ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「内山悟志」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「内山悟志」に関する情報が集まったページです。

業務基盤の刷新などで約4億円のコスト削減も見込む
ANAが実践した働き方改革、その成功の秘訣とは?
多くの企業が最重要の経営課題として「働き方改革」に注力している。有識者が提案する改革を成功に導く最適な施策とは? 働き方の改革を実践した全日本空輸(ANA)のキーパーソンに話を聞いた。(2015/3/6)

新しいマーケティングの潮流:
ソーシャル時代のストーリー・マーケティング【後編】
後編では、ソーシャル技術によってストーリー・マーケティングを進化させる具体的な手法などを紹介する。(2013/4/12)

新しいマーケティングの潮流:
ソーシャル時代のストーリー・マーケティング【前編】
共感を重視したストーリー・マーケティングの手法が、広告宣伝の世界において一定の効果を生み出している。一方で、ソーシャル・テクノロジーの台頭により、ストーリー・マーケティングに新たな展開の可能性が浮上してきている。(2013/4/10)

システムインテグレーターが生き残る道【後編】
IT投資の減少などによって苦境に立たされるSI企業。今後ますます市場競争が激化する中、生き残りをかけてどう取り組んでいくべきなのか。(2013/3/15)

システムインテグレーターが生き残る道【前編】
クラウドコンピューティングの台頭により企業情報システムの構築および運用形態は大きく様変わりしようとしている。システムインテグレーターがこれまで収益源としていたオンプレミス型のインフラ構築、受託によるアプリケーションのスクラッチ開発、パッケージを活用した導入支援およびカスタマイズといった事業だけでは大きな成長を望むことはできなくなってきている。(2013/3/14)

システムやデータの保護を確立せよ:
PR:確実な事業継続を実現するための緊急課題とは? ITR内山代表とCAに聞く
災害やトラブルが原因でシステムやデータに障害が起きれば、企業のビジネスに深刻な被害が出る。事業継続への取り組みが求められているが、限られた人員や予算の中で企業はどのような対応が必須なのか。現状の課題や解決のヒントをITR代表取締役の内山悟志氏、ソリューションを提供するCA Technologiesに尋ねた。(2012/10/31)

PR:IT部門に不可欠な6つのコアスキルと情報活用戦略
企業を取り巻く環境が変貌する中、IT部門の役割も大きく変わりつつある。その結果、ユーザーからIT部門への“期待”と“現実”に大きなかい離が生じ、IT部門はその必要性を問われる事態に直面している。今、IT部門に求められるのは6つの観点に基づくスキルの修得だとITRの社長でプリンシパル・アナリストの内山悟志氏は説く。中でもビジネス貢献のための鍵を握るのが、企業の情報活用を促進する「分析指向」だ。(2012/10/29)

ITmedia エグゼクティブ フォーラム Report:
PR:待ったなしのリスク管理と危機管理、ダメージをいかに小さくするか
東日本大震災は、日本企業のリスクや危機に対する意識を変えたとされる。経済、そして、ITの観点からそれがどのようなものであるかを、東京大学の伊藤元重教授やITRの内山悟志社長らが解説する。(2011/11/10)

震災後の企業ITのあり方とは:
「サステナブルな経営を支えるIT部門になれ」――ITR・内山社長
東日本大震災で多くの企業がIT予算の見直しを図ったものの、事業の拡大に向けてやるべきことはやり続けることが肝要だという。(2011/7/14)

内山悟志の「IT人材育成物語」第2幕:
【第3話】アイデアの競い合わせ
川口の主催する「改革塾」のメンバーによるIT戦略委員会の改革案の検討が始まった。メンバーの中で最若手ながらいつも積極的に発言する営業部の石川がファシリテーターとなって、まずは「IT戦略委員会の目的とは何か」をテーマにトーナメント式合意形成が行われた。(2011/2/18)

内山悟志の「IT人材育成物語」第2幕:
【第2話】手法と枠組み
勉強会の第1期卒業生である浅賀からIT戦略委員会の運営について相談を受けた川口は、その課題を「改革塾」の検討テーマとしてメンバーに問うことにした。「改革塾」には、社内の各部門から10人の精鋭が集結しており、毎週課題を自分達で設定して、その分析や解決策の立案を行っている。(2011/1/14)

