ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「Yahoo!メール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo!メール」に関する情報が集まったページです。

米Yahoo!、メール添付画像流出の脆弱性に対処 「ImageMagick」は引退
「ImageMagick」の脆弱(ぜいじゃく)性を悪用してYahoo! Mailの添付画像が他人に盗み見される恐れがあることが分かり、Yahoo!はImageMagickを引退させることで対処した。(2017/5/23)

「Yahoo!メール」8月の障害で258万通のメール消失が判明
8月28日に起きた「Yahoo!メール」の障害で、約97万IDのユーザーに送信されたメール約258万通が消失したことが分かった。(2015/9/6)

Yahoo!メールで約258万通が消失とヤフーが謝罪 復旧を試みたが断念
8月28日に発生した障害で一部メールが消失していた。(2015/9/6)

「Yahoo!メール」大規模障害、4日で解消 一部でデータ破損も
9月30日から続いていた「Yahoo!メール」のアクセス障害が4日朝に解消した。障害の対象となった約379万 IDのうち7つのIDで、データの一部に破損を示すエラーが発生したという。(2014/10/6)

Yahoo!メールのアクセス障害が解消
9月30日から約8%のアカウントでメールの送受信ができない状態になっていた。(2014/10/4)

Yahoo!メールでアクセス障害続く 約380万IDに影響
10月3日をめどに再開準備を進めている。(2014/10/2)

「Yahoo!メール」不具合はハード障害が原因 3日の再開に向け準備
「Yahoo!メール」で9月30日から障害が起き、約380万IDでアクセスできない状況に。3日中にアクセス可能になるよう準備しているという。(2014/10/2)

「Yahoo!メール」でアクセス障害 最大400万IDに影響 メール受信できず
「Yahoo!メール」で障害が起き、400万IDでアクセスできない状況が発生。障害発生中に送られたメールは受信できない状態という。(2014/10/1)

米Yahoo!メールに不正アクセスの試み サードパーティーからのデータ流出が原因か
米Yahoo!メールに不正アクセスが試みられたとしてYahoo!がユーザーにパスワード変更を呼び掛けている。(2014/1/31)

Yahoo!メッセンジャーがサービス終了へ 「利用者の減少が著しい」
Windows版/Mac版で会話履歴が保存可能。友だちリストはYahoo!メールに引き継げる。(2014/1/8)

米Yahoo! Mail、HTTPS接続をデフォルトに
米Yahoo!が、昨年約束していた通りYahoo! Mailの接続をデフォルトでHTTPSにした。(2014/1/8)

米Yahoo!メール、一部のユーザーが48時間以上アクセス不能に
米Yahoo!が、9日に発生したメールサービスの問題について11日になってようやく発表した。問題はまだ完全には解決していない。(2013/12/12)

米Yahoo! Mailの無料容量が1テラバイトに 新機能も追加
米Yahoo!のオンラインメールサービスで利用できる無料容量が1Tバイトになり、これまで有料だった使い捨てメールアカウントや自動転送などの機能が無料で使えるようになった。(2013/10/10)

米Yahoo!、Flickr写真のメールへの直接添付を可能に
米Yahoo!のYahoo! Mailで、新規作成メールに傘下の写真共有サービスFlickrの写真を直接添付できるようになった。(2013/7/1)

米Yahoo!、Dropboxとの提携でYahoo! Mailへのクラウド上のファイル添付を可能に
GoogleのGoogleドライブやMicrosoftのSkyDriveに相当するサービスを持たない米Yahoo!が、Dropboxと提携することでメールサービスのクラウドストレージ連携を実現した。(2013/4/3)

「Yahoo!メール」偽サイトが出現、情報搾取が狙いか
Yahoo! JAPAN IDやパスワードを入力させようとするフィッシングサイトが見つかった。(2013/3/26)

ヤフー、トレンドマイクロのスパム対策を導入
Yahoo!メールの迷惑メール対策を強化する。(2013/3/18)

米Yahoo!、Yahoo! Mailを高速化 iPhoneおよびWindows 8アプリも
yahoo.comメールのWebアプリ、Androidアプリが刷新され、ネイティブなiPhoneアプリとWindows 8アプリがリリースされた。マリッサ・メイヤーCEOは「究極の生活習慣であるメールを高速に、どこでも使えるようにした」と語った。(2012/12/12)

