ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「妻夫木聡」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「妻夫木聡」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「どっちも男みたいでしょ」 和田アキ子、妻夫木聡とジムで仲良く筋トレ2ショット 笑顔が完全に乙女!
これは乙女。(2019/1/28)

『自分の腕を切り落とし、目を抉り出し、頭を叩き潰し……』 人生から将棋を消し去ろうとした瀬川晶司は、なぜ再びプロ棋士を目指したのか?
遠回りをしたから気付けたこと。(2018/9/8)

約50年ぶりにアニメ化される手塚治虫の名作「どろろ」 百鬼丸役に鈴木拡樹、どろろ役に鈴木梨央起用決定!
来年1月、楽しみすぎ。(2018/9/3)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「キラキラ広報」に未来はあるのか 仕事と外見の問題を考える
「キラキラ広報」という言葉を聞いたことがあるだろうか。文字通り、雰囲気がキラキラしている広報担当者のことを意味するが、彼女たちはどういった振る舞いをしているのか。また、どのように接すればいいのか。(2018/8/3)

水原希子、“奥田民生になりたいボーイ”妻夫木聡のご満悦顔を激写する
あ、こいつ奥田民生だな(主に表情が)。(2017/9/16)

1年で会員100万人突破:
スポーツ中継の“黒船”DAZN、快進撃は続くのか
2016年8月の日本市場参入から1年間で、急成長を遂げているスポーツ配信サービス「DAZN」。ジェームズ・ラシュトンCEOと、DAZN日本法人の中村俊社長が、これまでの展開を振り返るとともに、今後の方針を語った。(2017/8/29)

「ウォーターボーイズみたい」 杉浦太陽、ゴーグルをかけた次男昊空くんの姿に撮影当時を思い出す
似てる。(2017/6/27)

キングとサルだ! 窪塚洋介、妻夫木聡のIWGPコンビが再会2ショット「何というプレミアム」
思い出がよみがえる。(2016/12/3)

市川由衣、第1子となる男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
おめでとうございます。(2016/9/26)

これは胸熱!! 妻夫木の結婚祝いに16年ぶりに初代ウォーターボーイズ大集合
あれから16年……!(2016/8/25)

上野樹里や榮倉奈々の結婚で「松本潤縁結び神社説」が話題に 櫻井翔もブッキー結婚で伝説更新!
次は有村架純か?(2016/8/9)

「仮面ライダーゴースト」舞台あいさつに沢村一樹 下ネタは控えるもギリギリ発言「朝早くから皆さんいくら暇とはいえ……」
「来年も出たい」と真面目なコメントもしてました。(2016/8/7)

新妻の癒し笑顔や…… 貫地谷しほり、新婚マイコとの2ショットで妻夫木夫妻を祝福「いやぁ嬉しいね」
お祝いムードっていいですよね。(2016/8/6)

妻夫木聡、女優のマイコと結婚へ 4年の交際を経てゴールイン「互いに相手を思いやる気持ちに惹かれ」
絵にかいたようなステキ夫婦。(2016/8/4)

妻夫木聡が「奥田民生になりたいボーイ」実写映画に! 水原希子と初共演 全編に奥田民生の楽曲使用
渋谷直角さんのマンガを実写化。(2016/5/20)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
『天地人』では見せなかった直江兼続のホントの素顔
上杉家の直江兼続といえば、当主の上杉景勝を支えた股肱の臣として活躍しましたが、実はかなりの皮肉キャラだったようです。(2016/4/16)

RCサクセション「上を向いて歩こう」、阿部サダヲ主演映画の主題歌に 「偉大な先人の宝物のような歌」
清志郎は不滅だ。(2016/3/8)

熱く意味不明 「キャプ翼」の高橋陽一先生による東京ガスの謎漫画「副キャプテン自由化」が公開中
テレビCMにも使われている漫画です。(2016/1/6)

「世にも奇妙な物語」2週連続SP 「ズンドコベロンチョ」など人気作リメイクも
人気投票上位の作品をリメイクする「傑作復活編」と、日本を代表する映画監督とキャストによる「映画監督編」を放送する。(2015/10/21)

「世界を手に入れろ」:
「頼れるすてきな相棒です」――新CM出演の妻夫木聡が語るキヤノン「EOS M3」の魅力
3月26日、発売日と同日に放映が開始されるキヤノン「EOS M3」の新CM。そのCMに起用された妻夫木聡さんがEOS M3の魅力とCM撮影の裏話を語るトークセッションが開催された。(2015/3/19)

“大人”を語り尽くす 大人気CM「大人エレベーター」が書籍化!
サッポロ生ビール黒ラベルの人気CM「大人エレベーター」に出演する有名人が「大人」について語る書籍を紹介します。(2014/8/12)

