ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「Yahoo! Local」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! Local」に関する情報が集まったページです。

Yahoo!のデータ流出:基本的なセキュリティの必要性を再認識
米Yahoo!での情報流出騒動から読み取れる問題とは――。(2012/7/13)

小規模ビジネスはGoogleよりFacebookをマーケティングツールとして利用――米調査
予算の少ない地域ビジネスにとって低コストの検索広告やSNS広告は便利なツールとなっているが、Grouponなどのクーポン共同購入サービスはまだあまり普及していない。(2011/2/16)

Webメールをオフラインでも――オープンソースメーラー「Yahoo! Zimbra Desktop」β版リリース
Yahoo! Zimbra Desktopでは、Yahoo! Mail、Gmail、AOL Mailをオフラインでも利用できる。(2008/7/25)

双方向で道路情報――ネットカーナビ「Dash Express」発売
インターネット接続が可能なGPSとして発売前から注目を集めていた「Dash Express」が、Amazonで発売された。(2008/3/28)

Yahoo! Local刷新――地域の週末情報や話題が入手しやすく
新しくなったYahoo! Localでは、新しい検索アルゴリズムを採用したほか、話題のキーワードを表示する「Buzz」などの新機能が加わった。(2007/8/16)

Geek to Live:
「Yahoo!Pipes」で自分のマスターフィードを作る
オンラインアルバムやソーシャルブックマーク、ブログなどあちこちのオンラインサービスを使っている人は多いだろう。「Yahoo!Pipes」を使えば自分のネット活動をまとめたRSSフィードを作成可能だ。(2007/6/4)

Yahoo!の不動産サイト、Yahoo! AnswersやYahoo! Localと連係
Yahoo! Real EstateにYahoo!のほかのサービスからの関連情報が表示されるようになった。(2007/5/26)

ネットとGPSのカーナビ、ロードテストがスタート
インターネットとGPSを使ったナビゲーションシステムのロードテストを行うため、ドライバー2000人の参加が呼び掛けられている。(2007/4/10)

米Yahoo! Maps、正式運用開始
Yahoo!の地図サービスからβが取れ、衛星写真および航空写真も拡充した。(2006/11/17)

Yahoo!とLynksys、VoIP機能付きコードレス電話を発売
Yahoo!とLinksysが共同で開発したデュアルモードのコードレス電話では、USBでPCに接続してIP電話を利用できるほか、固定電話回線での利用も可能。Yahoo!の地域情報検索も利用できるという。(2006/11/10)

Flickr、地図情報と連動する写真タグ付け機能を提供
自分が撮影した写真を地図にドラッグ&ドロップして管理できる。(2006/8/29)

米Yahoo!、地図サービス刷新でGoogle Local追い上げへ
「Yahoo! Local」のβに地図表示機能と店舗情報表示機能などが追加された。これらの機能はライバル「Google Local」では既に提供されている。(2005/11/4)

Yahoo! Local新版登場、「近所検索」機能が追加
Yahoo! Local新版には、市内の各地域の検索結果を表示できる「search by neighborhood」機能やユーザーレビューが加えられている。(2005/8/17)

米Yahoo!もソーシャルネットワーキングに進出
米Yahoo!はソーシャルネットワーキングサイト「Yahoo! 360°」を開設する。3月29日にβ版がスタート。(2005/3/17)

Yahoo!、地図サービスで交通情報提供
(2004/12/17)

「iタウンページ」でローカル検索に先手
NTT-BJの「iタウンページ」が全面リニューアル。トレンドになりつつあるローカル検索と、タウンページという“コンテンツ”財産を組み合わせて検索各社に先行する。(2004/10/25)

「Yahoo! Local」正式立ち上げ
Yahoo!はβ版を提供していた地元情報検索システム「Yahoo! Local」の正式版を立ち上げた。(2004/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。