ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「立花隆」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「立花隆」に関する情報が集まったページです。

ジブリの教科書特別版が手に入る「ジブリがいっぱいCOLLECTION」7月17日から
スタジオジブリ関連作品のBlu-ray&DVDを購入すると、その場で『文春ジブリ文庫:ジブリの教科書<特別編>(全3冊セット)』がもらえる。(2015/6/16)

東京国際ブックフェアリポート:
読書で人の脳は耕される――立花隆氏、東京国際ブックフェアで講演
東京国際ブックフェア初日。評論家・ジャーナリストの立花隆氏による基調講演が開催された。(2014/7/7)

国際電子出版EXPOリポート:
今年の電子出版EXPOを振り返る
いよいよ最終日をむかえた国際電子出版EXPO。展示の紹介や、クリエイターEXPOでのインタビューを交えつつ、2014年のEXPOを振り返る。(2014/7/4)

eBookJapan、立花隆著「日本共産党の研究」に別巻を添えた電子版を配信開始
戦前の左翼運動の軌跡を追った「日本共産党の研究」に電子版オリジナルの『別巻増補「スパイ査問事件予審調書」等資料集』を添えて刊行。(2013/2/15)

シッポもぜひ実用化してほしい:
「脳波で会話」が当たり前になる?――「脳波で動くネコミミ」仕掛け人が語る、脳波デバイスの未来
日本人がまたよく分からないものを作ったぞ――。YouTubeに投稿された「脳波で動くネコミミ」の動画に、世界中のメディアが注目した。一体どんな人が作ったのか?(2011/6/17)

まとめ読み!誠 PDF:
取材現場では何が起きているのか?
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリストの上杉隆氏と窪田順生氏の対談記事をまとめました。(2011/4/27)

まとめ読み!誠 PDF:
記者クラブ問題が存在しないワケ
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリストの上杉隆さんと人気ブロガーのちきりんさんの対談をまとめました。(2011/4/8)

時間と空間をゆがめるのが特徴――ジブリ・鈴木敏夫氏が見る日本アニメの現在と未来(後編)
スタジオジブリ作品のプロデューサーとして、さまざまなヒット映画を手がけてきた鈴木敏夫氏。ASIAGRAPH2010で創賞を受賞した後に行われたシンポジウムでは、声の出演に俳優を起用する理由や、日本アニメの特徴やその未来について語った。(2010/11/26)

35.8歳の時間・烏賀陽弘道:
「朝日、オリコン、裁判所」ともあろうものが。
40歳で、朝日新聞社を退職した烏賀陽弘道氏。その後はフリージャーナリストとして活躍してきたが、雑誌にコメントしただけで損害賠償を請求されることに。彼の人生を振り返るとともに、オリコンそして裁判所に“勝利”した男の声を記録した。(2010/7/30)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
新しい環境に飛び込む――『宇宙からの帰還』
新年度が始まった。職場の状況がガラリと変わった人もいるのではないか。宇宙飛行士も、宇宙の体験によって世界観をガラリと変えるという。(2010/4/2)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(5):
メディアはどのように変化するのか? 米国の最新事例
購読部数や広告費の減少などにより、逆風が吹き荒れているメディア業界。深刻な状況に追い込まれている米国では、新たなメディアも生まれてきている。それは……?(2010/1/26)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(1):
もう引き返すことはできないのか? ネットとメディアの関係
ジャーナリスト・上杉隆氏をホストとする対談連載1回目。ネットメディアの“仕掛け人”ともいえる、インフォバーンの小林弘人CEOを招き、主要メディアの現状などについて語り合った。(2010/1/12)

朝日新聞の“名物記者”は、こんな人たちと戦ってきた
朝日新聞の政治部長などを経て、2002年に論説主幹に就任した若宮啓文氏。社説の責任者を務めている間、イラク戦争や北朝鮮の拉致問題などさまざまな出来事があったが、彼はそのとき何を考えていたのだろうか。(2009/12/15)

上杉隆×窪田順生「ここまでしゃべっていいですか」:
記者クラブを批判したら……最大の抵抗勢力が出てきた(4)
「記者クラブを開放せよ」と訴え続けている、ジャーナリストの上杉隆氏。その一方で「記者クラブはあった方がいいんですよ」とも。なぜ上杉氏は記者クラブの「開放」を訴えながら、「あった方がいい」と言っているのだろうか。(2009/11/27)

上杉隆×窪田順生「ここまでしゃべっていいですか」:
週刊誌が記者クラブを批判しない理由(2)
行政や経済団体などが発表する情報を、いわば独占的に入手することができる記者クラブ。ほとんどの週刊誌は記者クラブに加盟していないが、なぜかこの問題を取り上げようとしない。その理由は……?(2009/11/20)

どうなる? 紙メディア:
週刊誌の編集部で、こんな取材をしてきた
数々のスクープ記事で、世間を揺るがせてきた週刊誌。新聞やテレビなどとは違った切り口で報道しているが、実際にはどのような取材をしているのだろうか。元『週刊現代』編集長の元木昌彦氏が、当時の裏話などを語った。(2009/11/6)

上杉隆×ちきりん「ここまでしゃべっていいですか」:
そもそもこの国で……「記者クラブ問題が存在しない」理由
ジャーナリスト・上杉隆氏と謎のブロガー・ちきりんさんの対談4回目。日本の記者クラブを批判する上杉氏だが、この問題を取り上げることによって、さまざまな圧力を受けてきたという。その圧力とは……?(2009/7/29)

人とロボットの秘密:
第2章-1 マジンガーZが熱い魂を宿すには
「完全な人工知能が開発され、完全な人型機械が開発されたとしても、それだけではアトムは実現しない」――永井豪の人間観は「マジンガーZ」に生きている。(2009/5/20)

オルタナブログ通信:
2009年はカツ・コバヤシ型? 新入社員を大予想
200組近くのオルタナブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は、「2009年の新入社員」「Twitter」「クラウド」「iPhone」「新聞」「不況」を紹介する。(2009/3/19)

出版&新聞ビジネスの明日を考える:
今、明らかにしよう! 星野監督“勇退スクープ”の裏側
2003年、阪神タイガースの星野監督が「健康上の都合」を理由に“勇退”したのを覚えているだろうか? 日本中に激震が走ったスクープを取ったのは、写真週刊誌『F』だった。その裏側を……5年以上の歳月を経て、いま明らかにする。(2009/3/11)

オルタナブログ通信:
ビジネスユースの新SNS「CU」――人脈を広げ、管理するコミュニティーは成功するのか?
ITにまつわる時事ネタなどを、175組を超えるオルタナティブ・ブロガーが日々発信している、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週はその中から、CU、Twitter、クラウド、Google、大統領選などを紹介しよう。(2008/11/21)

達人の仕事術:
本のテーマはマトリックスから――佐々木俊尚さんの“戦略”
「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」や「ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 」などのヒット作を次々に発刊するジャーナリストの佐々木俊尚さん。月に10本ほどの連載を抱える佐々木さんの“戦略”とは――。(2007/7/9)

電子書籍は、なぜ飛躍できないのか〜立花隆氏講演
「ΣBookにしても、LIBRIeにしても、期待されたほどは売れていない」。電子書籍業界の抱える問題点とは?(2004/11/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。