ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手塚治虫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手塚治虫」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

キャシャーンがやらねば誰がやる:
「新造人間キャシャーン」を2021年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2021年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第7回は「新造人間キャシャーン」だ。(2021/7/19)

小学館『日本短編漫画傑作集』を「少年青年漫画編」のサブタイ追加し発売 小学館「ご指摘を踏まえて、社内で検討した結果」
第1巻は1959年から1967年頃の傑作を収録。(2021/6/30)

「みんなで選ぶ短編漫画傑作集」Twitterハッシュタグが盛況 萩尾望都『半神』をはじめおすすめの名作続々
小学館の『日本短編漫画傑作集』に少女漫画が含まれず、物議を醸した件を受けてハッシュタグが発生。(2021/5/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武園ゆうえんちで再確認、観光アクセス鉄道の役割と効果
5月15日、西武鉄道はレオライナーこと山口線で「西武園ゆうえんちラッピング電車」の運行を、19日開業の西武園ゆうえんちのアクセスルートとして開始した。観光地と観光アクセス路線は、力を合わせて発展する。ワクチン接種が終わり、観光が再び活性化する前に、観光地とアクセス路線と整備しておきたい。(2021/5/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武園ゆうえんちの準備は整った しかし、足りない要素が2つある
西武園ゆうえんちが5月19日、「新しくて古い都市型エンターテイメント」として生まれ変わる。1960年代の商店街を中心に据え、海外から認知度の高い日本発キャラクターを登場させることで、従来の「鉄道沿線遊園地」から「日本型テーマパーク」へ進化を遂げる。しかし、沿線外に訴求するには「あと2つの要素」が必要だ。(2021/4/16)

西武園ゆうえんちが5月19日昭和レトロ風にリニューアル ゴジラのライドや手塚キャラのファミリーエリアが登場
1960年代へタイムスリップ。(2021/4/13)

「ゴジラ・ザ・ライド」、西武園ゆうえんちに出現 5月19日リニューアルオープン
「ゴジラ」や「キングギドラ」など怪獣同士の戦いを間近で眺められるライドアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が「西武園ゆうえんち」に登場する。(2021/4/13)

「すごい迫力」「天才とはこういう人」 画家が小中学生のときに描いた「ゴジラの創作漫画豆本」が“神童”そのものだと話題に
これが天才か。(2021/3/21)

アトム春麗ベイマックス…… 古今東西のキャラ木彫りがズラッと並んで壮観&かわいい
ジャンル不問のオールスター大乱闘感。(2021/2/16)

『鉄腕アトム』偽原稿がオークションに出品、手塚プロ公式サイトで注意喚起 「素人目には分からない」「やたらリアル」
これは騙される……。(2021/1/18)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIブームは完全終了? コロナ対策でDXは躍進 2020年のAI業界を振り返る
新型コロナで揺れた2020年。年明けこそ世の中は平穏でAIには注目も集まっていましたが、コロナ禍になってからはDXが表舞台に躍進し、AIは影を潜めるように。今年のAI業界をマスクド・アナライズさんが振り返ります。(2020/12/17)

オタクが『ご注文はうさぎですか?』の魅力は「かわいいだけ」じゃないことについて語りました
ごちうさ最高。(2020/12/12)

犬がタッチペンを誤飲→長年かけて石のような姿に! 『ブラック・ジャック』で読んだ生命の神秘に獣医師も大興奮
ときには真珠のように……。(2020/12/3)

漫画「ナニワ金融道」シリーズが全巻無料! 11月30日まで「スキマ」で公開中
金が金を生む金融業界の恐い話。(2020/11/3)

作者は現役僧侶! お坊さんとヤンキーの長編漫画が笑えて泣ける 「最高のコンビ」「もっと読みたい」
背中の「天上天下唯我独尊」の意味は――。(2020/10/27)

CCCフロンティア、UNiCASEでiPhone 12/mini対応のケースと保護フィルムの予約販売開始
UNiCASEオンラインストアでiPhone 12、iPhone 12 mini向けのケースや保護フィルムなど各種アクセサリーの予約販売を開始した。「ZERO HALLIBURTON」とコラボレーションした手帳型iPhoneケースやCOACHのシグネチャーパターン生地の手帳型ケースなどがある。(2020/10/14)