Androidからのスパム送信はYahoo!アプリの脆弱性が原因か
Yahoo! Androidアプリの脆弱性を突かれると、Yahoo! Mailアカウントに侵入され、細工を施したメッセージを送信される恐れがあるという。(2012/7/17)

「Androidボットネット出現」は本当か――迷惑メールの出所めぐり論議
Android端末からYahoo! Mail経由で送信されたように見える迷惑メールは、本当にAndroidマルウェアの仕業なのか、それともPCマルウェアがそう見せかけているのか。(2012/7/9)

GmailだけにとどまらないWebメール攻撃、HotmailやYahoo! Mailも標的に
GmailだけでなくHotmailやYahoo! Mailに対しても、さまざまな手口を使ってアカウントに侵入しようとする攻撃が相次いでいるという。(2011/6/6)

3分LifeHacking:
Gmail、Hotmail、Yahoo!メール、mixi、Facebook、Twitter――無料アカウントを整理する
メールやSNSなど毎日チェックしなければいけないサービスがたくさんあってお困りの人、このゴールデンウィーク期間に無料アカウントを整理してみませんか? Gmailで無料のメアドをまとめたり、各種SNSのアクティビティをまとめたり、いろいろ紹介します。(2011/4/28)

iPadアプリも準備中:
米Yahoo!、検索とメールのアップデートを発表――より速く、ソーシャルに
Yahoo!はこの秋、独自のクラウド技術で高速化したYahoo! Mailと、動画やツイートを1ページにまとめて表示するYahoo! Searchをリリースする。(2010/9/17)

米Yahoo!、初のAndroidアプリとiPhone向けHTML5対応Webアプリを公開
「Yahoo! Mail」「Yahoo! Messenger」「Yahoo! Search」のAndroidアプリと、iPhone向けに最適化したHTML5対応のYahoo! MailのWebアプリ版が公開された。(2010/7/2)

中国外国人記者クラブがサイトを一時閉鎖 サイバー攻撃で
中国で活動するジャーナリストのYahoo! Mailアカウントが攻撃されたと報じられた数日後に、中国の外国人記者クラブがDoS攻撃を受けた。(2010/4/2)

東京大学、教育機関向け「Yahoo!メール」を導入 職員1万人が対象
東京大学はYahoo!が提供する無償のWebメールを導入した。職員約1万人が使う。(2009/11/9)

東大がYahoo!メール導入 教職員向けに
東京大学が教職員向けに、ヤフーのWebメールサービス「Yahoo!メール Academic Edition」の導入を決めた。(2009/11/9)

Hotmailに続く:
Gmailや米Yahoo!メールも情報流出、パスワードの変更を
パスワード流出はHotmailにとどまらず、GoogleのGmailや米Yahoo!メールのアカウント情報も被害に遭っていたことが分かった。(2009/10/7)

iPhoneの絵文字、VERTU端末とYahoo!メールで送受信可能に
これまでドコモ、au、イー・モバイル、ウィルコムなどが対応してきたiPhoneの絵文字送受信に、VERTU端末とYahoo!メールが加わった。(2009/9/2)

米Yahoo!、WebメールとIMソフトを刷新
新しいYahoo! Mailには、ユーザーが好きなアプリを置ける「Application Box」や、ドラッグ&ドロップで画像を添付する機能などが盛り込まれている。(2009/8/25)

Webサービス図鑑/Webメール:
Yahoo!メール
Yahoo!メールは、ヤフーが運営するWebメールサービス。Yahoo!JAPANのトップページから確認できたり、Yahoo! Messengerなどとも連携しています。(2009/8/13)

米Yahoo!、電子メール技術のXoopitを買収
XoopitはYahoo! Mail向けにメールに添付された写真を簡単に閲覧したり、共有できる機能を提供している。(2009/7/24)

Gmailに他社サービスからのメールやアドレス帳のインポート機能
Yahoo! MailやHotmailなどから既存のメールとアドレス帳をGmailにインポートできる機能が加わった。(2009/5/14)

Twitterにハッキング、侵入にYahoo!メールを利用
フランスのハッカーが、Twitterの管理者アカウントをハッキングした。侵入の手段として、最初にYahoo!アカウントをハッキングしたという。(2009/5/1)

