すぎる落書き」でいっぱいになった。多くの要望を受け、8月24〜25日に一般公開されることに。(2013/8/16)

なにこれ見たい!:
取り壊される前に漫画家集まれ! 小学館ビル壁面で落書き大会やってるぞ
外からも見られる。(2013/8/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/3/12)

「うしおととら」復活キター!
小学館、震災復興支援読み切りシリーズ「ヒーローズ カムバック」で。(2012/11/7)

コミック誌「ヒーローズ」、7月号の試し読みコンテンツを公開
ヒーローズは月刊コミック雑誌「ヒーローズ」7月号の発売に先立ち、10作品の試し読みコンテンツを公式Webサイトで公開する。(2012/5/25)

セブン-イレブン限定の月刊コミック誌「ヒーローズ」創刊 AKBの漫画朗読ムービーも
セブン-イレブン限定で販売する月刊コミック誌「ヒーローズ」が創刊。公式サイトではAKB48のメンバーが漫画を朗読するムービーを配信する。(2011/11/1)

ねとらぼ:
ねとらぼが1周年だった 年間アクセストップ100
おかげさまでねとらぼが先週、1周年を迎えていました。アクセスの多かった記事を中心に、この1年を振り返ります。記事の最後に年間アクセストップ100の一覧表あり。(2009/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。