ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医者」に関する情報が集まったページです。

根本的な問題:
民間病院が「コロナ受け入れ」動かないワケ
政府は新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の対象を11都府県に拡大した。日本医師会は「医療崩壊から医療壊滅になる」と危機感を示すが、コロナ患者を受け入れる民間病院は依然少ない。なぜ動かないのか。(2021/1/14)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第3回】
医師が語る「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」がオンライン診療に役立つ訳
コロナ禍のオンライン診療では、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスが問診の助けになる可能性がある。ヘルスケア用ウェアラブルデバイスを活用するマサチューセッツ総合病院の医師に、その可能性を聞く。(2020/12/10)

犬がタッチペンを誤飲→長年かけて石のような姿に! 『ブラック・ジャック』で読んだ生命の神秘に獣医師も大興奮
ときには真珠のように……。(2020/12/3)

秋田犬「大好きな獣医師さんに会える!」→「ちがう人だ……(しょんぼり)」 落ち込むデカモフわんこがかわいい
今度は会えるといいね。(2020/11/27)

スピン経済の歩き方:
「我慢の3連休」だったのに、なぜ人は「経済」を優先したのか
新型コロナの感染者が急増したことで、日本医師会が「我慢の3連休」を呼びかけたにもかかわらず、観光地や繁華街などでは多くの人が訪れていた。なぜ感染者が増えているのに、人は街中を歩くのか。その背景に……。(2020/11/24)

小1男子「もう絶対来ない!」→「一生通いたい」 歯医者嫌いの子どもが一瞬で「寝返る」漫画にほっこりしちゃう
手のひら返しがすごい。(2020/11/14)

「新型コロナウイルスのワクチンって大丈夫なの?」 Google最高保健責任者の医師が現実的な見通し示す
GoogleにはCHO(最高保健責任者)がいるのご存知でした?(2020/11/12)

教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【後編】
Googleスプレッドシートでは限界 病院が「PaaSでアプリ開発」を決めた理由
ドイツのハイデルベルク大学病院は新型コロナウイルス感染症拡大を機に、SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」を導入して病床の空き情報を管理するアプリケーションを開発した。同院の医師にそのいきさつを聞いた。(2020/11/10)

【料理で事故った体験談】自家製ローストビーフで喉を詰まらせたら、病院で約1時間苦しむことになった“意外な理由”
医師「何にも詰まってなさそうなんだけど……」。(2020/11/17)

医療機器ニュース:
深層学習技術を用いたX線画像診断補助ツールを肺がん検診に導入
Preferred Networks、京都府、京都府医師会、NOBORIは、京都府で実施される肺がん検診で、深層学習技術を用いた胸部X線画像の診断補助ツールを試験導入し、医師の診断負荷および見落としリスクの低減効果について評価する。(2020/10/29)

リモートワークで副業:
ヤフー「副業人材」104人の活用開始 10歳から80歳まで
ヤフーは10月28日、副業として働く人材104人との業務を開始したと発表した。同社は7月から副業人材の募集を行っており、4500人以上の応募があったという。年齢は最年少が10歳、最年長が80歳。職業は会社員の他、医師、芸人、漫画家、主婦など幅広い層の人材を選んだ。(2020/10/28)

オンライン診療恒久化、政府と日医が激しい攻防 制度設計難航も
政府は、新型コロナの感染拡大を受け特例措置として認めている初診からのオンライン診療をめぐり、恒久化に向けて制度設計を本格化させる。だが、日本医師会は安全性などを理由に慎重な立場で、政府と日医による攻防は激しさを増している。(2020/10/13)

トランプ大統領、退院に際し「コロナを恐れるな」とツイート
新型コロナに感染し、入院していたドナルド・トランプ米大統領がホワイトハウスに復帰した。担当医師は完全に治癒したわけではないとしているが、トランプ氏は「コロナを恐れるな。トランプ政権下で素晴らしい治療が開発された」とツイートした。(2020/10/6)

医師が勧める「ネガティブな考え方を止める方法」 マイナス思考な作者が楽になれた実体験漫画に反響
認知の歪みと向き合おう。(2020/9/14)

「突然視界が白黒になりチカチカと点滅」 暑さ対策していた医師でも熱中症になった体験漫画に冷や汗が垂れる
マスクの取り扱いにも注意が必要そうです。(2020/9/2)

