ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「渡部陽一」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「渡部陽一」に関する情報が集まったページです。

きょ、教官〜! 堀ちえみさんが同乗するJALクリスマスチャーターフライト、12月18日飛行
当時のあの制服を着てくれる!(2021/10/20)

国内第1弾はキットカット「オトナの甘さ」:
Facebook、広告クリエイティブチーム「Creative Shop」の事例を発表
Facebookは1月20日、日本国内では2014年11月に発足した広告クリエイティブチーム「Creative Shop」の事例を発表した。(2015/1/20)

グリー、有名人の連載を配信する有料メルマガ「Magalry」スタート
田村淳さん、中川翔子さん、眞鍋かをりさんなどのコンテンツを配信する。(2013/2/19)

CP+ 2013:
「CP+2013」開催概要発表 「プロ向け動画」エリア新設も
カメラと写真の総合展示会「CP+2013」の開催概要が発表された。「プロ向け動画」エリアなど新エリアも準備されるほか、横浜市の写真イベント「フォト・ヨコハマ」との連携も多く行われる。(2012/11/20)

文具書評:
映画『天地明察』原作者が使う手帳も――JMAMの『手帳活用パーフェクトBOOK』
日本能率協会マネジメントセンターから『手帳活用パーフェクトBOOK』が登場した。手帳のガイドブックという基本コンセプトをそのままに登場した今回の本は同社の既刊とはどのように違うのだろうか。(2012/10/10)

能率手帳のJMAMが手帳活用のノウハウ本 オリラジ中田さんらの手帳も公開
日本能率協会マネジメントセンターは、9月22日に手帳の選び方や著名人の手帳活用法を掲載した書籍『手帳活用パーフェクトBOOK』を発売する。価格は1365円。(2012/9/19)

東京おもちゃショー2011:
今年のトレンドは「エコ」「スカイツリー」「大人向け」――東京おもちゃショー開幕
東京ビッグサイトで「東京おもちゃショー2011」が開幕した。会場では世相を反映して「エコ」を意識したおもちゃや、「東京スカイツリー」関連のおもちゃが注目を集める一方、大人も楽しめるようなおもちゃも多数出展されている。(2011/6/16)

個性豊かに読むべし! レコ協が「著作権法30条読み上げコンテスト」
アニメキャラクター風、実況中継アナウンサー風など、著作権法30条を「個性豊かに」読み上げるコンテストが開かれる。(2011/5/24)

この人から学んでみたいなあ……と思う著名人は誰?
新年を迎え、新たに挑戦したいことが「ある」という人は、どのようなことに挑戦したいのだろうか。25〜35歳のビジネスパーソンに聞いたところ「語学の勉強」を挙げた人が最も多かった。NTTナレッジ・スクウェア調べ。(2011/1/7)

iPad版はまえがきボイスを収録 「世界は危険で面白い 戦場カメラマン渡部陽一」
産経新聞出版が、独特の語り口で人気の戦場カメラマン・渡部陽一氏のiPad向け電子書籍「世界は危険で面白い 戦場カメラマン渡部陽一」の配信を開始した。(2010/12/22)

セガトイズ、戦場カメラマン 渡部陽一さんが審査する子どもの笑顔フォトコン
戦場カメラマンの渡部陽一さんが審査委員長を務めるフォトコンテスト「笑顔フォトコンテスト」をセガトイズが開催する。(2010/12/1)

ゲッチャTV Gamez出張所:
今回は2週分お届けします
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」の2010年11月18日&11月25日放送分は、「戦極姫2〜百華、戦乱辰風の如く〜」や「桃太郎電鉄WORLD」、そしていつもの高橋名人世代でお送りします。(2010/11/30)

10年注目商品は「スマートフォン」「Twitter」 消費者は「利己的スマート」に
電通総研が恒例の「話題注目商品ランキング」を発表。1位にスマートフォン、2位にTwitterがランクインした。来年は「利己的スマート」な消費がキーワードになるという。(2010/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。