「CAPCOM VS. 手塚治虫CHARACTERS」展、手塚治虫記念館で10月開催 ロックマン&アトムなど夢の競演
イメージビジュアルがマブカプ風でワクワク!(2020/9/16)

思い出も時間とともにやがて消える。雨の中の涙のように:
「ブレードランナー」の世界を、2020年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2020年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第6回は「ブレードランナー」だ。(2020/9/14)

日本初のラーメンブーム火付け役、浅草「來々軒」が新横浜ラーメン博物館に今秋復活
明治43年創業、昭和51年閉店のラーメン史に残る名店が末裔たちの協力により再現される。(2020/8/12)

日常の不可解さをよく噛んで味わう“新しい女子校漫画” 和山やま『女の園の星』が謎だけど面白い理由
【1話試し読みつき】好きな人は絶対好きな、女子校日常コメディです。(2020/8/15)

畑健二郎×若木民喜:
「本当は孤独ってめちゃくちゃ楽しい」 『ハヤテ』『神のみ』作者がそれでも「結婚漫画」を描く理由(後編)
畑健二郎×若木民喜のスペシャル対談、後編です。(2020/8/10)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本アニメは本当に「ガラパゴス」なのか――待ち受ける真の危機に迫る
日本アニメの「ガラパゴス化」が最近問題視されている。しかし筆者は本当の課題はそこに無いと指摘。世界的人気な日本アニメの本当の危機とは。(2020/8/3)

デジタルツールだけじゃない:
コロナ禍こそのアナログ回帰!? 「デジタルネイティブ世代獲得」に挑む画材・コピック製造会社の「希少性」戦略
コピックは1987年にトゥーマーカープロダクツが開発し、現在358色にも及ぶ色数が展開されている画材だ。同社開催の「コピックアワード」は2019年はコシノジュンコ氏や20年は漫画家の小畑健氏などが審査員を務めている。アワード開催の意図やデジタルとの融合戦略などを聞いた。(2020/6/25)

おしえて、キラキラお兄さん:
エンジニアに学歴は必要ですか?
僕は「自由」なわけじゃない、「自分勝手」なだけだ――HAL9000に憧れてIBMに入社し、同社初の“ドクター未満”で研究所所員となった米持幸寿さんは、自身のキャリアを振り返って、こう評す。人に恵まれ、運に恵まれ、何より努力を重ね、やりたいことを実現してきた米持さんの挫折と、過去の自分への恨みを晴らした出来事とは。(2020/5/18)

少女漫画は呪いであり祝福だった 『日出処の天子』から『さよならミニスカート』まで、95年生まれの漫画家が見てきた「少女漫画の広大さ」
人生の中に少女漫画があった。(2020/5/1)

『火の鳥』を何編から読むべきか? 悩ましい問題を議論する漫画に読者からのお勧め続々
『火の鳥』読み返したくなった。(2020/5/1)

死んだあと、自分がデータで「復活」させられてもOK? 生前に意思を表明できるサイト「D.E.A.D.」登場
「AI美空ひばり」のような前例を指して「死後デジタル労働」と呼び、死後の個人データ保護や肖像権に関する議論や理解を深めようという試み。(2020/3/19)

【展示会レポート】ユニクロUT春の新作は、ミッキーからガンプラまで幅広い年代が楽しめるポップなアイテム 新デザインを一挙に紹介します!
展示会レポート第2弾です!(2020/3/5)

AIで作った漫画に“手塚治虫らしさ”は宿るのか? 前代未聞のプロジェクト、ピンチ救った「転移学習」
手塚治虫さんの新作漫画をAIを使って制作するプロジェクトが始動。新作漫画「ぱいどん」はどのように生まれたのか。(2020/2/27)

矢部太郎『大家さんと僕』がアニメ化決定! 矢野顕子が手掛ける主題歌に「聴いた瞬間に魔法がかかりました」
楽しみ……!(2020/2/21)

