ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「Virtual PC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Virtual PC」に関する情報が集まったページです。

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(138):
知らなかったでは遅い? Hyper-V Serverは「インプレースアップグレード不可」という事実
2018年10月初めにWindows 10 バージョン1809やWindows Server 2019とともにリリースされ、その後、配布が停止されていた「Hyper-V Server 2019」が、8カ月たった2019年6月15日にようやく再リリースされました。インストールメディア(ISOイメージ)は、MicrosoftのEvaluation CenterまたはVisual Studioサブスクリプションからダウンロード可能です。(2019/6/25)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(126:年末特別編):
年末恒例、ゆくWindows、くるWindows[2018年版]――2019年にサポートが終了するのは?
平成最後の年末は、2018年の振り返りと2019年の展望で締めたいと思います。2017年末は筆者の別連載『うぃんどうず日記』でこのタイトル記事を書きましたが、今回はタイミング的にこちらで。(2018/12/27)

Tech TIPS:
Windows 10で仮想化プラットフォーム「Hyper-V」を有効にする
Windows 10では、仮想化プラットフォーム「Hyper-V」をサポートしている。しかしデフォルトでは有効化されていない。そこで、本稿でHyper-Vを有効化する方法を紹介する。(2018/6/25)

山市良のうぃんどうず日記(116):
年の初めに再確認、2018年にサポートが終了するMicrosoft製品は?
Microsoftは同社の製品およびサービスについて、明確なサポートポリシー(ただし、途中で変更あり)に基づき、更新プログラムを含むサポートを提供しています。2018年は主に10年前にリリースされた製品がサポート終了を迎えます。どのような製品があるのか、年の初めに再確認し、使用していないかどうかを調べておきましょう。(2018/1/11)

超入門Docker:
第1回 Dockerとは
Dockerの概要を知るための超入門連載(全4回)。Dockerとは何か、コンテナとは何か、従来のハードウェアエミュレーション型の仮想化とはどう違うのかなどについてまとめておく。(2017/1/30)

Tech TIPS:
Windows 10/Windows Server 2016のHyper-VでNAT(ネットワークアドレス変換)機能を利用する
Windows Server 2016やWindows 10のHyper-Vでは、内部仮想スイッチを使ったネットワークでNAT(ネットワークアドレス変換)機能がサポートされている。その概要を紹介する。(2016/12/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(67):
VHD/VHDXのサイズを縮小するための事前準備は面倒?──その行為、無駄です!
VHDやVHDXファイルが肥大化すると、物理ディスクの使用効率が低下し、他の場所へのコピーも時間がかかるようになります。そのため、容量可変タイプのVHDやVHDXは、時々「最適化」してあげる必要があるのですが……。(2016/9/26)

Windows管理者のためのDocker入門:
無償の「Docker for Windows」で手軽にLinuxコンテナを利用する
Windows OS向けのDocker for Windowsが正式にリリースされ、Windows環境でも簡単にDockerを導入できるようになった。Windows 10のHyper-VでDockerのコンテナを利用してみよう。(2017/4/28)

山市良のうぃんどうず日記(57):
進まない、終わらないWindows Updateのトラブルに解決策はあるのか?
Windows Virtual PCにある仮想マシンをどうするか決めかね、Windows 10へのアップグレードを先延ばしにしている筆者のWindows 7 PC。毎月Windows UpdateのためにWindows Virtual PCの仮想マシンも起動して更新し続けてきましたが、ここ数カ月、この作業をすっかり忘れていました。5カ月振りに仮想マシンを起動してWindows Updateを実行してみると、案の上、全く進む気配なし……。(2016/2/1)

Tech TIPS:
Mac(OS X)でZIPファイルを作成する
OS Xも、ZIP形式による圧縮・解凍機能をサポートしている。ただ、Windowsとやりとりする際には注意が必要。そこで、ZIP圧縮とその注意点などについて解説する。(2015/11/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(43):
Windows 10へのアップグレードで消えたアプリの行方――Windows XP Modeはどうなった?
Windows 7にはWindows Virtual PCとWindows XP Modeが無償提供されていました。Windows 10ではこれらは提供されないため、Windows 7からアップグレードする場合は、Windows XP Modeの利用を諦めるしかありません。(2015/10/19)