内山悟志の「IT人材育成物語」第2幕:
行き詰まり
川口が、秦野部長の依頼で宮下と奥山の2人を対象に細々と勉強会を始めてから1年の月日が流れた。その後、全社の精鋭を集めて始動した「改革塾」は軌道に乗っていた。「IT人材育成物語」の第2幕をお届けする。(2010/11/2)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第22話】動き出す改革
川口の指導による4人の勉強会の成果発表を受けて、情報システム部長の秦野は、彼らの提言を具体化させるための指示を矢継ぎ早に出していった。情報システム部の範囲にとどまらない改革が動き始めた。(2010/7/5)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第21話】部長の決断
これまでの検討の成果を部長たちに発表する日がきた。川口の指導により、4人が役割を分担し、プレゼンテーションを行った。熱のこもった質疑応答の末、情報システム部長の秦野は、即決である決断を下すのだった。(2010/5/24)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第20話】プレゼンの極意
いよいよ4人の勉強会の成果を部長たちに示すプレゼンテーションが次週に迫っていた。川口は、公式なプレゼンテーションの経験がない4人に、うまいプレゼンテーションの方法について説明することにした。(2010/4/8)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
不況を人材育成の追い風に ITR・内山氏
景気低迷により多くの企業でIT投資が削減される中、情報システムのクラウド化やアウトソーシングが注目を集めている。これによりIT部門が不要になることは決してなく、むしろコアスキルを持ったIT人材の育成が不可欠になるという。(2010/4/2)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第19話】施策を練り直す
施策を絞り込む過程で、新規のシステムを構築することよりも、ITを最大限に活用する企業風土を築くことが今のあかり食品には重要だと気付いた4人は、再度課題を整理し直し、施策を練り直し、ようやく結論を導き出した。(2010/3/23)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第18話】根源に立ち返る
策定した評価マトリックスに基づいて、これまで洗い出した施策案を評価し絞り込みの作業が行われた。4人は、これまでの一連の検討を通して、ITを最大限に活用する企業風土を築くことこそが今最も重要だということに気が付かされるのだった。(2010/3/1)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第17話】施策の評価
部長たちへのプレゼンテーションに向けて、4人はこれまで洗い出した施策を評価し、有効な施策をしぼり込んで提言することとなった。川口は施策の有効性を評価するための軸を考えるよう4人に指示した。(2010/2/8)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第16話】プレゼンに挑む
数回にわたり検討してきたテーマに対する課題の抽出と分析、解決策の立案、課題と解決策の関係付けという一連の作業は終盤を迎えていた。川口は、4人に対してこれまで検討した結果を提言としてまとめるよう命じた。(2010/1/18)

IT投資の新方程式:
「IT部門のリーダーこそ現場に飛び出せ」――ITR・内山代表
低迷からの脱却が求められる2010年。企業のリーダーこそが真っ先に現場に出るべきだとITRの内山代表は語る。(2010/1/1)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第15話】人の好き嫌い
阿部と浅賀が加わった最初の勉強会を終えた面々は、いつもの食事処へと向かった。そこには、数週間前と同様に、情報システム部長の秦野と経営企画部長の吉田が5人を待ち構えていた。(2009/12/16)

ITmedia リサーチインタラクティブ 第4回調査:
IT投資は上向くか
IT投資に対する企業の意欲は徐々に高まりを見せる一方、ITに関連する予算は減少傾向にある。企業のIT投資は今後どのような変化を見せるのか。ITmedia リサーチインタラクティブ第4回の読者調査では、皆さまの声を基に最新の「IT投資動向」を分析する。(2009/12/15)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第14話】漏れなく、ダブりなく
沈黙のブレインストーミングによって、4人は何とか解決策の洗い出しを終えた。川口はこれ以上の集中した作業を行うのは困難と判断し、余談を交えて脳をほぐす演習を与えた。(2009/11/26)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第13話】アイデアの連鎖
奥山、宮下、阿部、浅賀の4名は、ブレインライティング法を使って課題の洗い出しを始めた。しかし、情報システムに関する知識のない経営企画部のメンバーはアイデア出しで行き詰ってしまう。(2009/11/12)

次代の経営を担うIT部門リーダーを育てる私塾
人材育成は重要だ。これはどの企業も理解していることだが、即効性のなさから二の次になりがちである。しかし将来の経営を見据えた場合、若手社員の成長なくして企業の成長はない。(2009/11/11)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第12話】沈黙の知恵出し
経営企画部の吉田部長の申し出により、今回から阿部と浅賀の2人が勉強会に加わることとなった。4人になったメンバーで組織が抱える課題に対する解決策を洗い出す作業が始まった。(2009/10/21)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第11話】渡りに船
苦労しながらも、何とか課題の構造化を終えた3人はいつもの食事処に向かった。そこでは秦野と経営企画部の吉田部長が彼らを待ち構えていた。(2009/10/5)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第10話】注目の的
第3回目の勉強会で、課題を構造化する作業に取り掛かる宮下と奥村の2人。ちょうどそのころ、情報システム部長の秦野は、経営企画部の吉田部長からある相談を持ちかけられていた。(2009/9/17)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第9話】収束の技法
カードBS法によって約50の課題が洗い出された。問題解決のためには、収束の技法を使ってこれを構造化しなければならない。川口は、構造化のために必要な類型化(グルーピング)と抽象化について説明した。(2009/8/25)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第8話】課題を洗い出す
いよいよ検討テーマに対する課題の洗い出しが始まる。カードBS法と呼ばれる手法を活用し「なぜ、ITが十分に事業に貢献できていないのか」の原因を導き出す。(2009/8/11)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第7話】問題のとらえ方
勉強会の第2回が始まった。前回決定したテーマについての問題解決に取り掛かる。川口は、検討を始めるにあたって、問題のとらえ方と問題解決の流れについて説明した。(2009/7/27)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第6話】仕事の優先順位
ようやく大局的な課題が洗い出され、検討テーマが決定した。川口は、勉強会の初回から頭をフル回転させてアイデア出しを行った2人を慰労しようと会社近くのいきつけの食事処に誘った。(2009/7/14)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第5話】目線を高く
勉強会の初日、「これから何を検討するか」についてのブレインストーミングが始まったものの、日夜現場の仕事に追われている宮下と奥山からは目の前の課題しか挙がってこない。(2009/6/29)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第4話】期待と戸惑いの始動
ある日突然、急に勉強会に参加するよう呼び出された若手社員の宮下と奥山。これからどんなことをやっていくのかについて多くを語らない川口。3人だけの勉強会がいよいよ始まった。(2009/6/15)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第3話】 構想を練る
若手の育成に一肌脱ぐと秦野に約束した川口は、勉強会の方針や内容に関する構想を検討するためにマインドマップを使って頭の中を整理してみた。(2009/6/1)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第2話】 白羽の矢
次世代のリーダーとなるべき若手の育成で悩んでいた秦野は、数少ない中途入社組の川口を見込んで、その思いを語った。(2009/5/14)

