ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「横溝正史」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「横溝正史」に関する情報が集まったページです。

MEGUMIと降谷建志の息子が映画デビュー 祖父・古谷一行の血筋に「『じっちゃんの名にかけて』を繰り出す未来」を期待する声も
いつか金田一少年を演じてほしい。(2019/12/9)

「犬神家の一族」から“スケキヨ”がfigmaになって登場 水面に突き出た足も付属
名前にツッコミを入れてはならない……。(2019/10/7)

「リボンの騎士」から「CCさくら」まで250点もの原画で乙女な時間 「創刊65周年記念『なかよし』展」レポート
少女漫画ファンが内覧会に足を運んできました。(2019/10/4)

「コナン」が「ホームズ」を超えた! “探偵といえば誰?”のイメージ調査で圧倒的勝利
コナン・ドイルもびっくり。(2019/5/23)

金田一シリーズ『悪魔が来りて笛を吹く』を字面通りに漫画化→陽気な悪魔が笛を吹いて意外とほのぼの
原作の「悪魔」ってそういうやつじゃねえしっ!(2019/1/16)

プロエンジニアインタビュー(9):
教えて! キラキラお兄さん「なぜ、フォレンジッカーは何も信じないの?」
あらゆる業務がデジタル化するにつれ、内部不正も犯罪もまた、デジタル化している。その証拠を保全し、探し出し、実際に何が起きたのかを突き止めていくデジタル世界の探偵役が「フォレンジッカー」だ。(2018/2/26)

波立つ水面からファビュラス 叶恭子、逆さに持ち上げる美脚エクササイズが犬神家
あまりに美しい犬神家。(2018/1/24)

ファンの仕業だな! 犬神家「両足だけ水面から突き出した変死体」のロケ地、いつの間にかGoogleマップに登録
その名も「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」。(2017/6/8)

着ると怪事件起きそう 「金田一耕助」誕生の地で金田一衣装レンタル 「髪ぐしゃぐしゃにしたい」「ゴムマスクのオプションは?」の声
髪をかきむしりながらゲタでダッシュしたくなる。(2017/3/22)

SMAP25年間の名作ドラマを再放送 フジテレビ「SMAPグラフィティ」が11月19日からスタート
「僕が僕であるために」「古畑任三郎 VS SMAP」「世にも奇妙な物語SMAPの特別編」も。(2016/11/17)

長谷川博己さんが金田一耕助に! NHKが「獄門島」制作
俳句に見立てた殺人事件を描いた人気作。(2016/9/21)

横溝正史ファンにとってのハロウィンはこれからじゃ! 倉敷市で「1000人の金田一耕助」11月21日に開催
街をあげての一大イベントなのです。(2015/11/4)

第35回「横溝正史ミステリ大賞」受賞作出ず
203作品の応募があったものの、選考委員は「該当作なし」と決定。第35回の選考委員は有栖川有栖さん、恩田陸さん、黒川博行さん、道尾秀介さんの4名。(2015/4/20)

出版社も取次もなし 作家が直接届ける電子書籍「AiR 4」発売 Kindle直販限定
プロの作家集団が出版社を介さず、直接読者に電子書籍を届けるプロジェクト「AiR(エア)」シリーズ第4弾が刊行。KDPを使い、電子取次も介さずに直販する。(2014/8/8)

「おもしろいものを、おもしろいと思った人に届ける」ことが難しい時代に それを最短距離で届ける「電子」の試み
「売れる」「売れない」で二極化する現代の娯楽産業は、「おもしろいものをおもしろいと思ってくれる人に届ける」ことがもはや難しくなってしまったが、電子ならそれができるのでは――作家発の電子書籍「AiR(エア)」を主宰する堀田純司さんの論。(2014/8/8)

第34回横溝正史ミステリ大賞、大賞作は藤崎翔『神様のもう一つの顔』
KADOKAWA主催、第34回「横溝正史ミステリ大賞」の最終選考会が行われ、大賞作品に藤崎翔さんの『神様のもう一つの顔』が選ばれた。(2014/4/17)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年11月第5週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。11月第5週は、紀伊國屋書店、MPD、日販、トーハンなどの中間決算が発表されています。(2013/12/2)

第33回横溝正史ミステリ大賞は伊兼源太郎『アンフォゲッタブル』に
角川書店主催の第33回横溝正史ミステリ大賞選考会が行われ、審査の結果、伊兼源太郎の『アンフォゲッタブル』が受賞した。(2013/5/10)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(5月25日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/5/25)

横溝正史、生誕110周年――「BOOK☆WALKER」でお得な記念企画
角川コンテンツゲートの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」で、生誕110周年を迎える横溝正史の作品購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンが期間限定で実施される。(2012/5/24)

「犬神家の一族」のスケキヨが弁当になった……ってどゆこと?
な、何を言ってるか分からないと思うが……「犬神家の一族」のスケキヨが弁当になった。(2011/12/2)

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健 Vol.2:
雑誌でなくコミックスで利益を得る構造は、オイルショックがきっかけ
「業界はこのまま行けば数年で崩壊する」――週刊連載を抱える現役漫画家である赤松健氏と、「サルまん」などで知られる編集家の竹熊健太郎氏。電子出版時代における業界の変動を漫画家と編集家という異なる2つの視点で解き明かす5日間連続掲載の対談特集。第2幕(2011/2/15)

「祟りじゃ〜っ!」――ニンテンドーDSで横溝正史原作「八つ墓村」
それははたして本当に落ち武者達の祟りなのか? ご存じ、金田一耕助が活躍する「八つ墓村」が、ニンテンドーDSで蘇る。(2009/1/22)

東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアブース:
「天誅」「己の」「犬神家」――今年のフロムは“和”で勝負!
間もなく発売となる「天誅4」を筆頭に、なぜか和風テイストあふれる作品ばかり出展していたフロム・ソフトウェア。ブース内ではちょっと変わった新作タイトルも?(2008/10/12)

「失敗学」から生まれた成功シナリオ(5):
ハッ! とトリックの種「相変化」を設計に応用
長年にわたりおびただしい数の失敗事例を研究してきたことで見えた! 設計成功の秘訣(成功シナリオ)を伝授する。(編集部)(2007/12/21)

東京国際ブックフェア:
横溝89巻を手のひらに――書籍とセットで普及目指す「Words Gear」
松下の電子書籍「Words Gear」と、横溝正史全集89巻入りのSDカードがセットに。価格は、書籍で買った時とそれほど変わらない5万7500円に抑えた。割安感をアピールし、Words Gear普及につなげる。(2007/7/5)

新作DVD情報:
30年の時を経て黄金コンビが復活――「犬神家の一族」
一大ブームとなった1976年の傑作ミステリーが、同じ監督&主演コンビでリメイク。しかも、設定もセリフもカメラアングルも同じという大胆不敵さで!(2007/6/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。