遠のいた客足をいかにして戻したか:
「おとなのジャンプ酒場」が“キン肉マン一色”に!? V字回復を成し遂げた“特化型戦略”の狙い
集英社が、2017年から居酒屋ビジネスを手掛けている。19年7月からは『週刊少年ジャンプ』とコラボした「おとなのジャンプ酒場」を同所にオープン。今回は1月7日から2月29日までで開かれている『キン肉マン酒場』に潜入。原作者のゆでたまごの1人、嶋田隆司さんに狙いをインタビューした。(2020/2/18)

なぜ「VR動画」と「360動画」を分けるべきなのか
ホログラムの誤用と同じように、VRも正しくない定義が使われている。なぜそれがいけないのか、西田宗千佳さんが考えた。(2020/2/17)

“手塚治虫らしさ”をAIが学習、新作漫画「ぱいどん」誕生 「モーニング」に掲載
手塚治虫さんの作品を学習したAIを使って制作した漫画「ぱいどん」が、2月27日発売の「モーニング」に掲載される。(2020/2/7)

手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定
どんな話になるのでしょうか。(2020/2/7)

70歳就業法案が持つ2つの課題
管理職だった人は定年後に会社で何をすれば……。(2020/2/6)

ジャッキー・チェン新作「ナイト・オブ・シャドー 魔法拳」公開記念インタビュー ジャッキーにとって“マスター(師匠)”を演じるということ
ジャッキーに聞いてみました。(2020/1/14)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
アトムにナウシカ……マンガ・アニメ原画が海外で1枚3500万円の落札も――文化資料の流出どう防ぐ
海外で日本マンガ・アニメ原画が高額取引されるように。オークションで手塚治虫が1枚3500万円で落札の例も。日本文化の貴重な資料流出、どう防ぐか?(2019/12/5)

「リボンの騎士」や「CCさくら」 『なかよし』1月号の付録“レジェンドポストカード”があらゆる世代に胸熱なセレクト
これは手に入れたい。(2019/11/30)

漫画家の吾妻ひでおさんが死去、享年69歳 「失踪日記」「ななこSOS」など手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2019/10/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「違った会社に変わっていきたい」名実ともに東芝から独立したキオクシア
「東芝ブランド」からの別離、を強調していました。(2019/10/7)

「リボンの騎士」から「CCさくら」まで250点もの原画で乙女な時間 「創刊65周年記念『なかよし』展」レポート
少女漫画ファンが内覧会に足を運んできました。(2019/10/4)

AIが手塚治虫の新作漫画を描く 2020年2月に披露
AIによって漫画家の故・手塚治虫さんの新作漫画を描くプロジェクトが発足。キオクシア(旧東芝メモリ)のフラッシュメモリやAI技術を駆使する。(2019/10/1)

「手塚治虫AI」爆誕! 漫画の神様が「TEZUKA2020」として現代に蘇る
AIが執筆した漫画は2020年公開予定。(2019/10/1)

ブランドカラーも一新:
東芝メモリ、新社名「キオクシア」のロゴ発表
 東芝メモリは、2019年10月1日付で社名を「キオクシア」に変更するのを前に、9月30日、東京都内で報道関係者向けの説明会を実施。新たなロゴやコーポレートカラーなどを発表した。(2019/9/30)

UNiCASE、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けケース・保護フィルムの予約販売を開始
UNiCASEは、9月11日に同社オンラインストアでiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けケース・保護フィルムの予約販売を開始した。ハードケースや手帳型ケース、ブランドコラボケース、ガラス液晶保護フィルムなどを取りそろえている。(2019/9/11)

みんなちがって、みんないい! 錦織圭、『バキ道』『弱ペダ』『浦鉄』などの“キャラ化” 作家が書き下ろし
『バキ道』『ブラック・ジャック』『弱虫ペダル』『ハリガネサービスACE』『あっぱれ!浦安鉄筋家族』とコラボ。(2019/8/27)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第1回 浅田弘幸:
漫画を描いていない時も漫画家は漫画家
『I’ll〜アイル〜』『テガミバチ』などの浅田弘幸さんにインタビュー。(2019/7/29)

お笑い芸人・矢部太郎さんのベストセラー『大家さんと僕』の続編『大家さんと僕 これから』、7月25日に発売
やさしい涙に包まれる続編、遂に発売。(2019/7/30)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【前編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏が21世紀のマンガの在り方を余すところなく語った前編――。(2019/7/19)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。