ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医者」に関する情報が集まったページです。

今夜最終回「ラジエーションハウス」未回収の伏線はどうなる? 唯織(窪田正孝)はついに医師をカミングアウトするか
「ずっと一緒に働けますように」の願いはかなうのか?(2019/6/17)

「ラジエーションハウス」9話 医師・辻村(鈴木伸之)の“過去とプライド”を解き明かす 杏(本田翼)の頭痛問題は最終話に持ち越しか?
鈴木伸之と窪田正孝の恋愛バトルにハラハラ。(2019/6/10)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

急展開「ラジエーションハウス」残り3話はオリジナル展開へ 「医師か技師か問題」「四角関係」はどうなる?
ドラマが原作に追いついてしまった、オリジナル展開に期待。(2019/6/3)

医療機器ニュース:
オンラインで患者と医師をつなぐ、高血圧治療の支援に特化したサービス
オムロン ヘルスケアら3社は、高血圧治療におけるオンライン診療支援サービスの共同事業検証に関する基本合意書を締結。テレメディーズは、高血圧オンライン診療支援パッケージ「テレメディーズBP」を提供する。(2019/5/31)

浜野謙太好演の「ラジエーションハウス」7話 技師・窪田正孝の活躍のせいで、医師・本田翼は自信喪失「技師ができることが私にはできないのか……」
「見た目に惑わされるな」というテーマを体現した浜野謙太。(2019/5/27)

「ラジエーションハウス」本田翼と窪田正孝がハイタッチの6話 視聴率は最高更新、平成の残り香のような「HERO」感が惜しい
医師と技師の対立を超え、チームに変化していく予感を見せたハイタッチ。(2019/5/20)

Nosuke、“MRI=刺青部分を火傷する”ウワサに覚悟しつつ検査へ 「彫り師の方に確認するのも方法」
不安な方は必ず医師と彫師に相談してください。(2019/4/28)

オンライン診療で医師不足を補完 「取締役の7割が医師」の企業の現状と展望
医師不足の一方、医療ニーズが多様化する医療業界。こうした現状を打破する手段の一つとして注目されているのが、医師がスマートフォンなどを使って診療を行う「オンライン診療」だ。(2019/4/18)

ニーズは?:
オンライン診療で医師不足を補完 「取締役の7割が医師」の企業の現状と展望
医師不足の一方、医療ニーズが多様化する医療業界。こうした現状を打破する手段の一つとして注目されているのが、医師がスマートフォンなどを使って診療を行う「オンライン診療」だ。2018年度から保険点数がつき、普及が期待されている。そんな中、オンライン診療システム「ポケットドクター」を手掛けるMRT(東京都渋谷区)は取締役の7割が医師という異色の企業だ。「医者経営だからこそ、医者が使いやすいものが分かる」と語る小川智也副社長に現状と展望を聞いた。(2019/4/18)

名大病院、RPAロボで病院の定型業務を自動化 約9800時間の効率化へ――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入
名古屋大学医学部附属病院は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入し、院内の全事務部門で定型業務のRPA化を推進する。会議メールの自動送信や医師の勤務時間集計などの定型業務を自動化することで、職員がより付加価値の高い業務にシフトできる体制を整える。(2019/4/17)

「ラジエーションハウス」初回のつまずきを検証「平成最後の月9」よ、演出もテンポも古くないか? そして本田翼! ファンでもつらいぞ
本田翼と医師の掛け合わせが微妙……2話に期待している!(2019/4/15)

医療機器ニュース:
AIとロボットを用いた医療説明支援の共同研究
エクスウェアと聖路加国際大学は、AIとヒト型ロボットを用いてインフォームド・コンセントを支援する共同研究を開始した。標準的な内容の説明をロボットに任せることで、医師は患者の状況に合わせた説明に集中できる。(2019/4/12)

医療技術ニュース:
アルツハイマー型認知症の超音波治療、医師主導治験を開始
東北大学は、低出力パルス波超音波がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性があることを見出し、2018年6月より医師主導治験を開始した。(2019/4/11)

同じ医師を養成する矛盾:
苦しい「私大医学部の経営」 国立優遇に疑問、医師養成は平等に
天皇陛下の心臓手術の執刀医は、順天堂大学病院の天野篤博士であられた。3浪して日大医学部に入って医師になられた人である。私も交流があり、よく博士と話をするが、仙人という印象をいつも受ける。私大出身者としては異例の執刀医といわれたが、最も高い技術力があり、豊富な経験が評価されたに違いない。この事実は、私大医学部出身者も有能で実力があると教えてくれた。(2019/4/1)

「母乳は赤ちゃんに最良の栄養です」 液体ミルク表示義務で物議の文言、罪悪感覚える母らに医師「傷つかないで」
「あなたは立派にやっていると、お母さんに伝えたい」。(2019/3/25)

実用例や課題を紹介
医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか
医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。(2019/3/22)

