ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天外魔境」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天外魔境」に関する情報が集まったページです。

「PCエンジン mini」に「天外魔境II」「ワルキューレの伝説」など8作品が追加決定! 全58タイトルに
「天外魔境II」収録やったああああああ!【※追記】(2019/8/8)

芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」:
唯一無二の和風RPG「俺の屍を越えてゆけ」を3倍楽しくプレイする方法
「子供たちよ… 俺の屍を 越えてゆけッ」(2018/1/20)

「ゲームやってない奴って話がつまんなくないですか?」 ガチゲーマー芸人「ヤマグチクエスト」のゲームへの異常な愛情
芸人で1番ポケモンが強い、らしい。(2017/11/11)

ポケモンを通ってこなかった俺たちは、あの頃何をしてたっけ?
マイナー街道を突き進んできたサダタロー氏がぼやきます。(2016/9/2)

ハッシュタグ「昔に打ったドット絵を貼って初心を思い出そう大会」に90年代ビデオゲームを支えたプロドッターが次々降臨
時代を超えてなお色あせない職人芸。(2016/2/22)

「坂本ですが?」アニメ化決定 坂本役は緑川光さん
4月よりTBS・BS-TBSで放送開始。(2016/1/15)

ゲオネットワークス顧問に「サクラ大戦」「魔神英雄伝ワタル」の広井王子氏が就任
ゲオネットワークスの顧問に、人気ゲーム「サクラ大戦」シリーズやアニメ「魔神英雄伝ワタル」シリーズを手掛けた広井王子氏が就任した。(2015/11/9)

今日は何の日? PC-FX20周年記念の日だよ!
持っていたら、オタク仲間に一目置かれるゲームハードでした。(2014/12/23)

日々是遊戯:
ハドソンのマークはなぜ「ハチ助」なの? トリビアで振り返るハドソンの歩み
またひとつ、ゲーム業界から老舗の看板が……。3月1日付で解散となることが発表されたハドソンですが、ファミコン世代にとっては単なる1メーカーという以上に思い入れの深いメーカーでした。(2012/1/18)

アーカイブスに「天外魔境II」「ヴァリスII」「ギャラガ ’88」など
(2011/3/9)

「ノスタルジオの風」レビュー:
ノスタルジックな雰囲気が漂う空の旅に出発――テクモ初の本格RPGのデキは?
11月6日にテクモ初の本格RPG「ノスタルジオの風」がニンテンドーDSで発売された。果たして、どんな楽しみが体験できるんだろうか。実際にプレイをして確かめてみた。(2008/11/19)

いろんなマジック
先週一番注目されたのは、いわゆる「マジコン」訴訟について。(2008/8/6)

PCエンジンタイトルがPSPでよみがえる――「天外魔境コレクション」「銀河お嬢様伝説コレクション」2作同時発売
ハドソンは、PCエンジン用の人気シリーズ数タイトルをまとめた「PC Engine Best Collection」をPSPソフトとして発売する。第1弾は「天外魔境コレクション」と「銀河お嬢様伝説コレクション」。(2008/7/30)

テクモ×レッドの新作RPG「ノスタルジオの風」、2008年秋発売決定
(2008/7/4)

「エンジェル ラブ オンライン」の収録現場探訪――田中真弓さんの場合
近日βテストが予定されているキューエンタテインメントのWindows用オンラインゲーム「エンジェル ラブ オンライン」の声の収録が行われた。登場したのは声優の田中真弓さん。クリリンでルフィな田中さんに話を聞いてみた。(2006/11/13)

「プロジェクトハッカー 覚醒」レビュー:
現代社会に潜む“IT犯罪”を任天堂×レッド・エンタテインメントのコンビが描く
分からないことがあったらネットで調べるのがIT社会の常識。「プロジェクトハッカー 覚醒」はそのエッセンスをゲームに取り込んでしまった。IT捜査官としてネットで情報を収集し、時にはハッキングをして事件を解決しよう。(2006/7/24)

“完全版”「天外魔境 第四の黙示録」がPSPで登場
(2006/7/12)

瞬時の判断力とタッチペン操作で犯罪を解決――「プロジェクトハッカー 覚醒」
「サクラ大戦」や「天外魔境」シリーズで有名なレッド・エンタテインメントの企画、任天堂プロデュースによるニンテンドーDS用ソフト「プロジェクトハッカー 覚醒」が登場する。発売予定日は2006年7月13日、価格は4800円(税込)。(2006/6/9)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
総合芸術としての「超兄貴」
「超兄貴」(1992年・メサイヤ)は熱い。変な方向に熱い。私も原稿執筆中、あまりの熱さにアテられて、39度の熱出してダウーン。薬の副作用でまだ眠いけど、そんな状態で原稿書いたらどうなるかってところを見せてやるぜ!(←変な方向に熱い)(2006/5/31)

“RPG好きの日本人”は変わらないようです
先週のトップは日本を代表するRPGシリーズ最新作「FFXII」、2位は新感覚RPG「コンタクト」となりました。やはり皆さんRPGがお好きなようで……。(2006/4/12)

「天外魔境 ZIRIA 〜遥かなるジパング〜」レビュー:
“初めて天外魔境をプレイする人がうらやましい”と愚痴もこぼれるほどのデキ
PCエンジン時代からのファンなら感涙モノ、初めて触れる人なら過去のRPGの偉大さを思い知らされるであろう「天外魔境」シリーズ。内容に定評のある過去の大作を最新ハードXbox 360で表現するとこうなる、という後続に向けたよい手本となった作品といえる。(2006/4/7)

