ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医者」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

新型コロナウイルスの感染状況を可視化、米大学がマップ公開
米ジョンズ・ホプキンス大学が、新型コロナウイルスの感染状況をまとめたWebサイトを公開。WHOや中国の機関の他、医師のコミュニティーサイトからもデータを収集し、世界各国の症例数、死者数、回復者数を表示している。(2020/1/28)

医者「安心してください」→「風邪 治し方」でググり出す おちおち風邪も引けないOL漫画「耐え子の日常」ー怒涛のスルー編ー
「平気平気!」よ永遠(とわ)に……。(2020/1/14)

LINEで医師に健康相談「LINEヘルスケア」、iOSでもスタート
メッセージアプリ「LINE」を使って医師に健康相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)のiOS版がリリースされた。診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科に対応。相談は24時間365日受け付ける。(2020/1/8)

キンタロー。妊婦健診でショック 医師から健康状態にお墨付きも「体重がちょっと……」
今晩は七草がゆにするそうです。(2020/1/7)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った──Google論文
Googleのヘルスケア部門Google Healthは、9万人以上の匿名マンモグラムデータで学習させたAIモデルに画像データだけで乳がんのスクリーニングをさせたところ、人間の放射線科医よりも偽陽性・偽陰性率が低かったという研究結果を発表した。(2020/1/4)

ウェイなギャルが医者になっちゃった! 医療ミス(?)をやらかしながらもなぜかハッピーにオチる漫画『ギャル医者あやっぺ』
一番の武器はすっぴん。(2019/12/26)

動物病院に行く時にあると便利なワンちゃん「三種の神器」って?
獣医師さんに聞いた便利グッズトップ3をご紹介。(2019/12/22)

エコー画像から乳がん判別 東北大、ディープラーニング活用の新システム 医師の勘と経験に頼らず診断
東北大が、乳房のエコー画像から乳がんを判別する新システムを開発したと発表。複数の画像を分析して腫瘤(しゅりゅう)を発見し、良性・悪性を識別する。乳がん診断の精度を高め、医師の負担軽減と患者の適切な治療につなげる狙い。(2019/12/20)

がんの特徴をAIが自力で学習 医師より高精度に再発予測
AIが人間に教わることなくがんの特徴を学習し、がんの再発を予測する技術を理化学研究所などが開発した。予測精度は人間の医師より高かった。(2019/12/20)

LINEで医師に健康相談 「LINEヘルスケア」β版スタート 24時間365日対応
LINEで医師とつながり、健康に関する相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)が登場。当初はAndroid版のみ。(2019/12/19)

ネコちゃんが動物病院に行く時にあると便利なモノって何?
獣医師さんに聞いた便利グッズトップ3をご紹介。(2019/12/15)

5Gで脳外科手術を遠隔支援、ドコモと広島大が実験に成功
NTTドコモと広島大学が、5Gを使った遠隔手術支援の実験に成功したと発表した。病院内の治療室と遠隔地を5Gで接続し、バイタルデータなどを伝送。遠隔地にいる熟練医師が遠隔で手術を支援する。(2019/11/29)

モビリティサービス:
通院や往診が難しい地域に「医療MaaS」でオンライン診療、フィリップスとMONET
フィリップス・ジャパンは2019年11月26日、長野県伊那市において、同年12月から医療MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の実証事業を行うと発表した。看護師と各種医療機器を乗せた「ヘルスケアモビリティ」が患者宅を訪問し、医師が遠隔からオンラインで診療できるようにする。実証事業の期間は2021年3月末までで、フィリップス・ジャパンは伊那市やMONET Technologiesと協力して取り組む。(2019/11/27)

医療機器ニュース:
内視鏡外科手術の均質化、安全性、効率性に貢献するシステムの開発開始
オリンパスは、内視鏡外科手術に関する熟練医師の暗黙知をAI解析によってデータ化し、安全で均質な手術に必要な情報を適切に提供する「情報支援内視鏡外科手術システム」を開発する。(2019/11/8)

「医師の年収」中央値は1700万円も、個人間で大きな格差 業務量に見合った収入が得られない場合も
優秀なお医者さんが損をしない世界になってほしい。(2019/10/30)

「楽しく正しい性の知識を伝えたい」 医師夫婦ユニット「アクロストン」に聞く「男子のための生理教室」の大切さ
性をタブーにしないために。(2019/9/26)