妊産婦がエコー画像をスマホで確認 母子健康手帳アプリ連携の「妊婦健診 結果参照サービス」――ドコモと富士通から
NTTドコモと富士通は、妊産婦が胎児のエコー画像や検診結果などを「母子健康手帳アプリ」で気軽に参照できる「妊婦健診 結果参照サービス」を開始。アプリを介して、医師のアドバイスを受けることもできる。(2019/3/14)

ワイドショーなどで話題:
インフルエンザ新薬を求める患者…… 「ブームで使わないで」
1回飲むだけで済むインフルエンザの治療薬が話題になっている。商品名を挙げて医師に処方を求める患者もいるようで、医療現場には懸念ととまどいが広がる。専門家からは「薬はブームで使うものではない」との声が上がっている。(佐藤好美)(2019/2/18)

ハイレベルなもてなし:
会員制ラウンジや超高級ツアー…… “エグゼなシニア”向けサービスが活況なワケ
高齢化の進行に伴って拡大するシニア市場で、豊かな資産のある“エグゼクティブ”なシニアが注目されている。現役で仕事を続けている企業の経営者や役員、医師、また弁護士や会計士などの士業が多い。多忙な毎日を送り、日常的にハイレベルなもてなしにも慣れている彼らが、今選んでいるのはどのようなサービスだろうか。(加藤聖子)(2019/2/14)

「この受験は宝になる」 ジャガー横田&木下医師の長男、難関中学の受験結果を生発表
大維志くんのふてぶてしさ好き。(2019/2/11)

「美術品のお医者さん」「奇跡!」 ボロボロになった美術品の時間を巻き戻す修復職人の動画に思わず見入る
復元するには多くの技が必要なようで、とても真似できそうにはありません。(2019/2/9)

「救急車は“映えスポット”ではありません」「搬送中の写真撮影はやめて」 医師の注意喚起ツイートが話題に
ネット上では「緊急時にそんな余裕があるのか」と驚きの声。(2019/2/9)

「結婚を前提に」 再スタートの有安杏果、一般男性との交際発表
これまで医師として有安さんの活動をサポートしていた人物。個人事務所の代表も務め公私にわたってパートナーに。(2019/2/6)

「ボタン電池の誤飲は要手術の危険な事態」医師がベーコンで実験し注意喚起 電池の放電が元で粘膜が溶ける
誤飲の6割は機器に入っている電池を子どもが取り出して飲んだケースとのこと。買い置きの電池だけでなく、リモコン等のフタにも注意を。(2018/12/28)

医療機器ニュース:
AIが腫瘍性ポリープの可能性を判断する大腸内視鏡診断支援ソフトウェア
サイバネットシステムは、AIが腫瘍の可能性をパーセンテージで医師に提示する大腸内視鏡診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN」を開発した。専門医に匹敵する精度で、腫瘍性ポリープの識別ができる。(2018/12/26)

あみだくじで勤務予定を決める所も:
半数以上の医師は年末年始も「勤務予定」 「手術室で年越し」などのエピソードも
医師向け転職求人サイト「Dr.なび」などを運営するエムステージはこのほど、医師の年末年始の勤務事情に関する調査結果を発表。平成最後となる今年の年末年始に勤務予定のある医師は51%いた。(2018/12/12)

「瓦斯」「型録」「剣橋」ってどう読むの? 意外と知らない当て字表現
「卑怯」「藪医者」のような“定着した当て字”も。(2018/12/11)

医療技術ニュース:
パーキンソン病治療の治験、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植で1症例目
京都大学医学部附属病院は、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験を行った。第1症例目の細胞移植で、約240万個のドパミン神経前駆細胞を脳の左側被殻に移植した。(2018/11/29)

「トマトが赤くなると医者が青くなる」→医者vsトマト農家のバトル漫画に発展 人知を超える超展開がとにかくすごい
1つの言い回しから生まれた発想が、果てしなく転がってカオスを招く奇跡。(2018/11/24)

体験したい技術は「リニア」:
50〜70代に聞く「生まれ変わったら就きたい職業」、2位は公務員 1位は……
55〜74歳の男女に「生まれ変わったら就きたい職業」を聞いたところ、2位は「公務員」(13.0%)、3位は「医師」(12.6%)だった。1位は……?(2018/11/21)

医療機器ニュース:
治療する医師と同じ視点で手術を体験できる医療研修VR
ジョリーグッドとジョンソン・エンド・ジョンソンは、治療する医師と同じ視点で手術を体験できるサービス「医療研修VR」を共同開発する。第1弾として、不整脈の一種である心房細動の手技をVR化した。(2018/11/19)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
医師の命は軽い? 過労自殺を生み続ける“加害者”の正体
「過労死」「過労自殺」は何度も問題になっているが、2018年版「過労死白書」では働く人たちの苦悩が続いている現状が浮き彫りになった。過労自殺は長時間労働だけが問題なのではない。教職員や医師・看護師の働き方の分析から、私たちが考えるべきこととは?(2018/11/9)

