ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「能率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「能率」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
新入社員の理想は「丁寧な指導をする上司や先輩」、79.0%が回答
日本能率協会が「2023年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。79.0%が「仕事について丁寧な指導をする上司、先輩」が理想と考えており、78.4%が「会社の将来性が見込めなくなったときに転職を考える」と回答した。(2023/10/20)

キャリアニュース:
学び直しの重要性をミドル/シニア層の70%が認識するも、実践者は14%
パーソル総合研究所は、産業能率大学と共同で実施した「ミドル・シニアの学びと職業生活に関する定量調査」の結果を発表した。「学び直し」の重要性を70%が認識していたが、実際に学び直しをしている層は14%にとどまった。(2023/9/7)

ChatGPT、ものづくり人材はどう活用? 文章の要約・生成を上回る1位は?
ChatGPTの業務利用が広がる中、ビジネスパーソンは実際にどれくらい利用しているのか――。日本能率協会が「企業におけるChatGPTの活用実態」を調査した。(2023/8/24)

なりたい理由1位は「報酬アップ」:
「管理職になりたくない」約8割 実際の管理職に聞く、続けたい? 続けたくない? 意外な結果
日本能率協会マネジメントセンターが、管理職に関する調査結果を発表した。管理職になりたくないと考える人が約8割だった。一方、実際の管理職はどう感じているのか。(2023/5/26)

和食が低迷:
食卓で世界の料理が進む 定番メニューになったのは?
自宅でどのような食事を楽しんでいる人が多いのだろうか。日本能率協会総合研究所が行った調査によると、韓国系メニューが浸透していることが分かった。(2023/5/13)

FAニュース:
解はパワポではなく現場に、日本能率協会が優れた工場改革活動を表彰
日本能率協会はアジアおよび日本における優れた工場改革活動を表彰する「GOOD FACTORY賞」の表彰式を東京都内で開催した。(2023/3/15)

日本能率協会がBCPに関する調査結果発表:
心配なのは「調達先の一極集中」 BCPの視点から見たサプライチェーンの問題点とは
日本能率協会は、「当面する企業経営課題に関する調査」の結果を発表した。自然災害発生時のBCPは6割以上の企業が策定済みで、BCPの取り組みに関する課題では「担当する人材の不足」を挙げる企業が6割を占めた。(2022/12/9)

必要な知識1位は「法律知識」:
経営層が選ぶ「最も卓越した経営者」 3位「本田宗一郎」、2位「松下幸之助」 1位は?
日本能率協会が、経営層を対象に実施した調査結果を発表した。その結果、これからの経営者に求められる要件の1位は「本質を見抜く力」だった。合わせて、「最も卓越した経営者」のランキングも明らかになった。(2022/12/9)

気が重い業務といえば?:
社会人が抵抗を感じる業務 2位「知らない人・取引先に電話を掛ける」、1位は?
一般社団法人日本能率協会(東京都港区)は、新入社員向け公開教育セミナーの参加者を対象に、「仕事や働くことに対しどのような意識を持っているか」調査を実施した。(2022/10/12)

女性は2年連続で水卜アナ:
「新入社員の理想の上司」ランキング、男性は「ヒカキン」が初の1位
産業能率大学総合研究所は、恒例の「新入社員の理想の上司」ランキングを発表。男性上司は人気YouTuberの「ヒカキン」さん、女性上司はアナウンサーの「水卜麻美」さんが1位となった。(2022/5/21)

家事は家族全員で:
「おかずを作り置き」6年で13ポイント増 既婚女性に聞いた
日本能率協会総合研究所は、20〜79歳の既婚女性に「家の仕事」をテーマとした調査を行った。「家事は家族全員が行うものである」という考え方に、自分の気持ちがあてはまる人は58.2%だった。(2022/4/14)

日本能率協会調べ:
「必要ない」と思うビジネスマナー 「身だしなみ」や「上座下座」を抑えた1位は?
日本能率協会が、ビジネスパーソン1000人を対象に「ビジネスマナーの意識に関する調査」を実施した。(2022/3/31)

