ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイムラプス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイムラプス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

iPadにApple WatchからiPhone 13まで:
Apple秋の新製品に共通する“掘り下げると深い”魅力
Appleから、iPhone 13シリーズを筆頭に新型iPadとiPad mini、さらにApple Watch Series 7と秋の新製品が相次いで発表された。それらに隠された真の魅力を、林信行氏がウオッチした。(2021/9/16)

アクセサリーみたいにおしゃれな木製ボディーのトイカメラ「THINKK & SHOOT」 台湾発の新作を一足先に使ってみた
お出かけのお供にぴったりです。(2021/9/15)

防水/防じん対応でさらに盤石に:
格安ながら機能はハイエンド! 税込み2980円のネットワークカメラ「ATOM Cam 2」を試す
圧倒的な低価格で人気を集めたATOM techのネットワークカメラ「ATOM Cam」に、後継モデルが登場した。新モデル「ATOM Cam 2」は何が変わったのか、実機を使って試してみた。(2021/8/10)

「背ばい3カ月級日本代表」赤ちゃんがかわいいの金メダル 芸術点の高い背中ハイハイに「一生見てられます」
平和な光景に自然と笑顔になります。(2021/8/1)

実売約7千円で24時間のサーバ録画に対応:
フルHD/30fpsのネットワークカメラ「SpotCam Eva 2」の実力をチェックした
SpotCamの新型ネットワークカメラ「SpotCam Eva 2」は、従来モデルから大幅にプライスダウンして機能をブラッシュアップした注目の1台だ。スマートディスプレイとの連携機能を含めてチェックしよう。(2021/7/9)

Google アシスタントが電話に応対、PixelシリーズのAI機能が日本でも
米Googleは6月7日(現地時間)、「Pixel」シリーズのスマートフォンについて、Google アシスタントが電話の応対をする機能を日本でも提供すると発表した。その他、星空のタイムラプス動画を撮れる新しい撮影オプションなども明らかにした。(2021/6/8)

あの会社のこの商品:
1年間で4万台以上! ネットワークカメラ「ATOM Cam」が売れている秘密
2019年に創業したアトムテックは、ネットワークカメラ「ATOM Cam」を1年間で4万台以上販売した。高性能でありながら圧倒的な低価格を実現したことがヒットの理由だが、なぜ低価格で販売できたのか? 誕生の経緯から追ってみた。(2021/4/30)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ハイスペックスマホのOnePlusが投入するお手軽スマホ「Nord N100」
ハイスペックモデルに特化したメーカーとして有名なOnePlusですが、低価格モデルも出しています。2020年10月にリリースされた4Gモデル「Nord N 100」は、OnePlusの中でも最も価格が安い入門機。海外で使うサブ機としてオススメです。(2021/4/23)

「今度のお片付けはもっと速くできるよ」 子どものお片付けのスピードを劇的にアップさせる”マル秘アイテム”を描いた漫画が参考になる
オレでなきゃ見逃しちゃうね。(2021/4/16)

「Google Earth」のタイムラプス更新 地球の37年分の変化を3Dで
Googleが“バーチャル地球儀”「Google Earth」を更新した。1984年から2020年の37年間のタイムラプスを3Dで表示できるようになった。海岸線の変化や森林が減っていく様子などを鳥瞰できる。(2021/4/16)

換毛期の柴犬をブラッシングした結果 湧き出る抜け毛に「どこにそんなに!?」「抜け毛で柴犬が錬成できそう」
見ていて気持ちいいくらい毛がモコモコ出てくる……!(2021/4/4)

成長した「なめこ」のビジュアルが衝撃的……! 菌のパワーを感じる“きのこ盆栽”に驚きと感動の声
なめこのイメージが変わるかも。(2021/3/22)

羽田→関空、羽田→広島、明らかに直線距離が違うのにフライト時間はほぼ同じ、これはなぜ?
フライト時間はどちらも約1時間25分です。(2021/3/19)

「AQUOS sense5G」の機能を隅々まで使ってみた sense4と比べてどう?
幅広いユーザー層に人気のAQUOS senseシリーズ初の5G対応モデル「AQUOS sense5G」が発売された。5Gスマホにしては安い価格のAQUOS sense5Gは5Gスマホらしい新しい体験ができる端末なのか? 従来モデルからアップデートした機能を中心に使ってみた。(2021/3/16)

猫ちゃんがストーブの前でヘソ天バンザ〜イ! 完全無防備なお昼寝姿が笑っちゃうかわいさ
すがすがしさも感じさせる。(2021/1/1)

「クリスタ」にタイムラプス撮影機能 イラスト制作過程の共有が簡単に
セルシスが、イラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」にタイムラプス動画の撮影機能を追加すると発表。イラストの制作過程をSNSなどに投稿する目的での利用を見込む。(2020/12/3)

