ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天才バカボン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天才バカボン」に関する情報が集まったページです。

あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い
怒涛(どとう)の1年でコミックビームはどう変わったのか、奥村勝彦編集総長、岩井好典編集長、そして新たに創刊される『コミックビーム100』の本気鈴編集長に話を聞きました。(2017/10/14)

実写ドラマ「弱虫ペダル」続編が早くも制作決定! 1年目のインハイ戦描く
主演の小越勇輝さんは「更にペダルを回し、熱く」と気合十分。(2016/12/15)

「そっちでもう、かべさんに会えましたか?」「あぁ本当に淋しい…」 肝付兼太さんを悼む声、後輩声優から続々
肝付さんを師匠と仰ぐ山口勝平さんや、デビューのころからお世話になっていたという井上和彦さんら声優仲間がコメントを発表しています。(2016/10/24)

若い子知らないやつだこれ! 「ひみつのアッコちゃん」が現代風リメイク、Webコミックで連載へ
作画は「プリキュア」コミカライズの上北ふたごさん、シナリオに井沢ひろしさん、10月21日から配信。(2016/10/18)

天才バカボン×バイオハザードのコラボゲーム「バカハザ」登場 洋館ホラーがバカ怖いのダ?
コラボでいいのだ!(2016/9/15)

わしが質問に答えるのだ! 実写版バカボンの出演者がYahoo!知恵袋新サービスに登場
3月15日まで質問受け付け。一番人気の質問に動画で回答するのだ。(2016/3/10)

立春でもまだまだ寒い:
手軽に使えて温まる「USBあったかガジェット」10選
USBが普及したことで、USB給電で手軽に使えて体が温まるホットな製品が増えています。PC作業との相性がいいのはもちろん、外出時に役立つ製品も少なくありません。そんな「USBあったかガジェット」をまとめて紹介します。(2016/2/4)

「天才バカボン」実写ドラマ化 バカボン役はオカリナ パパ役はくりぃむしちゅー上田
なるほどオカリナさんという手があったか。(2016/2/3)

奥村勝彦“編集総長”インタビュー:
「“読者のニーズが”とか言ってるヤツを見ると、ムカッと腹立つんですよ」 20周年を迎えた「コミックビーム」が目指すもの
11月12日で晴れて20周年を迎えた「月刊コミックビーム」。これを記念して、同誌・奥村勝彦編集総長にインタビューを行いました。(2015/11/19)

「バカとは」を解き明かす連続講座「バカ田大学」、東大で開講 “赤塚イズム”を再発見
赤塚不二夫さん生誕80年企画として、著名人が「バカとは」をテーマに講義する連続講座「バカ田大学」が、東京大学で12月から開校される。(2015/11/6)

あの「バカ田大学」が本当に開講 “バカとは何か”をマジメに追求するのだ!
都の西北早稲田のとなりは東大だったのだ。(2015/11/6)

『名作マンガの間取り』が新版に 「日常」「けいおん!」「時かけ」など追加
2008年7月出版の『名作マンガの間取り』に、新たに26点の間取り図が加わった。(2015/9/8)

チビ太にニャロメ、ベラマッチャ 赤塚不二夫のスターキャラ誕生のひみつを探る企画展開催
赤塚先生にキャラ化されてしまった元担当編集者によるトークなども。(2015/6/9)

生誕80周年記念:
バカボンのパパ、アッコちゃんなど 赤塚キャラ誕生のルーツに迫った企画展
明治大学の米沢嘉博記念図書館で6月19日から。(2015/6/8)

コラボメニューも楽しめるぞ! 赤塚作品とコラボした漫画喫茶「WOW!赤塚不二夫カフェ」オープン
「天才バカボン」「おそ松くん」などのキャラクターが、店内のさまざまな場所に登場します。(2015/4/28)

人の生き血なんて吸うわけないだろ! 「バカボンのパパ」による映画館でのマナー解説がやっぱり役に立たない
ハジメちゃんが笑顔で「もうめんどくさいから、黙っててください」と言い放つレベル。(2015/4/15)

一緒に作るのだ――『赤塚不二夫80年ぴあ』発売へ
公式サイトでは、好きな赤塚キャラや名場面、赤塚さんに関するエピソードを募集中。一部は誌面に掲載される。(2015/3/16)

「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」川崎で開催 「巨人の星」「天才バカボン」など上映
映像ホールでは未ビデオ化作品を含んだ39タイトルを上映します(2014/8/11)

バカボンがDLE製作で長編アニメ映画に──「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」
「天才バカボン」が15年春に長編映画に。「フランダースの犬」に登場するネロとパトラッシュがなぜか「悪の手先」として登場する。(2014/8/4)

ネロとパトラッシュが悪の手先に……そこへバカボン一家が!!! 映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」2015年公開
え? え? え???? これでいいのだ?(2014/8/1)

