ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本能率協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「総務」から会社を変える:
「DXした!」と満足する総務が見落とす、本当にやるべきこと
DXで目指すべきは、データマネジメントを通じた「データ駆動経営」だ。DXと密接に関連する「データマネジメント」を、総務はどう進めるべきか。(2024/2/13)

「総務」から会社を変える:
その仕事、そもそも必要? 総務の「ムダ業務」改革の“3つの鉄則”
戦略総務を目指すのであれば、常に業務の時間短縮・疲労軽減・経費低減、そして常に提供価値の向上を目指したいものだ。業務改善の進め方には鉄則がある。(2024/1/23)

引き伸ばすほど強度が増す新たなバイオプラ(2):
バイオプラスチックの現状と問題点、注目される生分解性ポリアミド
本連載ではバイオマス由来の2種のプラスチックを組み合わせ開発した、引き伸ばすほど強度が増す透明なフィルム素材を紹介します。今回は、バイオプラスチックの種類や特徴について説明します。(2024/1/18)

「総務」から会社を変える:
「実は総務マター」でもある人的資本経営 人事任せにせず、やるべきこと
2023年は人的資本元年と言われるほど、人的資本経営への注目度が高まった。人的資本開示の対応は人事部門が行うことが多く、人的資本全般を「人事マター」と認識されがちだが、実は総務にもやるべきことがある。(2023/12/22)

「総務」から会社を変える:
【12月から】アルコールチェック義務化いよいよ開始、見落とせない3つのポイント
いよいよ12月、社用車利用時の機器を使ったアルコールチェックの義務化が始まる。すでに目視での確認は施行されているが、さらに厳密なチェックが求められる。新たな安全運転管理業務が追加され、安全運転管理者である総務の担当者は戦々恐々としているかもしれない。義務化の概要と、見落とせない3つのポイントについて解説する。(2023/11/30)

嫌われる上司の「デスク爆弾」 ストレスフリーな雑談は、どうすれば生まれる?
オフィスでデスクワークをしていて、不意に上司や同僚から声をかけられる――。「デスク爆弾」との造語も生まれているのだとか。ストレスのかからない「ちょうどいい雑談」はどうすれば生まれるのか。(2023/11/24)

働き方の「今」を知る:
「きっちりやれ」と指示する上司が、若手から嫌われるワケ
労働環境が変わる中、社員たちが上司に求める理想や常識も変化してきている。では、昨今の若手社員の就労意識は、上司世代と比してどのように変わったのだろうか。(2023/11/22)

「総務」から会社を変える:
増える「出社回帰」 コロナ前の世界に逆戻りでいいのか?
コロナ禍による自粛ムードも落ち着き、会社員の出社率が高まっている。リモートワークを取りやめ、原則出社に舵を切った企業も散見される。確かにハイブリッドワークは複雑な働き方で、コミュニケーション不足や業務の不透明化などの課題を生みやすい。しかし、このままコロナ前の世界に戻ってもいいのだろうか……?(2023/10/31)

キャリアニュース:
新入社員の理想は「丁寧な指導をする上司や先輩」、79.0%が回答
日本能率協会が「2023年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。79.0%が「仕事について丁寧な指導をする上司、先輩」が理想と考えており、78.4%が「会社の将来性が見込めなくなったときに転職を考える」と回答した。(2023/10/20)

新入社員が理想的だと思う上司 2位「言動が一致」、1位は?
会社への定着が課題となる新入社員。「仕事をしていく上での不安」を聞くと……。(2023/10/3)

累計1000万部:
糸井重里に聞く「ほぼ日手帳」売上30%増のワケ デジタル時代なのになぜ?
年間82万部を売り上げ、累計販売部数が1000万部を超えた「ほぼ日手帳」。デジタル時代なのに売上30%増の理由は? ほぼ日代表取締役社長の糸井重里さんと、取締役の小泉絢子さんに聞いた。(2023/9/29)

「総務」から会社を変える:
社内がどんどん賑やかに! 総務のプロが説く「3つのコミュニケーション策」の生かし方
社内コミュニケーションを活性化する施策はいろいろとある。しかし、それぞれの施策をやみくもに実施しても効果は限られる。では、どうしたらいいか。組織を活性化させる3つのコミュニケーション策と、その生かし方について、月刊総務の豊田氏が解説する。(2023/9/26)

