ITmedia NEWS >
レビュー
» 2010年04月16日 13時17分 公開

地味ながらも有用な機能向上、ソニー「BDZ-RX105」を試す(前編) (2/2)

[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 他社製テレビと組み合わせたときの操作も大幅に機能拡張されている。基本操作は14社のテレビに対応し、このうちパナソニック、シャープ、東芝、日立、三菱、パイオニアのデジタル放送対応テレビに関しては、数字ボタンでのダイレクト選局、データ放送切替、放送波切替、カラーボタン、番組表の操作にも対応した。HDMI CEC(HDMI標準のリンク機能。自社製品同士の連携動作のベースになっている)に対応したテレビであれば、本機との電源連動や自動入力切替なども利用できるため、本機のリモコン1つでかなり便利に使える。

photo 本機のリモコンで操作したいテレビを設定する。簡単初期設定中にガイダンスが表示されるほか、本体のヘルプ機能でも詳細に説明されている。この種の機能は設定方法が分からず、もしくは調べるのが面倒で使われないことも多いため、ユーザビリティーという点では地味ながらも重要なポイントだ

 他社製品との連携を強化するのは、自社でもテレビを販売している同社にはマイナス材料になる側面もあるが、既に薄型テレビを所有している層に対する訴求力はある。同社も、BRAVIAリンクに関して他社製品との動作確認情報を公開しているわけではないし、他社製テレビとの動作保証をすることもないだろうが、本来互換性のあるHDMI CECを有効に利用しようとする考え方は、大いに評価したい。実際、レコーダーの操作に連動してテレビ側の入力が自動で切り替わるだけでも随分と便利に使えるのだ。

「ウォークマン」「PSP」では再生管理までしてくれるようになったお出かけ/おかえり転送

photo ワンタッチ転送の更新設定に「おまかせ転送」が追加された。転送先がPSPやウォークマンの場合には「おまかせ転送」に設定しておけばほぼ困らないだろう

 携帯電話などのポータブル機器に録画番組を転送する機能は、ソニーの「PSX」が録画番組を「PSP」で再生可能としたのがその元祖といえる。本機は携帯電話(主にワンセグ搭載機)、「PSP」「ウォークマン」(一部)、「nav-u」(ポータブルカーナビ)と豊富な機器に対応。この点だけでも他社製品より強力だと思う。また、一部のBSデジタル放送やCS放送ではコピーワンス番組が多く、他社製品の場合はポータブル機器に転送するとダビング扱いでオリジナルが削除されてしまうが、本機とPSP/ウォークマンの組み合わせなら「おかえり転送」を実行することで、再び再生、ダビングが可能になる。

 さらに本機では、録画予約時に指定した番組を自動転送してくれる「ワンタッチ転送」が強化された。従来は期間を設定して(3日〜2週間)、設定期間をすぎると削除、もしくはおかえり転送される仕様だった。例えば設定期間が3日の場合、3日以上経過した録画番組は見た/見ないに関わらず、ワンタッチ転送時にポータブル機器から削除される仕様だった。

 本機で「おまかせ更新」に設定しておくと、PSP/ウォークマンに限り、ポータブル機器側で再生した番組のみがワンタッチ転送時に削除または「おかえり転送」され、新たに本機で録画された番組がおでかけ転送されるようになった。つまり、見たかどうかを基準に入れ替えを行ってくれるようになったわけだ。設定期間内に再生しないとポータブル機器から番組が削除されることがなくなり、非常に自由度が高くなっている。また、見逃しを防ぐために設定期間を長く設定する必要もない。つまり、ポータブル機器側の保存領域をムダに使わなくて済むわけだ。常用したい人にとっては、非常に便利な機能といえる。

photophoto 転送先、画質の設定などは従来通り。QVGA以上の解像度はサポートしないが、ワンセグ放送に比較すると384Kbpsでもビットレートが高いため、はるかに高画質だ。PSPのみMain Profile、それ以外はBaseLine Profileでエンコードされる。PSPやウォークマンなら、本機で途中まで再生した続きから再生することも可能だ

 一方、録画ユニットの片方がTS録画専用であることが、ここでもネックになる。2つの録画ユニットのうち、「録画1」では番組録画と並行して転送用のエンコードを行えるため高速転送も可能だが、「録画2」で録画した番組については転送時のエンコードに番組の録画時間と同じ時間が必要になる。こういった点を改善するためにも、MPEG-4 AVCエンコーダーの2系統化はやはり急務だといえる。

 後編では、10倍録画モードを中心にした画質評価、録画予約に関係する機能などを取り上げる。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.