医師「我慢するしかない」→我慢してたら盲腸が破裂寸前になった話 実録漫画が教えてくれる、「痛みを我慢しない」という教訓
痛みが続いていたら我慢しちゃダメ!(2019/9/17)

「モバイル医療アプリ」のメリットとセキュリティリスク【前編】
患者満足度9割超えも 医師と患者を近づける「モバイル医療アプリ」の実力
手術室から患者の家族に最新情報を送信できるなど、「モバイル医療アプリ」は医療機関にも患者にもメリットをもたらす。ただしセキュリティの懸念は残る。(2019/9/11)

蒙古斑はお尻以外にもできる 異所性蒙古斑を理解されず虐待を疑われた親の悩みが共感を呼ぶ
異所性蒙古斑とは? 医師に聞きました。(2019/9/5)

数ミリの腫瘍に針を刺せるロボットアーム がん治療への活用に期待
医療ロボットの開発を手掛けるROCK&LOTUSが、熟練医師でも難しいがん治療法を正確に実行できるロボット「IRIS」(アイリス)を発表。医師の治療スキルに依存しない医療行為ができ、がん治療の機会を増やせる。(2019/9/3)

医療機器ニュース:
循環器、腫瘍領域の技術開発と人材育成を目指す共同研究講座を設置
GEヘルスケア・ジャパンと神戸大学は、循環器および腫瘍学における新たな画像撮影技術や診断法の開発と、それらを担う医師、技術者の育成を目的とした共同研究講座「先進医用画像診断学部門」を設置した。(2019/8/26)

医師「我慢強いと死ぬ」 腹痛だけど3日間病院に行かず……大変な状態になった実話漫画が教訓になる
痛みを感じたらすぐ病院に行きましょう。(2019/8/19)

「東大農学博士と湘南美容外科の医師」が絶賛していると販売の脱毛クリーム→実際は監修受けておらず メーカーを取材し、効果試してみた
記事を作成したアフィリエイターとメーカー、厚生労働省を取材しました。(2019/8/21)

猫がソルトランプをなめて重体 獣医師が危険性を警告
ペットを飼っている人全員に教えてあげて。(2019/8/13)

中学生のなりたい職業、男子2位に「eスポーツプレイヤー」 ソニー生命の調査で
YouTuberへの憧れが依然高いのに対して、教師や医師にになりたい人は少なくなっているようです。(2019/8/10)

プレミアムコンテンツ:
医師や看護師の「燃え尽き症候群」を減らす、医療ITベンダーの挑戦
米国の医療業界では「電子カルテ疲れ」が医療従事者の燃え尽き症候群の原因になっていると考えられている。医療ITベンダーは、簡便で使いやすいUIの開発や仮想アシスタント技術の活用によって、この問題の解決を目指している。(2019/8/9)

フリーランス女医が本音で斬る:
東京医大・入試女子差別問題の陰にちらつく「ゆるふわ女医」とは
衝撃を与えた東京医大などの女子差別入試。しかし医師の世界では一筋縄ではいかない背景があった。フリーランスの女医が本音で斬る。(2019/7/24)

大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用
愛知県の大同病院は、医師業務や間接事務の効率化に向け、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入。年間8000時間の業務をRPAに置き換えられると試算する。将来的には、検査結果などを基に医師にアラートを提示するシステムの構築などにもRPAとAIの組み合わせを活用していく。(2019/7/16)

産業医500人に聞く:
働く人のメンタル不調の原因、1位は「職場の人間関係」 管理者ができることは?
医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」などを運営するメドピアが、「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施。産業医500人にメンタル不調の原因を聞いたところ、1位は「職場の人間関係」だった。(2019/7/10)

MR(複合現実)で服薬を啓発 アステラス製薬と日本マイクロソフトが開発
アステラス製薬とマイクロソフトは、医師と患者のコミュニケーション支援ソリューションを開発する。複合現実を活用し、服薬アドヒアランスの向上を図る。(2019/6/26)

RPAで医療現場の負荷軽減と医療の質を向上、慈恵大学の研究にRPAテクノロジーズがツールを提供
慈恵大学は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を、「医師・病院業務等の働き方改革に関する研究:RPAの有効性の検討」に利用した。RPAのロボットを構築して、医療現場の負荷軽減に成功した。(2019/6/21)