「会議中のスマホいじり」、約7割がマナーとして「気になる」──日本能率協会調べ
ビジネスシーンでの「会議や打ち合わせ中に携帯・スマートフォンをいじる」ことはマナーとして気になる──そのように回答したビジネスパーソンは約7割に及ぶと、日本能率協会が発表した。(2022/3/29)

工作機械:
歯車加工の全プロセスを集約、小型で高精度のスカイビングギヤシェープセンタ
不二越は、歯車加工の全プロセスを1台に集約した、スカイビングギヤシェープセンタ「GMS100」を発売した。独自の精密同期制御を採用した、高精度、高能率の小型複合加工機となる。(2022/2/22)

産能大が1万人に調査:
北京五輪の「日本人金メダリスト」予想 3位「平野歩夢」、2位「高木美帆」、1位は?
産業能率大学が男女1万人に北京五輪の「金メダリスト予想」に関するアンケート調査を実施した。その結果、金メダル予想で最も支持を集めた選手は羽生結弦選手(フィギュアスケート、60.0%)だった。2位は高木美帆選手(スピードスケート、32.9%)、3位は平野歩夢選手(スノーボード、31.9%)だった。(2022/2/4)

産業能率大学が1万人に調査:
北京五輪で「視聴したい選手」ランキング 3位「宇野昌磨」、2位「高梨沙羅」、1位は?
北京五輪が開催されることを受け、産業能率大学スポーツマネジメント研究所が1万人に「視聴したい選手」をアンケート調査した。日本代表内定者124選手中、最も支持を集めた選手は、羽生結弦選手(フィギュアスケート、52.4%)だった。(2022/2/4)

FAニュース:
インサートサイズを15タイプに拡大、高送りラジアスミルの新ラインアップ
MOLDINOは、アルファ高送りラジアスミル「TR4F形」の追加製品「TR4F5000形」を発売した。独自のインサート形状や不等分割方式により、高能率な荒加工が可能だ。インサートサイズを15タイプに拡大しており、切り込み量をより大きく取れる。(2022/1/14)

初めてトップ10入りしたのは:
「社長が選ぶ 今年の社長」 最も支持を集めたのは?
産業能率大学は「社長が選ぶ 今年の社長 2021」の調査を実施した。その結果、1位だったのは……?(2021/12/19)

製造ITニュース:
既存設備を「リノベーション」してDXを実現する、JMACが支援プログラムを開始
日本能率協会コンサルティング(JMAC)は2021年12月6日、工場のスマートファクトリー化を支援する「デジタルリノベーションプログラム」をリリースした。既存設備を活用する、レトロフィットなDXの実践を支援する。(2021/12/15)

脱炭素:
製造業の約70%がカーボンニュートラル対応の「全社方針あり」
日本能率協会は、製造業におけるカーボンニュートラル対応の現状や課題に関するアンケート調査結果を発表した。見える化による現場の省エネ活動は進んでいるが、今後はサプライチェーンを含めた取り組みが鍵になる。(2021/11/25)

2068人に調査:
コロナ禍の新入社員は組織への適応が課題? 「リモートで1人仕事」の増加が要因か
日本能率協会マネジメントセンター、「イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2021」の結果を発表。20年と比較して、新入社員が組織に適応していくプロセスがうまく進んでいない実態が明らかとなった。(2021/11/12)

キャリアニュース:
ニューノーマル新入社員の働く価値観を分析
日本能率協会マネジメントセンターが「イマドキ新入社員の仕事に対する意識調査2021」の結果を発表した。「新人研修はオンラインが主流だった」と約65%が回答し、「報告、連絡、相談」については、70%が「対面」が効果的と考えていた。(2021/11/4)

日本能率協会調べ:
「雑談はプラスになる」と8割が回答 2021年「ビジネスパーソン1000人調査」で見えた雑談の効果
  一般社団法人日本能率協会(東京都港区)は、ビジネスパーソン1000人を対象とした「テレワークの実施状況」と「職場メンバーとの雑談機会と効果」に関する意識調査の結果を発表した。「週3日以上テレワークを行っている」と回答した人が15.7%、「雑談があることは、自身にとってプラスだと感じる」と回答した人が8割となった。(2021/10/7)

