ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「無線LANセキュリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無線LANセキュリティ」に関する情報が集まったページです。

Windows 10 The Latest:
Windows 10向け最新機能アップデート「21H2」で何が変わるのか? Windows 10の更新プログラムはどうなる?
Windows 11の提供が開始され、すっかり影の薄くなったWindows 10だが、2021年秋の機能更新プログラム「Windows 10 November 2021 Update(バージョン21H2)」の提供が開始される。November 2021 Updateでは、どのような機能が追加されるのか、その後の機能更新プログラムはどうなるのかをまとめてみた。(2021/11/4)

「Windows 11」システム要件の謎【後編】
「Windows 11」への早急な移行をやめるべき“納得の理由”
企業にとっての「Windows 11」のメリットはセキュリティ機能だとMicrosoftは説明している。だが同様の機能は既に利用可能だ。焦ってWindowsに移行する必要はない理由とは。(2021/9/30)

「Wi-Fi 6E」を前提にした無線LAN【後編】
「Wi-Fi 6E」の6GHz帯は制約あり 高速化のはずが“つながらない”ことも?
「Wi-Fi 6E」は接続が混雑する無線LANの問題を解消する規格として期待が持てる。ただし過去の無線LANと異なる周波数帯を使うときに注意すべき点がある。(2021/8/11)

「Wi-Fi 6E」を前提にした無線LAN【前編】
「Wi-Fi 6E」と「Wi-Fi 6」は同じなのに“全然違う”理由
Wi-Fi 6の拡張版である「Wi-Fi 6E」には期待が持てそうだ。どのような点が過去の無線LAN規格と大きく異なるのかを説明しよう。(2021/8/6)

“リーントラスト”で段階的な実現を:
PR:失敗も頓挫もしない「ゼロトラスト」の現実的な実装法
働き方が「社外前提」に変わりつつあるいま、多くの企業が「社内で働くこと」が前提だったネットワークやセキュリティの仕組みを見直しつつある。そうした中で注目されている「ゼロトラスト」だが、まだまだ実装には至らない例が多い。その理由と現実的なゼロトラスト実装法とは。(2021/7/20)

無線LANの脅威「FragAttacks」を解剖する【後編】
Wi-Fiデバイスの脆弱性「FragAttacks」にMicrosoftやCiscoはどう対処したのか
無線LANデバイスに存在し得る脆弱性群「FragAttacks」による実害を防ぐべく、さまざまなベンダーが対処を進めた。各社はその危険性をどう判断し、どう動いたのか。主要ベンダーの取り組みを整理する。(2021/7/8)

セキュリティで比較する「5G」と「無線LAN」【後編】
「5G」は「無線LAN」よりもセキュリティ面でやや有利か? その根拠とは
「5G」はデバイス、「無線LAN」はユーザー中心の認証方式を採用する。この違いだけでは両者のセキュリティ面での優劣は判断できない。ただし別の要素が5Gにセキュリティ面での優位性をもたらすという。それは何か。(2021/6/27)

セキュリティで比較する「5G」と「無線LAN」【前編】
「5G」と「無線LAN」のどちらが安全か? そもそも判断できない?
無線ネットワークとして「5G」と「無線LAN」のどちらを選ぶかを検討する際、重要な要素となるのがセキュリティだ。どちらのセキュリティがより高いのかを判断することは、決して簡単ではない。それはなぜなのか。(2021/6/20)

無線LANの脅威「FragAttacks」を解剖する【前編】
Wi-Fiデバイスのほぼ全てに影響 無線LANの脆弱性「FragAttacks」とは?
セキュリティ研究者が、無線LANデバイスに存在し得る脆弱性群「FragAttacks」を発見した。どのような脆弱性の組み合わせなのか。簡潔に説明する。(2021/6/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
「無線LAN」は有線LANより危ないのか? 両者の違いは
オフィスや家庭に「無線LAN」が欠かせなくなった現代、無線LANのセキュリティ対策は喫緊の課題だ。「有線LAN」との違いが生む脅威や、無線LANを安全に利用するためのセキュリティ対策を紹介する。(2021/6/3)

工場セキュリティ:
PR:サイバー攻撃に狙い撃ちされる工場、「OT専用」のデバイスセキュリティが必要な理由とは?
人手不足やコロナ禍の影響などによりスマート工場化が加速している。しかし、工場のネットワーク接続が広がる中で高まっているのがサイバー攻撃の脅威だ。実際に工場を“狙い撃ち”する動きも広がってきており喫緊の課題となってきている。工場(OT環境)とオフィス(IT環境)とで守り方の違いはあるのか? いまOT専用のサイバーセキュリティに力を入れるトレンドマイクロに、OT環境で取り組むべき対策についてインタビューを行った。(2021/5/24)

