ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手塚治虫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手塚治虫」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
ピノコを演じるのは永尾柚乃ちゃん。(2024/5/22)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
山手線の「発車メロディー」で、“企業の存在”を感じられる駅がある理由
JR山手線では、特徴的な発車メロディーを使用している駅がある。なぜそのような楽曲を採用しているのだろうか。(2024/3/26)

Apple、手塚治虫原作の「ミッドナイト」実写化ショートフィルムを公開 全編を「iPhone 15 Pro」で撮影
Appleはが映画「ミッドナイト」のショートフィルムを公開した。この映画は手塚治虫原作のマンガの実写化作品で、同社のキャンペーン「iPhoneで撮影 − Shot on iPhone 」の一環として全編がiPhone 15 Proを使って撮影されている。(2024/3/6)

楽天の「Rチャンネル」で手塚治虫アニメを無料配信 鉄腕アトムやブラック・ジャックなど
楽天グループの運営するリニア型動画配信サービス「Rチャンネル」は、専門チャンネル「手塚プロダクションTV」を配信開始。「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」などを無料配信する。(2024/2/28)

「コミティア」の出張編集部でマンガの持ち込みしたら「マジでいいと思った」話
出張編集部に持ち込みをしてみたらなかなかいい経験になったのでそのことについてツラツラと書いてみようと思います。(2024/2/2)

森岡毅氏の熱意と狙い:
USJ時代の構想から10年超 沖縄・新テーマパーク「ジャングリア」の舞台裏
森岡毅氏率いるマーケティング会社「刀」が、沖縄本島北部で建設中のテーマパークの名称を発表した。名称は「ジャングリア」。(2023/11/28)

生成AIとヒトが制作した「ブラック・ジャック」掲載の週刊少年チャンピオン発売 制作過程も紹介
秋田書店は22日、生成AIを活用して制作した漫画「ブラック・ジャック」の新作を掲載した「週刊少年チャンピオン」52号を発売した。(2023/11/22)

【全巻無料配信】『ブラック・ジャック』&関連作品が11月23日まで ネット上では『ブラック・ジャック創作秘話』全5巻をすすめる声も
やったー!(2023/11/22)

漫画「ブラック・ジャック」が全話無料公開中 23日まで 連載開始50周年記念で
手塚プロダクションは11月22日、漫画「ブラック・ジャック」(少年チャンピオン・コミックス版)などの全巻無料公開を始めた。期限は23日まで。(2023/11/22)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集者が『Dr.スランプ』のヒットを確信した理由
鳥山明さんの才能を発掘した伝説の編集者・鳥嶋和彦さんが、コミケ初代代表の霜月たかなかさん、コミケの共同代表の一人で、漫画出版社の少年画報社取締役の筆谷芳行さんの3人がトークイベントに登壇した。(2023/11/22)

「呪術廻戦」パルクールをする虎杖、伏黒ら5人の描き下ろしグッズ、アニメイトで発売 購入特典のトレーディングカードも
11月18日から12月10日までフェア実施。(2023/11/13)

大川ぶくぶ×P丸様。による“マウントをとられまくるWeb動画”、森永乳業が公開 ポップなメロディーに合わせて迫真の白目
妙にクセになる音楽。(2023/11/13)

オタク知識が試される「DLsite検定統一模試」、ゲキムズにもほどがある 「ASMRの正式名称を答えよ」すら生ぬるい難易度
100点取れたら奇跡に近い。(2023/11/10)

ドムドムバーガー、新キャラ「ピンクリボン軍曹」にツッコミの声続出 「名前がトガリすぎている」「コラ画像かと思ったら公式」
どうしてこうなった。(2023/11/10)

手塚治虫が「二次元キャラのマンガ出演料」を考えていた理由とは? “裏設定”の資料を公式チャンネルがYouTube上で公開
自分が描いている以上、ギャラは発生しないはずなのですが……。(2023/11/6)

タイムアウト東京のオススメ:
連載開始50周年「手塚治虫 ブラック・ジャック展」が開幕
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/10/17)