今夜最終回「ラジエーションハウス」未回収の伏線はどうなる? 唯織(窪田正孝)はついに医師をカミングアウトするか
「ずっと一緒に働けますように」の願いはかなうのか?(2019/6/17)

「ラジエーションハウス」9話 医師・辻村(鈴木伸之)の“過去とプライド”を解き明かす 杏(本田翼)の頭痛問題は最終話に持ち越しか?
鈴木伸之と窪田正孝の恋愛バトルにハラハラ。(2019/6/10)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

急展開「ラジエーションハウス」残り3話はオリジナル展開へ 「医師か技師か問題」「四角関係」はどうなる?
ドラマが原作に追いついてしまった、オリジナル展開に期待。(2019/6/3)

医療機器ニュース:
オンラインで患者と医師をつなぐ、高血圧治療の支援に特化したサービス
オムロン ヘルスケアら3社は、高血圧治療におけるオンライン診療支援サービスの共同事業検証に関する基本合意書を締結。テレメディーズは、高血圧オンライン診療支援パッケージ「テレメディーズBP」を提供する。(2019/5/31)

浜野謙太好演の「ラジエーションハウス」7話 技師・窪田正孝の活躍のせいで、医師・本田翼は自信喪失「技師ができることが私にはできないのか……」
「見た目に惑わされるな」というテーマを体現した浜野謙太。(2019/5/27)

「ラジエーションハウス」本田翼と窪田正孝がハイタッチの6話 視聴率は最高更新、平成の残り香のような「HERO」感が惜しい
医師と技師の対立を超え、チームに変化していく予感を見せたハイタッチ。(2019/5/20)

Nosuke、“MRI=刺青部分を火傷する”ウワサに覚悟しつつ検査へ 「彫り師の方に確認するのも方法」
不安な方は必ず医師と彫師に相談してください。(2019/4/28)

名大病院、RPAロボで病院の定型業務を自動化 約9800時間の効率化へ――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入
名古屋大学医学部附属病院は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入し、院内の全事務部門で定型業務のRPA化を推進する。会議メールの自動送信や医師の勤務時間集計などの定型業務を自動化することで、職員がより付加価値の高い業務にシフトできる体制を整える。(2019/4/17)

「ラジエーションハウス」初回のつまずきを検証「平成最後の月9」よ、演出もテンポも古くないか? そして本田翼! ファンでもつらいぞ
本田翼と医師の掛け合わせが微妙……2話に期待している!(2019/4/15)

医療機器ニュース:
AIとロボットを用いた医療説明支援の共同研究
エクスウェアと聖路加国際大学は、AIとヒト型ロボットを用いてインフォームド・コンセントを支援する共同研究を開始した。標準的な内容の説明をロボットに任せることで、医師は患者の状況に合わせた説明に集中できる。(2019/4/12)

医療技術ニュース:
アルツハイマー型認知症の超音波治療、医師主導治験を開始
東北大学は、低出力パルス波超音波がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性があることを見出し、2018年6月より医師主導治験を開始した。(2019/4/11)

「母乳は赤ちゃんに最良の栄養です」 液体ミルク表示義務で物議の文言、罪悪感覚える母らに医師「傷つかないで」
「あなたは立派にやっていると、お母さんに伝えたい」。(2019/3/25)

実用例や課題を紹介
医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか
医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。(2019/3/22)

妊産婦がエコー画像をスマホで確認 母子健康手帳アプリ連携の「妊婦健診 結果参照サービス」――ドコモと富士通から
NTTドコモと富士通は、妊産婦が胎児のエコー画像や検診結果などを「母子健康手帳アプリ」で気軽に参照できる「妊婦健診 結果参照サービス」を開始。アプリを介して、医師のアドバイスを受けることもできる。(2019/3/14)

「この受験は宝になる」 ジャガー横田&木下医師の長男、難関中学の受験結果を生発表
大維志くんのふてぶてしさ好き。(2019/2/11)

「美術品のお医者さん」「奇跡!」 ボロボロになった美術品の時間を巻き戻す修復職人の動画に思わず見入る
復元するには多くの技が必要なようで、とても真似できそうにはありません。(2019/2/9)

「救急車は“映えスポット”ではありません」「搬送中の写真撮影はやめて」 医師の注意喚起ツイートが話題に
ネット上では「緊急時にそんな余裕があるのか」と驚きの声。(2019/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。