ハドソンのXbox 360参入第1弾「天外魔境ZIRIA〜遥かなるジパング〜」
ハドソンは、Xbox 360参入第1弾タイトルとして、シリーズの原点「天外魔境ZIRIA」を大胆にリメイクして3月23日に発売する。(2006/3/13)

名作が完全復活――「天外魔境II MANJI MARU」
(2006/3/8)

天外公式サイトリニューアルオープン
(2005/12/1)

Games Japan Festa 2005 in OSAKA:
フリー宣言!? 最後の野望は“たったひとりきりで世界を相手にする”こと――広井王子氏トークショウ
マイドームおおさかにて開催されている新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。先の記事でもお伝えしたように、1日目の最後のステージイベントは、レッド・エンタテインメントの広井王子氏のトークショウが行われた。(2005/11/13)

Xbox 360と同日発売ゲーム7タイトル発表――「ファイナルファンタジーXI」βテストも
2005年12月10日、マイクロソフトが発売する次世代ゲーム機Xbox 360と同時にリリースされるゲームタイトル7つと、2006年1月末までの主要タイトルが発表された。(2005/9/15)

「ケータイ livedoor」で期間限定の無料コンテンツ
(2005/8/2)

Xbox Summit 2005詳細リポート その2:
ナムコやコナミなど国内大手パブリッシャーがタイトルを多数発表
Xbox Summit 2005では、日本市場向けのXbox 360向けタイトルが多数発表された。それも、Microsoft Game Studiosのものばかりではなく、大半がサードパーティが開発中のタイトル。期待が高まるXbox 360向けタイトルに関して紹介していこう。(2005/7/26)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
桃太郎で行っとけ!「桃太郎活劇」
連載4回めにして、初めてのPCエンジンです。桃太郎シリーズ初のアクションゲーム、「桃太郎活劇」(ハドソン)を取り上げてみましょう。“誰でもクリアーできる”このゲームが、明日のゲーム界を変える、ヒントになるかもしれません。(2005/7/26)

Xbox Summit 2005:
岡本吉起氏の開発タイトルも明らかに――日本向けタイトルが続々発表された「Xbox Summit 2005」開催
マイクロソフトの次世代機Xbox360の日本市場戦略や、開発中のタイトルを紹介する「Xbox Summit 2005」が都内にて開催された。2005年末発売を予定しているハードだが、登壇者からのコメントには、ハードのみならず、ソフト開発も順調に進んでいるという様子がうかがえた。(2005/7/25)

いよいよ発売迫る――「天外魔境III 活動写真館」先行試写会が開催
ハドソン、総合学園ヒューマンアカデミーは4月9〜10日に、「天外魔境III 活動写真館」先行試写会を開催。9日は大阪校、10日は東京校にて行なわれ、いずれもゲストとしてハドソンの高橋名人が招かれた。(2005/4/12)

「天外III」の早期購入特典はオリジナルポスター
(2005/4/1)

「天外魔境III NAMIDA」にオリジナル5大特典が付いた特別限定版「宝箱」が登場
(2005/3/11)

「天外魔境」シリーズ最新作4月14日発売
ハドソンは、「天外魔境」シリーズの最新作となるプレイステーション2ソフト「天外魔境III NAMIDA」を、4月14日に発売すると発表した。オリジナル5大特典付の特別限定版「天外魔境III〜宝箱〜(デラックスパック)」も同日発売。(2005/2/4)

モバイルコンテンツ・プチレビュー:
ケータイでMMORPG〜「天外魔境」でお見合いにハマル
天外魔境のMMORPGアプリがリリースされている。「卍丸」や「カブキ」が登場する江戸の町で、化け物退治したり、お見合いしたりといったクエストをこなそう。(2005/1/27)

RED STOREにて「天外魔境III NAMIDA」予約特典公開
(2005/1/25)

セガダイレクトで「天外魔境 III」「BECK THE GAME」の特典ゲット
(2005/1/13)

FOMA 900i・901i専用アプリ「モバイル天外魔境-果し合い-」
(2005/1/11)

900i、901iシリーズ向け「天外魔境ZIRIA」
(2004/12/13)

「週刊iガイド」で東京ゲームショウ企画〜無料ゲームキャンペーン
(2004/9/24)

東京ゲームショウ2004:
ドコモブースで「P900i」用オリジナルジャケット配布
ときメモ、天外魔境、BEFORE CRISISなど、900i向けゲームをあしらったP900i用カスタムジャケットを、ドコモブースで入手できる。ブース内の全ゲームをプレイするのが条件。(2004/9/24)

「FF II」「ストII」「ときメモ」も〜ドコモの新作iアプリ一挙公開
ドコモは9月21日、900i対応アプリの新タイトルを発表した。「水滸伝」「ロックマン」「桃太郎電鉄」など、ファミコンやPS2の名作が目白押しとなっている。(2004/9/21)

900i専用の「モバイル天外魔境」、4月5日にサービスイン
(2004/4/5)

Mobile Weekly Top10
F900iに関するアレコレ
F900iが発売されて約1週間。あなたは買いました? それともほかの900iを待っている?(2004/2/12)

900iシリーズ、ゆっくりと船出〜初日約5700台
初号機となる「F900i」が発売されたが、販売の初速は今ひとつ伸びていない。NECやパナソニック モバイルなどの人気端末の発売が控えていることや、900i用の人気コンテンツのサービスがまだ始まっていないことから、“様子見”が多いと見られる。(2004/2/9)

天外魔境、シレン、メガテン、パワプロ――900i用ゲームは“ここ”が面白い
ビッグタイトルが目白押しの900iシリーズ用ゲーム。それぞれのゲームは家庭用ゲーム機版とどこが違うのか、どこに携帯らしさが生かされているのか──。6つのビッグタイトルのゲーム内容を紹介しよう。(2004/2/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。