ITmedia NEWS >
特集
» 2008年06月25日 00時03分 公開

特集 初めて買うデジタル一眼レフ(2):小型ボディの魅力を堪能できるオリンパス「E-420」「E-520」 (2/2)

[永山昌克,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ボディ内手ブレ補正対応のオリンパス「E-520」

 オリンパス「E-520」は、昨年発売された「E-510」の後継機だ。基本デザインを維持しながら、画質と機能をさらに強化。ボディは、表面にシボ処理を施したフルブラックの樹脂外装で、低価格の割には高級感がただよう。大きく突き出したグリップがある分、兄弟機E-420よりはかさばるが、ホールドバランスで上回る。

photo オリンパス「E-520」。本体重量は約475グラム

 液晶は2.7型23万画素で、ファインダーは視野率95%倍率0.92倍のミラー式。撮像素子は有効1000万画素のLive MOSセンサーで、連写は秒間3.5コマ、感度はISO100〜1600に対応する。ゴミ対策として超音波振動によるダストリダクションシステムを装備し、ダイナミックレンジを広げる機能として「シャドー・アジャストメント・テクノロジー」(階調オート)を搭載する。このあたりの仕様はE-420と同じである。

photophoto レンズマウントはフォーサーズマウントで、実撮影画角はレンズ表記の焦点距離の2倍相当(写真=左)、E-420にはない、ISボタンやAFフレームボタンを装備する(写真=右)
photophoto レンズキットには標準ズーム「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」が付属する(写真=左)、グリップ部には手触りがいいラバーがはられている(写真=右)

 E-420と最大の違いは、ボディ内手ブレ補正機構を備えること。シャッター速度換算で最大約4段分の補正効果があり、装着するすべてのフォーサーズレンズで補正が有効になる。また、E-420よりも大きなバッテリーを採用し、持久力もワンランク上だ。

 ライブビュー機能は、E-420と同じくコントラストAFや顔検出AFに対応する。ボディ背面の右上には、E-420では省かれているAFフレームボタンがあるので、ライブビュー時にAFフレームを切り替える操作は、よりスムーズに行える。

photophotophoto モードダイヤルでは11モードを選択でき、SCENEモードではさらに20モードを選べる(写真=左)、記録メディアはCFカードとxDピクチャーカードのダブルスロット(写真=中)、手ブレ補正は、通常の「I.S.1」のほか、横位置での流し撮り用の「I.S.2」と縦位置での流し撮り用の「I.S.3」を選べる(写真=右)

 またボディ背面の十字ボタンに、ホワイトバランス/測光/AFモード/ISO感度の4機能が割り当てられているのも、E-420との違いだ。これらの機能を素早く設定できるという意味では、E-520のほうが使いやすい。また拡張性という点では、E-520には純正の防水プロテクタが発売予定になっている。

 画質と基本機能はE-420とほぼ同じだが、手ブレ補正の安心感やボディのホールド性、機能へのアクセス性を重視するなら、E-520が狙い目だろう。

photo E-520で撮影。絞り優先AEモード、絞りF11、シャッター速度1/80秒、感度ISO100、ホワイトバランス太陽光
photo E-520で撮影。絞り優先AEモード、絞りF8、シャッター速度1/1000秒、感度ISO100、ホワイトバランス太陽光
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.