ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本流「チーム型マネジメント」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本流「チーム型マネジメント」」に関する情報が集まったページです。

日本流「チーム型マネジメント」:
【最終回】チーム型マネジメントの実践
真のグローバル企業になるため、日本企業が目指すチーム型マネジメントについて述べてきた。最終回では具体的な実践方法に迫る。(2009/7/31)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第9回】GEはどのように幹部候補生を育成するのか
業績だけでなくチームを重視した価値観も反映しているのが然るべきリーダーである。世界的な大企業であるGEでは、まさにそうした考え方を評価基準としているのだ。(2009/7/23)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第8回】民主的リーダーシップを確立せよ
チーム型マネジメントにおけるリーダーシップとは何か。4種類のリーダーシップスタイルを基に分析を行う。(2009/7/15)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第7回】Googleに習う仕事の進め方
仕事のルールを明文化したGoogleの「10の黄金律」は、日本企業が見習うべきチーム型マネジメントの手法が明快に規定されている。(2009/7/8)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第6回】チーム型マネジメントシステムの構築へ
日本企業がグローバル市場で勝ち抜くためには、組織において「チーム型マネジメント」を確立しなければならない。いかに構築するべきだろうか。(2009/7/7)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第5回】日本企業が目指すのはAppleではなくHP way
同じ欧米企業でも組織や文化はさまざまだ。ここでは、個人型マネジメントの代表である米Appleと、チーム型マネジメントの代表である米HPを比較する。(2009/7/1)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第4回】グローバル化の進む欧米企業
説明が難しい高コンテキスト経営の日本企業と比べ、欧米企業は明快な戦略や文化を持つため、容易に経営のグローバル化が行えるという。(2009/6/26)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第3回】グローバル進出のための3ステップ
企業が初めて自国から海外マーケットへ打って出て、最終的にグローバルで共通の経営を実践していくまでの段階を見ていく。(2009/6/22)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第2回】避けるべき個人主体のトップダウン型マネジメント
トヨタ自動車をはじめ日本の製造業に多く見られるのは、内部の調和を重視し効率的なオペレーションを行うマネジメントである。かつてのIBMやGMといった伝統的な欧米企業においても同様のマネジメントが存在した。(2009/6/16)

日本流「チーム型マネジメント」:
【第1回】グローバルマネジメントの位置付け
製造業を中心とした日本企業が世界で勝つために必要なもの、それは個人を主体としたトップダウン型マネジメントではなく、協和を重んじたチーム型マネジメントにほかならなない。(2009/6/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。