仕事で使うNAS 第6回:
ゼロから分かる初めての仮想環境――ASUSTOR NASで仮想ストレージを構築する
ASUSTOR NASは現在の代表的な仮想プラットフォームであるVMware、Citrix、Hyper-Vを正式にサポートしている。仮想環境は初めて、という人にASUSTOR NASを使った構築方法を紹介しよう。(2015/6/23)

Windows 10 The Latest:
正式リリース日が決まったWindows 10。その仮想化機能「Hyper-V」とは?
正式リリース日が確定し、プレビュー版の更新頻度も高まってきたWindows 10。その仮想化機能であるクライアントHyper-Vに焦点を当て、その機能を概説する。(2015/6/4)

山市良のうぃんどうず日記(38):
Windows 10の発売日が決定! パッチ適用トラブルの迷宮から抜けられる日は近い?
ある日突然襲い掛かるWindows Updateの不調。筆者はつい先日もトラブルに遭遇したばかりです。Windows 10では「Windows Update」が新しくなるようですが、毎月のように繰り返される“トラブルの迷宮”から抜けられる日は来るのでしょうか。(2015/6/2)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第2回 MacBook Airへの環境移行に踏み出そう
MacBook Airの初期設定や環境構築を行い、Windows環境からの移行を行う。Windows OSで使い慣れたアプリケーションの代わりは見つかるのか、どこまでMacBook Airでこれまでと同様の環境が構築できるのか。(2014/11/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(18):
Windowsの“Enterpriseエディション限定機能”の最新情報まとめ
Windowsの企業向け最上位エディションには、個人ユーザーが触れる機会がないであろう企業向けの“限定”機能がいろいろと入っています。いくつかの機能は新しいWindowsで限定解除されていたりします。ちょっとまとめてみました。(2014/11/10)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(16):
MBSAでWindowsのセキュリティチェックと構成の見直しを
Windowsを安心、安全に使うには、マルウェア対策やWindows Updateによる更新はもちろんのこと、セキュリティを低下させるような不適切な設定を放置しないことが大事です。「Microsoft Baseline Security Analyzer」(MBSA)でチェックしてみましょう。(2014/11/6)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(15):
あなたの大切なPCが仮想環境にヨミガエル?
本連載の過去2回では、Windows 8/8.1の「PCのリフレッシュ」と「PCのリセット」を説明しました。でも、筆者がお勧めするのは「フルバックアップの作成」(システムイメージの作成)です。今回は、システムイメージのバックアップデータでいろいろと試してみます。(2014/10/17)

Tech TIPS:
仮想化を利用したWindows XP運用も安全ではない
サポートが終了し、新たなセキュリティパッチの提供が停止したWindows XP。「仮想化すれば安全」という説があるが、それは本当か?(2014/6/18)

これからLinuxを学ぶ人のために:
Hyper-Vで始めるLinux環境構築
Hyper-Vで利用できるOSはWindows OSだけではなく、Linuxも正式サポートされている。Hyper-V上で利用できるLinuxやLinux環境の構築方法、Hyper-Vと連携させるために必要なLinux Integration Services(LIS)の機能などを解説。(2014/5/29)

Tech TIPS:
無駄に課金されないMicrosoft Azure仮想マシンのシャットダウン方法
Microsoft Azureの仮想マシンは、シャットダウンしても稼働中と同じく課金されることがある。課金されないシャットダウンの方法と注意点とは?(2014/5/9)

Windows Server 2012 R2パワー:
第3回 Hyper-Vの主要な改善点
Windows Server 2012 R2のHyper-Vでは仮想マシンのアーキテクチャが更新されたり、仮想ディスクの帯域管理や動的リサイズなどのSLA向上、拡張セッションモードによる使い勝手の向上、自動アクティベーションなど、多くの機能強化が行われている。(2014/2/27)

