ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「Xperia ZR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Xperia ZR」に関する情報が集まったページです。

悲劇は繰り返すのか:
ドコモのXperia ZやZ1でAndroid 5.0のバージョンアップが見送られた理由
日本でもXperia Z2やZ3でAndroid 5.0へのバージョンアップを導入することが発表された。が、ドコモのXperia ZやZ1は、バージョンアップの対象外となった。グローバルでは対象なのに、なぜ?(2015/6/8)

XperiaシリーズがAndroid 5.0に続々アップデート――日本のモデルは?
海外でXperiaシリーズのAndroid 5.0へのアップデートが進んでいる。日本のXperiaはどうなのか。3キャリアに確認した。(2015/4/16)

ソニーモバイル、Xperia ZシリーズにAndroid 5.0導入へ
ソニーモバイルが、海外の公式ブログにて、Xperia ZシリーズにAndroid 5.0を導入する予定であることを案内している。(2014/10/20)

Mobile Weekly Top10:
2013年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
2013年最後のMobile Weekly Top10は、いつもの週間ランキングに加えて年間を通して読まれた記事ランキングも集計。そして1カ月ごとのTop10も再掲した。(2013/12/31)

初めて“フルスイング”したOne Sonyのスマートフォン――平井社長と田嶋氏が語る「Xperia Z1」
9月のIFAでグローバルモデルが発表後、日本でも10月に発売された、ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia Z1」。このZ1を軸に、ソニーはどんな事業展開を図っていくのか。そしてZ1に込めた想いとは? ソニーの平井社長と、ソニーモバイルの商品企画を統括する田嶋氏に話を聞いた。(2013/10/30)

Xperiaは960万台を販売:
Xperiaのヒットが業績をけん引――ソニーの第1四半期は増収増益
ソニーが2013年度第1四半期の連結業績を発表。Xperiaシリーズが第1四半期で960万台売れるなど好調で、前年同期比で増収増益となった。(2013/8/2)

ソニーモバイル、XperiaのAndroid 4.3アップデートについて発表
Sony Mobile Communicationsが、「Android 4.3」にアップデートするXperiaシリーズのラインアップを発表した。(2013/7/26)

Mobile Weekly Top10:
5月に最も読まれた記事は?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、そしてイー・アクセスと、携帯電話各社から夏モデルが発表された5月。この1カ月の記事ランキングを集計した。(2013/6/3)

Weekly Access Top10:
ミクシィ新社長は「モノノフ」?
先週のアクセスランキング1位は、ドコモの新商品発表会から。“あの会社”の株価の動きや“あの会社”の経営陣刷新など盛りだくさんです。(2013/5/20)

GALAXY S4とXperia Aは「ドコモのツートップ」 夏モデル、価格も武器にiPhone対抗
ドコモ夏モデルではGALAXY S4とXperia Aが「ドコモのツートップ」と加藤社長は明言。値引きも増やし、ネットワーク、サービスに価格競争力も付けてiPhoneに対抗する。(2013/5/15)

手のひらサイズのボディに日本向け機能をフル装備――「Xperia A SO-04E」
13日に発表されたばかりの「Xperia ZR」がドコモ向に登場した。その名も「Xperia A(エース)」。IPX5/IPX8の防水ボディに4.6インチHD液晶を搭載しており、持ちやすさにもこだわった。5月17日に発売する。(2013/5/15)

防水・防じん性能備えた「Xperia ZR」 夏に発売へ
防水・防じん性能を備えたスマートフォン「Xperia ZR」が、日本を含む各国で今夏に発売へ。(2013/5/13)

日本でも今夏に発売:
ソニーモバイル、ラウンド形状のボディに4.6インチHD液晶搭載の「Xperia ZR」発表
ソニーモバイルの新型Xperiaが発表された。製品名は「Xperia ZR」。ラウンド感を強調した持ちやすいボディに4.6インチのHD液晶やIPX5/8の防水性能を搭載。日本を含めたグローバルで今夏に発売される。(2013/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。