「Pixel 5」徹底レビュー 星空も撮影できるカメラ、4キャリアの5G+eSIM対応が魅力
Googleからミッドレンジの5G対応Android 11スマホ「Pixel 5」が発売された。星空撮影や超解像ズームなどGoogleの画像処理技術が注ぎ込まれたカメラを利用できる本機について、カメラ機能を中心にレビューしていく。(2020/11/13)

360度カメラの新型「Insta360 ONE X2」発表 円形ディスプレイ搭載、10m防水、バッテリー強化
スティック型の360度カメラ「Insta360 ONE X」(2018年発売)の後継モデルが登場する。(2020/10/28)

これ写真じゃないの!? スーパーリアルな人物画に思わずうなる
高画質の写真みたいなリアルさ。(2020/10/24)

iPhone 12 Pro実機をチェックして分かったiPhone 12との違い、「Pro」の証
サイズは同じ、プロセッサも同じ。では「Pro」の違いとは何か? 詳細に調べてみた。(2020/10/23)

iPhone 12実機を詳細チェックして分かった、カメラ仕様、MagSafe、5G
iPhone 12実機をお宝流マニアックな視点でチェック。(2020/10/23)

Googleさん:
最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと
Google純正Androidスマートフォンとしての最新ハイエンドモデル「Pixel 5」を使ってみました。いままでにない色「Sorta Sage」のバイオレジンでコーティングしたアルミ筐体の手触りは優しく、手に馴染みます。(2020/10/18)

帝国軍が監視する「スター・ウォーズ ドラレコ」登場 前はデス・スター、後ろはベイダー搭乗機がギラリ
しっかり監視します。(2020/10/16)

“紙”でできた台湾発デジタルトイカメラ「Paper Shoot」がかわいい! 実際に撮ってみた
エモーショナルな写真が撮れます!(2020/9/23)

MLOpsイベントレポート:
第1回勉強会:なぜ今MLOpsなのか、先駆者や実際の現場からMLOpsを学ぼう
MLOpsコミュニティーのイベントレポート連載。今回は「MLOpsとは何で、今なぜそれが必要なのか」「実際にMLOpsでやることとは何か」「機械学習モデルの開発から運用におけるMLOpsがなぜうまくいかないのか、どうすればよいのか」について学ぶ。(2020/9/14)

Xiaomi「Mi 10 Lite 5G」はなぜ4万円台の安さに? 2000円〜3000円台のワイヤレスイヤフォンも
Xiaomiのau向けミッドレンジスマートフォン「Mi 10 Lite 5G(XIG01)」が9月4日に発売される。auの5G対応スマートフォンの中では「最安値」とされている。4490円(税込み)の「Miスマートバンド5」や、2000円〜3000円台のワイヤレスイヤフォンも発表した。(2020/8/31)

中国Xiaomi、5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G」を日本に投入 KDDIから9月4日発売 4眼カメラ搭載で約4万円
中国Xiaomiが5G対応スマートフォン「Mi 10 Lite 5G」を日本向けに発売すると発表。価格は4万2700円(税込)で、9月4日からKDDIが独占販売する。4800万画素のメインカメラに加え、超広角やマクロなど4つのカメラを搭載する。(2020/8/31)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
トヨタの生産方式をMITが体系化した「リーン生産方式」の建設業での活用法
立命館大学 理工学部 教授の建山和由氏は、i-Constructionの目に見える効果として、近年活用が増加している現場の映像を活用したシステムと、トヨタの生産方式をMITが体系化した「リーン生産方式」の導入を提唱している。(2020/8/19)

3Dプリンタ買っちゃいました:
FDM方式の3Dプリンタを1週間使ってみた そして等身大へ
人物フィギュアを等身大で出せる?(2020/8/17)

クラウドや宮崎駿監督をパンケーキで! 食べるのに勇気が要るハイクオリティーなパンケーキアート
そっくりなパンケーキ肖像画がすごい。(2020/7/26)

手のひらサイズのスマホ用ジンバル「VLOG pocket 2」登場 1万2650円(税込み)
TS TRADEは、スマホ用ジンバル「VLOG pocket 2」の予約販売をクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で開始。価格は1万2650円(税込み)。「新宿 北村写真機店」1階フロアで展示する。(2020/7/4)

手のひらサイズのジンバル付きカメラ「Feiyu pocket」を試す Osmo Pocketとの違いは?
カメラを水平に保って手ブレを防いでくれるジンバル機能を持つ小型カメラ「Feiyu Pocket」。4K約830万画素での撮影が可能だ。「閉じるビューティー」、「オープン美しさ」という謎な設定項目まで含めて詳しく解説する。(2020/6/11)

ダイヤモンドクロス入れますか? 路面電車の豪快工事に目が釘付け!
「シ、シムシティかな?」 思わず見入っちゃうタイムラプス動画です。(2020/6/8)