PR:パスワード付きZIPファイルのメール送信は何が問題なのか “本当に意味のあるセキュリティ対策”を考える
(提供:株式会社日本HP)(2021/3/19)

「サイバー攻撃の踏み台にされる懸念がある」:
無料で受講できる「無線LANのセキュリティ入門」 総務省が開講
総務省は、オンライン講座「これだけは知っておきたい無線LANセキュリティ対策」を開講する。無線LANのセキュリティ対策に関する周知啓発が目的で、全11回に分けて無線LANを利用する際のリスクや、適切なセキュリティ対策の方法を動画で解説する。(2021/2/10)

TechTarget発 世界のITニュース
NSAがVMware製品の脆弱性に注意喚起 「Workspace One Access」などに影響
NSAは、攻撃者が「Workspace One Access」をはじめとするVMware製品の脆弱性を悪用していると報告した。VMwareは既にパッチを公開しており、NSAは政府機関に早急適用を勧告した。(2021/1/5)

「ITmedia Security Week秋」:
日本のIoTは、なぜ今でも“危ない”のか 脆弱性チェックと法改正を重ねる総務省の現在地
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で社会が大きく変化し、セキュリティ対策も変化の時を迎える。そんな中、数年前から5GやIoTの普及に向けたセキュリティ対策を本格化してきたのが総務省だ。大掛かりな脆弱性チェックや法改正も実施したという彼らの危機感と、対策の現在地は。(2020/10/22)

「無線LAN」が進化する理由
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)を実現した無線LANの“3大進化”とは
無線LAN技術は「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)の登場でまた大きく進化した。特にどの進化に注目すべきなのか。主要な3つの進化を紹介する。(2020/10/20)

社内LANとは異なる対策が必要
「家庭内無線LAN」を安全に使う7つの対策
家庭内無線LANのセキュリティ確保には何に注意し、どのような対策を講じる必要があるのか。主要な7つの対策を紹介する。(2020/8/29)

3つの注意点を整理
「WPA2」から「WPA3」への無線LANセキュリティの移行はなぜ難しいのか?
無線LANのセキュリティプロトコルを「WPA2」から「WPA3」に移行するのは単純ではない。それはなぜなのか。移行の際に注意すべき点をまとめた。(2020/4/19)

利便性と危険性は表裏一体
「無線LAN」はなぜ危ないのか? 有線LANとの違いが生むリスク
物理的な配線を利用する有線LANと利用しない無線LANでは、どのような違いがあるのか。無線LANのセキュリティを向上させるため、その違いと保護のベストプラクティスを学ぼう。(2020/4/4)

2020年が“変化の年”である理由
「5G」「Wi-Fi 6」だけではない 知らないとまずいネットワーク5大トレンド
「5G」や「Wi-Fi 6」といった新たな話題が尽きないネットワーク業界。2020年には具体的に、どのようなことが起きるのか。5つのトレンドを紹介しよう。(2020/3/18)

予算も余裕もないのに、一体どうすれば?:
PR:限られたリソースで、大企業と同等レベルのセキュリティを実現
サイバー攻撃による情報漏えい事件などが相次ぐ中、企業には高度なセキュリティ対策が求められている。だが、予算もスキルも限定的な中堅・中小企業の場合、セキュリティ対策に十分なリソースを投入するのは難しいのが現実だ。しかし、大企業の取引先となる中堅・中小企業をまず狙い、サプライチェーンに沿って攻撃対象を拡大するサプライチェーン攻撃も増えつつある今、中堅・中小企業にも大企業並みの対策が求められている。では一体どうすれば? 現実解を探る。(2020/2/5)

半径300メートルのIT:
政府がセキュリティ対策に「緊急提言」……えっこのレベル? と思ったあなたへ
国際イベントに向け、サイバー攻撃への警戒が高まっています。先日総務省から発表された「緊急提言」には、各事業者がサイバーセキュリティ強化に向けて速やかに取り組むべき事項が述べられていましたが、その内容に拍子抜けした方もいるのではないでしょうか?(2020/2/4)

かなりの確率で混同?
いまさら聞けない「無線LAN」「Wi-Fi」の違いとは? 混同してはいけない理由
「無線LAN」と「Wi-Fi」は同じ意味で使われることがよくあるが、この2つの用語は決して同じ意味ではない。両者を混同している人が多いからか、その違いはあまり知られていない。(2020/2/1)

総務省、日本が早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策を発表 近年のインシデントを踏まえ
総務省は、東京五輪・パラリンピックを前に早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策について緊急提言を発表した。提言にはIoTセキュリティや問題発生後の報告体制に関する5点の対策が盛り込まれた。(2020/1/28)

