ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「腫瘍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「腫瘍」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
狭い檻に閉じ込められ、おなかの腫瘍も放置されていたリッツ。(2021/9/16)

ピコテスラ級の検出感度:
高感度磁気センサーで新たな画像診断技術を確立
横浜国立大学とTDKは2021年9月6日、高感度磁気センサーを活用した画像診断技術を開発したと発表した。腫瘍や組織をより高感度で検出できる可能性がある。(2021/9/8)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

家主の死、飼い主の入院、金銭問題――猫65匹の「多頭飼育崩壊」はなぜ起きたのか レスキューに立ち会ったボランティア団体が明かす“凄惨な現場”
最後の1匹の“ずっとのおうち”が決まるまで。(2021/8/13)

研究開発の最前線:
iPS細胞実用化の“死の谷”を越えろ、武田薬品など出資の新会社が始動
武田薬品工業と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が共同研究プログラム「T-CiRA」の研究開発成果の社会実装を目的とする「オリヅルセラピューティクス株式会社」の設立背景と今後の展望について説明。同社は2026年をめどにiPS細胞由来の心筋細胞と膵島細胞を用いた再生医療の臨床有効性・安全性データを収集し、株式上場を目指す。(2021/8/11)

編み物で話題の英飛び込み金メダリスト、亡き父へささげる動画に反響 「泣けた」「お父さんも誇りに思うはず」
デーリー選手「毎日頑張り続ける強さを与えてくれたのはパパ」(2021/8/10)

堀ちえみ、右手首の「イボのような出来物」を即除去 生検の結果にも警戒 「チェックしておかないと怖いもの」
1年のうちに2度のがん手術を経験した堀さん。(2021/8/3)

Facebook、バイデン大統領の「人々を殺している」に反論 「米政府よりワクチン接種に貢献している」
Facebookが、バイデン大統領がFacebookなどのSNSが「人々を殺している」と発言したことについて反論する公式ブログを公開した。「政権がワクチン接種目標を達成できなかったのはFacebookのせいではない」とデータを挙げて主張する。(2021/7/19)

「恐れていた事が起きてしまいました」 岸本加世子、がん闘病中の愛犬が余命1カ月で号泣 「姫子を奪わないで」
2018年以降、摘出手術と抗がん治療を4回ずつ実施。(2021/7/13)

朝起きたら娘の顔がひきつっていた 1歳の娘が顔面麻痺に 母親との入院体験をつづった漫画がハラハラする
入院生活のしんどさなどを描いています。(2021/7/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)

小児がん研究と「グラフデータベース」の可能性【前編】
デンマーク工科大学が小児がん研究に「グラフデータベース」を活用する理由
デンマーク工科大学は、小児急性リンパ性白血病の研究データ処理にTigerGraphのグラフデータベース製品群を採用した。研究チームの目的にグラフデータベースが合致した理由とは。(2021/6/22)

堀ちえみ、誹謗中傷犯の摘発は「氷山の一角」 人権無視の言葉で心折れたことも「病を乗り越えたことは間違いだったのでは」
45歳女性が堀さんへの誹謗(ひぼう)中傷コメントで書類送検されています。(2021/6/21)

柏木由紀、10万人に1人の「脊髄空洞症」を公表 治らない左手しびれの原因判明に「気持ちが楽になった」
現在のところ、一刻を争う事態ではないとのこと。(2021/6/4)

紗栄子、愛馬“りぃちゃん”が皮膚がんで天国へ ファーム初訪問1周年での別れに「寂しくなっちゃう」
おっとりとした性格のサラブレッドでした。(2021/6/2)

「鼻が無くならなくて良かった」 がん手術3回の仁科亜季子、7年ぶり再発の疑い晴れて安堵
23年間に子宮頸がん、胃がん、大腸がんを患ってきました。(2021/5/31)

韓国の美容系YouTuberが30歳で死去 2019年からガン闘病、生前最後の投稿では前向きな発言も
家族と過ごすある1日を映した映像が生前最後の動画となりました。(2021/5/31)

医療機器ニュース:
乳房全体の3D画像を作成できる、リング型超音波画像診断装置を発売
Lily MedTechは、乳房用のリング型超音波画像診断装置「COCOLY」の医療機器製造販売認証を取得し、国内販売を開始した。散乱像再構成技術「リングエコー撮像法」を活用し、自然な形に近い乳房全体の3D画像を作成できる。(2021/5/20)