V8エンジンやAdobeプラグインに:
Google Chromeの更新版リリース、複数の脆弱性に対処
Chromium 1.0.154.46では脆弱性修正とともに、Yahoo! MailやWindows Live Hotmail対応も強化された。(2009/1/30)

米Yahoo!、オープン戦略に基づくサービスの強化を発表
Yahoo! Mail、My Yahoo!、Yahoo! Toolbarの各サービスにY!OS戦略の一環としてソーシャル機能などを追加した。(2008/12/16)

ウィルコム、公式ポータルサイトにYahoo!JAPANの検索エンジンを採用
ウィルコムとヤフーは、ウィルコム端末向けの公式ポータルサイトにYahoo!JAPANの検索エンジンを採用することを発表した。また、「Yahoo!メール」「Yahoo!知恵袋」などのヤフーコンテンツも提供する。(2008/9/24)

ペイリン氏のメールが暴露、Yahoo!メールでハッキング
共和党副大統領候補、ペイリン氏が公務で使っていたYahoo!メールアカウントがハッキングされた。(2008/9/18)

Webメールをオフラインでも――オープンソースメーラー「Yahoo! Zimbra Desktop」β版リリース
Yahoo! Zimbra Desktopでは、Yahoo! Mail、Gmail、AOL Mailをオフラインでも利用できる。(2008/7/25)

「Yahoo! Mail」に新たに2ドメイン追加
従来の「yahoo.com」に加え、新たに「ymail.com」と「rocketmail.com」でもYahoo! Mailなどのサービスが利用できるようになった。(2008/6/20)

総務省がヤフーに行政指導 「Yahoo!メール」ヘッダ情報誤表示で
「Yahoo!メール」の受信メールの一部に他人のヘッダ情報が付いて配信された事態を受け、総務省はヤフーに行政指導を行った。(2008/4/3)

Yahoo!メールでヘッダ情報誤表示 差出人が別人に
「Yahoo!メール」の受信メールの一部に誤ったヘッダ情報が付いて配信され、ybb.ne.jpあてに受信したメールの一部で、差出人、件名、日付などが誤って表示されていた。(2008/3/18)

Yahoo!メールに誤ったヘッダ情報が付加 ヤフーが経緯説明
ヤフーは、Yahoo!メールの一部で誤ったヘッダ情報を付加して配信していたことを明らかにした。(2008/3/18)

GmailでもCAPTCHA破り? 悪用のスパムが倍増
Yahoo! Mail、Hotmailに続き、GmailもCAPTCHA破りでスパムに利用されるようになっている。(2008/3/11)

3分LifeHacking:
“次世代Webメール”をキーボードショートカットで比較する
Yahoo!メールのリニューアルで、Gmail、Windows Live Hotmailといった次世代Webメールが出そろった。これら3つのサービスをショートカットで比較してみよう。(2008/2/29)

Yahoo!メールが10年目のリニューアル、タブ切り替えのインタフェースに
ヤフーの提供するWebメールサービス「Yahoo!メール」がローカルのメールソフトのようなインタフェースにリニューアルする。同じ画面内にタブを設け、切り替えられることが特徴だ。2月20日にβ版の事前申し込みを開始し、先着20万人を受け付ける。(2008/2/20)

次世代「Yahoo!メール」β版を公開――ヤフー
ヤフーは、同社提供のWebメール「Yahoo!メール」の次世代版をβ公開した。(2008/2/20)

早大がアカデミック版Yahoo!メールを導入、卒業生も利用可能
ヤフーは、教育機関向けWebメールサービスを早稲田大学が導入すると発表した。「Yahoo!メール」のシステムを利用し、学校が指定したメールアドレスを学生、教職員、卒業生などに無償で提供する。(2008/2/13)

2008 International CES:
Yahoo! CEO、ソーシャル化したYahoo! Mailを披露
CESで披露された次世代Yahoo! Mailは、やり取りの頻度を基に、重要なメール送信者を判断してくれる。サードパーティーが対応アプリケーションを開発することも可能だ。(2008/1/9)

Yahoo!とRIMの「機上Wi-Fiサービス」デビュー
JetBlueの米国国内線でβテストを開始。フライト中にYahoo! MailやYahoo! MessengerがノートPCやBlackBerry端末から利用できる。(2007/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。