医療機器ニュース:
国産の手術支援ロボットが製造販売承認を取得
メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム」が、国産として初めて製造販売承認を取得した。同システムは、執刀医や助手の医師の負担を減らし、スムーズで低侵襲な外科手術を支援する。(2020/8/27)

医師の“暴言”で物議 医療相談サービス「LINEヘルスケア」再発防止策を発表
医師に悩みを相談できる有料サービス「LINEヘルスケア」で、ユーザーが医師から「ガキンチョ」など言われたことを明かした問題。運営元が再発防止策を発表した。(2020/8/26)

医療機器ニュース:
難治性耳管開放症の治療機器を開発、82.1%の患者で有効性
東北大学は、難治性耳管開放症に対する治療機器「耳管ピン」を開発した。医師主導治験により有効性と安全性が認められ、製造販売承認を取得。今後、厚生労働省に医療保険適用申請を行い、販売を開始する。(2020/8/26)

猫の顔に謎のシミを発見→獣医師に診てもらうと…… まさかの診断にほっこりする漫画「心配しすぎた話」
あるあるですね。(2020/8/25)

【うっかりおうちで死にかけた】「砂肝を猫にドロボウされて、窒息死しかけたことがあります」というお医者さんのお話
原因の軽さと結果の重さが全然かみ合わない感じがするのも、窒息事故の怖さ?(2020/9/10)

小木博明、ステージ1の腎細胞がんを公表 担当医師「今年(検査)受けなかったら死んでたかも」
小木さんの完治を願っています。(2020/8/14)

遠隔地から心音を聞く「デジタル聴診器」、オンキヨーが開発へ 対面せずにコロナ患者など診察
オンキヨーが、医師が遠隔地から患者の心音などを聞ける「デジタル聴診器」の開発を始める。新型コロナウイルス感染症などの診察を効率化する効果を見込んでおり、2021年春の事業化を目指す。(2020/8/3)

LINEヘルスケア、登録医師の不適切発言について謝罪 相談者に「ガキンチョ」「世間知らず」
LINEヘルスケアで医師に悩みを相談したら暴言を吐かれたとするツイートが話題になっている。LINEヘルスケアは内容を事実と認め謝罪した。(2020/8/3)

LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
LINEヘルスケアが即日謝罪しました。(2020/8/3)

「やっとテレビ局に行ってもいいのだ!」 笠井アナ、医師からの“全ての仕事許可”に喜び
本当におめでとうございます!(2020/7/31)

チャットで医師に健康相談 市販薬・病院選びに対応 ソフトバンク傘下の医療ベンチャーが開始
ソフトバンク傘下のヘルスケアテクノロジーズが、オンライン健康相談サービス「HELPO」の提供をスタート。医療機関の検索や、市販薬が購入できる機能を搭載している。病院や薬選びで迷った際、すぐにアドバイスを受けられるという。(2020/7/29)

「なぜ生きなければ」ALSの女性、ブログにつづった苦しみ 医師の嘱託殺人容疑事件
 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者に薬物を投与し殺害したとして、2人の医師が嘱託殺人容疑で逮捕された事件。事件で亡くなった女性は開設したブログに「なぜこんなにしんどい思いをしてまで生きていないといけないのか、私には分からない」などとつづり、ALS患者として生きることの苦しさを1年以上にわたってつづっていた。(2020/7/28)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

ドコモ、商用5Gによる遠隔手術支援の実験へ 4K手術映像を離れた場所にいる医師に伝送
NTTドコモが、5Gを活用して医者が遠隔地から手術の支援を行う仕組みの実証実験を行うと発表した。商用5G回線を通じて治療室から遠隔地にいる専門医に手術の4K映像をリアルタイムに伝送する。(2020/7/21)

医療機器ニュース:
医療用針穿刺ロボットの医師主導治験を開始
岡山大学は、がんの診断および治療に用いる医療用針穿刺ロボットの医師主導治験を開始した。治験結果が良好であれば、CT撮影時の放射線被ばくを防いで、医師や患者の負担を低減する医療用針穿刺ロボットの製品化が期待される。(2020/7/14)

医師、看護師の6割超「現状の電子カルテシステムに課題感」 医療システムへのニーズ調査
医薬品情報データベースの開発・研究および販売を手掛けるデータインデックスは、国内の医師および看護師1654人を対象に「医療システムへのニーズ調査」を実施した。その結果、現状の電子カルテシステムに対するさまざまな課題が判明した。(2020/7/10)