男性も“妊活”を TENGAヘルスケアが精子育成サプリを発売
約5人に1人の日本人男性に不妊リスクがあるとして、妊活をサポート。医師監修のもとに、総精子数・精液量の増大効果が実証された成分を配合しています。(2018/10/24)

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」が成功する確率は?
ドラマでよく見る展開。(2018/10/18)

ジンマー バイオメット、関節置換手術研究でAppleと提携 患者が装着したApple Watchアプリを活用
股関節や膝関節の置換手術を受ける患者の術前・術後の医療データをApple Watchアプリでモニタリングし、それを医師に送る仕組み。(2018/10/17)

睡眠に満足できない人多数:
寝る前の「お酒・牛乳・運動」でホントに熟睡できる? 医師に聞いた結果は……
睡眠の質に満足できない人が多いことがドコモ・ヘルスケアの調査で判明。よく眠るための工夫は「晩酌」「運動」などが挙がった。本当に効果的なのか、同社が内科医の見解を発表した。(2018/10/15)

建設技術者の有効求人倍率が医師らを抜き最も高い倍率に、人材不足の深刻化強まる
ヒューマンタッチ総研は国内の建設業の人材市場動向をまとめた9月分のマンスリーレポートをリリースした。「建築・土木・測量技術者」の有効求人倍率は、「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」を抜き、専門的・技術的職業の中で最も高い倍率となった。(2018/9/28)

医療機器ニュース:
米大学医学部とAI技術を活用した医療画像診断支援システムを共同開発
富士フイルムは、米インディアナ大学医学部と共同研究契約を締結した。医師の診断ワークフローを支援する、AI技術を活用した医療画像診断支援システムを共同開発する。(2018/9/11)

医師の54%が仕事をつらいと感じている
電子カルテで疲弊する医師の燃え尽き症候群をいかに減らすか、医療ITベンダーの挑戦
米国の医療業界では、医療の質に関する報告義務、過剰な仕事量、そして「EHR(電子カルテ)疲れ」が、医療従事者の「燃え尽き症候群」の原因になっている、と専門家は考えている。(2018/9/6)

患者の安全が第一
医療分野におけるAI技術活用、まずガバナンスを固めよう
AIは医療サービス提供者にとって恩恵になり得るが、米国医師会(AMA)のような団体は、患者の個人情報とプライバシーを保護するためのポリシーの策定を推奨している。(2018/9/4)

中国で進む小売業の進化:
歩いて、ポイントで医者に問診――ニューリテールで変わるオンラインとオフラインの垣根
「Amazon Go」をはじめとするニューリテールで、小売業界が変わろうとしている。特にニューリテールが進む中国を例に、IT×小売業界の新しい在り方を探る。(2018/8/27)

「猫を赤ちゃんのように抱っこしてもいい?」 獣医師が解説する「猫の抱き方」がわかりやすくてためになる
癒やされるうえに、ためになる動画。(2018/8/26)

医療機器ニュース:
放射線科の検査報告書をAIが読む、入院や手術、他科への診察依頼など助言
慶應義塾大学は、富士通と共同で診療支援のためのAI技術を開発した。医師の所見に機械学習を適用して、入院や手術、他科への依頼などの対応が必要な症例や治療の優先度を分類する技術だ。(2018/8/21)

薬剤師が“オンライン対面”で服薬指導――ブイキューブ、日本調剤の薬剤遠隔指導にWeb会議システムを提供
ブイキューブは、日本調剤が福岡市の国家戦略特別区域(特区)で実施する遠隔服薬指導の取り組みにクラウド型Web会議システム「V-CUBE ミーティング」を提供。薬剤師が患者とオンラインで“対面”しながら、医師の電子処方箋を基にした服薬指導を行う。(2018/8/17)

「ベンチにエアコンを置くべき」との声も:
猛暑下での「夏の甲子園」開催は是か非か 医師3000人に聞いた結果は……?
医師は、猛暑下で「夏の甲子園」を開催することの是非をどう捉えているのか?――メドピア調べ。(2018/8/8)

酷暑のなか「甲子園は例年通り開催すべきか」医師にアンケート 「条件付きで開催すべき」が6割
他にも「熱中症患者は増えていると感じますか?」については、6割が増加を実感していると答えました。(2018/8/7)

「医師の所見」AIで解析、入院・手術など助言 富士通と慶応大、学習済みモデル開発
富士通と慶応義塾大学医学部の研究グループは、診療支援のためのAI技術として、医師の所見などのテキストデータを解析し、入院や手術、他科への診療依頼などを助言できる学習済みモデルを開発した。(2018/7/31)

「熱中症で死亡するのは脳のタンパク質が変質するから」ツイート拡散 本当か医師に聞いた
熱中症予防策についても聞きました。(2018/7/26)

「この時期に熱中症で連れこまれた犬がばんばん死んでいく」 獣医師の家族が“猛暑のリスク”について注意喚起
 「犬は地面に近く強い輻射熱を浴びる」「散歩は早朝に」(2018/7/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。