「総務」から会社を変える:
週休3日制は「不公平」? 導入できる企業・できない企業、それぞれの意図
週休3日制を取り入れる企業が出始め、新しい働き方の一つとして注目されている。しかし、本当にこのまま広まっていくのだろうか。調査データや、リモートワークや男性育休の広まり方を参考に、月刊総務の豊田氏が週休3日制を考察する。(2023/8/31)

ChatGPT、ものづくり人材はどう活用? 文章の要約・生成を上回る1位は?
ChatGPTの業務利用が広がる中、ビジネスパーソンは実際にどれくらい利用しているのか――。日本能率協会が「企業におけるChatGPTの活用実態」を調査した。(2023/8/24)

「総務」から会社を変える:
総務がなんでも屋・雑用係から抜け出すために、意識すべき「3つの視点」
なんでも屋、雑用係、裏方──社内でポジティブな見方をされることが少ない総務。働き方改革や働く場の多様化に伴い、総務の重要性は上がってきているのに、なぜ、評価されないのか。「月刊総務」の豊田氏が指摘する、多くの総務に欠けている「3つの視点」とは?(2023/7/20)

「総務」から会社を変える:
総務の求人数が“急上昇”したワケ──人的資本経営との意外な関係
経営資源の「ヒト、モノ、カネ、情報」のうち、最も伸びしろがあるのが、ヒト資産だ。社会変化と人出不足の中、ヒトにおカネを投じよう、投資しよう、という流れができあがった。しかし、ヒトだけ磨けばそれで良いのだろうか? 「月刊総務」の豊田氏は、人的資本経営を進めるにあたり、総務部門が重要になると唱える。その理由はというと……。(2023/6/26)

技術的負債が焦げ付いている:
「レガシーコード改善ガイド」を頼りに、3つの絶望から這い上がる
4人家族の家事育児をワンオペで担っているエンジニアリングマネジャーの陽太郎さん。仕事の繁忙期も相まって地獄絵図と化した自宅の様子に、つい叫んでしまいました。もうウンザリです、何も改善できません!(2023/6/19)

DX時代のPLM/BOM導入(13):
製造業のDXプロジェクトはなぜ失敗してしまうのか?(後編)
今回が本連載の最終回です。DX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトが失敗する原因について、グローバル製造業の経営企画部門所属の音更さんと経営コンサルタントの鹿追さんに、BOM(部品表)やPLMを軸に議論してもらいましょう。(2023/6/13)

なりたい理由1位は「報酬アップ」:
「管理職になりたくない」約8割 実際の管理職に聞く、続けたい? 続けたくない? 意外な結果
日本能率協会マネジメントセンターが、管理職に関する調査結果を発表した。管理職になりたくないと考える人が約8割だった。一方、実際の管理職はどう感じているのか。(2023/5/26)

DX時代のPLM/BOM導入(12):
製造業のDXプロジェクトはなぜ失敗してしまうのか?(前編)
今回から本連載最終章です。DX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトが失敗する原因について、グローバル製造業の経営企画部門所属の音更さんと経営コンサルタントの鹿追さんに、BOM(部品表)やPLMを軸に議論してもらいましょう。(2023/5/25)

「総務」から会社を変える:
「DX=デジタル化」と考える総務が知らない、変革の「4つのパターン」
DXで大事なのは「デジタル化」ではない。DXの本質とは? 総務ができる「4つの変革」とは何か? 『月刊総務』の豊田健一氏が解説する。(2023/5/22)

和食が低迷:
食卓で世界の料理が進む 定番メニューになったのは?
自宅でどのような食事を楽しんでいる人が多いのだろうか。日本能率協会総合研究所が行った調査によると、韓国系メニューが浸透していることが分かった。(2023/5/13)

「総務」から会社を変える:
コロナ5類化、いま求められる「シン・万能型オフィス」とは
新型コロナウイルスの5類化を控え、あらためてオフィスかテレワークかの二極化が進んでいる。これから総務は社員が働く場所をどのように設計すべきか。「月刊総務」の豊田氏はいま、「シン・万能型オフィス」が求められていると唱える。それは何かというと……。(2023/4/19)