Tech TIPS:
Hyper-Vの仮想マシンをインポートする(Windows 8/Server 2012編)
従来、仮想マシンの設定や仮想ディスクファイルを複製したり、別のシステムに移行させたりするには、仮想マシンをいったんエクスポートする必要があった。ところがWindows 8/Server 2012のHyper-Vでは、エクスポートなしに仮想マシンを直接インポートできる。その方法は?(2013/9/6)

Windows 8レボリューション:
第21回 Windows 8.1 Previewの機能改善点
次期クライアントOSであるWindows 8.1のPreview版の機能紹介第2回。Windowsストア・アプリの変更点やシステムの設定、機能役割の変更点などについて解説する。(2013/7/11)

移行方法やツールの使い方を知る:
Windows XP → Windows 7/8/8.1移行のための解説記事ガイド
サポート期間が終了しても、残っているWindows XPの「世界」はまだ続く。早急にWindows 7/Windows 8/Windows 8.1へ移行できるように、関連記事を分類・整理した。記事を参考に失敗のない移行計画を立てよう!(2014/5/7)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第8回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows Server 2012の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/4/18)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第5回 サーバ版Hyper-Vの概要
災害対策のためのレプリカ(複製)や強化されたマイグレーション機能、仮想ディスクのパフォーマンス向上対策、高機能なスイッチなど、Hyper-Vの新機能の概要を解説(2013/2/14)

Windows Server 2012のHyper-Vと比較
Windows 8 クライアントHyper-Vのインストール方法と特徴
Windows 8のクライアントHyper-Vは、サーバ版Hyper-Vから多くの利点を引き継いでいる。クライアントHyper-Vのシステム要件や機能、インストール方法、Windows XP Modeとの違いなどを解説する。(2013/2/6)

16ビットアプリはもう安心して使えない?
レガシーアプリ、Windows 8移行の勘所
16ビットアプリケーションを使い続けている企業も多い中、Windows 8にレガシーアプリケーションを移行する際には、どのような点に留意すればよいのだろうか。(2013/2/1)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第10回 おぉ、“前”より速い!──Windows 8新機能「Hyper-V」で仮想マシン環境を構築
Windows 8 Proへ新たに用意された仮想マシン環境機能が「Hyper-V」。Windows 7 Professionalにも仮想マシン環境が存在したが、それより高速・快適な操作感を実現するのだ。今回はこの機能を試してみる。(2013/1/29)

Windows 8レボリューション:
第14回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows 8の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/1/10)

Windows 8レボリューション:
第11回 クライアントHyper-V
従来はサーバOS向けに提供されていたHyper-Vが、クライアントOSであるWindows 8でも利用できるようになった。従来のWindows Virtual PCとの違いやサーバ版Hyper-Vとの違い、およびVirtual PCのディスク・イメージをクライアントHyper-Vで利用する方法を解説する。(2012/12/6)

ホワイトペーパー:
Virtual PC Center導入に成功した5つの事例を紹介
昨今多くの企業が検討している「デスクトップ仮想化」。NECは、約250社へのデスクトップ仮想化システムの導入実績がある。特にその中でもNEC製品である仮想PC型シンクライアントシステム「Virtual PC Center」の導入事例を5つ紹介する。(2012/9/14)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第7回 ディスクを仮想化するストレージ・プール機能
ディスクを仮想化して大きなディスクに見せたり、RAID技術と組み合わせて耐障害性や性能を向上させるストレージ・プールについて解説。(2012/4/12)

ココが変わったWindows Embedded Compact 7(1):
WEC7で強化された機能とCE6.0との比較
「Windows Embedded Compact 7」は、従来のWindows Embedded CE 6.0と何が、どのように違うのか。あらためて強化された代表的な機能と、Windows Embedded CE 6.0との比較に基づいた違いについて詳しく解説する。(2012/4/10)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第6回 Windows 8をUSBメモリで持ち運ぶ、Windows To Go
USBメモリにWindows 8とよく使うアプリをインストールしておけば、どこでも同じWindowsデスクトップ環境をすぐに再現できる。(2012/3/29)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第5回 Windows 8 Consumer Previewのインストール
Windows 8を使ってみたいけれど、今使っている環境に上書きインストールはしたくない。Windows 8のさまざまなインストール方法を解説。(2012/3/22)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第3回 クライアントHyper-V
Windows 8では、従来のWindows Virtual PCに代わって新しくHyper-V 3.0がクライアント向けにも導入される。その概要を解説。(2012/2/9)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化のコストとライセンスを知る3つのホワイトペーパー
BCP、セキュリティ対策などで注目が高まるデスクトップ仮想化。だが、イニシャルコストの高さが懸念されている。本稿では、デスクトップ仮想化のコスト感やライセンス体系をつかめるホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/9)