Netflixアニメ「PLUTO」の予告編が公開 ロボットたちの感情がグラグラ揺さぶられる
配信前の10月20日には世界最速となるジャパンプレミアが開催予定。(2023/10/3)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
未来を考える“SF思考” 初心者こそやってほしいワケ 「意思決定者を度外視」がポイントに?
20年先、50年先、100年先――本気で「未来」を考える企業が増えています。注目が集まるのが、「SF」の力を借りてビジネスの将来像を考える手法「SFプロトタイピング」です。その取り組み方を取材しました。(2023/10/3)

YOASOBI新曲「勇者」がアニメ「葬送のフリーレン」OPテーマに!
「どれだけ楽曲に詰められるかこだわって楽曲制作しました」(2023/9/1)

「ゴールデンカムイ」実写キャスト&ビジュ解禁に大反響 「鶴見中尉……本物過ぎる」「土方歳三が100点」「フチ、本人だろ」
気になる“筋肉量”については……?(2023/8/30)

ダイソーの『ブラック・ジャック』コラボグッズが人気 イラストを深読みすると…… ダイソーに意図を聞いた
ピノコが飲んでいる薬は、実は原作だと……。なぜ薬袋のデザインにこのコマを採用したのか、ダイソーに聞きました。(2023/8/29)

「ルパン三世」最新作は実写映画「次元大介」 主演・玉山鉄二で10月にアマプラ配信「また次元を演じられる!」
「面白くなってきやがった」(2023/7/27)

アニメ版『火の鳥』望郷編、異なるエンディングの2作品で配信/劇場公開へ 声優に宮沢りえ、窪塚洋介ら
ロミが救われますように……。(2023/7/14)

石ノ森萬画館で「超時空要塞マクロス展」開催 本当に変形する“マクロスロボ”展示 「愛・おぼえていますか」の野外上映も
見どころゼントラ盛り!(2023/6/30)

「ブラック・ジャック」の新作、今秋公開 GPT-4活用 「ぱいどん」から3年
手塚プロダクションが“AI手塚治虫”を活用して漫画「ブラック・ジャック」の新作を制作する。今秋発行の「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に掲載される予定。(2023/6/12)

『ブラック・ジャック』の新作が読めるだと……? AIの協力で手塚治虫作品を生み出すプロジェクト、今秋に新作公開
それを聞きたかった。(2023/6/12)

「ふぉ〜ゆ〜」全員がレオ役で出演 リーディング音楽劇「ジャングル大帝」が6月上演 「交代でってこと?」とファンざわざわ
レオ役に加え、ブブ役やライヤ役なども担当。(2023/4/17)

2023年秋放送の「葬送のフリーレン」、キャスト陣が全力投球すぎて反響 種崎敦美×「ぼざろ」監督の起用へ“もう既に最高確定”
「この声ピッタリかも」と思いました。(2023/3/8)

松本零士さんの死、漫画家から悼む声相次ぐ 「無茶苦茶影響受けました」「大大大好きな偉大な漫画家先生でした」
多くの漫画家がコメント。(2023/2/20)

浦沢直樹×手塚治虫の「PLUTO」アニメ化 Netflixで年内に独占配信
Netflixは15日、浦沢直樹さんの漫画「PLUTO」をアニメ化し、年内に独占配信すると発表した。(2023/2/15)

アニメ「PLUTO」2023年にNetflixで独占配信 手塚治虫原作、浦沢直樹作画の傑作がついに映像化
2017年にもアニメ化の話題が報じられた『PLUTO』。(2023/2/15)

福田昭のデバイス通信(383) 2022年度版実装技術ロードマップ(7):
国産初の手術支援ロボット「hinotori」が医療の進化を促す
今回は、「手術支援ロボット」(2.3.2.1)から「(2)手術支援ロボットの動向」部分の概要を取り上げる。国産初の手術支援ロボット「hinotori」について説明する。(2023/1/19)