「総務」から会社を変える:
総務はあえて「攻め」から「守り」に転換すべし──その理由とは?
働き方の変化により「攻め」の戦略総務への転換が叫ばれてきた。しかしいま、「攻め」から一転して、「守り」の戦略総務が必要な時代に変化してきているのではないかと、『月刊総務』の豊田氏は考察する。その理由はというと……(2023/4/13)

「総務」から会社を変える:
良かれと思った「最適化」が呪縛に──総務が陥るワナ、どう回避する?
総務の仕事は改善がつきもの。しかし、良かれと思った「最適化」が呪縛になってしまうことも……。こうしたワナに陥らないために、総務が意識すべきポイントは何か。不安定な時代における戦略総務のあるべき姿を『月刊総務』の豊田健一氏が解説する。(2023/4/10)

「総務」から会社を変える:
「管理のための管理」をしてしまう総務に欠けている3つの視点
従業員と経営者。どちらも、総務の仕事をする上で大切な対象となります。しかし、それだけで良いのでしょうか? 「3つ目の視点」を獲得し、バランスを取っていく必要があります。(2023/3/29)

FAニュース:
解はパワポではなく現場に、日本能率協会が優れた工場改革活動を表彰
日本能率協会はアジアおよび日本における優れた工場改革活動を表彰する「GOOD FACTORY賞」の表彰式を東京都内で開催した。(2023/3/15)

DX時代のPLM/BOM導入(11):
PLMとBOMの基礎知識(2):PLMの進化の歴史を振り返ろう
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第11回は、PLMに求められる機能の歴史を解説する。(2023/3/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「オートミール」市場急拡大 これまでの健康食品ブームと何が違うのか?
オートミールが大流行しており、市場規模も急拡大中だ。さまざまなプレーヤーが参入し、食べやすい提案がされている。(2023/3/7)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(98):
越境学習者は2度死ぬ? 社外の学びを社内に浸透させるには
勉強会やセミナーなど、社外での学びを社内で共有したときに、熱量の差に愕然(がくぜん)としたことはありませんか?(2023/2/15)

上から目線の印象:
遅々として進まないDX。果たしてこれからどこへ向かうのだろうか
DXなくして企業ではないと言わんばかりの盛り上がりようだ。国(経産省)は、2022年7月に、今度は「DXレポート2.2」なるものを公表した。レポートをじっくり読むと……。(2023/2/1)

ITエンジニアが薦める技術書はこれだ 「ITエンジニア本大賞2023」ベスト10発表
翔泳社は、ITエンジニアが薦める書籍を紹介するイベント「ITエンジニア本大賞2023」のベスト10を発表した。(2023/1/16)

挑戦よりも失敗回避:
「考えが合わない上司とは距離をとる」6割 新入社員の考え方
新入社員は会社の上司や先輩とどのような関係を築きたいと思っているのだろうか。2021年〜22年に入社した男女に聞いた。(2022/12/19)

DX時代のPLM/BOM導入(10):
PLMとBOMの基礎知識(1):BOMに求められる役割はどう変化してきたか
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第10回は、音更さんと鹿追さんがBOMの基礎と、要求される機能が時代と共にどう移り変わったかを解説する。(2022/12/19)

日本能率協会がBCPに関する調査結果発表:
心配なのは「調達先の一極集中」 BCPの視点から見たサプライチェーンの問題点とは
日本能率協会は、「当面する企業経営課題に関する調査」の結果を発表した。自然災害発生時のBCPは6割以上の企業が策定済みで、BCPの取り組みに関する課題では「担当する人材の不足」を挙げる企業が6割を占めた。(2022/12/9)

必要な知識1位は「法律知識」:
経営層が選ぶ「最も卓越した経営者」 3位「本田宗一郎」、2位「松下幸之助」 1位は?
日本能率協会が、経営層を対象に実施した調査結果を発表した。その結果、これからの経営者に求められる要件の1位は「本質を見抜く力」だった。合わせて、「最も卓越した経営者」のランキングも明らかになった。(2022/12/9)

商戦に熱:
紙の 「沖縄手帳」が根強い人気、その秘密は?
沖縄県内の書店や雑貨店では2023年版の手帳商戦が熱を帯びている。県の統計などが載った「県民手帳」が人気。(2022/12/4)