イノベーションのレシピ:
電卓や楽器に並ぶ事業に、カシオのデジカメ技術を受け継ぐAIカメラの実力
カシオ計算機は現在、超高速低消費電力AIカメラモジュールの開発に取り組んでいる。同社は2018年にコンシューマー向けデジタルカメラ市場から撤退したが、デジカメで培った技術は大きな財産として残された。その技術資産で開発したものの1つがAIカメラモジュールだ。担当者にAIカメラの技術詳細と市場戦略について話を聞いた。(2021/4/28)

愛する猫ちゃんが尿路結石寸前に……!? 治療に奮闘する飼い主と頑張る猫ちゃんの漫画が参考になる
早めに気付けて良かった……!(2021/4/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Amy Dang編(前):
書籍、アプリ、インターネット――両親が私にくれたもの
メコン川の支流近くで育った女の子は、PCと出会い、プログラミングに没頭し、海外と共同研究を行うデータサイエンティストになった。(2021/4/26)

医療技術ニュース:
尿1mlから99%の正確度で脳腫瘍を判定する手法を開発
名古屋大学は、尿に含まれるマイクロRNAの分析により、99%の正確度で脳腫瘍を診断できることを明らかにした。尿中のマイクロRNAから、種類や悪性度を問わず脳腫瘍の診断ができる。(2021/4/21)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

世界で最も完全で美しいトリケラトプスの全身骨格、日本上陸 ソニーの恐竜展で
ソニーグループ主催の恐竜展でヒューストン自然科学博物館が所蔵するトリケラトプスの全身骨格「レイン」が日本に初上陸する。会場ではソニーならではの展示も。(2021/4/8)

愛犬の大事なところが炎症→慌てて病院に駆け込むと…… 獣医師の一言に赤面する飼い主の漫画にほっとする
何もなくてよかった。(2021/3/31)

サンド伊達、膀胱がんで手術を告白「かなり焦りましたが…」 既に回復し「無事に生還しました!」
早期発見だったとのことです。(2021/3/26)

医療機器ニュース:
1台で頭部と乳房を検査できる、TOF-PET装置を発売
島津製作所は、頭部と乳房の検査に特化したTOF-PET装置「BresTome」を販売した。検出器ホールに最新の半導体検出器を採用し、従来の全身用PET装置と比較して、約2倍となる解像度を備えている。(2021/3/17)

がんになっても前を向くためには、どの荷物をおろせばいいか エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
「“病気のしんどさ”に向き合っていくなかで、“自分が抱え込んでいたしんどさ”が分かってきた」(2021/4/2)

がん患者への「かわいそう」「初期でよかったね」は傷つけてしまう言葉かも? 乳がんエッセイ漫画・原作者インタビュー
読者から反響があったという「がん患者を傷つける(可能性がある)NG言葉」。(2021/4/2)

知識だけでは割り切れない“がん治療のリアル” エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
家族とともに、乳がんと向き合った5年間の体験を描いたエッセイ漫画。(2021/4/2)

氷川きよし、愛犬・ココアの死を報告 「本当に安らかな顔で眠りました」「かけがえのない最高の時間をありがとう」
愛するココアへの感謝の気持ちを伝えています。(2021/2/21)

医療技術ニュース:
動物由来の成分を使わずにiPS細胞から大量の再生T細胞を培養
京都大学は、動物由来の成分を使用せずに、大量にT細胞を得る方法を開発した。この手法を用いてiPS細胞から作製したT細胞は、がん細胞を攻撃する能力を持っており、がん免疫療法に利用できる。(2021/2/15)

医療技術ニュース:
微量の匂い分子を検出する、蚊の嗅覚受容体を利用した匂いセンサーを開発
東京大学と神奈川県立産業技術総合研究所は、蚊の触覚に存在する嗅覚受容体を人工の細胞膜上に組み込んだ匂いセンサーを開発し、呼気に混合した微量の腫瘍マーカーを嗅ぎ分けることに成功した。(2021/2/9)