内山悟志の「IT人材育成物語」:
【第1話】 悩みとひらめき
中堅食品メーカーで情報システム部長の任に就く秦野は悩んでいた。システム部門が停滞気味だと感じていたからだ。ところが、新卒社員が配属されたある日、ふと妙案が浮かんだ。(2009/4/28)

「コラボレーションの失敗」が起きる10の理由
上司と部下、同僚同士、社内と社外――あらゆるビジネスシーンにおいて、近年“コラボレーション”の重要性が高まってきている。コラボレーションに関して、ビジネスパーソンが不満を感じているのはどんな点なのか。(2009/3/25)

「2009 逆風に立ち向かう企業」アイ・ティ・アール:
「IT部門の再生工場を目指す」――ITR内山社長、2009年の展望
金融危機の影響を避けられない2009年、企業のIT投資は縮小傾向になるとITRの内山社長は話す。「新規投資ができない時こそ、人材育成に労力を注ぐべき」だという。(2009/1/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
内部統制を徹底し過ぎる日本人、効率良く経営改善に転化せよ
物事にこだわりを持つのは日本人の長所だが、時にそれがビジネスの足かせとなってしまうのも事実だ。企業のJ-SOX法対応でもその影響がみられる。(2008/7/22)

足かせではなく好機、J-SOX法で経営全体の見直しを
いよいよ適用が始まったJ-SOX法に向けて、各企業とも業務フローや組織の「見える化」に取り組んでいる。これを契機に経営全体の見直しを図ることが必要だ。(2008/6/19)

首都高の二の舞い? 枯れた技術を手放せない日本のシステム部門
継ぎはぎ状に膨れ上がったレガシーシステムに頭を抱える日本企業。ビジネス環境の変化が著しい今日において、ITインフラの硬直化は大きな足かせだ。現状の構造を見直し、将来を見据えた「IT都市計画」が必要な時期に来ているという。(2008/4/19)

ITインフラの見直し、今がラストチャンスか?
ITインフラは、今後のビジネスの戦略基盤にならないばかりか、運用コストを増大させる一方だ。IT調査会社ITRの代表取締役内山悟志氏は「ITインフラの問題を解決できるのは、今がラストチャンス」と話す。(2008/4/8)

無計画なITインフラは渋滞する首都高速そのもの
日本企業のITインフラは無計画に広がってきた。IT調査会社ITR代表取締役の内山悟志氏はこの状態に危険信号を発する。あたかも無理につくった首都高速そのものの様相をていしているという。(2008/4/1)

2007年度IT予算、“守りの投資”で落ち込み
国内企業の売上高に占めるIT予算額の比率は前年度から減少したとITRが発表した。情報セキュリティなどの守りの投資が増え、戦略投資が減ったことが原因という。(2008/2/12)

【年末年始特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2008年大予測:
2008年に注目される10のIT戦略テーマ
ITRの調査によると、2008年のITは、統制と管理のステージを越えて、縁の下の力持ちという存在からビジネス革新の表舞台に押し上げる礎とする企業が増えそうだ。(2008/1/2)

システムインテグレーター再編へ
TISとインテックの経営統合は成功するか――ITR内山氏に聞く
TISとインテックホールディングスの経営統合は成功するのか。大規模組織ゆえの懸念もある。IT専門の調査会社ITRの内山悟志代表に聞いた。(2007/12/14)

スペシャル対談 ITR内山×オラクル三澤:
PR:あなたの会社も危うい!? 今こそ情報システム基盤を再考すべきとき
日本企業の情報システム部門は、膨れ上がった定常費用に大半のIT支出を充てなければならず、新規投資に割けるのはわずか15%に過ぎないという。こうした情報システム基盤のままでは、長期的な企業の競争力に対してボディブローのように効いてくる。(2007/10/9)

J-SOX法対策の死角となるか? IT統制の標的 第8回:
新興ベンチャー危うし!?
内部統制においてネックになると見られているIT部門。加えて、新興成長企業自体も問題視されている。そこには、世間でもてはやされている多くのIT企業が含まれているのだ――。(2006/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。