「総務」から会社を変える:
小手先のペーパーレス、大義なきデジタル化──あなたの会社も「偽DX」していないか?
DXという言葉をいたるところで耳にするが、どうも矮小化されているきらいがあるように思います。DXに取り組んでいるつもりが、実は理解が浅く「偽DX」してしまっていた──そうならないために、必要なことを解説します。(2022/12/1)

「総務」から会社を変える:
「在宅勤務でなんとなく不調」な社員をどう変える? ウェルビーイング経営の始め方
最近良く聞く言葉「ウェルビーイング(Well-Being)」。精神的、身体的、そして社会的に心身ともに健全な状態を指しますが、コロナ禍でこの状態が損なわれる人も出てきているようです。(2022/11/22)

DX時代のPLM/BOM導入(9):
DX時代の「グローバルPLM」(2):工場間での実績情報共有を可能にする
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第9回は、音更さんと鹿追さんがSCMと生産情報実績と、グローバルPLMの関係についてディスカッションする。(2022/10/25)

気が重い業務といえば?:
社会人が抵抗を感じる業務 2位「知らない人・取引先に電話を掛ける」、1位は?
一般社団法人日本能率協会(東京都港区)は、新入社員向け公開教育セミナーの参加者を対象に、「仕事や働くことに対しどのような意識を持っているか」調査を実施した。(2022/10/12)

「総務」から会社を変える:
総務は至急「社内ぶらぶら」すべし! ウクライナ侵攻の自社への“意外な影響”を回避するには
コロナ禍、ウクライナ侵攻、それによる資源高やインフレ危機──こんな状況下で総務に必要なのは、“攻め”よりもむしろ“守り”の姿勢かもしれません。VUCAの時代にこそ、総務は“ぶらぶら”すべきと筆者は説きます。その理由とは?(2022/9/2)

DX時代のPLM/BOM導入(8):
DX時代の「グローバルPLM」(1):PLMとは何が違うのか?
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第8回は、新しく登場した「音更さん」と「鹿追さん」がグローバルPLMの概念を取り上げ、理解を深めていく。(2022/8/29)

「総務」から会社を変える:
人は変化を好まない それでも、総務が会社を変えるには?
多くの社員は、変化を好みません。それでも、総務は会社に変化をもたらさなければなりません。どのように取り組めば社内を変えられるのか、総務が知るべきチェンジマネジメントの考え方をお伝えします。(2022/8/8)

セブン&アイ、アイリスオーヤマの事例にみる間接材購買の「ガバナンス強化」と「自由な購買」の両立
あなたの会社では従業員の立替精算を処理するために多くの時間を費やしていないだろうか。会社のガバナンスが及びづらい間接材購買は、購買部門や経理部門に承認や精算処理の負担がかかるだけでなく、使途不明な立て替えや割高な価格での購入を防ぎづらい構造にある。Amazon Businessはこれらの課題をどのように解決するのか。導入事例を見ていこう。(2022/8/5)

「総務」から会社を変える:
テクノロジーが人の仕事を奪う世界で、総務に仕事は残るのか?
テクノロジーが進化し、またBPO(専門業者への外部委託)が進められる中で、総務含む管理部門に求められる仕事は変化しています。総務の仕事は、どのように変わっていくのでしょうか。(2022/6/23)

DX時代のPLM/BOM導入(7):
PLMでコンプライアンス対応(3):VDAのプロジェクト変更管理をPLMで行う
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第7回は自動車の品質マネジメント規格であるVDA6.3のプロセス監査におけるプロジェクトの変更管理の要求事項と、PLMによる対応のポイントを紹介します。(2022/6/17)

【新連載】プロダクト主導型組織の作り方:
SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろうか。(2022/5/27)

「総務」から会社を変える:
もはや「左遷先」などではない! “誰でもできる”と思われがちな総務が、どんどん「専門職」になる理由
「左遷」させられる──残念ながら、これが一般的な総務のイメージなのかもしれません。しかし、「誰にでもできる」と思われがちな総務の仕事は今後、DXの推進により、どんどん「専門職」へと変化していきそうです。(2022/5/26)

DX時代のPLM/BOM導入(6):
PLMでコンプライアンス対応(2):自動車業界のトレーサビリティ強化策
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第6回は自動車業界の法改正や欧米の品質規格と、PLMによる対応、特に変更管理とプロジェクト管理のポイントを解説する。(2022/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。