1歳半検診でお医者さんに言われた一言が泣ける 息子の偏食に悩む母の漫画に共感の嵐
好きなものしか食べてくれない子どもにやきもき……。(2020/7/10)

「猫のドライフードを冷蔵庫に入れるのは絶対にやめて」 保管方法を熱く語る獣医師を描いた漫画が参考になる
夏場は特に要注意。(2020/6/25)

「note」急成長 MAU、3カ月で3割拡大 コロナ禍で医師などの発信に注目
コンテンツ配信サービス「note」の5月の月間アクティブユーザー(MAU)が6300万を突破し、この3カ月で3割増えた。(2020/6/23)

医療機器ニュース:
AIによる医師支援プラットフォームの社会実装に向けたプロジェクトが開始
日本医師会、日本ユニシス、日立製作所、日本アイ・ビー・エムは、SIP第2期で採択された「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の構築および2022年の社会実装に向けたプロジェクトを開始した。(2020/6/22)

素直すぎるネコに獣医師も思わず…… おやつに釣られる注射いやいやネコを描いた漫画にほっこりする
真っすぐに育ちました。(2020/6/20)

共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す
共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。(2020/6/3)

スピン経済の歩き方:
多くの人に「感謝」されているのに、なぜ医者の給与は下がるのか
新型コロナの感染拡大を受けて、日本の医療界が大変なことになっている。患者があふれて「医療崩壊に陥った」といった話ではなくて、患者が増えたにもかかわらず、医療従事者の給与がカットされるかもしれないというのだ。どういうことかというと……。(2020/6/2)

PR:医師・薬剤師の質問に24時間対応 各種規制にも準拠 中外製薬の製品問い合わせチャットボット「MI chat」誕生秘話
(2020/5/22)

ピルについての正しい知識、どれくらいありますか? 医師監修のファクトブックが無料公開
避妊や中絶の知識も。(2020/5/21)

車両デザイン:
豊田合成がPCR検査車両、隔壁越しに検体採取、必要に応じて移動も
豊田合成は2020年5月7日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査を行う車両を東京都医師会に提供したと発表した。(2020/5/11)

テレビ朝日「グッド!モーニング」が出演医師のコメントを真逆の意味に編集 「12日の放送であらためてお考えを紹介します」
医師「PCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではない」→全カットされ真逆の意味に。(2020/5/8)

『動物のお医者さん』『ここはグリーン・ウッド』がアプリで全話無料公開 ゴールデンウィークの予定が完全に決定した
沼に落とすラインアップやんけ……。(2020/4/30)

3Dプリンタニュース:
ジヤトコ、試作や研究開発用の3Dプリンタでフェイスシールドを製作
ジヤトコは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策支援として、医療用フェイスシールドを製作し、静岡県富士市の医師会へ提供することを発表した。(2020/4/27)

Boston Dynamics、新型コロナのトリアージでのロボット「SPOT」採用事例を紹介
ロボットメーカーのDoston Dynamicsの四足歩行ロボット「Spot」が、新型コロナと闘う医療現場をサポートしている。トリアージの列に並ぶ患者と医師のビデオチャットをサポートしており、今後は体温測定などにも利用する計画だ。(2020/4/24)

医療機器ニュース:
3Dプリント人工呼吸器の製図データを無償提供するプロジェクトが始動
国立病院機構新潟病院と広島大学の医師を中心とする「COVIDVENTILATOR PROJECT」が始動した。3Dプリンタで容易に作製可能な人工呼吸器の製図データを、全世界に無償提供することを目指す。(2020/4/21)

放射線医学におけるAI技術の進歩【後編】
AIの乳がん診断精度は“医師超え”へ それでも研究者が実用化に慎重な理由
AI技術を活用し、医師よりも高精度の乳がん診断の実現を目指すシステムの研究開発が盛んだ。ただし研究者は、こうしたシステムの市場投入には慎重を要するという見解を持つ。それはなぜなのか。(2020/4/21)

東京都医師会が考案 クリアファイルを使った簡易マスクの作り方が公開中
あくまで応急用ですが、フィルターの交換で複数回使えます。(2020/4/20)

医師名かたる新型コロナチェーンメールに注意 日本赤十字社医療センター「当センターで発信したものではない」
拡散ボタンを押す前に情報発信元を確認するなど冷静な対応が求められます。(2020/4/11)

医療従事者への風評被害に、日本医師会がメッセージ動画を作成
不確かな情報は医療の現場に悪影響(2020/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。