東京五輪に関する調査:
五輪のMVPは誰か? 2位ソフトの「上野由岐子選手」、1位は
産業能率大学スポーツマネジメント研究所は、東京五輪の前後に日本代表選手に関する調査を実施した。選手の「視聴」「満足」「MVP」などについて尋ねたところ……。(2021/8/24)

背景に何が:
過去最高の84% 新入社員「就活は大変だった」
産業能率大学総合研究所は7月2日、「新入社員の会社生活調査」を実施し、その結果を発表した。就職活動を振り返ってもらったところ……。(2021/7/3)

FAニュース:
小径ギヤから大径ギヤまで対応する高精度、高能率化したホブ盤
三菱重工工作機械は、高精度、高能率を重視する、ホブ盤「GE」シリーズの新製品「GE15HS」「GE25HS」を発売する。ワーク最大径はGE15HSが150mm、GE25HSが250mmと幅広く対応する。(2021/6/18)

3Dプリンタニュース:
世界の金属3Dプリンタ市場、2025年度に2500億円と推計
日本能率協会総合研究所は、世界の金属3Dプリンタ市場調査の結果を発表した。造形精度や速度が向上した金属3Dプリンタは、欧米を中心に製造現場への導入が増えており、2025年度には世界市場が2500億円規模になる見込みだ。(2021/3/11)

FAニュース:
AIで加工効率向上、最大φ2400×2000mmの加工可能な大型横形マシニングセンタ
ジェイテクトは、最大φ2400×2000mmの工作物を加工できる大型横形マシニングセンタ「FH12500SX5-i」「FH12500SW5-i」を発表した。新開発のハイパワー主軸と頑強なプラットフォーム、AI技術で加工能率を向上する。(2020/12/9)

FAニュース:
新知能化技術搭載で大型部品を精細加工する5面加工門形マシニングセンタ
オークマは、大型部品の多様な加工に対応可能な5面加工門形マシニングセンタ「MCR-B V」を発表した。新知能化技術の採用により加工と計測を融合することで、高精度、高能率生産を追及している。(2020/11/25)

無料のウェビナーも実施:
TECHNO-FRONTIER、9月にオンライン開催が決定
一般社団法人日本能率協会は2020年6月2日、メカトロニクス、エレクトロニクスに焦点を当てた専門技術展「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)」を、オンラインで開催すると発表した。会期は2020年9月8〜18日。同年6月18日と7月9日には「TECHNO-FRONTIER ウェビナー」の開催も予定している。(2020/6/2)

製造マネジメントニュース:
R&Dの課題は「経営戦略と一貫性のある技術開発をいかに築くか」――CTO調査
日本能率協会は、「日本企業の研究・開発の取り組みに関する調査(CTO Survey 2020)」結果を発表した。研究・開発部門が重視する課題は「経営戦略・事業戦略との一貫性ある研究・開発テーマの設定」が最も多く、全体の54.1%を占めた。(2020/5/21)

製造マネジメントニュース:
在宅勤務者の8割が収束後も「制度継続希望」、働き方の意識調査報告書を発表
日本能率協会は新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるビジネスパーソンの仕事に対する意識変化の調査報告書を公開した。今回初めて在宅勤務制度を経験した人の8割がコロナ後も制度継続を望む。(2020/5/19)

サボりたい一心で自動化を追求する男の行く末は……? 風刺漫画「効率厨が在宅勤務で5000倍能率を上げる話」
世の中には「効率化するための工夫」を「ズル」と捉える人もいまして……。(2020/5/11)

今日のリサーチ:
イノベーションを生む企業はどこが違うのか――日本能率協会調べ
企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態調査の結果です。(2020/4/17)

デザインの力:
クジラのヒレ構造をスピーカーのダクトに応用、バイオミメティクス技術の第2弾
オンキヨーは、クジラのヒレの構造から着想を得た低ノイズ高能率「ボルテックスジェネレーターダクト」の開発に成功したことを発表した。(2020/3/25)

新型コロナの影響鑑み:
テクノフロンティア 2020の開催中止が決定
一般社団法人日本能率協会は2020年3月6日、同年4月8〜10日の日程で開催を予定していた展示会「TECHNO-FRONTIER 2020」(テクノフロンティア 2020)の開催を中止すると発表した。(2020/3/6)