ファーウェイから5GミドルレンジSIMフリー「P40 lite 5G」登場 LTEモデル「P40 lite E」もあり
ファーウェイのミドルレンジスマホ「P lite」シリーズの新モデルが登場する。5G対応モデルも用意されている他、手頃なLTE(4G)モデルもある。(2020/6/2)

絵になるとはこういうことか 冨永愛、和装で写経する姿に「お美しいですね」「本当に憧れる!」
良い時間を過ごしてる。(2020/5/7)

あなたはどこが落ち着く?:
拝見! 海外エンジニアたちの“自宅オフィス”
EE Timesは、このパンデミックの時代を生きるエンジニアたちのデスクを見せてもらえないか、と尋ねてみた。どのような場所でどのような働き方をしているのか、デスク上にどのようなツールやオブジェクトを取りそろえているのか、在宅勤務をする際の秘訣などについて、語ってくれないかと呼び掛けたのだ。(2020/4/23)

医療技術ニュース:
DNAオリガミを用いて、しなやかに曲がるナノアームを開発
東北大学は、DNAオリガミと呼ばれるナノ構造体作製技術を用いて、イオンに応答してしなやかに変形するナノアームを開発した。細胞表面など柔らかで不安定な場でも機能するロボットの開発に貢献することが期待される。(2020/4/22)

「HUAWEI P40」シリーズ3機種が発表 P40 Pro+は5眼カメラ搭載で“20倍ズーム”対応
Huaweiが3月26日(中央ヨーロッパ時間)、Pシリーズの最新モデル「HUAWEI P40」「HUAWEI P40 Pro」「HUAWEI P40 Pro+」を発表。P40とP40 Proは4月7日に、P40 Pro+は6月に世界各国で発売する。5GやeSIMに対応しており、カメラのズーム機能や色再現性を強化した。(2020/3/27)

「人間コピー機か」「もはや漫画家」 中川翔子、『鬼滅の刃』一発描きが想像以上のクオリティー
みるみる生まれるかまぼこ隊。(2020/3/17)

Googleアプリ非対応の5Gスマホ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」 日本で発売
ファーウェイ・ジャパンは、5G対応Androidスマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を3月28日に発売する。ファーウェイが日本で発売するモデルとしては初めて、米Googleの各種アプリが利用できないスマートフォンとなる。(2020/3/16)

現場管理:
岩手・大槌町で、4K映像からAIで建機数を検知する現場管理システムを試行
映像進捗管理システム開発コンソーシアムは、大槌町の水門工事現場で、4Kカメラとクラウド、AIを組み合わせた建設現場の進捗管理システムを試験的に導入した。(2020/2/13)

羽田空港の過密ダイヤを撮影した空のタイムラプス動画 規則正しい飛行機の離着陸に「綺麗」「すごい」
美しい映像です。(2020/1/13)

社会インフラテック2019:
点検ロボが集結、3Dスキャナー「BLK360」搭載の最新機や小型潜水艦
イクシスは、「社会インフラテック2019」で、インフラ構造物を対象にした点検ロボットを多数出展した。ワイヤ吊り下がりやマグネット張り付け、水中対応など、構造物の性質に応じて使い分け、全ての社会/産業インフラの点検をロボットに置き換えることを目指している。(2020/1/10)

モジュール式アクションカム「Insta360 ONE R」発表 防水、ライカ共同開発の1インチセンサや全天球にレンズ交換
Insta360の新型カメラは、他社のアクションカメラ、360度カメラ、180度カメラを飲み込むオールインワンモデル。(2020/1/7)

「怒られた〜!」 くつろぐ白猫の背後に忍び寄るウサギさん 大好きなシッポに急接近するも叱られ退散
そんなに近くに行って大丈夫?(2019/12/23)

Adobeのカメラアプリ「Photoshop Camera」がすごい カメラで写した風景にリアルタイムでエフェクト加工
これがフォトショのカメラアプリ!(2019/12/21)

アルファベット26文字を1本の鉛筆の芯に……! 繊細すぎるアート「鉛筆彫刻」の制作過程がすごい
これぞ芸術。(2019/12/14)

0歳から20歳まで、娘の成長記録を約5分に凝縮 タイムラプス動画が感慨深い
5分後にはまるで彼女を昔から知っているような感覚に……。(2019/12/7)

景観予測シミュレーションなどへの応用を目指す:
AIで1枚の景観画像からタイムラプス動画を自動生成 筑波大と豊橋技術科学大のグループ
筑波大学システム情報系で助教を務める遠藤結城氏らは、1枚の景観画像から、時間が経過していく様子の動画を自動生成するAIを開発した。変化が速い雲などの動きと、変化が遅い日没などによる色の移り変わりを、異なるニューラルネットワークに学習させた。(2019/11/7)

Photoshopで白黒写真の自動着色が可能に Adobe Elements 2020を試す
Adobe Elements 2020にはPhotoshopとPremiereがある。それぞれの新機能を見ていこう。(2019/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。