ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトバンクアカデミア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソフトバンクアカデミア」に関する情報が集まったページです。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
大事なことだけシンプルに伝える技術
相手に動いてもらうために、どう自分のエネルギーを注入したらいいのだろうか?(2018/11/29)

「ARMは13年後のスマホを設計している」「後継者は10年かけて探す」――孫社長
ソフトバンクグループの孫正義社長が、21日の株主総会で未来に向けての展望を語った。テーマは人工知能、ARM、後継者について。「ソフトバンクの本業は携帯電話ではない」と言い切った。(2017/6/22)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
ロボットに興味がなかったPepperの開発者が新たにロボットを作る理由
ソフトバンクの感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper」の開発をけん引したことで知られる林要氏。子どものころ「ロボットに興味がなかった」と話す林氏だが、Pepperだけでなく、ベンチャーを起業して新たなロボットを開発しようとしている。林氏は、なぜまたロボット開発に取り組んでいるのだろうか。(2016/9/5)

「情報革命の分野で世界を変える」――34年目のソフトバンクで孫氏が吹く「新しい大ぼら」
6月20日に開催された株主総会で、ソフトバンクグループの孫正義代表は、これからの目標は「世界を変える」ことであると話した。文字通りの「世界」では米国に進出し、人型ロボットも発表。孫氏は、34年目を迎えるソフトバンクの野望を株主たちに熱く語った。(2014/6/20)

一生食える「強み」のつくり方:
会社に依存しない「グローバル×ポータブル」スキルから学び始める
自分時間を確保する量を決めたら、次はその使い方を決めることです。自分時間の使い方は、基本的には自分の軸が明確であるなら、それを外さない範囲で片っ端から興味のあることをやってみればよいのです。(2014/5/28)

ワークスタイル総研・伊藤です:
プレゼンマスターの極意――プレゼンはライブ、「情熱と自信」でぶちかませ!
グロービス経営大学院で教鞭をとり、ソフトバンクアカデミアでは、あの孫正義氏を相手にプレゼンしているプラスの伊藤羊一氏。プレゼンマスターとして知られる同氏が“人をとりこにするプレゼンの極意”を伝授する。(2014/2/6)

孫正義 奇跡のプレゼン:
そのプレゼンテーションに戦略はあるか?
プレゼンの達人と呼ばれ、奇跡とも呼べる企業提携を世界中で実現してきた孫正義氏。「戦略とは『略』すこと」と述べる氏によるプレゼンの具体例から考えてみる。(2014/1/30)

誰も書かなかった、広報女子部ログ:
“最強のプレゼンマスター”は資料にExcelをベタ貼りしない
“最強プレゼンマスター”を名乗る3人のビジネスパーソンが口をそろえるのは、「プレゼン資料にテンプレそのままのExcelグラフベタ貼りはNG」ということ。その理由は。(2013/12/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/21)

孫社長が「危機克服の極意」を語る ソフトバンクアカデミア特別講義
孫正義社長の後継者を育てる講座「ソフトバンクアカデミア」の特別講義をライブ配信する。孫社長が「危機克服の極意」を語る。配信は9月2日18時0分〜。(2011/9/1)

集え!孫正義の後継者! ソフトバンクアカデミア公開講義
ソフトバンクの孫正義社長が後継者の発掘・育成のために設立した「ソフトバンクアカデミア」の講義を公開。後継者にふさわしい人物とは一体!? 気になる講義の内容は――。28日19時から。(2010/9/27)

誠 Weekly Access Top10(2010年7月17日〜7月23日):
ソフトバンクアカデミアで「孫の二乗の兵法」を学んできた
ソフトバンク孫正義社長の後継者を育てるために創設されたソフトバンクアカデミア。開校式に潜り込んで、孫正義社長が経営指針としているという「孫の二乗の兵法」を聞いてきた。(2010/7/29)

ねとらぼ:
求む! 孫正義の後継者――「ソフトバンクアカデミア」入校希望者募集
ソフトバンクが、創業社長の孫正義氏の後継者を発掘・育成する「ソフトバンクアカデミア」の入校希望者を募集している。(2010/7/28)

脳型コンピューター、テレパシー、平均寿命200歳――孫社長が語った「最後の大ぼら」
「私が現役社長として行う一番大事なスピーチ」――。ソフトバンクが行った「新30年ビジョン発表会」で、孫社長が300年後の世界と今後30年のビジョンを語った。孫氏は、CPUのトランジスタ数が2018年には大脳の神経細胞の総数を超え、100年後には1垓(がい)倍になると予想。人智を超えた脳型コンピューターが生まれると話す。(2010/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。