ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Social Media Experience」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Social Media Experience」に関する情報が集まったページです。

顧客体験がリードするビジネス:
なぜ“マーケティング”だけでは足りないのか――「Adobe Experience Cloud」誕生の理由
「Adobe Summit 2017」で発表された新たな製品群「Adobe Experience Cloud」の目指すものとは何か。ITアナリストの冨永裕子氏が解説する。(2017/4/5)

Adobe Digital Marketing Symposium:
マーケティングという世界をゼロから見直す
アドビシステムズが主催する「Adobe Digital Marketing Symposium」が6月12日、六本木で開催された。マーケティング担当者を中心に、2500人以上が訪れた。(2014/6/17)

米ソリッドワークスのプライベートイベントより:
「設計を抜本的に変える」、クラウド利用で構想設計をもっと自由に
米ソリッドワークスは、プライベートイベント「SolidWorks World 2014」で、クラウドベースの構想設計ツールを発表した。設計者同士、あるいは設計者と顧客が、クラウド上で構想設計のモデルを共有でき、リアルタイムに変更したり新しいモデルを追加したりできる仕組みだ。(2014/1/28)

11カ国語への対応:
日本オラクル、「Oracle Social Relationship Management」のグローバル対応を強化
今回のグローバル対応強化により、日本語/ロシア語/韓国語/ドイツ語/イタリア語/フランス語/オランダ語の7カ国語をサポートし、グローバルでは11カ国語への対応を可能にした。(2014/1/21)

ソーシャル、モバイル、ビッグデータ:
新しい顧客価値の創造をもたらす3つの新技術――IBM Customer Experience Labの印チーム
米IBMは現地時間2013年9月12日、今年3月に開設したIBM Customer Experience Labの研究成果を同社プレスリリースにして発表した。この研究成果は、同研究所のインドのチームによって発表されたもの。(2013/9/18)

老舗文房具「伊東屋」事例:
ソーシャルメディアに強い組織を作る3つのポイント
組織内でソーシャルメディアを根付かせるためのコツは、「まずはトップから説得する」「協力を仰ぎフィードバックを返す」「コスト、労力をかけすぎない」ことである。(2013/2/21)

購買行動とソーシャルメディア:
ソーシャルコマースの購買心理への影響
企業のソーシャルメディア活用において、直接的に売り上げに貢献できる可能性の高い「ソーシャルコマース」。今回は購買行動を考える上で基礎となる6つの心理、「権威」「希少」「好き」「一貫性」などに基づき、ソーシャルコマースを考察します。(2013/1/22)

ピンチはチャンス:
ネガティブコメントに「真実」で返した動画:幸せなピリオドなんてない
ソーシャルメディアの運営担当者ならば炎上などのトラブルにどう応えるか、日ごろから想定しておくべきです。今回は難癖とも思える書き込みを利用することでPRに成功した事例を紹介します。(2012/12/13)

企業の「コンテンツ」作り:
初めてでもできる! 顧客の声を引き出すインタビュー術
「コンテンツマーケティング」において重要なのはコンテンツの質です。そして質の高いコンテンツにはストーリーがあります。今回は「ビジネスストーリー」を顧客からうまく引き出すためのインタビュー術をSocial Media Experienceの記事から紹介します。(2012/11/14)

ゲーミフィケーションはマーケティングを変えるか:
BadgevilleのCEO直撃インタビュー:ゲーミフィケーションは中小企業も取り入れられる
ゲーミフィケーション先進企業Badgeville CEOのKris Duggan氏へのインタビューを通じてゲーミフィケーションをビジネスやマーケティング取り入れる上でのポイントを紹介する。(2012/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。