スピン経済の歩き方:
ボンカレーが急に“世界一”をうたい始めた、たった1つの理由
大塚食品の「ボンカレー」がギネス世界記録に認定された。レトルトカレーブランドとして「世界最長寿」であることが認定されたわけだが、なぜこのタイミングで“世界一”をうたい始めたのか。背景にあるのは……。(2023/1/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ヨドバシ進出でこれまでの苦労が水の泡!? 豊島区長の反対表明、その切実な背景とは
西武池袋本店にヨドバシが出店する計画が進んでおり、豊島区長が反対を表明したことが波紋を呼んでいる。豊島区が取り組んできたことを振り返り、発言の背景を考察すると……。(2022/12/28)

ストーリーテリングを底上げ:
ディズニーは日本のアニメ産業をどう変えるのか 講談社と戦略的協業を拡大した狙い
世界有数のエンターテインメント企業、ウォルト・ディズニー・カンパニーが、日本を含むアジア太平洋地域(APAC)の市場を拡大しようとしている。ディズニーは日本のアニメ産業をどう変えるのか。講談社と戦略的協業を拡大した狙いは?(2022/12/24)

嫉妬には<光の嫉妬>と<闇の嫉妬>がある! 嫉妬をエネルギーに変え、自分を高めるための嫉妬とは?
嫉妬することは悪いことばかりではないですね。(2022/11/28)

『ナニワ金融道』高杉真宙主演で実写映画化 昭和・平成の名作を取り上げる「令和アウトローレーベル」第1弾
全3話を3週連続で劇場公開。(2022/10/7)

アニメ界の“最終防波堤” 「作画崩壊」でトレンド入りした演出家に直撃インタビュー 「作画監督が10人とかいるアニメは無駄の極み」
“落ちそう”なアニメの裏側。(2022/10/2)

“むふー”が見られるな! 『葬送のフリーレン』、連載開始から2年でアニメ化に「空気感がどうなるのか楽しみ」
アウラ様のところまでアニメ化される……?(2022/9/13)

ソニーのゆるふわロボット「poiq」との日々:
ソニーの新ロボット「poiq」、たった5000円で永久に手元にいていいとか太っ腹すぎない?
poiqのデザインについて語る前に、ソニーの太っ腹について。(2022/7/27)

手塚治虫文化賞の『チ。-地球の運動について-』、マッドハウスでアニメ化! 作者の魚豊「夢にも思っていませんでした」
キャストなどは現時点で未定。(2022/6/27)

「死後ロボットとして復活したい?」「人間とロボットの違いとは」 日本科学未来館の特別展が「心をメッタ刺しにされる」と話題
同館に詳細を聞きました。(2022/6/17)

I'll be back:
「ターミネーター」のモト・ターミネーターを、2022年のテクノロジーで解説しよう(後編)
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2022年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」。「ターミネーター」後編は、3と4を中心に解説する。(2022/6/14)

ダダンダンダダン!:
「ターミネーター」のT-800を、2022年のテクノロジーで解説しよう(前編)
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2022年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第8回は「ターミネーター」だ。(2022/6/13)

禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作られたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
「有識者による活発な意見交換に期待」。(2022/5/27)

アニメ「犬王」は“怪物”と“音楽”を映画にした 湯浅政明×古川日出男 対談ロングインタビュー
「どろろ」のようなバディものになった理由がある(2022/5/27)

「UTアーカイブプロジェクト」:
ユニクロ「UT」20周年記念 『ブラック・ジャック』『ストリートファイター』など18種を再販売
ユニクロは、グラフィックTシャツブランド「UT」の20周年を記念して「UTアーカイブプロジェクト」を始動する。発売予定日は7月4日、価格は各1500円。(2022/5/24)

鳥に支配されたかのような京都の町! 鷺(サギ)ひしめく風景に「ヒッチコックの世界」「実は姿を変えられた人間?」と話題
想像をかきたてられる景色。(2022/5/25)

舞台「ゲゲゲの鬼太郎」、ビジュアル&追加キャストが豪華すぎ “寄せた姿”には「それっぽくてウケる」
アニメ版鬼太郎役の野沢雅子さんは目玉のおやじ役で参戦!(2022/5/19)

藤子不二雄Aさんが88歳で逝去 漫画家らから悲しみの声相次ぐ「信じられないです」
ご冥福をお祈りします。(2022/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。