ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手塚治虫文化賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手塚治虫文化賞」に関する情報が集まったページです。

うつ病からの脱出描いた田中圭一『うつヌケ』が実写ドラマ化 主演・田中直樹で2018年秋にネット配信
アシスタントのカネコ役は、女優の大後寿々花さん。(2018/5/23)

『よつばと!』最新第14巻が4月に発売決定! 250ページ以上が無料で読める特設サイトもオープン
待ってたー!!!(2018/2/27)

主人公は弱気で卑屈! “異色”野球コミック『おおきく振りかぶって』が舞台化決定!
おお振り舞台化きた!(2017/8/25)

西原理恵子「毎日かあさん」、“卒母”理由に連載16年で幕 10月からは新連載がスタート
6月26日付で連載を終了する。通算723回。(2017/5/22)

マンガ賞選考委員はつらいよ
第21回手塚治虫文化賞でマンガ大賞に輝いたくらもちふさこ「花に染む」はどんな作品?(2017/4/27)

アニメ「3月のライオン」声優陣が決定! 桐山零役は河西健吾、3姉妹役に茅野愛衣、花澤香菜、久野美咲
ひなちゃんの透明感を花澤さんが表現してくれるぞ!(2016/7/22)

名コラボ再び! BUMP OF CHICKEN、アニメ「3月のライオン」主題歌を書き下ろし
「バンプかな?」「バンプじゃねーか」の形式美再び。(2016/7/15)

第20回手塚治虫文化賞、大賞に「よつばと!」「鼻紙写楽」が異例のW受賞 短編賞には「じみへん」
清新な才能を持つ作家に贈る「新生賞」は安藤ゆきさんに。(2016/4/27)

テレビアニメ「3月のライオン」のメインビジュアルが解禁! 音楽は「おそ松さん」の橋本由香利
キャラデザは「ニセコイ」「荒川アンダー ザ ブリッジ」の杉山延寛が担当。(2016/3/25)

神木隆之介、実写映画「3月のライオン」の主人公・桐山零役に 監督は「るろうに剣心」シリーズの大友啓史
予想通りだったという人も多いかも?(2016/3/16)

モデルでアクセサリーデザイナーの武居詩織は、市川春子「宝石の国」の“曖昧さ”に魅了された
デザイナー視点で読む「宝石の国」。(2016/3/5)

NHK Eテレで「浦沢直樹の漫勉」セカンドシーズン放送決定 萩尾望都、花沢健吾、五十嵐大介、古屋兎丸の仕事に迫る
待ってましたああああああ!(2016/2/19)

アニメ「3月のライオン」は新房昭之×シャフト! 2016年秋からNHK総合で
とても幸せです!(羽海野チカ)(2016/1/7)

正統派ホラーからジワジワ系まで、怖い漫画おすすめ17選
(2015/8/17)

第19回手塚治虫文化賞、ほしよりこ『逢沢りく』が大賞に
「新生賞」には大今良時、「短編賞」には吉田戦車、「特別賞」にはみつはしちかこが選出されている。(2015/3/31)

歴史ギャグ漫画『風雲児たち』のガイドブック発売 登場人物30人を徹底解説
描き下ろし漫画やカラーイラスト、コラムも収録。(2015/1/30)

1000作品超、120Gバイト越え:
白泉社の1000作品超を丸ごとプレゼント――「白泉社e-net!」1周年フェア開催
フェアでは白泉社の電子書籍がまるごと当たるスペシャル企画を開催。応募締切までに配信開始したものも含まれるので、最終的に何冊になるのか気になりますね。(2014/4/2)

第18回手塚治虫文化賞、大賞に羽海野チカ氏の『3月のライオン』
第18回手塚治虫文化賞の受賞作品が決定し、大賞に羽海野チカ氏の『3月のライオン』が選ばれた。そのほか新生賞に今日マチ子氏、特別賞に藤子不二雄(A)氏などが選ばれた。(2014/3/25)

私設図書館シャッツキステ16冊目:
木陰にいながら、球児たちと一体感を味わう『おおきく振りかぶって』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載16回目は、司書のミソノが司書見習いのサヤに何やらおすすめしています。(2013/8/16)

アニメ「剣風伝奇ベルセルク」を配信、第1話は無料
(2008/11/15)

アイデア創発の素振り:
【特別編】漫画家の卵たちとブレインストーミングしてみる
「明日から目が見えなくなる。見ておきたいものは?」「かつて愛し合った女性が6時間後に東京で結婚式を挙げる。京都にいる所持金500円のあなたはどうする?」――こんなテーマで京都精華大学に通う漫画家の卵たちがブレインストーミングした。(2008/7/22)

同人誌と表現を考えるシンポジウム:
(4)言うべきは言い、守るべきを守る
「同人誌作ってまーす」と会社で言えない人は多そうだが、われわれが担ってきたものについて、もっと胸を張ってもいいのかもしれない。そして故・米澤氏は「あいまいの良さ」を語っていたという。(2007/6/1)

同人誌と表現を考えるシンポジウム:
(3)「貧しい漫画」が向き合ってきた自由と責任と
第2部ではマンガ評論家ら有識者が集まり、同人誌への規制の動きに対する考え方を話し合った。同人界の取り組みを広くアピールしていき、規制側といたずらに対立すべきではないことが主張されたほか、「有害コミック」騒動が吹き荒れた91年問題、表現と「悪影響」の関係などが話題になった。(2007/5/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。