ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「植田圭輔」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「植田圭輔」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

小澤廉、出演イベントの中止に共演者「本当に申し訳ございません」「また、笑おう、絶対」 出演舞台も降板に
12月にスタートしたYouTube「6つ子ちゃんねる」のイベント。(2020/12/16)

帰ってきた「私立探偵 濱マイク」、朗読劇が2021年上演へ
俺の名前は濱マイク。困った時は、いつでもきなよ。(2020/12/16)

DV報道の小澤廉、相手女性に謝罪も事務所発表へ反論 その後に当該ツイートを削除
元所属事務所は、事実確認が取れたため、契約解除処分を下したと発表【訂正・追記あり】。(2020/12/15)

またしても本気 人気2.5次元俳優を“マフラー目線”でながめる謎動画が生まれてしまう
荒牧慶彦、植田圭輔、和田雅成の“マフラーになれる動画”とは。(2020/2/13)

“奇跡の1枚”を「超えたい」――高石あかり、舞台「鬼滅の刃」禰豆子を演じるまで グループの危機から卒業、17歳の覚悟語る
奇跡の1枚から飛躍の年を振り返りました。(2020/1/20)

迫力の全集中……! 舞台「鬼滅の刃」、炭治郎や禰豆子らのカット複数公開 キャスト新コメントも
炭次郎&禰豆子が2.5次元で!(2020/1/18)

舞台「鬼滅の刃」、鬼舞辻無惨のビジュアルが解禁! メインキャラクターがついにそろい踏み
各キャラクターのソロビジュアルが順次公開されていました。(2019/11/4)

炭治郎と禰豆子のビジュアルが解禁されたぞー! 舞台「鬼滅の刃」、鬼殺隊や鬼舞辻無惨らのキャスト情報も明らかに
これは期待。(2019/10/21)

2.5次元舞台で人気の俳優をデザインしたクレジットカードが登場 第1弾は安里勇哉さんと椎名鯛造さん
サインも入っているじゃないか……。(2019/5/31)

「秋組」「冬組」も見事に咲き誇る! 舞台「MANKAI STAGE『A3!』〜AUTUMN & WINTER 2019〜」囲み&ゲネプロ
公開初日の囲み会見とゲネプロの様子をお届けします。(2019/2/1)

「もはや写真集というか芸術本」 「月刊」シリーズのラストに三浦宏規、初の写真集にファン狂喜
月刊三浦宏規……何というパワーワード。(2018/11/21)

「弱虫ペダル」小越勇輝はドラマ版にも自信 原作リスペクトの棚澤監督、ビジュアル面でのこだわりも
都内で開かれたドラマ「弱虫ペダル」の製作会見の様子をお届けします。(2016/7/6)

ドラマ「弱虫ペダル」製作会見レポート:
BSスカパー!が、大人気漫画「弱虫ペダル」の“実写化”でこだわったこと
人気漫画の実写版となる、連続ドラマ「弱虫ペダル」が、8月26日からBSスカパー!で放映される。7月5日には、キャスト陣と監督が作品を語る記者会見が都内で開かれた。ファンが多い「弱虫ペダル」のドラマ化でBSスカパー!がこだわったこととは?(2016/7/5)

「おそ松さん」の舞台化が決定! おそ松役は高崎翔太
2.5次元の大波……!(2016/6/23)

「美術手帖」で“2.5次元文化”特集 「テニミュ」「刀ステ」などの舞台スタッフ・キャストのインタビュー、分析・考察も掲載
「コンテンツツーリズム」「アイドル×声優」「コスプレ」などのキーワードごとの解説も。(2016/6/15)

ドラマ「弱虫ペダル」はほぼ舞台版キャストに! 今泉俊輔は木村達成、鳴子章吉は深澤大河に決定
舞台でおなじみのキャストが大集結。あの御堂筋くんも!(2016/6/9)

「ノラガミ」の舞台化決定、オリジナルストーリーで 夜ト役が雪音を構えるビジュアルも公開!
ティーザービジュアルが「デリバリーゴッド」感ゼロのカッコよさ!!(2015/11/17)

ミュージカル「ヘタリア」キャラクタービジュアルが公開に めっちゃクオリティ高いぞ!
衣装デザインは原作者・日丸屋秀和さんが担当。(2015/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。