ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「Xperia C3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Xperia C3」に関する情報が集まったページです。

ソニーモバイル、XperiaのグローバルモデルのAndroid 5.1アップデートを開始
ソニーモバイルコミュニケーションズが、予告していたXperiaのグローバルモデルのAndroid 5.1へのアップデートを開始した。まずは「Xperia Z3」および「Xperia Z2」シリーズで実施する。(2015/7/23)

ソニーモバイル、XperiaのグローバルモデルにAndroid 5.1導入へ
ソニーモバイルが、7月からXperia ZシリーズやそのほかのモデルにAndroid 5.1を導入する。(2015/6/8)

ソニー、「自分撮り」特化のミドルスペック端末「Xperia C4」を6月発売へ
ソニーが、昨年新興市場向けに発売して好評だった自分撮り端末「Xperia C3」の後継モデルとして、「Xperia C4」を6月に発売する。自分撮り機能がさらに充実した他、ディスプレイの解像度やプロセッサ(MediaTekの64bit8コア)も向上した。(2015/5/8)

XperiaシリーズがAndroid 5.0に続々アップデート――日本のモデルは?
海外でXperiaシリーズのAndroid 5.0へのアップデートが進んでいる。日本のXperiaはどうなのか。3キャリアに確認した。(2015/4/16)

開発陣に聞く「Xperia Z3」(3):
“光学式手ブレ補正要らず”なXperia Z3のカメラ――「デジカメレベル」の性能に迫る
以前から高感度な写真を撮影できることに定評のあったXperia Zシリーズのカメラが、Z3ではさらに進化した。そのポイントは「高感度撮影」と「手ブレ補正」。これら2つを中心に、Xperia Z3のカメラで注目すべき点を聞いた。(2015/1/14)

ソニー、ウォークマンAやXperia Z3シリーズに対応した「Media Go 2.8」を公開
ソニーが、ウォークマンAシリーズやXperia Z3シリーズなどをサポートした「Media Go 2.8」をリリース。新たにASIOドライバにも対応した。(2014/10/6)

日本から輸出されたコトバも:
Selfie、Tweep、Shelfie――モバイル分野の新しい英語をチェック
次々と新しいコトバが生まれるモバイル業界。日本でも自分撮りを意味するSelfie(セルフィー)が定着しつつある。では最初にSelfieが広まったと言われるSNSは何だろうか?(2014/8/22)

ソニー、「自分撮り」特化のミドルスペック端末「Xperia C3」を8月に発売
ソニーの「Xperia C3」は、インカメラをLEDフラッシュ付きの500万画素にし、レタッチアプリをプリインストールするなどセルフィー(自分撮り)機能を強化したミドルスペック端末だ。(2014/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。