TVCM連動、EOS 70Dが7名にあたるキャンペーン
キヤノンが新製品「EOS 70D」のTVCMロングバージョンを放送。連動企画としてEOS 70Dが抽選で7名にあたるキャンペーンも実施する。(2013/8/19)

撮影の楽しみを具現化するカメラ――キヤノン「EOS 70D」詳報
キヤノンが発表した、写真愛好家向けの新スタンダード一眼レフ「EOS 70D」。その大きな特徴のひとつである、「デュアルピクセルCMOS AF」について動画を交えて紹介する。(2013/7/2)

キヤノンのミラーレスカメラ「EOS M」新CM、9月23日から放映
キヤノンマーケティングジャパンは、9月29日に発売するミラーレスカメラ「EOS M」のTVCMに妻夫木聡さん、新垣結衣さん、木村カエラさんを起用。「オフの日」という設定のもと、EOS Mの写真撮影を通じて新しい発見を楽しむ様子を描いている。(2012/9/21)

「まだ巻き返せる」――ミラーレス市場に最後発から挑むキヤノン
「EOS M」でついにミラーレス市場への参入を果たすキヤノン。レンズ交換式デジタルカメラ市場において国内では4割にも迫るミラーレスへの参入に際し、同社では「EOSであること」を掲げて最後発からの戦いに挑む。(2012/7/23)

東京モーターショー2011:
トヨタブースで「どこでもドア」発見! ドラえもんもいるぞ!
ドラえもんに扮(ふん)したジャン・レノさん(のパネル)と記念撮影もできます。(2011/11/30)

東京モーターショー2011:
近未来に登場? トヨタが「Fun-Vii(ファンヴィー)」などを出展
トヨタ自動車は11月30日、12月3日から開幕する「東京モーターショー2011」に出品するコンセプトカーなどを報道陣に公開した。近未来カーのキーワードは“つながる”だ。(2011/11/30)

それゆけ! カナモリさん:
のび太はしずかちゃんとドライブデートの夢を見るのか?
ジャン・レノがドラえもんにふんしていることで話題を読んでいるトヨタの企業広告キャンペーン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」。妻夫木聡がふんするのび太は、トヨタの願い通り、免許とクルマを取得し、しずかちゃんをデートに連れていけるのか。(2011/11/30)

それゆけ! カナモリさん:
マンダムVS. 資生堂 スタイリング剤ガチンコ勝負はどこへ行く?
キムタクが出演するマンダム「GATSBY」の新CMが9月20日にオンエアされ、資生堂「uno」も8月27日から新CMシリーズを開始している。宿命のライバルが壮絶な火花を散らしているのだ。(2010/10/6)

ギャラ3割カット!? 広告出演する有名人に大切なこととは
不況の影響をもろに受け、企業の広告費はなかなか回復の兆しが見えない。そんな状況下において、これから「CMに出演したい」と考える有名人が行うべきこととは……?(2010/6/9)

それゆけ! カナモリさん:
「ニュー」で「ハーフ」な時代をどう生き延びるか
昨今の市場環境を表す二つのキーワードが話題だ。「ニューノーマル」と「ハーフエコノミー」。マーケタ―は今、この二つの時流を的確に捉えた戦略を求められている。(2009/12/16)

それゆけ! カナモリさん:
イケメン四天王が狙うのは誰だ? 資生堂「uno FOG BAR」のターゲット
妻夫木聡、小栗旬など豪華イケメン四天王を揃えた資生堂「uno FOG BAR」のCM。霧状のスタイリング剤という新商品が、CMを通してリーチしたいターゲットは誰なのか――。(2009/9/9)

今あるアイデアをすべて詰め込んだ自信作――「モンスターハンター3(トライ)」完成披露発表会
8月1日の「狩猟解禁」まで、いよいよあと1カ月をきった「モンスターハンター3(トライ)」の完成披露発表会が7月3日、東京・六本木にて開催された。ここでは発表会のリポートとあわせて、発表会後に行われた試遊イベントの様子をお伝えする。(2009/7/6)

エヴァ実写化計画始動 綾波レイ役は誰?
エイプリルフールネタではなかった! エヴァンゲリオン実写化計画が始動。注目のキャスティングは……。(2009/4/2)

本山由樹子の新作劇場 特別編:
「パコ」から「ソウ」、意外な拾いモノまで3月発売の要チェック新作BD
映画界で最近一番の話題といえば、「おくりびと」のアカデミー受賞。作品の公開はほぼ終了しているが、発売されるDVDなら家庭で楽しめる。見逃した作品、もう一度みたい作品をじっくり楽しめるのはパッケージのいいところ。それでは、今月発売のおすすめタイトルをどうぞ!(2009/3/2)

Mobile&Movie 第340回:
感染列島「魔法のお手紙書いて」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、妻夫木聡主演のパニックムービー『感染列島』。急速に広がるウィルス感染を食い止めるため、病院のスタッフが奮闘します。(2009/1/23)