製造業のスマートフォン活用:
PR:日報による作業管理から脱却せよ、スマホを使った「押すだけ確認」で能率向上
ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、クラウドとモバイルを活用することで製造業の能率向上を可能にするソリューション「WorkReport」と「KAITOセキュアカメラ」を展開している。これらのソリューションは、工場内での利用が制限されがちだったスマートフォンを、スマート化の第一歩を踏み出すための原動力に変えてくれる。(2020/1/27)

今日のリサーチ:
買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う理由」に関する調査です。(2019/12/5)

製造マネジメントニュース:
ものづくりデータを経営判断に活用するサービスに関して3社が業務提携
富士通は、製造や保守領域のデータを経営判断に活用するサービスの提供に関して、富士通エンジニアリングテクノロジーズおよび日本能率協会コンサルティングと業務提携した。(2019/10/16)

今日のリサーチ:
高齢者マーケティングに関する必要性の認識と取り組みの実態――日本能率協会総合研究所調査
経営企画・マーケティング担当者400人を対象にした調査結果です。(2019/9/16)

製造マネジメントニュース:
「2019年度 GOOD FACTORY賞」受賞企業を発表、オムロンなど
日本能率協会は、優良工場表彰制度「2019年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、オムロン、オリンパス、花王、コニカミノルタ、ダイキン工業、デンソー、東レの7社、7工場を発表した。(2019/9/12)

PR:高性能でロングライフな上にファンレスで静か ペン付きPCの決定版「m-Book U400S」を試す
2in1 PCはペンやタッチ操作に対応することで、ビジネスや教育現場、勉学の能率アップに役立つデバイスとして人気を集めている。マウスコンピューターの「m-Book U400S」は、高性能にもかかわらずファンレスで動作音を気にせず利用できる上に、長時間のバッテリー駆動に対応した注目の1台だ。(2019/7/8)

ハノーバーメッセ2019:
日本のモノづくり技術を世界に発信、ジャパンパビリオンの取り組み
日本能率協会(JMA)とロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)はハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、共同ブースを出展し、ジャパンパビリオンを設置した。ジャパンパビリオン内に出展した6社の動向を紹介する。(2019/5/9)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

安定志向:
今の気持ちを漢字一文字で 新入社員に聞く
今の気持ちを漢字一文字で表すとしたら何ですか? この春就職した新入社員に聞いたところ……。日本能率協会調べ。(2019/4/17)

蓄電・発電機器:
太陽光の「卒FIT」で需要拡大か、家庭用蓄電池市場は1000億円規模へ
日本能率協会総合研究所が、日本国内の家庭用蓄電池市場に関する調査結果を公表。2020年度に市場規模は1000億円、2023年度には1200億円に達すると予測した。(2019/4/4)

製造業IoT:
国内製造業のIoT活用、大手に易く中小に難し?
日本能率協会コンサルティングが「第4回ものづくりIoT実態調査」の調査結果を報告した。これまでの調査結果との比較から、IoTで現場の課題解決に取り組んでいる、あるいは取り組もうとしている企業は着実に増えているものの、企業規模別や業界別で差が広がりつつあるという。(2019/3/12)

FAニュース:
インダストリー4.0の本場で日本の力を訴求、日本企業82社がハノーバーメッセに出展
日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部は2019年4月1〜5日にドイツのハノーバーで開催される、世界最大規模のB2Bの専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2019」での日本企業の出展状況とジャパンパビリオンの取り組みについて紹介した。(2019/3/7)

FAニュース:
欧州工作機械展「EMO」、インダストリー4.0、積層造形、5Gなどに注目
日本能率協会は2019年2月18日、ドイツのハノーバーで開催される国際金属加工見本市「EMO Hannover 2019」(2019年9月16〜21日)の概要を発表し、日本からの出展や来場者の拡大を呼びかけた。主催はドイツ工作機械工業会(VDW)で、ドイツメッセが協力を行う。国内ではドイツメッセと代理店契約を結ぶ日本能率協会が普及促進活動を行っている。(2019/2/19)

新しい働き方:
ワーケーションを軸に新商品開発 和歌山県、田辺市、白浜町とJMAMが連携
和歌山県、田辺市、白浜町は日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)とワーケーション事業に関する包括連携協定を結んだ。(2019/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。