人工知能ニュース:
オリンパスが大腸内視鏡AIソフトを拡充、浸潤がんや潰瘍性大腸炎を高精度に診断
オリンパスは、大腸の超拡大内視鏡画像をAIで解析し医師の診断を補助するソフトウェア「EndoBRAINシリーズ」において、腫瘍や浸潤がんを高精度に判別する「EndoBRAIN-Plus」と、潰瘍性大腸炎の炎症状態を高精度に評価する「EndoBRAIN-UC」を追加し、同年2月5日に国内発売すると発表した。(2021/1/28)

坂本龍一、2度目のがん判明に「大いに落胆しました」 闘病中の盟友・高橋幸宏がエール「絶対に大丈夫!」
2014年に中咽頭がんを公表していました。(2021/1/21)

氷川きよし、16年を過ごした愛犬ココアの腫瘍発見に涙 “溢れ出る母性”で病魔に対抗「1日でも長く生きてもらいたい」
元気になってほしい。(2021/1/19)

「だからお願い、ずっと元気でいてね――」 愛犬への想いを描いた飼い主の漫画に共感の嵐
ずっと一緒にいたいから。(2021/1/16)

ブンサテ・中野雅之、「THE SPELLBOUND」を結成 川島道行さん逝去後のバンド結成に「随分と勇気が必要でした」
「BOOM BOOM SATELLITES」の川島道行さんは2016年に逝去。(2020/12/15)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

「会いたいなぁ〜何してんのかな〜」 須藤理彩、亡き夫・ブンサテ川島道行さんの命日に“変わらぬ愛”を告げる
2016年10月9日に脳腫瘍のため亡くなった川島さん。(2020/10/9)

医療技術ニュース:
体外からがん組織を深部まで観察できる粒子を開発
山口大学、徳島大学、九州大学は共同で、蛍光生体イメージングにより、体外からがん組織を深部まで観察できる近赤外蛍光、有機シリカナノ粒子を開発した。(2020/9/9)

高橋幸宏、脳腫瘍の摘出手術を告白 初夏に“断続的な頭痛”、手術当日にツイートも「今日は13日、緊張の日」
手術は成功し、後遺症もないとのこと。(2020/8/31)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で製薬業界に訪れた転換点 ヘルステック企業が実現を目指す「バーチャル治験」とは?
新型コロナウイルスの影響によって、医療や医薬品業界のビジネスモデルが大きく変わろうとしている。病院などに足を運ばなくても受けられる「バーチャル治験」の実現に向けて期待が高まった。(2020/8/31)

猫のおしっこには熱湯が効果的!? 身近なモノでニオイを解消する漫画が役に立つ
家にあるもので対処できます。(2020/7/18)

医療技術ニュース:
リポソームでがん細胞だけに治療遺伝子を届ける、信州大学と東芝が新手法
信州大学と東芝は、がん細胞に選択的に遺伝子を伝達する「がん指向性リポソーム」を開発したと発表。東芝が独自に設計した100nmサイズのナノカプセルに、信州大学 教授の中沢洋三氏らが研究を進めるがん抑制遺伝子を内包して、治療対象となるT細胞腫瘍に選択的に同遺伝子を導入することに成功。マウスによる動物実験により効果を確認した。(2020/5/29)

東芝と信大、“がんにだけ届く”遺伝子治療薬 マウスで効果確認
東芝と信州大学は、がん細胞にだけ取り込まれる遺伝子治療薬の効果をマウスの実験で確認したと発表した。実用化に向けて研究を進める考え。(2020/5/29)

今のAI技術はあくまでも「診断支援」
画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由
画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。(2020/5/26)

専門家のイロメガネ:
新型コロナ薬のレムデシビルは、なぜ米中で治験の結果が正反対だったのか?
新型コロナウイルス治療薬の登場が期待される中、5月7日に抗ウイルス薬のレムデシビルが日本で「特例承認」された。しかし米中でレムデシビルの治験が行われたが、結果が効く、効かないで正反対だったと報じられている。レムデシビルは新型コロナに効くのか、なぜ米中の治験で異なる結果が出たのか。(2020/5/19)

医療技術ニュース:
主血管と毛細血管を持つ人工組織の作製技術を開発
産業技術総合研究所は、実際の臓器と似た構造の血管を持った人工組織を作る技術を開発した。血管に培養液を流すことで、酸素や栄養を供給して組織を維持したり、薬剤を流し入れたりできる。(2020/5/7)

「これは猫飼いの人がかかりがちな病気です」 猫好きあるあるがいっぱいつまった漫画が面白くて共感する
分かりすぎる。(2020/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。