+D Style News:
「漫画オタク」麻生首相も登場 東京国際映画祭開幕
第21回東京国際映画祭が開幕。麻生首相も登場し、「首相としてより、漫画オタクとして有名」と語りつつ、映画祭の開催を祝福した。(2008/10/19)

本山由樹子の新作劇場:
三谷幸喜監督の4作目――「ザ・マジックアワー」
監督出ずっぱりのプロモーションで、すっかり見た気になった方もいると思いますが、話題のコメディがBlu-ray Discで登場。三谷作品初のBlu-ray Discでもあります。(2008/9/8)

+D Style 最新シネマ情報:
「ザ・マジックアワー」
三谷幸喜の映画監督4作目となる「ザ・マジックアワー」。巨大セットの街で希代の役者バカ(けど大根)が繰り広げる“勘違い”が、物悲しくもあり、なんともおかしい。映画監督デビュー作「ラヂオの時間」以来の傑作で、あっという間の136分!(2008/5/19)

メル友になりたいタレント、トップは上地雄輔とベッキー
ネットエイジアが「タレントのケータイイメージランキング」と題した調査の結果を発表。ケータイが最も似合う男性タレントはトップが妻夫木聡で、2位は瑛太。女性タレントは仲間由紀恵がトップで2位に上戸彩がランクインするなど、キャリアのテレビCMに登場するタレントが目立つ。(2008/5/16)

ケータイが最も似合うタレントは──ケータイイメージランキング
ネットエイジアが、タレントのケータイイメージランキングを発表。ケータイが似合うタレントや、メル友になりたいタレント、ケータイを使いこなしていそうなタレントは誰か。(2007/10/18)

5分で分かる、2007年上半期のモバイル事情(後編)
2007年上半期のモバイル事情を振り返る本企画。後編では、ビジネスモデルの変化や他事業との連携について振り返る。【2007年1月から8月15日までのソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル、業界動向記事のアクセスランキング掲載】(2007/9/28)

5分で分かる、2007年上半期のモバイル事情(前編)
2007年も半ばを過ぎ、秋冬商戦も間近に迫ってきた。2007年の後半戦を迎える前に、上半期の携帯市場の動きを振り返ってみよう。【2007年1月から8月15日までのドコモ、au記事のアクセスランキング掲載】(2007/9/3)

Mobile Weekly Top10:
インセンティブモデル、“短期間で機種変する人が得”なのか
インセンティブモデルの是非が問われる中、“短期間で機種変更する人が得をしている”という論調が高まっている。KDDIの小野寺正社長は「必ずしもそうとは言えない」とコメントした。(2007/5/10)

auキャラだった、あの人も──ドコモのCMに浅野忠信、妻夫木聡ら8人
ドコモの新しいCMキャラクターとして8人のタレントが登場。かつてauのCMに登場していた浅野忠信、妻夫木聡のほか、長瀬智也、土屋アンナ、蒼井優、吹石一恵、瑛太、北川景子といった人気タレントが新生ドコモをアピールする。(2007/5/7)

新作DVD情報:
ウワサの2人共演で実写化――「どろろ」
活況を呈する“コミックの映画化”。さすがに「どろろ」は厳しいだろうと思っていたら、予想以上(!?)の大ヒットとなり、続編の製作も決定した。この話題作が通常版と豪華3枚組コレクターズ・エディションで7月13日に登場!(2007/5/1)

新作DVD情報:
同名のヒット曲をモチーフにした切ない兄妹愛――「涙そうそう」
沖縄に生まれ育ったニィニィと、血のつながらない妹。両親に先立たれ、助け合いながら生きてきた2人に過酷な運命が待ち受ける。妻夫木聡、長澤まさみ、旬の俳優共演による涙・涙の感動作。(2007/2/19)

新作DVD情報:
今度の舞台は東京だ!――「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」
人気カー・アクション・シリーズの3作目。日本生まれのドリフトを大フィーチャーした熱き東京バトル! チューンナップされた色とりどりの改造車、このスピード感と疾走感は1度味わったらヤミツキに!(2006/12/11)

“ごくせん”共演コンビ、auの顔に──auのCMキャラに速水もこみちさん
au携帯電話の新イメージキャラクターに、速水もこみちさんが就任する。引き続き起用する仲間由紀恵さんとともに、auの顔は“ごくせん”共演コンビが勤めることになる。(2006/8/28)

番号ポータビリティを目前にした“auの顔”
auショップ店員の販売力や接客マナーを競う「au CS AWARDS 2006 東京大会」が開催された。番号ポータビリティ開始を前に、“auの顔”となる販売の最前線で勤務する彼らは、接客コンテストでどのような顔を見せるのか。(2006/8/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。