NHK Eテレで「ニッポン戦後 サブカルチャー史」 サブカルチャーの変遷をたどる
劇作家の宮沢章夫さんがナビゲーターを務める。(2014/7/28)

今日は「いい夫婦の日」:
「マンガに出てくる理想の夫婦」――1位は?
イーブックイニシアティブジャパンは、eBookJapan会員を対象にした「マンガに出てくる理想の夫婦」アンケートを実施。1位は『サザエさん』の「フグ田マスオ・サザエ」夫妻が獲得した。(2013/11/22)

クイズ王のすごい考え方:
原稿を編集者になくされた赤塚不二夫のひとこと
赤塚不二夫の原稿をなくしてしまった編集者。しかし、翌日には原稿を印刷所に渡さなければなりません。大変な状況にもかかわらず、赤塚不二夫はまったく怒ることなく「ネームがあるからまた描ける」と言い、さらに何と言ったのでしょうか?(2012/12/31)

クイズ王のすごい考え方:
今年のお米のできはどう? とある農家はこう言った
新潟で50年間もお米を作り続けている農家の人に「今年のお米のできはどうですか?」と聞いたときのこと。きっとこの農家の人は感じるままに答えたのでしょうが、それは人生の教訓になるような一言だったのです。(2012/12/29)

これでいいのだ!:
バカボンのパパになりきれ USBヒーターつき腹巻き
「天才バカボン」のバカボンのパパ風USB腹巻きと、本官さん風アイウォーマーが登場した。(2012/11/7)

キャラメルコーンに漫画家とのコラボ版 ゴルゴ13風パッケージも
「俺の背後に立つな」と言いそうなゴルゴ13風パッケージや、「うる星やつら」のラムちゃん風女の子が描かれたパッケージのキャラメルコーンが登場する。(2012/3/2)

「ルパン三世」に「スペース・コブラ」も! ニコ生で10月3日から一挙配信
ニコニコ生放送がアニメ「ルパン三世」と「スペース・コブラ」を10月3日から一挙配信する。ニコ動では「魔法騎士レイアース」「名探偵ホームズ」の有料配信も開始した。(2011/9/20)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
ケンメリ、全日本自動車ショウ、花形モーターズ……かつてクルマの歴史は現代史だった
近年では若者離れが叫ばれているクルマだが、かつては文化をリードする役割を担っていた。クルマの歴史と戦後史とを重ね合わせた『クルマでわかる!日本の現代史』の著者である志村昌彦さんに、クルマが憧れの対象だった時代のことについて聞いてみた。(2011/2/24)

これぞセオリー、カシオ「美肌ジブン撮りカメラ」のマーケティングは成功するか?
カシオは「美肌ジブン撮りカメラ」と称し、EX-Z800の販促キャンペーンを行った。まさにセオリーとも言えるマーケティング施策はどのような結果をもたらすか。(2010/12/30)

Googleもこれでいいのだ! ロゴがバカボンに
Google日本版トップページのロゴがバカボンデザインになっている。バカボンはやっぱりちょっと抜けているようで……(2010/9/14)

ドラえもんの名刺をケータイで――キャラクター名刺作成「pocketerplus +」にモバイルサイト
オリジナルキャラクターミニ名刺が作れるサイト「pocketerplus +(ポケッタープラス)」のモバイル版がオープンした。(2009/5/22)

マクロスFに夏目友人帳――2008年の人気アニメが旋風を巻き起こした第3回声優アワード詳細リポート
声優界のアカデミー賞として発足した声優アワードが3月7日、東京・秋葉原で開催された。声優アワードは今回が第3回となる。(2009/4/1)

KDDI、au one ラボで「ケータイパートナー(β版)」を提供
KDDIは3月19日、最新技術をβ版としていち早くリリースする「au one ラボ」で、“「感性型」エージェントインターフェース”を具現化した「ケータイパートナー(β版)」の提供を開始した。(2009/3/19)

上杉達也と星飛雄馬が対決――「サンデー×マガジン 熱闘! ドリームナイン」
小学館が発行する「週刊少年サンデー」と、講談社が発行する「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念した野球ゲーム「サンデー×マガジン 熱闘! ドリームナイン」が、KONAMIから発売された。(2009/2/27)

写真で解説する「N-03A」
マカロンで有名な高級スイーツブランド「ピエール・エルメ・パリ」とコラボレートした「N-03A」。スイーツをモチーフにしたおいしそうなカラーや内蔵コンテンツが、女性の心をギュッとつかみそうだ。(2008/11/13)

「ピエール・エルメ」コラボの「N-03A」、11月20日発売
高級スイーツブランド「ピーエル・エルメ」の世界観をケータイに採り入れたドコモの「N-03A」が、11月20日から店頭に並ぶ。(2008/11/13)

