ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「谷垣禎一」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「谷垣禎一」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
「SMAPは友情と打算の二重構造」と感じる、これだけの理由
日本中がザワザワした「SMAP解散騒動」がようやく落ち着こうとしている。一連の動きを振り返って、筆者の窪田氏が最も印象に残ったのは「情報戦」だという。その理由は……。(2016/1/26)

自民党が12時間ニコ生配信 谷垣総裁会見、同期の桜ナイト、本気で考える自民党ガンダム開発計画
自民党とニコニコ生放送がコラボして、12時間のぶっ続け生番組を配信する。谷垣禎一自民党総裁の会見、大島理森副総裁と伊吹文明元幹事長らによるトーク「同期の桜ナイト」、二足歩行ロボットの実現を産業振興と安全保障の両面から検討する「本気で考える自民党ガンダム開発計画」など、硬軟織り交ぜの企画を届ける。配信は6月28日12時0分〜。(2012/6/25)

「本気で考える自民党ガンダム開発計画」て何だ!? 自民党がニコ生で12時間ぶっ続け配信
自民党とニコ生がコラボ。谷垣総裁の会見から「本気で考える自民党ガンダム開発計画」まで濃すぎる(?)12時間をお届け。(2012/6/25)

谷垣自民党総裁が記者会見 日本外国特派員協会主催
谷垣禎一自民党総裁による、社会保障と税の一体改革関連法案についての記者会見をライブ配信する。会見は日本外国特派員協会主催。配信は6月25日15時0分〜。(2012/6/22)

現役秘書がサポートしたい上司、トップはアノ元首相
忙しい経営者や政治家をサポートする秘書。「政治家・経営者のうち秘書につきたい人」を尋ねたところ、トップはすでに政界を引退したあの元首相だった。ぐるなび調べ。(2012/4/19)

「自民党ネットサポーターズクラブ」オフ会in仙台 谷垣総裁も登壇
自民党公認のボランティアサポート組織「自民党ネットサポーターズクラブ」の第4回公式オフ会を会場の仙台市からライブ配信する。谷垣禎一自民党総裁らが登壇する。配信は3月3日13時0分〜。(2012/3/2)

自民党・谷垣総裁、Twitterユーザーの質問に答える対話集会 夏野剛さんも登場
自民党の谷垣禎一総裁が「国民の皆様の声をしっかりと受け止め、より国民の皆様が納得のいく政治活動を目指す」ため、Twitterユーザーから質問を募集し、答える。司会は夏野剛さん。配信は8月23日19時30分〜。(2011/8/18)

自民党・谷垣総裁にインタビュー 日本復興と今後の自民党とは
自由民主党の谷垣禎一総裁に、政治ジャーナリストの角谷浩一さんがインタビューする。今自民党は何を考えているのかや、日本をどう復興していくのかを聞く。配信は8月10日17時0分〜。(2011/8/9)

谷垣総裁、麻生元首相が登壇 自民党ネットサポーターズクラブ総会をニコ生で
自民党公認のボランティアサポート組織「自民党ネットサポーターズクラブ」の総会に、谷垣禎一自民党総裁、麻生太郎元首相らが登壇。その様子をライブ配信する。配信は6月23日18時30分〜6月23日20時0分。(2011/6/23)

平成の二・二六事件!? sengoku38氏が語る「尖閣ビデオ」事件の真相
2010年9月に発生した海上保安庁の巡視船と中国漁船との衝突事件。その模様をおさめたビデオは機密とされていたが、11月、当時、神戸海上保安部の現役保安官だった一色正春氏の手によって、YouTubeで公開された。日本外国特派員協会で行った会見で一色氏は、どのような思いからビデオを公開するに至ったのかを語った。(2011/2/15)

データ放送画面にTwitterのつぶやき TBSの参院選開票特番で
TBSが7月11日の参院選開票特番で、Twitterと連携したデータ放送を行う。番組を見ながら参院選に関するつぶやきを追いかけられる。(2010/7/6)

藤田正美の時事日想:
有権者から“しっぺ返し”をくらうのは、民主党だけなのか
与謝野馨元財務相が自民党を離党し、新党を結成する動きが強まっている。こうした動きに対し、谷垣禎一総裁は「団結」を訴えるものの、自民党をどう再生しようとしているのかが全く見えない。もはやというべきか、やっというべきか、自民党の瓦解が始まろうとしているのかもしれない。(2010/4/5)

距離別料金の導入を延期――首都高速道路
(2008/9/4)

新聞協会「青少年ネット規制法、表現の自由に悪影響」と懸念表明
「表現の自由に関わる問題で、ネット以外にも規制が及ぶことも懸念する」――日本新聞協会は、いわゆる「青少年ネット規制法案」についての意見書を、法案に関わる議員宛てに提出した。(2008/5/30)

P2Pの研究会も「青少年ネット規制法案」に反対
P2P技術の健全な活用を目指す研究会が、青少年ネット規制法案に反対する意見書を、自民党の谷垣禎一政調会長宛てに提出した。(2008/5/12)

「ネット規制法、保護者も子どもも迷惑」とPTA連会長 MS、ヤフーなどと会見
「なぜ保護者に一度も相談がなかったのか。迷惑するのは子どもと保護者だ」――高校PTA連合会の会長が、MSやヤフーなどが開いた「青少年ネット規制法」に反対する会見に出席し、法案に苦言を呈した。(2008/4/23)

MS、ヤフーなど自民に意見書 「ネット規制法案、結論ありきで拙速」
「民間の自主的な取り組みを一蹴し、始めから事業者規制ありきで法案の検討が進められている」――DeNA、MS、ヤフー、楽天、ネットスターの5社は4月22日、自民党の谷垣禎一政調会長宛てにこんな意見書を提出した。(2008/4/23)

“麻生銘柄”は一夜の夢? 思惑買いにご用心
突然の安倍首相辞任によって、“麻生銘柄”が買われた――。ただ、1日たった終値はいずれも下落。「高値で買ってしまった……」という事態にならなければいいが……。(2007/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。