キャリア形成にも影響
2020年に取るべき「無線LAN」資格はどれだ? CCNAかCWNPか、それとも……
無線LAN関連の認定資格の中で、目標とする価値があるのはどれなのか。ベンダーの専門資格、ベンダー中立の資格、専門性の高い資格について、専門家がアドバイスする。(2019/12/29)

米国政府が標準方式として採用
いまさら聞けない「DES」「AES」の違い より危険な暗号アルゴリズムは?
機密データの暗号アルゴリズムには、「DES」(Data Encryption Standard)と「AES」(Advanced Encryption Standard)のどちらを採用すればよいだろうか。両者の違いを紹介しよう。(2019/12/6)

それぞれの基礎と使いどころを解説
いまさら聞けない「無線LANアクセスポイント」「無線LANルーター」の違いとは
無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの間にある違いとは何なのだろうか。この2つの無線LANデバイスは互いに関係しているが、使いどころは異なる。(2019/12/1)

通信品質の向上だけではないメリット
「Wi-Fi 6」をセキュアにする新技術「WPA3」「OWE」「Easy Connect」とは
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)の登場は、無線LANのセキュリティを強化するだろう。どのような技術や規格があり、何に役立つのかを紹介する。(2019/11/26)

無線LANのセキュリティプロトコルを知る【後編】
「WPA」と「WPA2」の違いとは? 脆弱な「WEP」からの改善点は
脆弱な無線LANセキュリティプロトコル「WEP」に代わり、より強固なセキュリティ規格として設計された「WPA」と「WPA2」は何が違うのか。暗号化技術や仕組みなどの観点から説明する。(2019/11/16)

無線LANのセキュリティプロトコルを知る【前編】
「WEP」を無線LANのセキュリティに使ってはいけない理由 専門家の推奨は?
無線LANセキュリティプロトコル「WEP」「WPA」「WPA2」は、それぞれ異なる特徴を持つ。だがWEPには複数の脆弱性が見つかっており、利用が推奨されていない。何が危険なのか。(2019/11/9)

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【後編】
“危ない無線LAN”をなくすための5大セキュリティ対策
攻撃者は古くから存在する攻撃手法を応用し、さまざまなアプローチで企業の無線LANを攻撃する。そうした攻撃手法と、具体的な防御策を知ることで、無線LANのセキュリティを強化する方法を学ぼう。(2019/10/15)

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【中編】
無線LANの不正APを使った攻撃「悪魔の双子」「APフィッシング」とは
さまざまな無線LANの攻撃手法が現れている一方で、その基本的な仕組みは普遍的なものだ。中編は無線LANを介したトラフィックの機密性と整合性を狙った攻撃手法を説明する。(2019/10/8)

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【前編】
無線LANにつながる全デバイスを危険にさらす「スプーフィング」攻撃とは
企業の無線LANを狙った攻撃は、古くから存在する手法を基にしている。代表的な無線LANへの攻撃手法のうち、アクセス制御を標的としたものを紹介する。(2019/10/2)

影響と危険度を解説
無線LANを安全にするはずのWPA3に見つかった脆弱性「Dragonblood」とは?
無線LANのセキュリティ規格「WPA3」に脆弱性が見つかった。「Dragonblood」の名が付いたその脆弱性は、攻撃者が「ダウングレード攻撃」「サイドチャネル攻撃」に悪用する恐れがある。(2019/5/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
“危ない無線LAN”が嫌なら「WPA3」を使うべきこれだけの理由
無線LANのセキュリティプロトコルの最新版「WPA3」。弱点が発見された「WPA2」からWPA3への置き換えは今後、必至とみられる。WPA3を利用すべき理由について説明する。(2019/4/16)

今後の鍵は無線LANの制御
無線LANは成熟市場ではなかった? 企業がアクセスポイントを増やす理由とは
オフィスでは敬遠されることが少なくなかった無線LAN。この市場がいま伸びている。企業が新たに無線LAN環境を導入する背景には何があるのだろうか。無線LAN市場の動向を紹介する。(2019/3/13)

無線LAN導入の決め手は?:
PR:アンケート調査に見る無線LAN導入の現実、導入の鍵はコストや速度ではなく「セキュリティの攻略」だった
企業が無線LANの導入を決める第一の要因は何だろうか。企業に対するアンケート調査によれば、「セキュリティ」であったことが分かる。「セキュリティが心配だから」という理由で無線LAN導入を凍結している企業が一定数ある一方で、「セキュリティの不安を克服できた」からこそ、導入に踏み切ることができたとする企業もまた多い。(2019/2/14)

新規格WPA3で実現するセキュリティとは
Wi-Fiにありがちな11のセキュリティリスク
Wi-Fiは生産性に恩恵をもたらす半面、深刻なセキュリティ問題を発生させる恐れもある。企業がワイヤレスに関するセキュリティ問題を発見し、対策を強化するためにはどうすればいいのか。(2018/11/18)