“おいしい”ケータイ、「N-03A」ができたわけ
NTTドコモの新端末「N-03A」の説明会が、コラボレーションしたスイーツブランド「PIERRE HERME PARIS」青山店で開催された。スイーツケータイの誕生秘話や、世界観へのこだわりが明かされた。(2008/11/13)

ドコモ2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
NTTドコモが11月5日に発表した2008年冬モデルは全22機種。高機能な「PRIME」、ブランドコラボ端末も多い「STYLE」、シンプルでスリムな「SMART」、タッチパネルやQWERTYキーボード搭載の「PRO」の4シリーズを2008年11月から2009年3月にかけて発売します。このドコモ冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

タッチ、8Mカメラ、コラボ、スリム、ハイスペック、Nokiaも:
ドコモ、2008年冬モデル22機種発表──新型番で新たな4シリーズ展開
ドコモは2008年冬モデル全22機種を発表。過去最多数の機種を用意し、8機種のタッチパネルケータイを投入する。ほかにも8M CCDカメラや3Wayスタイル、HTC・Nokia・RIM製スマートフォン、横スライドQWERTYキー、多色、防水、ブランドコラボなど多彩なラインアップで展開。ユーザーエージェント機能「iコンシェル」やウィジェット機能「iウィジェット」などの新サービスも始める。(2008/11/5)

STYLEシリーズ:
「ピエール・エルメ」とコラボしたスイーツケータイ――「N-03A」
NEC製の「N-03A」は、高級スイーツブランドの「ピエール・エルメ」とコラボレートし、本体デザインやカラー、内蔵コンテンツをピエール・エルメ仕様に統一したモデルだ。(2008/11/5)

ねとらぼ:
「初音ミク」があなたに話しかけてくる――auケータイにエージェント機能
「初音ミク」や「ハロ」などキャラが待受画面に現れ、話しかけてきたり、おすすめ情報を教えてくれるエージェントサービスが、auケータイ向けに始まる。(2008/10/28)

初音ミクやハロも登場:
auもエージェントケータイ――2009年1月からβサービス開始
利用者の好みや行動履歴に合った情報を携帯向けに配信――。KDDIが携帯電話向けエージェントインタフェースを開発し、2009年1月からβサービスを開始する。対応機種は秋冬モデルの2モデルで、今後対応機種を順次拡大する予定だ。(2008/10/27)

初心者歓迎! 懐かしのアニソン演奏合宿ツアー再び
2泊3日の河口湖畔特訓合宿でアニソンをバンド演奏できるレベルまで上達!?(2008/9/8)

「バカボン」や「テッカマン」の2次創作募集 「Open Post」でクリエイター支援も
手塚治虫作品の2次創作を募集していた投稿サイト「Open Post」で、「天才バカボン」や「宇宙の騎士テッカマン」などの2次創作も投稿できるようになった。クリエイター支援も行う。(2008/9/3)

“キャラケー”「天才バカボンモデル」、6月14日発売
ソフトバンクモバイルの“キャラケー”に、「天才バカボン」モデルが登場。6月14日に発売する。(2008/6/12)

ライバル誌、今度は仲良くガチンコ勝負――「サンデーVSマガジン カードゲーム」発表会
小学館の「週刊少年サンデー」と講談社の「週刊少年マガジン」が50周年事業の一環としてコラボ。今度は、トレーディングカードゲームで仲良くケンカする。(2008/5/14)

日々是遊戯:
過激でスレスレなショートアニメ「へんな子ちゃん」の魅力にハマる
GONZOがYouTube日本版にて公開中の「GONZO DOGA」チャンネルにて、無料新作短編アニメ「へんな子ちゃん」が公開された。ちょっと風変わりな超能力少女「へんな子ちゃん」が、世の中の理不尽を一刀両断!?(2008/5/12)

ソフトバンクモバイル、「fanfun. SoftBank 815T」の藤井フミヤモデルを発売
ソフトバンクモバイルが、12月17日から「fanfun. SoftBank 815T」の藤井フミヤモデルを発売。12月14日からは、m-flo モデル、ベルばらモデルなど4機種の先行予約受付を開始する。(2007/12/13)

“キューピー+総勢53キャラ”で怒涛のコラボレーション携帯ストラップ
ラナが、キューピーと全53種の有名キャラクターとを“フュージョン”した異色のコラボストラップ「キュージョン」を発表。「ポチッとな」のあのキャラも、「○○だっちゃ」のあのキャラも、「あんたバカァ?」のあのキャラも……。(2007/9/13)

胸キュンの「魔法の天使 クリィミーマミ」がBB初登場
ショウタイム(ShowTime)が、胸キュンの懐かし魔女っ子アニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」の配信を開始した。(2004/7/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。