可能性未知数なHyper-Vと成熟したVirtualBox
シェアを広げるのはどっち? Windows 8のHyper-VとVirtualBoxを比較
米Microsoftが次期OS「Windows 8」に搭載するHyper-Vクライアントは、ワークステーション仮想化ソフトOracle VM VirtualBoxに取って代わるのか。両者をハードウェア要件や機能的なメリットで比較する。(2012/2/2)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
失敗しないデスクトップ仮想化ソリューション選定
ワークライフバランスや事業継続を目的にデスクトップ仮想化に注目が集まる一方、「費用対効果に見合わない」「導入・管理が大変」という臆測も飛び交う。こうした不安に対し、ベンダー各社が提案する。(2012/1/24)

さよならWindows XP:
Windows 7移行を失敗したくないアナタのために
長年、Windows XPをクライアントOSとして利用してきた企業にとって、クライアントOSを最新版に入れ替えるのは、苦労が目に見える作業だ。出来る限り手間をかけずに移行する方法を探る。(2011/11/18)

システム管理入門(9):
仮想化技術、本当に“当たり前”と言えますか?
“仮想化によるサーバ集約”は多くの企業にとってもはや当たり前のものとなった。だが、実際に仮想化技術を活用する立場にあるわれわれは、その“当たり前”を疑ってかからねばならない。特に今、企業にとって不可欠な存在となりつつあるクラウドコンピューティングのコア技術となるものだけに、疑問点は確実に解消しておきたい。(2011/11/17)

さよならWindows XP:
XP資産を延命する、アプリの「塩漬け」
Windows 7への移行をためらう理由の1つとしてWindows XPアプリケーションの継続利用がある。XPモードで過去の資産を生かすことは可能だが、あくまでも「延命策」であることを念頭に置いてほしい。(2011/11/11)

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(まだ仮称)」:
「Windows 8 Developer Preview」を仮想環境に導入する
9月の「BUILD」でその姿が見えてきたWindows 8(まだ仮称)。これから正式出荷まで、どのように“進化”していくのかを追いかける連載が!いま!始まる!(2011/11/2)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【後編】
Windows 8のHyper-Vで必要になるライセンスとシステム
Windows 8に搭載され、機能が大幅に拡張するといわれているHyper-Vだが、仮想マシンで使用するライセンスや64ビットのホストOSが必要になるなど、幾つかの制約が存在する。(2011/11/1)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【前編】
Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?
Hyper-Vは、Windows 8でクライアント版に搭載されるだけでなく、機能が大幅に拡張される。米Microsoftのブログ「Building Windows 8」に記載されたHyper-Vの重要な新機能を紹介する。(2011/10/28)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第2回 Window 8の機能の概要
Windows 8で利用できる「役割」は、Windows 7/Server 2008 R2と何が違うのか? 主要な役割とその変更/強化点などについて解説。(2011/10/27)

Tech TIPS:
Windowsで仮想ディスク(VHD)のディスクサイズを縮小する
仮想ディスク(VHD)のディスク・サイズを縮小したいことがある。しかしWindows 7の標準のディスク管理ツールでは、ボリュームは縮小できるがディスクのサイズは縮小できない。VHD Resizerというツールを併用すれば、VHDのディスク・サイズを縮小できる。(2011/9/16)

無償ツールで仮想化による移行を実現する:
Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(後)
物理PCから仮想化したばかりのWindows XP環境は起動に失敗することがある。その対策とは? 移行先の仮想マシンの起動から、実運用のための環境整備まで解説する。(2011/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。