WPA2に次ぐ新たなプロトコル
無線LANの新プロトコル「WPA3」への移行が必要な理由
新たに策定された無線LANのセキュリティプロトコル「WPA3」には、さまざまな強化点がある。本記事では、企業がWPA3に移行すべき理由を考える。(2018/11/8)

PR:社用スマホでも安心 無料のWi-Fiスポットを安全に使える「Wi-Fi Security for Business」
急速に日本全国で拡大している無料Wi-Fiスポットは、セキュリティの観点からあまりオススメできない。そこで注目したいのが、セキュアにWi-Fiスポットを使うサービスだ。今回は、アルプス システム インテグレーション(ALSI)の新サービスを紹介したい。(2018/10/22)

今すぐ欲しい、公衆無線LANのセキュリティ対策
フリーWi-Fiで社用スマホの通信料も節約、画期的なセキュリティ対策とは
公衆無線LANは危険だから社用スマホでは使えない――この常識を破り、世界中の公衆無線LANを安全なものに変える方法がある。「ワンタッチ」で実現するその方法とは。(2018/10/30)

正規の端末だけを「社外」からも受け付ける:
PR:社内外から社内ネットにアクセスしたい――“認証”の運用が明暗を分ける
堅固なネットワークを実現しようとしたとき、基本となるのは“認証”だ。BYOD(Bring Your Own Device)やスマートデバイス活用が注目される現在、ますます認証が課題となっている。「社内ネットワークには許可したデバイス以外は存在しない」という状態を、当たり前に実現しなければならないからだ。“認証”の選択を誤るとネットワーク全体の使い勝手を損なうばかりか、最悪の場合には機能しなくなる。そうならないよう、確実に動作する専用アプライアンスの導入などを検討すべきだ。(2018/9/18)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
疑え、無線LAN接続 「暗号化されているから安全」は本当か
7月初旬、西日本豪雨で各地に被害が出る中、携帯電話各社が公衆無線LANのアクセスポイントを無償開放しました。しかし「通信内容の盗聴や偽のアクセスポイントを用いた情報の窃取が行われる恐れがある」と総務省が注意喚起しています。公衆無線LANを正しく使う方法は。(2018/7/24)

IoTセキュリティや“脆弱パスワード”問題に対処
無線LANの新プロトコル「WPA3」 「WPA2」との違いは?
「WPA2」の後継となる、無線LANの新たなセキュリティプロトコルが「WPA3」だ。従来のWPA2とは何が違うのか。(2018/6/29)

「平成生まれのハッカー社長」が考える、働き方改革に潜む“脆弱性”とは?
働き方改革のために、セキュリティをどうすべきか――。ITmedia エンタープライズが開催したセミナー「働き方改革のリアル」で行われた講演では、この難題をクリアするための考え方やさまざまなツールが紹介された。(2018/5/1)

閉領網だからこそ実現できる
「無線LAN」でオフィス内IoTに潜むセキュリティリスクを回避する方法
PCだけでなく複合機やサイネージなど、オフィス内にある機器が社内ネットワークに接続されている。利便性を最大化しつつセキュリティも確保する方法がある。(2018/3/5)

今からでも間に合う「GDPR」対策【第3回】
丸分かり「GDPR対策」 “制裁金2000万ユーロ”回避に役立つIT面での対策とは?
「GDPR」順守のための態勢作りを確実かつ効率的に進めるには、セキュリティ製品をはじめとするシステムの導入が有効です。GDPR対策に役立つ製品分野を紹介します。(2018/2/20)

総務省、公衆無線LANの規制強化は「まだ白紙」も課題は山積み
総務省が公衆無線LANのセキュリティ課題について検討する分科会の第1回目を11月24日に開催し「年度内に一定の結論を出す」と発表。しかし一部報道などで見られる公衆無線LAN規制強化については否定した。(2017/11/28)

セキュリティパッチ配信でトラブルか
Androidの無線LANはまだ危険? WPA2脆弱性「KRACK」問題の終わりが見えない
GoogleはAndroidのアップデートを公開し、無線LANセキュリティプロトコルの脆弱性「KRACK」に対処した。だがアップデートを巡って混乱があり、エンドユーザーは自分のデバイスが安全かどうか分からない状況にある。(2017/11/16)

Androidでは深刻な影響
「無線LANはもう安全に使えない」は誤解? WPA2脆弱性「KRACK」を正しく恐れる
無線LANのセキュリティプロトコルに見つかった脆弱性「KRACK」は、潜在的な影響の広さから動揺が広がった。だが専門家によれば、KRACKを巡る初期の報道は「リスクを誇張している」という。(2017/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。